前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(343) 『最強のリーダーシップー西郷隆盛の国難突破力』 『情においては女みたいな人』(大久保利通の西郷評)

      2015/01/01

日本リーダーパワー史(343 
 『最強のリーダーシップー西郷隆盛の国難突破力』 

金も名誉も命もいらぬ人でなければ天下の
偉業は達成できぬ
●『廃藩置県の大改革ができたのは西郷の一言、
大度量によってのみ』
『情においては女みたいな人ですからね』
(大久保利通の西郷評)
 

前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
 明治四年の廃藩置県を断行できたのは西郷の一言で、気の小さい山県有朋が相談に行くと『わかり申した』と一言のもとに了解し、「もし反対する藩があれば、おいどんが成敗しもうす」と答えた。
 
 
 
この廃藩置県の結果、日本全体が天皇の統治に帰することになったので、翌五年から明治天皇の権力掌握の顔見せ巡業として西国巡幸が始まる。これが二度にわたる東京行幸などの大旅行計画の始まりだった。 西郷が、今度の行幸の最高指揮者たる統督としてえらばれたのだ。
 西郷は維新三傑の中でも、まず第一に指折って数えられる。維新の論功行賞も最高の貨典禄二千石を授けられた。大久保や木戸でも千八百石だったのである。
ところが、西郷はそれを返納し、自分は兵卒なみの八石しか受けなかった。そして維新の騒乱が片づくと、「これからは郷土のことが大切でござる」とさっさと育って鹿児島へひっこんでしまったのだ。
だから明治天皇は、西郷にはいたってなじみがうすかったのである。
 
 
 廃藩置県は、いわば三百諸大名の大政奉還である。もしそれらが一藩でも反抗したら、すぐ伝播して幕府方、諸藩の抵抗どころではなく、数が多くて、全国にわたり広がって抑え得られるどころではない。それをおさえる威望と勢力を持っているのは大西郷しかいないというのは衆目の一致した点で、故山に引っ込んだ西郷を無理矢理に新政府にひっぱり出したのであった。
 
●『命も名誉も金もいらぬ』という底無しの大度量の西郷は新政府に復帰するとその態度、リーダーシップは他のリーダー、役人とは全くかわっていた。
 
 たとえば、五百両の月給を一度受けとったきりで、あとは全く取りに来なかった。
「自分の生活費は月に十両もあれば足りる。政府の大切な金を余分にいただいては相すまない。
もちろん入用な人が月給を毎月ちょうだいなさるのは、あたりまえだが、少なくともおいどんは不要でごわす」
 
 というので、大蔵省では租税頭の渋沢栄一が、その処遇に困ってしまった。
 
 政府の首脳会議にも、味噌をまぶした握り飯をもってくるので、金蒔絵の重箱に山海の珍味をつめてくる三条実美(太政大臣=実質的な総理大臣)はいつも、その前で弁当をひらくのを、はばからねぼならなかった。
 
「それらの事が一々、天皇の耳にはきこえていたのだ。
 
 明治天皇は、軍艦のなかで、西郷と毎日顔をあわせ、天機奉伺の挨拶をうけているうちに、彼の人がらが、だんだんとわかってきて、日をふるにしたがって、西郷を好きになる気もちが強まってゆく。 他の人間のもたぬ温かさと厚味がある。いかにも誠実で、彼さえそばにいたら、たとえ天地がひっくり返っても大丈夫だというような安心感がもてるのであった。
 
                                                                                      (以上は木村毅『明治天皇』文芸春秋(昭和42年)を参照)
 
 
 
著者:樺山愛輔著 | 発行年月:1954年07月

大久保利通の西郷評は『情においては女みたいな人ですからね』
http://book.maesaka-toshiyuki.com/book/detail?book_id=26
 
 

 - 人物研究 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
世界、日本メルトダウン(1033)ー『米中会談の内幕は・』★『中国が北朝鮮問題を解決すれば、米国との通商の取り決めは中国に良いものになる」とブラフ外交、ディール外交(取引外交』を展開』●『トランプ氏は「まず外交,不調なら軍事行動の2段階論」を安倍首相に説明した』

世界、日本メルトダウン(1033)ー   『まず外交,不調なら軍事行動 …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㊳興亜説について(榎本武揚の興亜会の設立)明治23)年8月

     『中国紙『申報』からみた『日中韓150年 …

no image
日本リーダーパワー史(428)上原浩治投手の<土壇場完勝力>「どんどん行く、結果がどうであれ、1日ごとに気持ちを リセット、真っ向勝負<瞬殺>」

 日本リーダーパワー史(428)   「米ワールドシリーズで …

no image
 片野 勧の衝撃レポート④「戦争と平和」の戦後史(1945~1946)④『占領下の言論弾圧』⓶『マッカーサーの新聞検閲』 ■6000人の被爆者の臨床データも消された ■没収された原爆放射線被害の情報

  「戦争と平和」の戦後史(1945~1946)④ 片野 勧(フリージ …

no image
★10人気リクエスト記事再録/日本リーダーパワー史(869)『真珠湾攻撃から70年―山本五十六のリーダーシップ』ーー最もよく知る最後の海軍大将・井上成美が語る「秘話」ー

リーダーパワー史(869) 2011/09/27執筆<日本リーダーパワー史(19 …

no image
天才経営者列伝①本田宗一郎の名言、烈言、金言ピカイチ『成功は失敗の回数に比例する』★『得手に帆を上けよ』

               2009、08,15 天才経営者列伝①本田宗一郎の …

no image
世界リーダーパワー史(949)3週間後に迫ってきた米中間選挙(11/6)の結果はどうなる?ー米中新冷戦に突入へ 

世界リーダーパワー史(949)   3週間後に迫ってきた米中間選挙(1 …

『リモート京都観光動画」/『外国人観光客への京都ガイド』★『京都・清水寺へぶらり散歩』、五条・清水坂からゆっくり参拝、境内へ、総門』★『清水寺前は産寧坂(三年坂は世界中の観光客が愛する和風的な町並み』

 清水(きよみず)とは東山区中央部、東山西麓の清水寺を中心とした地区名。 東は清 …

no image
知的巨人の百歳学(129)ー大宰相・吉田茂(89歳)の政治健康法②「こんな面白くない<商売>をしていて、酒やタバコをとめられるか」

記事再録2013/11/05 /百歳学入門(84) 大宰相・吉田茂(89歳)の晩 …

no image
記事再録/『中国/内モンゴルのゴビ沙漠の不毛の砂漠を300万本のポプラの木を植えてと緑の農地によみがえらせた奇跡の男・遠山正瑛(97歳)★『中国で、生前銅像が建てられたのは毛沢東と遠山の2人だけで、その台座には「90歳の高齢ながらたゆまず努力し、志を変えなかった」』

    2009/05/06 &nbsp …