前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ(81)』 デーブ・スペクターは「3/11でゴジラが東京湾に現れるまで米国には戻らない」(NTY)

      2015/01/01

    『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(81)』 

 

 

決定版★◎< NYT    BY     MARTIN  FACKLER

 

“ American’s Star Power Unrivaled in Japan ”(8/22)

 

 “このアメリカ人(デーブ・スペクター)の人気者

としての実力は、日本では無敵である

F氏の「異文化コミュニケーションの天才・デーブ
の涙が流れるいい話」!!!


★本にもなった彼のギャグ集は震災直後に被災民を励ましている 

秀作「現地の作業員が命懸けで頑張っているのに、首脳陣が

責任のがれをしてる電力会社 ー逃電 」

★2011年、東電の原発爆発の際、「私は、ゴジラが東京湾に現れ

るまでは米国には戻らない」とスペクター氏は宣言、

視聴者は涙したと言う。

 

    http://www.nytimes.com/2014/08/23/world/asia/unknown
-in-america-david-spector-carves-out-niche-in-japan.html?_r=2

 

  

★<F氏の泣けるコメントです>!!


   1.  この記事の話題の主、デーブ・スペクターを知らない日本人は極めて

     稀ではないか?「デーブ・スペクターは日本では日常的に使われる名前

     である」と筆者 Fackler氏 は言う。

 

     スペクター氏得意のクールギャグのツイートは人気沸騰で、彼のTwitter

     のフォロワーは8/31現在51万人を越え、既に超大物セレブである。

 

          本にもなっている彼のギャグ集の秀作、震災直後に被災民を励ましている

    「現地の作業員が命懸けで頑張っているのに、首脳陣が責任のがれをしてる

     電力会社 ーー 逃電 」、「こんな夜に少しでも暖かくなってもらい

     たくて、ささやかなギャグです : 心の暖かい女優 ー 毛糸・ブラ

     ンケット」(2013年のアカデミー賞主演女優の柔和で芯の強い個性的

     なイメージを見事に重ねています)。 日本、日本人を心から愛している

     スペクター氏の少年の様な人間性が滲み出ていませんか?

 

     このNYT,Fackler氏の秀逸な報道は、スペクター氏が TV,ラジオやイベ

     ントを通じ、長年、日本人のお茶の間から愛され続けてきた理由と、彼の

     日本と日本人を愛して来たその生き方に迫っている。

 

   2.  筆者は、「スペクター氏は、外国人タレントの最後の生き残りである、彼の

     最も秀でた所は、その持続力と言う事につきる。その30年に亘る持続力は

     、日本という国と日本人の細やかな感受性に尊敬の念を表したいというスペ

     クター氏の意欲に根差している」という。

 

     幼少時から日本と日本のポップカルチャーを知り、「日本」にのめり込み、

     TVの台本作者としてABCを説得して強引に日本に長期滞在を敢行し、日本の

     「クレージーなTV映像」を本国に送り続ける。「私は、今では日本で有名人

     になったが、そうなる遥か以前に、日米のポップカルチャーを交流させる仕

     事に嵌まっていた」とスペクター氏は言う。好きな仕事を懸命にやって来た

     らいつの間にか30年経過していた、と言わんばかりである。

 

   3.  日本と日本人の情報を30年間吸収し続け、主にポップカルチャーの世界で

     日米に映像とコメントを送り続ける知的な作業をベースロードに、評論とギャ

     グでは日本のTVの世界では欠かす事の出来ない、多勢のファンを獲得してい

     るスペクター氏ならでは発言、「私は拳銃を光らせて現れる事は出来ないが、

     着物を着て歩き回る事もしたくない。私は微妙にバランスを取って歩く、そ

     の歩き方を知っている。だから日本人は最も過敏になる国内問題でさえ、私

     には何でも自由に話をさせてくれる」

 

     「それこそが、私の今迄の努力の成果である、と考えている」

 

     2011年、東電の原発爆発の際、「私は、ゴジラが東京湾に現れる迄は米

     国には戻らない」とスペクター氏は宣言、視聴者は涙したと言う。日本人は

     スペクター氏の掌の上にある。

 

                               

        訳していて、この記事のインタビュー、スペクター氏の実像を良く引き

        出していると思いました。ここ迄大成するのに、毎日3、4時間しか寝

        ていないという噂です。

 

        知的な蓄積も相当なもので、TVのお笑いは氷山の一部ですね、もっと

        多方面に発言させたいと思いました。勉強になりました。

  

