前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『『オンライン/藤田嗣治講座②』★「最初の結婚は美術教師・鴇田登美子、2度目は「モンパルナスの大姉御」のフェルナンド・バレー、3度目は「ユキ」と名づけた美しく繊細な21歳のリュシー・バドゥ』★『夜は『エ・コールド・パリ』の仲間たちと乱ちきパーティーで「フーフー(お調子者)」といわれたほど奇行乱行をしながら、昼間は、毎日14時間以上もキャンバスと格闘していた

      2021/04/24

 

2008年3月15日 「藤田嗣治とパリの女たち」

 
                               前坂 俊之(評論家)
 
1886(明治19)年11月,藤田嗣治は東京で陸軍軍医の父・嗣章,母・まさの4人兄弟(姉2人、兄)の末っ子で生まれた。
 
嗣章は森鴎外の後に陸軍軍医総監になった。5歳のとき、母は病死し、嗣治は長姉・きくのもとで育てられた。自然と女の子と遊び、母親代わりの姉に添い寝して育った。
 
この母親喪失と母親慕情の生い立ちが、その後、異邦人となり、自らを強い愛情で包んでくれる女性をもとめて生涯、女性遍歴を繰り返す原点となったのであろう。
 
画家志望に理解を持った父は嗣治のフランス留学を鴎外に相談したが、「日本画壇には様々な事情があるので、まず東京美術学校〔東京芸大〕を出てから渡仏したほうがよい」との忠告で、同校西洋画科に進学する。
 
1910(明治43)年に卒業したが,卒業制作は黒田清輝教授から酷評された。
 
その後、美術教師・鴇田登美子と結婚するが、1年余りで破綻して妻を残し、1913年(大正2)単身パリに渡りモンパルナスの安アパートに移り住んだ。仕送りが途絶え、3日間何も食べるものがなく水だけ飲んで1日1フランで暮らすというどん底生活の修行時代を耐え忍んだ。
 
 
1917年3月に同じモデルで「モンパルナスの大姉御」といわれたフェルナンド・バレーと二度目の結婚をする。藤田の成功はこのバレーなくしてはありえなかった。
 
バレーは全く売れない無名の藤田の絵を一軒一軒画商を回って熱心に売り込んでは生活費を稼いだ。
 
最初に売れた絵はわずか7フランしかならなかった。
 
夜は『エ・コールド・パリ』の仲間たちとの乱ちきパーティーで「フーフーお調子者)」といわれたほど奇行乱行をしながら、昼間は、毎日十四時間以上もキャンバスと格闘して「フジタにはお茶とクロワッサンを用意したら、あとは何もすることがない。絵を女房としているのよ」とバレーを嘆かせたほど新しい画法の研究、製作に没頭していた。
 

苦節7年。

一九二〇年(大正9)には「モンパルナスの女王キキ」をモデルにした大作「寝室の裸婦キキ」を完成する。

「裸のマヤ」のような構図で、日本画のような乳白色の地色に黒い輪郭線を引き、その中から夢幻の裸像を浮かび上がる傑作。

「乳白色の肌」「すばらしい白地」と絶賛され8千フランで売れ、一躍、「パリ画壇の寵児」にのし上がる。あとは『エ・コールド・パリ』の巨匠への階段を駆け上り、『レジオン・ドヌール勲章』「レオポルド勲章」と次々に栄誉に輝くが、その栄光の影にはいつも新しい女性が付きまとった。

 
バレーやキキにも細やかな愛情を示すなど藤田は女性に優しい男であった。
 
そんなやさしさに魅かれて、藤田のアトリエに美しいモデルや画家が多数集まり、自由奔放な恋愛が生まれ、それがまた藤田の創造の源泉となったのである。
 
24年(同13)、妻のバレーは藤田の所に出入りしていた日本人画家と不倫して、藤田は離婚して、すぐ、次の藤田が「ユキ」と名づけた美しく繊細で、男勝りのたくましいバレーとは正反対の21歳のリュシー・バドゥと再婚した。離婚再婚を繰り返す藤田の女性ゴシップに日本の美術界は一層白い目を向けた。
 
昭和4年、藤田は16年ぶりにこのユキを伴って帰国して、個展を開いたが、約6万人が押しかける超人気ぶり。この帰国途中の立ち寄ったニューヨークで「女と猫を描くのはどんな関係ですか」の米記者の質問に対して、

 

