前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本風狂人伝⑭ 頭山満・大アジア主義者の「浪人王」

   

              2009,07,07
 
 
 
                                                                                前坂 俊之
 
(とうやま・みつる/1855-1944)国家主義者。福岡県生まれ。明治14年に大陸進出を唱え、右翼の結社玄洋社を組織、国家主義運動のリーダーとなる。大アジア主義を掲げ“天下の浪人″と称し、右翼の大御所的存在であった。
 
                          
 
 頭山満は大アジア主義者で、明治、大正、昭和を通じて右翼の巨頭、大御所であった。〝壮士の親分〃〝浪人王〃〝国士の典型〃〝政界の黒幕″〃巨人″右翼の親玉″とさまざまなレッテルがはられ、恐れられた。
 ジョン・ガンサーは『アジアの内幕』の中で「わずか二時間で、五万人の人々を集められるのは、日本では頭山だけである」と書いた。
 また、頭山は大塩平八郎の『洗心洞箚記』を愛読し、知行一致を実践していた。「平素は眠っているが、一度び目を開けてある人物を名指すと、その人の家庭はたちまち不幸になる」とフランスの新聞は紹介した。
l
 頭山の命令一下、命を投げ出す「玄洋社」の社員がゴロゴロしていた。大隈重信に爆弾を投げつけた来島恒喜も頭山の配下で、そのテロリズムに政治家はおびえた。しかし、物腰はいたってやわらかで、血を吸った蚊を殺さずに逃がすほどの、やさしさが同居していた。
 
 頭山は自らを「俺の一生は大風の吹いたあとのようなもの。あとには何も残らん」と評したが、中江兆民は「頭山満君、大人長者の風あり。且つ今の世、古の武士道を存し得て全き者、独り君あるのみ」とその著『一年有半』の中で高く評価した。奇人は奇人を知るといったところ。
 
 頭山のエピソードを二、三紹介しよう。
 
  ある時、玄洋社社長の進藤喜平太と一緒に大阪市長を訪れた。頭山はこの時、サナダ虫がわいていたために下剤を飲んでおり、キキ目があったのか、お尻がムズムズしはじめた。
頭山は会談するのも忘れて、いきなり手を尻にあて、尻の穴から出てきたサナダ虫を引っぱり出した。それをていねいに目の前の火鉢の上に並べた。次々に出てきたので、引っぱり出し、とうとう火鉢に二回り半も、白いグニャグニャしたサナダ虫を並べてしまった。
  市長は少しおくれて現れたが、火鉢に手をのせると、白く冷たいものが当たり、ニオイをかいでみると臭い。頭山が「それは僕の尻から出たサナダ虫たい」と言うと、市長は「ワァ」と驚いて、応接間から飛び出していった。
 
頭山の率いる玄洋社の壮士と、相対立する壮士連が、福岡随一の料亭で偶然、大広間のフスマ1つへだててぶつかり合った。
明治の血なまぐさい時代のこと。予期した通り、フスマがサッと開かれ、白刃が入り乱れる大立回。となった。ロウソクの燭台が次々と倒されていったが、床の間正面に端然と座っている頭山の両側のロウソクだけが残った。血の雨を降らしている壮士連も、頭山の放つ威厳に圧倒され、近づけなかった。
逃げまどった芸者、仲居が安全地帯とばかり、頭山の回わりに避難してきた。頭山は別に興奮するでもなく、活動写真の大立回りを、ごく静かに眺めているといった調子だった。
 そのうち、自分の足元にひれ伏している芸者が、お気に入りのお常とわかると、片手でその背中をなぜながら、口説いた。「オィ、今夜、俺と一緒に寝るか」
 
 頭山が持っていた北海道の炭坑が七十五万円で売れた時のこと。全国の頭山ファンと称する者たちが聞きつけて押し寄せてきた。東京・霊南坂にあった頭山邸は押すな押すなの超満員。借金の申し込みから、寄付金、運動費、社会事業とあらゆるインチキを並べたてて、頭山に頼み込んだ。
 
頭山はどんな頼みごとでも決してイヤとはいわない。黙って聞いて、金なら金を、印形なら印形を押してやる。七十五万円はアッという間になくなった。
 それでもまだ、押しかけてくる者には何にも言わず無理算段して、金を都合してやり、印形を貸す。大富豪が一転して、明日食べる米もない状態に転落してしまったが、頭山は平気の平左。
 見るに見かねて、ある人が、何とかして、あんな恥しらずな連中を追い出さないと、先生の御一家は野たれ死にですぞ」と言うと、頭山はニコ二コ笑って答えた。「まあ、そういそいで追い出さんでもええ。食うものがなくなったら、どこかへ行くんじゃろ」
 
