前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本風狂人伝⑬ 日本最初の民主主義者・中江兆民は明治奇人の筆頭

      2015/03/20

日本風狂人伝⑬
          2009,7,06
日本最初の民主主義者・中江兆民は奇人の筆頭
                                       

前坂 俊之
(なかえ・ちょうみん/1847-1901、本名篤介。明治時代の自由民権思想家。土佐藩の足軽の子として生まれ、フランスへ留学。「東洋自由新聞」を創刊、西欧の民主主義を紆介。第一回総選挙に当選。衆議院を「無血虫の陳列場」とののしって辞職。『一年有半』などで唯物論哲学を唱えた。
 中江兆民は明治を代表する自由民権思想家だが、明治三大奇人の筆頭いわれる。数々の奇行、珍談でも知られており、『中江兆民奇行談』という本まで出ている。
 兆民は酔うと、裸になるクセがあった。兆民が役人だった頃、華族令嬢と結婚することになり、花嫁が輿入れした。
ところが、兆民はすっかり酔って、出来上がっていた。兆民はイキナリ、フンドシをとって真っ裸になるや、キンタマを手で大きく広げて、「今は冬なのに、オレは一文なしで、花嫁にやるものがない。ただ一つ、ここにキンタマ火鉢があるから、これをやろう」と差し出した。
 花嫁が真っ赤になり、目をシロクロさせていると、友人の一人が、「火の気のない火鉢では仕方あるまい。これを置いて花嫁にゴチソウしろ」と真っ赤に焼けた炭火を、キンタマの上にのせたからたまらない。「アチッ」と兆民が飛び上がって逃げ出し、縁談はいっぺんにこわれてしまった。
 当時の男は酔うと裸になって、ハダカ踊りをしたり、アソコの長さを、芸者に測らせたりするバカ遊びは異常なことではなく、酒の席ではよくあることだった。 もう一つ、同じような兆民先生のキンタマ話。
 ある時、宴会で酔った兆民は芸者に悪ふざけして、キンタマの袋を大きく広げて、杯のようにして酒を注ぎ、飲ませて遊んだ。
 芸者もさる者、「お返しをー」と女中に命じて、熱燗(あつかん)にした日本酒を、兆民のキンタマに返杯したから、たまらない。兆民は「アッチッチ」と天井まで、飛び上がった。
 兆民は徹底した〝平民主義″であった。
「平民主義というのはまだ階級に未練がある。余はさらに下がって『新平民主義』である」と言い切っていた。 代議士になっても、ドテラを着て登院し、ウメボシ入りのニギリ飯を、竹の皮に包んで持ってきた。生涯、船や鉄道は三等で通した。
〝平民主義″の実践は名前に象徴されていた。兆民は「億兆の民」という意味であった。
 周囲の民権論者が、勲位をありがたがっている点を「あたかも、熊公や八公が名前だけではものたらず、腕や背中にイレズミをして、″ヒゴイの八″だの〝青竜の熊″と呼ばれて青んでいるのと同じ」と切り捨てた。
 兆民は、名前などどうでもよい、と自分の息子は丑(うし)の年に生まれたので、丑吉と名づけたのをはじめ、弟の虎馬に女の子が生まれると「猿吉」と名づけて、「家の中で牛や猿がさわいでうるさい」と喜んでいた。
「女の子に、猿吉とはヒドすぎる」と周囲から非難され、しぶしぶ「艶子」 にかえた。
兆民の弟子が幸徳秋水である。秋水というペンネームは兆民が与えたが、それにはエピソードがあった。
ある日、兆民が幸徳に笑っていうには、
「今朝、高利貸がきたが、彼の態度は不要領であいまいだ。しかし、彼は大変な金持ちである。処世の秘訣は、この高利貸のように、もうろうとしたところにある。君は何事にも正邪を明白にして、はなはだ、もうろうたるところを憎む。ペンネームは春霞の二字にせよ」
 しかし、幸徳は、
「イヤ、先生、私は態度を明白にせず、もうろうとするのは大嫌いだ。別のペンネームにしていただきたい」と断った。 すると、兆民は大声で笑いながら、
