前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『Z世代のための世界が尊敬した日本人(47)』100回も訪中し、日中国交回復の「井戸を掘った」岡崎 嘉平太(ANA創業者)

   

世界が尊敬した日本人(47)

前坂 俊之

(ジャーナリスト、静岡県大名誉教授)

中国革命の父・孫文を支援したのは宮崎滔天、梅屋庄吉らの日本人の民間人たちだが、戦後の日中国交正常化のイバラの道を切り開いたのは100回も訪中して、周恩来との親交を深めて「井戸を掘った」岡崎 嘉平太である。

岡崎は明治30年(1897)4月、岡山県賀陽郡吉備中央町で、農家の長男に生まれた。旧制岡山中、一高を経て項東大に入学した。当時、多数の中国留学生が日本で学んでいたが、大正4年(1915)、対中国21ヵ条の要求などで、日中間の対立がエスカレートし、学生同士も疎遠になっていた。

 

そんな中で、岡崎は多くの中国留学生と交友を結んだが、ある日、その1人から「上海の英租界の公園入口には、犬とシナ人入るべからず、との立札がある」との話にショックを受けた。

これは日本人、アジア人全体に対する侮辱と感じた岡崎は「日本の運命は中国との関係にある。日本は中国と争うべきではない。中国やインドと共にアジア諸民族の独立をかちとるべきだ」という「アジア主義者」となった。その友人は日本の対中態度に腹をたてて、抗日運動家となって帰国した。

その後、岡崎は日本銀行に入り外国為替部次長を経て、昭和14年(1939)日中合弁の上海華興銀行の理事で中国へわたり、中国認識を深めていった。日中関係は岡崎の志しと違って、支那事変から、「暴支膺懲」(横暴な中国を懲らしめる)、大東亜戦争と最悪の事態となっていく。その間、岡崎は大東亜省「参事官、同18年には上海大使館参事官として再び中国に戻るなど、中国通の経済官僚として戦争、外交の最前線で苦労した。

1945年(昭和20)8月15日、日本敗戦。勝利した中国・蒋介石主席は「抗戦勝利での全中国軍民」への告文をラジオ放送し、侵略した敵・日本に対しては「以徳報怨」(過去をとがめず、怨みに徳をもって報いる)を布告して、日本人をばかりでなく、世界を驚かせた。この原案を書いたのが●徳相ではないか、との情報があり、岡崎が必死で調べて10数年後にやっと台湾にいる本人と連絡が取れた。

  • は自分は関係ないとしながらも「中国は建国の途上なので戦後も日本の助力が必要。戦争責任は日本の軍閥にあり、国民は関係ない」という一文を蒋介石に献策していたことがわかった。

戦後、岡崎は官僚から池貝鉄工、丸善石油、日本ヘリコプター航空(全日空、ANAの前身)などの社長に転身し、次々に再建に成功して、その経営手腕は高く評価された。その間、ストップしたままの日中貿易を何とか復活し、国交回復へつなぐ道を模索していた。

 

しかし、東西冷戦、朝鮮戦争以後は米国の対中共封じ込め政策によって、独立後の日本は台湾と国交を結び、中華人民共和国とは国交断絶状態が続いていた。

 

岡崎は「アカ」「反体制の財界人」などと右翼団体から妨害・脅迫を受けながら、政府に働きかけ松村謙三(鳩山内閣文相)、高碕達之助(岸内閣通産相、東洋製罐社長)を担ぎだして昭和38(1963)年から『LT貿易』(廖承志・高碕の覚書に基づく貿易)を実現した。

 

この前年に岡崎は初めて周恩来首相に会い、その人格に打たれ、以後18度も会見して「生涯の師」と仰ぐまでの深い信頼関係を築いた。

 

当時、日本では国交正常化に先立って「中国側の戦争賠償請求額がどうなるか」ーと神経をとがらせていたが、周恩来は『わが国は賠償権を求めない。両国の人民は日本軍閥の被害者なので請求できない』と岡崎に伝えていた。

 

「中国の心、アジアの心を相手の身になって考える』、『信はタテ糸 、愛はヨコ糸、 織りなせ 人の世を美しく』との信念を基に、すでに70,80歳の高齢になっていたにもかかわらず、岡崎は合計100回も訪中して、黒子に徹したのである。