                        

 

 http://www.nytimes.com/2014/08/23/world/asia/unknown-in-
america-david-spector-carves-out-niche-in-japan.html?_r=2

 

 

      2014/8/22  NYT    BY     MARTIN  FACKLER

 

      Americans Star Power Unrivaled in Japan

 

 “このアメリカ人の人気者としての実力は、日本では無敵である

 - 人物研究 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(130 )『百里を行くものは、九十里を半ばにす』 ●『心は常に楽しむべし、苦しむべからず、身はつねに労すべし、 やすめ過すべからず』貝原益軒) 』●『老いておこたれば、則ち名なし』●『功のなるは、成るの日に、成るにあらず』●『 咋日の非を悔ゆるものこれあり、今日の過を改むるものすくなし」(佐藤一斎 )

2016/07/03 百歳学入門(149) 『百里を行くものは 九十里 …

no image
知的巨人の百歳学(134)ー昭和天皇(88歳)の健康長寿の秘訣はーその食事と健康法 <在位期間62年余で歴代天皇では最長の記録>

昭和天皇の長寿の秘訣は?  その食事と健康法は・・・   2 …

『鎌倉釣りバカ人生30年/回想動画録』⑲★『コロナパニックなど吹き飛ばせ』★『10年前の鎌倉沖は豊饒の海だった』「釣れない・恋れない・釣りバカ日記③」 ★ 『自然に帰れ』―母なる海に抱かれて、魚と戯れる、また楽しからずや」 『鎌倉沖プライベート・シーで、同窓会ラブを思い出したよ』

  2010/07/03  「釣れない・ …

no image
長寿学入門(217)-『三浦雄一郎氏(85)のエベレスト登頂法②』★『老人への固定観念を自ら打ち破る』★『両足に10キロの重りを付け、これに25キロのリュックを常に背負うトレーニング開始』★『「可能性の遺伝子」のスイッチを決して切らない』●『運動をはじめるのに「遅すぎる年齢」はない』

長寿学入門(217)   老人への固定観念を自ら打ち破れ ➀ 60歳を …

「Z世代のためのウクライナ戦争講座」★「ウクライナ戦争は120年前の日露戦争と全く同じという歴史ニュース」★「日露戦争開戦1ゕ月前の『米ニューヨーク・タイムズ』の報道』★『日露戦争の行方はロシアは敗北する可能性が高い』★『ロシアの対日戦の必然的な目的である朝鮮征服にロシアはあらゆる不利な条件下で臨むことになろう』

2017/01/09    『日本戦争外交史の研究 …

no image
明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変②』-『ドイツ、ロシア、フランス、イギリスらの中国侵略に民衆が立ち上がった義和団事件が勃発』★『連合軍の要請で出兵した日本軍が大活躍、北清事変勝利の原動力となった②』

 明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変②』   以下は鹿島 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(159)再録/知的巨人の百歳学(113)ー徳富蘇峰(94歳)ー『生涯現役500冊以上、日本一の思想家、歴史家、ジャーナリストの健康長寿、創作、ウオーキング!』

    22018/12/01知的巨人の百歳学(1 …

知的巨人たちの百歳学(108)ー『世界天才老人NO1・エジソン(84)<天才長寿脳>の作り方』ー発明発見・健康長寿・研究実験、仕事成功の11ヵ条」(下)『私たちは失敗から多くを学ぶ。特にその失敗が私たちの 全知全能力を傾けた努力の結果であるならば」』

再録・ 百歳学入門(96) 「史上最高の天才老人<エジソン(84)の秘 …

『オープン歴史講座』・なぜ日本は21世紀のAIデジタル世界で後進国に転落中なのか』★『「桜田義孝五輪相のお笑い国会答弁とゾッとするサイバーセキュリティーリスク』★『国家も企業も個人も死命を分けるのは経済力、軍事力、ソフトパワーではなく『情報力』である』★『サイバー戦争で勝利した日露戦争、逆にサイバー戦争で完敗した日米戦争』』

2018/12/02    2018/12/03世界/日本リ …

no image
現代史の復習問題/記事再録/百歳学入門(84)大宰相・吉田茂(89歳)の政治健康法②「こんな面白くない<商売>をしていて、酒やタバコをとめられるか」★『総理大臣当時、いやな問題が起こると、血圧が20や30すぐにとび上がった。あるとき、気分が悪いので測ったら、最高230で最低が120もあった』

  2013/11/05  百歳学入門( …