「それでは秋水の二字をやろう。これは正に春霞の反対だ。私もこの号を用いたことがあるが、君にやろう」
幸徳が十八、九歳の時の話である。
 兆民が貧乏の極にあった頃の話-。
衣服、着るものは全くなく、蔵書は生活費のために売りつくして、これまたなし。食べるものは、朝は豆腐の・カスと野菜だけであった。このドン底をみかねて、岩崎家から見舞金として大金が送り届けられたことがあった。兆民の親戚筋の一人が岩崎家に勤めており、岩崎弥太郎の弟久弥にその窮状が伝わったのである。
 大金が届けられたが、兆民は辞退し、その理由を手紙にして託した。
「小生の目は自身のことに関しては、涙なき性分ですが、岩崎家の用意周到なる親切とその心をつくした勧説に対しては、不覚にも涙がこぼれました。
 ただ、一面識もなき、路上の行人同様の人より贈与を受けては、君子の道において穏当ならざるところあり、よだれを流しっつ、残念やせ我慢をはって御辞退申し上げる。ただ、貧乏書生の頑固を笑うべし」
 兆民の節操は金では買えなかったのである。
兆民が北海道小樽にいた時のこと。東京の友人二、三人が集まった席で、兆民の貧乏が話題となった。友人の一人が兆民に同情して、金を為替にして送ってきた。受け取った兆民はありがたいとも思わず、すぐに便所に行って、この為替を出して二度三度もみほぐしたかと思うと、尻ふき紙に代用した。
 兆民は常にあおむけになって、寝ているクセがあった。来訪者がくると、枕を二つ持ってきて「僕も横になるから、君もそうしたまえ」と言って、一つを差し出した。「今日は別にご馳走すべきものがない。これが君へのご馳走だ」と言って、ゴロッとあおむけに寝て、平気ですましていた。
 兆民は直情径行の人でもあった。人をあざむくことが出来ないと同時に、己をもあざむくことが出来ない、純真な性格であった。
ある時、頭山満の家で知人の竹内正志に会った。竹内がその無沙汰をわび、「近日おうかがいしたいと思っている」とあいさつすると兆民は「俺は貴様に用はない。来るにおよばん」とはねつけた。
兆民は単刀直入に思うところをズバリと言った。
ある時、兆民の親友が亡くなった。兆民はすぐ黒水引と白紙一枚をフトコロにして、友人宅にかけつけた。友人の未亡人にていねいに弔辞を述べたあと、兆民は「少々お願いいしたいことがありますので、別室に案内願います」と申し出た。
未亡人が別室に導くと、兆民は至急、金が必要なので、申し訳ないが金二両を貸して下さい」と切り出した。未亡人は場所柄もわきまえず、全く無礼な人と内心、立腹しながらも、半面、夫から〝稀代の奇人〃とも聞いていたので、思い直して、二両を貸した。
 すると、兆民は「相すまぬ」と別室に行き、フトコロから黒水引と白紙を出して、二両をその中に包み、霊前に進み、香典として差し出した。
一八九〇(明治二十三)年の第一回総選挙の時、兆民は全く選挙運動をせず、費用は一切使わず、ゆうゆう当選して代議士となった。
 国会に行くと、政党同士の愚劣な足の引っぼりあいに、「こんな連中とは、口をきくのもイヤだ」と早々に愛想をつかした。
  三日目に「アルコール中毒のため、評決の議に加われかね候」と辞職届を提出した。わずか三日間で代議士をやめたのは、後にも先にも兆民一人であった。
五十五歳の時、兆民はガンと診断され、医者から「余命は一年半、せいぜい二年」と宣告された。兆民は呼吸もできないほどの苦痛にさいなまれ、夜も眠れなかったが、絶望しなかった。
「一年半、諸君は短促なりといわん。余は極めて悠久なりという。もし、短といわんと欲せば十年も短なり、百年も短なり」と。
 兆民は『一年有半』を一冊の本ももたず、記憶だけで毎日、書き続け、これに命をかけた。貧乏の極にあった兆民の家には、すでに書物は売り払われ、一冊もなかったのである。