昭和47年(1972)9月、日中共同声明の調印式が北京で行われ、田中角栄首相、周恩来首相が署名しついに国交正常化が実現した。周恩来は「中国では水を飲むときには井戸を掘った人を忘れないのです」と岡崎の功績をたたえた。

92歳の長寿を保った岡崎は平成元年(1989)年9月に亡くなったが、今でも中国でもっとも尊敬されている日本人なのである。

 - 人物研究, 健康長寿, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
速報(179)『日本のメルトダウン』動画『TPP・政治・原発を一刀両断する」(ジャーナリスト3人会)11/4』(50分)

速報(179)『日本のメルトダウン』   動画『TPP・政治・原発を一 …

no image
<まとめ>宮崎滔天ー100年前の中国革命(辛亥革命)の生みの親・宮崎滔天に『日中両国民』とも学ばなければならないー

<まとめ>宮崎滔天について   ―尖閣問題で軍事衝突が危惧されている今 …

no image
『 オンライン動画<2012年5月7日・連休!鎌倉カヤック・ハッピー日記>『沈黙の鎌倉海で―「釣れなければよし、生物を殺生するなよ、地球環境破壊の外道たちの未来を考える』★『2021年連休、地球温暖化で鎌倉海の生物は絶滅中だよ,ホントの動画❣・・・』

    2012/05/07  <鎌倉カ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(181)記事再録/★『高橋是清の国難突破力(インテリジェンス)①』『2014年現在の直面する5大国難は?!』ー 「福島原発の処理問題」「迫りくる大地震」「1000兆円突破 の国家債務」「急速に進む超高齢化・人口激減・少子化・ 認知症800万人」など、国難は複雑性を増している。 リーダーと同時に国民全体のインテリジェンス が求められる。』★『 「国、大なりといえども、戦いを好む時は必ず亡ぶ。国、平和といえども戦いを忘れた時は必ず危うし](史記)』

 2014/09/18/日本リーダーパワー史(524)(高橋是清のケー …

no image
速報(67)『日本のメルトダウン』●(小出裕章情報2本)『今までと違う世界に生きる覚悟』『ストロンチウムよりセシウムが影響大』

速報(67)『日本のメルトダウン』   ●(小出裕章情報2本)『6月8 …

  日本リーダーパワー史(771)―『トランプ暴風で世界は大混乱、日本も外交力が試される時代を迎えた。そこで、日清戦争の旗をふった福沢諭吉の「外交論」を紹介する」★『日清講和条約(下関条約)から3週間後の福沢諭吉の外交論である。 『外交の虚実』『時事新報』明治28年5月8日付』●『今日の順風も明日の逆潮に変化するその間に立て、虚々実々の手段をめぐらし、よく百難を排して、国の光栄利益を全うするは外交官の技量にして、充分に技量を振わせるものは実に朝野一般の決心如何に在るのみ。』

   日本リーダーパワー史(771) トランプ米大統領の誕生で『世界は大混乱の時 …

『オンライン/75年目の終戦記念日講座』★『終戦最後の宰相ー鈴木貫太郎(78歳)の国難突破力が「戦後の日本を救った」-その長寿逆転突破力とインテリジェンスに学ぶ

  2015/08/05 日本リーダーパワー史(577)記事 …

no image
知的巨人たちの百歳学(120)アメリカの石油王・ジョン・ロックフェラー(97歳)「私の健康長寿の8ヵ条」「 経営は数学 ・数学・数学・すべて数学」

知的巨人たちの百歳学(120) アメリカの石油王・ジョン・ロックフェラー(97歳 …

no image
速報(112)『日本のメルトダウン』<電力不足の最中、日本人は電気の使用制限に進んで協力>『ニューヨーク・タイムズ』(7/28)

速報(112)『日本のメルトダウン』『Japanese, in Shortage …

no image
『オンライン世界が尊敬した日本人講座』<1億人のインド不可触民を救う仏教最高指導者・佐々井秀嶺 >★『「私は求道者。寺などいらぬ。最後はとぼとぼ歩いて、道端で石にけつまずいてどこかの道で行き倒れて死ぬか、草の中で死ねれば本望です」という。』

 2013/09/24  の記事再録 <歴史読本(2009年 …