「女はまったく猫と同じ。可愛がればおとなしくしているが、そうでなければ引っかいたりする。女にヒゲとシッポをつければ、そのまま猫になるじやないですか」とジョーク交じりに答えて話題となった。

 
しかし、この『ユキ』という女性も酒癖が悪く、自由奔放な性格で再び不倫を起こして離婚してしまう。
 
1931年(昭和6)にマドレーヌという新しい愛人を連れて個展開催のため南北アメリカへに向かったブエノスアイレスでは個展会場で、何と1万人がサインのために行列してニュースとなった。藤田の女性遍歴は生涯連れ添った君代夫人と結婚するまで続く。
 
ところで、藤田の女性への優しさを示すエピソードは数多くある。戦後パリに戻った藤田夫妻のもとに前夫人バレーやユキは連れだって度々訪れてきては無心したが、腹を立てた君代夫人をなだめながら藤田はかつての女性たちを精一杯もてなしていた、という。
 
バレーは最晩年になっても藤田とのかつての交情をしのんで、日本人を見つけると藤田の思い出話をしながら、多分、藤田から教わったのであろう「妻を娶(めと)らば才長けて・・」の歌を日本語で歌い涙していた、と河盛好蔵は書いている。

 – IT・マスコミ論人物研究健康長寿現代史研究

 - 人物研究, 戦争報道, IT・マスコミ論

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
太平洋戦争下の新聞メディア―60年目の検証―

1 < 2005年2月> 「マス・コミュニケーション研究No.66」掲載 前 坂 …

no image
書評・『マスコミ文献大辞典』(全三巻)日本図書センター刊に寄せて

1 <『図書新聞』  03、7,12に掲載> 前坂 俊之 (静岡県立大学国際関係 …

『リーダーシップの日本近現代史』(312)★『コロナパニック/国難リテラシーの養い方③』★『約百年前の関東大震災で示した<大日立>の創業者・小平浪平のリーダーシップ』★『他人の不幸による漁夫の利をしめるな』★『発明は技術者の命である』

     2011/04/07 &nbs …

no image
日本マスメディアの特殊性―記者クラブの歴史と問題点について

日本マスメディアの特殊性―記者クラブの歴史と問題点<現代ジャーナリズム研究会編『 …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』< 世界、日本メルトダウン(1043)>『朝鮮半島クライシス』ーここまで、事態を悪化させた中国の「トリプルスタンダード」★『「北朝鮮危機」はあざとい猿芝居だ! 日米朝「形だけ」の演出 軍事のプロなら一目でわかる』●『北朝鮮・金正恩体制が制裁にビクともしない理由』

 ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 世界、日本メルトダウン(1043 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(154)再録/『昭和戦前の大アジア主義団体/玄洋社総帥・頭山満を研究せずして日本の近代史のナゾは解けないよ』★『辛亥革命百年⑬インド独立運動の中村屋・ボース(ラス・ビバリ・ポース)を全面支援した頭山満』★『◇世界の巨人頭山満翁について(ラス・ビバリ・ボースの話)』

 2010/07/16  日本リーダーパワー史(7 …

日本リーダーパワー史(698)日中韓150年史の真実(4)「アジア・日本開国の父」ー福沢諭吉の「日中韓提携」はなぜ「脱亜論」に一転したか」③<日中韓のパーセプションギャップが日清戦争 へとトリガーとなる>

 日本リーダーパワー史(698) 日中韓150年史の真実(4)「アジア・日本開国 …

no image
歴史張本人の<日中歴史認識>講義」②袁世凱顧問の坂西利八郎 が「日中戦争の歴史、中国の外交術>」を語る②

       日中両国民の必読の歴史の張 …

no image
日中韓150年三国志―尖閣問題のル―ツの研究>日清戦争はなぜ起きたか<日中誤解>
パーセプション・ギャップの研究

   <日中韓150年三国志―尖閣問題のル―ツの研究> 『日 …

no image
日本リーダーパワー史(876)『日中韓、北朝鮮の三角関係はなぜ、かくも長く対立、反目するのか、その根源を学ぶ③』★『本邦の朝鮮に対して施すべき政策を論ず③』(尾崎行雄の対中国/朝鮮論策、明治12年12月)★『朝鮮の独立を認め、日本を敵視せず、トルコ、ベトナム、清仏戦争の失敗に学ばねば、清国は滅亡する(尾崎の予言)』

★『本邦の朝鮮に対して施すべき政策を論ず③』 (尾崎行雄の対中国/朝鮮論策、明治 …