 - 人物研究 , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

『オンライン/日本リーダーパワー史講座』★『明治維新から152年ーこの間に最高のリーダーシップを発揮した人物は一体誰でしょうか?、答えは「西郷隆盛」ではない、弟の西郷従道ですよ!ウソ、ほんとだよ』★『『バカなのか、利口なのか』『なんでもござれ大臣」「大馬鹿者」と(西郷隆盛は命名)『奇想天外』「貧乏徳利」(大隈重信いわく)』

 2015/01/01日本リーダーパワー史(512)記事再録 ★「フリ …

長寿学入門(218)★人気リクエスト記事再録『2025年問題の解決に向けて「団塊世代は元気な百歳をめざそう』★『長生きの秘訣は若い医者や研究者よりも百寿者(センテナリアン)にこそ聴け』★『「おじいちゃん、おばあちゃんの口癖こそ長寿の秘訣の宝箱ですよ』

100歳現役学入門―団塊世代は元気な百歳をめざそう,<健康長寿の秘訣はこれじゃ> …

no image
日本リーダーパワー史(498)『アジア太平洋戦争から69年を前に「憲政の父」・尾崎咢堂の『敗戦の反省』(1946年)を読む

 日本リーダーパワー史(498)     来年(1 …

日本リーダーパワー史(609)『110年前の伊藤博文の観光立国論』(美しい日本風景・文化遺産こそ宝)の 驚くべき先駆的な経済文化ビジネスセンスに学べー外国人を拒否せずおもてなしをすれば富国になれる

                     日本リーダーパワー史(609) 『安倍 …

知的巨人の百歳学(150)人気記事再録/百歳学入門(59)三井物産初代社長、『千利休以来の大茶人』益田 孝(90歳)『「鈍翁」となって、鋭く生きて早死により,鈍根で長生き』★『人間は歩くのが何よりよい。金のかからぬいちばんの健康法』★『 一日に一里半(6キロ)ぐらいは必ず歩く』★『長生きするには、御馳走を敵と思わなければならぬ』★『物事にアクセクせず、常に平静を保ち、何事にもニブイぐらいに心がけよ、つまりは「鈍」で行け。』

    2012/12/06 &nbsp …

『鎌倉釣りバカ人生30年/回想動画録』⑮『10年前の鎌倉沖は豊饒の海だった』★『鎌倉/天然生活ーカヤックフィツシング・海岸散歩・・ときどきブログ書き、食えなかったら喰うな!魚つりにいき、筋トレダイエット日記 』

2010-12-30 記事再録 『釣り時々・原稿』『原稿、時々釣り』ー食えなかっ …

 『ジョーク日本史・禅語の笑いはお腹のジョギング』★ 『一休さんは頓知の名人で不老長寿『一笑一若・一怒一老』

 ジョーク日本史・禅語の笑いはお腹のジョギング  一休さんは頓知の名人で不老長寿 …

no image
知的巨人たちの百歳学(137)『一億総活躍社会』『超高齢社会日本』のシンボルー歌手・淡谷のり子(92)、最後の長岡瞽女・小林ハル(105) 

   知的巨人たちの百歳学(137) 『一億総活躍社会』『超高齢社会日本』のシン …

『オンライン/日本ジャーナリズム講義①』★『トランプフェイクニュースと全面対決する米メディア、一方、習近平礼賛、共産党の「喉と舌」(プロパガンダ)の中国メディアと日本のジャーナリズムを比較検討する』★『言論死して日本ついに亡ぶ-「言論弾圧以上に新聞が自己規制(萎縮)した新聞の死んだ日』

●『言論死して国ついに亡ぶ-戦争と新聞1936-1945」(前坂俊之著、社会思想 …

『オンライン講座/60,70歳から先人に学ぶ百歳実践学①』★『高齢化率は日本 26.6%で世界一、百寿者は6万7824人、90歳以上は約200万人』★『「六十、七十 はなたれ小僧、八十,九十男盛り、女ざかり、百歳わしもこれから、これから』<彫刻家・平櫛田中(107歳)>の烈語!

    2018/04/18 /記事再録 『60, …