 
頭山の大アジア主義は日本が中心となり、植民地化された中国やインドを助け、英米の勢力を駆逐して独立し、自由を獲得することにあった。わが身を捨てて、大アジア主義実現のために戦った。
 このため、頭山邸は〝亡命客引受所″といわれるほど、本国の独立に邁進するアジアの革命家や志士が庇護を求めてやってきた。金玉均、孫文、インドのラス・ビバリ・ボースらである。
  頭山は「来るものは拒まず⊥で、命がけで彼らを援助した。頭山の思想と行動を端的に表したのがインド独立の志士のボース事件である。
  ボースはインド王族の高い身分の家に生まれ祖国独立の夢に燃えた。インド革命党員となり、一九一一(大正元)年、インド総監に爆弾を投げつけ、英国から追われる身となった。
  このため、日本への亡命を決意。大正四年六月、インドの詩聖タゴールの来日に際してその付け人になりすまし、ピー・エス・タゴルという偽名で来日。英国官憲は大物革命家として執拗に追及した。そのためボースの身元がばれ、日本政府へ退去命令の要求がきた。
  十一月二十八日、ボースは警視庁へ呼び出され、五日以内に退去するよう言い渡された。この間、船便は上海しかない。上海に行けば、ただちに英国官憲に捕まえられ、処刑されることは目に見えている。
満 「せめて米国行きが出るまで待ってほしい」とボースは日本政府に要請したが、拒否された。犬養毅や日印協会会長が政府に何度か交渉したがダメで、「日本の外務省は、英国の手先か!」とボースも憤慨した。
 八方ふさがりとなったボースは、頭山のところに頼みに行った。静かに聞いていた頭山は「何とかしましょう」と答えた。

                                                                                                                                   続く

 - 人物研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日本リーダーパワー史(609)『110年前の伊藤博文の観光立国論』(美しい日本風景・文化遺産こそ宝)の 驚くべき先駆的な経済文化ビジネスセンスに学べー外国人を拒否せずおもてなしをすれば富国になれる

                     日本リーダーパワー史(609) 『安倍 …

no image
★『明治裏面史』/ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー, リスク管理 ,インテリジェンス(52)『宇都宮太郎は、思想的には大アジア主義を唱えていた。』★『孫文や黄興ら中国革命家たちを支援した犬養木堂、頭山満ら玄洋社の支援グループの一人だった』★『『辛亥革命百年の真実』『孫文を助けた大アジア主義者・犬養毅らの熱血支援』

                                 ★『明治裏面史 …

no image
軍閥研究―『陸軍工兵の父と言われる』-上原勇作陸軍大臣の誕生と上原閥の形成について

軍閥研究―上原勇作陸軍大臣の誕生と上原閥の形成             …

no image
『『オンライン講座/日本ベンチャービジネス巨人伝②』★『“ダム経営”を行え』(松下幸之助)★『朝令朝改をせよ』(盛田昭夫)★『目をつぶって判を押せない書類はつくるな 伊庭貞剛(住友総理事)』★『 商売の本質は相互利益であり、面倒をいとわないと成功はあり得ない 江崎利一(グリコ創業者』★『●岩崎家の家訓(三菱創業者/岩崎弥太郎)』★『豊田綱領 ・豊田佐吉(トヨタグループ創業者) 』など

  2013/02/09  記事再録 ★ …

『リモートワーク動画』★『京都祇園も春爛漫ー多くの外国人観光客がぶらり散歩、建仁寺へ』(2014/04/06 )★『京都・古寺巡礼ー栄西が開山した建仁寺はオープンマインド(禅心)で最高!』★『建仁寺の内部をゆっくり鑑賞しながら散策する』

京都駅でタクシーにのって「どこのお寺のよいか」を聞いた。   お寺の隅 …

no image
『オンライン講座/日本の食卓に長寿食トマトを広めた「トマトの父」・カゴメの創業者蟹江一太郎(96歳)の 長寿健康・経営10訓』★『徳川家康の遺訓『人の一生は重荷を負うて、遠き道を行くが如し』が経営理念』

2013年4月10日の百歳学入門(70)記事再録  前坂 俊之(ジャー …

no image
『百歳長寿経営学入門』(209)―『生涯現役の達人・渋沢栄一(91歳)の晩年・長寿力に学ぶ/『老人になれば、若い者以上に物事を考え、楽隠居をして休養するなどということは、絶対にしてはいけません。逆に、死ぬまで活動をやめないという覚悟が必要なのです』

2011/05/04記事再録 生涯現役の達人・渋沢栄一(91歳)の晩年・長寿力に …

no image
★『オンライン/独学のすすめ』★福沢諭吉のリーダー教育論は「子供は自然と遊ばせて、勉強などさせるな」★『日本の知の極限値』の南方熊楠のー世界一周し十数ヵ国語をマスターし、マルクスが『資本論』を書いた『大英博物物館』にこもって世界民俗学、エコロジー(環境)学を切り開いた』

ー福沢諭吉の教育論は『英才教育は必要なし』★『勉強、勉強といって、子供が静かにし …

no image
『オンライン/日本リーダーパワー史講座』★『日本リーダーパワー史(32)』★『 英雄を理解する方法とは―『犬養毅の西郷隆盛論』・・

日本リーダーパワー史(32) 英雄を理解する方法とは―『犬養毅の西郷隆盛論』・・ …

no image
日本リーダーパワー史 (22) 『世界の知の極限値』ーエコロジーの世界の先駆者だよ、南方熊楠先生は・・(上)

日本リーダーパワー史 (22) 『世界の知の極限値』ーエコロジーの先駆者・南方熊 …