前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『オンライン講座・ウクライナ戦争の経過』★『ジェノサイド・ロシアの末路(上)』★『ロシアのウクライナ侵攻から2ヵ月』★『プーチン大統領の「核使用発言」』★『歴史は人類の犯罪と愚行と不幸の記録以外の何物でもない』

   

 

ウクライナ戦争・ジェノサイド・ロシアの末路(上)

前坂俊之(ジャーナリスト)

 

ロシアのウクライナ侵攻から約2ゕ月が経過した。ウクライナの首都キエフ、近郊のマカリウやブチャなどキーウ近郊では市民多数が殺害されており、国連の人権委員会は「ロシアの戦争犯罪」と認定し、国際刑事裁判所が捜査に乗り出した。米欧日などは「ロシアの経済封鎖と同時に、ウクライナへの武器、軍事支援を増強、一方ロシア側は「ジェノサイト」の批判をフェイクニューㇲとして否定、プーチン大統領はさらなる戦線拡大を命令し、戦争は長期化の様相を呈してきた。サリンなどの生物、化学兵器をロシアが使用した疑惑も浮上、追い詰められてきたプーチン大統領は『戦術核』の使用も公言しており、第3次世界大戦のリスクも高まってきた。

(これは4月15日までの情報分析、放談です)

  • 新型コロナ感染者5億人、死亡者620万突破

(A)「それでは恒例の世界各国・地域の新型コロナ感染者数(死者数)から入りましょうか。米ジョンズ・ホプキンズ大学のまとめでは、4月15日現在の数字は以下の通りです。

世界全体の累計感染者は約5億0192万(死者数約619万人)です。

米国       8051万(99万)
・インド     4304万 (52万)
・ブラジル        3021万 (66万
・フランス    2750万(14万)
・ドイツ     2318万(13万)
・英国      2188万(17万)
・ロシア     1777万(36万)
・韓国      1598万(2万)
・イタリア    1547万(16万)
・トルコ     1498万(9万8千)
・スペイン    1163万(10万)

 

番外 日本は724万(死者2万千人)です。

 

「米ジョンズ・ホプキンズ大の集計では、新型コロナウイルスの世界全体の感染者が4月12日、累計5億人を超えました。死者は618万人超です。世界保健機関(WHO)によると、新規感染者、死者とも減少傾向だが、感染力の強いオミクロン株の変異派生型「BA・2」が増えている。 ワクチン接種が進み、重症化率や死亡率が低くなってきたため、欧米を中心にマスク着用義務などの規制撤廃の動きが進んでいる」

 

「一方、中国の上海では4月9日、2万4943人の感染者確認され、9日連続で過去最多を更新した。上海市当局は大部分の地域で2週間の厳しい外出制限を続けており、食糧の確保に困った住民の反対運動も起きている。日本国内ではオミクロン株「BA・1」から派生型の「BA・2」への置き換わりが進む中、新たな系統「XE」(感染スピードはBA・2の12・6%速い)の感染者が4月11日に国内で初めて確認され、政府は監視体制強化している」。

  • ロシアのウクライナ侵攻から2ヵ月

「では、ウクライナ戦争に移りましょうか。プーチンの「国際法違反」のジェノサイト攻撃がとまらない。CNN(4月15日)などによると、ロシア軍がウクライナ南東部の港湾都市マリウポリを攻撃し、3千人以上が死亡、約43万人の住民の大半が孤立し、住民数千人をロシア領へ強制的に移送されているという。ボイチェンコ市長は、「第2次世界大戦中のナチス・ドイツによる強制連行、無差別攻撃」だと非難した。

ロイター通信(3月23日)によると、この約2ヵ月弱でウクライナ側の推定害総額は死亡者数最低 約4万人、避難民は約 1100万(全人口の4人に1人)にのぼり、損壊した建物数最低 1752棟、物的損害5649億ドル(約71兆円)にのぼる。ウクライナを逃れた子どもは約150万人は人身売買のリスクにさらされている。」

 「3月20日、ウクライナのゼレンスキー大統領はロシアの降伏要求に決して屈しない。首都キエフのほか、マリウポリやハリコフなどの都市がロシアに占領されることはないと」と発表した。これに対してプーチン大統領はウクライナ東部で親ロ派の「ドネツク人民共和国」、「ルガンスク人民共和国」の独立を承認し、クリミア半島をウクライナに返還する意図がないと宣言。ゼレンスキー氏も「国際的に認知された国境は変わらない。ロシアには一歩も譲歩しない」と激しく対立は怒りと敵意と憎悪で一層エスカレートするばかりだ」

「対する米国、NATO(北大西洋条約機構)は「核戦争を避けるため軍事的な衝突は極力回避して、さらに徹底した経済金融制裁を加えることで、ロシア経済を崩壊させ体制転換を行う戦略を強化ている。

すでにロシアは「デフォルト」(国家破産)寸前に追い詰められている。共同通信(3月22日)によると、プーチン政権を批判してきた同国の著名な経済学者ウラジスラフ・イノゼムツェフ氏は「ロシアのインフレ率は年30%に近づき、為替相場は1ドル=200ルーブルとさらに低下している。失業者は現在の2倍、貧困層は1・5倍になり、100年前、1917年のロシア革命時に後戻りしてしまう」と絶望的な未来を予測して「次の冬(2023年)までに死に至る」という。あと1年後には兵糧攻めにあってロシアは崩壊するというわけです」

(「当初、3日でキエフを陥落させると豪語していたプ―チンロシア軍は4週間たっても占領できない大失敗となった。その「ロシア軍の死亡者は9861人が死亡、負傷者は1万6153人」とプーチン政権寄りのタブロイド紙(電子版)が3月20日にスッパ抜いた。慌てた政府は即座に削除した。

ロシア軍の正式の死亡者数は3月2日現在で498人が死亡していたが、その400倍だ。ロシアは1980年代のアフガニスタン侵攻10年間で約1万5千人のソ連兵が死亡しので、今回はわずか1ヵ月弱で2万人死傷というケタ違いの多さで、作戦大失敗がわかる」

「ゼレンスキー大統領は3月20日、米CNNテレビに対して、ロプーチン大統領との直接会談したいと語り「この試みが失敗すれば第3次世界大戦となる」と語ったが、プーチン氏は要請を拒否した。国連も事態を重く見、グテーレス事務総長は3月14日の会見で、「かつては考えられなかった核戦争の可能性が大きくなってきた」として、直ちに敵対行為を停止するよう訴えた。ロシアのペスコフ報道官は22日のCNNの取材に「ロシアの存在が脅かされた場合には、核兵器の使用があり得る」と発言。ウクライナ戦争の今後について欧米専門家はロシアが戦略核兵器、小型核兵器を追い詰められた場合に使用する可能性が高まってきたと指摘している。」

  • プーチン大統領の「核使用発言」

 

「米ニューヨーク・タイムズ」(3月21日)は「ロシアが制限的な破壊力を持つ戦術核兵器をウクライナで使用する可能性がある」と警告した。ロシアは、広島原爆などの大規模破壊を招く戦略核兵器、核爆弾よりも、威力の弱い限定小型戦術核兵器を多数開発して2000発を保有。一方、米国が欧州に配備した戦術核は100発ほどしかない。「追い詰められたプーチン氏がこの小型核兵器をカードにして住民のいない郊外などに落として西側を威嚇する武器にする可能性がある。このロシアが警告として投下した戦術核の意図を西側が見誤って瞬時に全面核戦争へと発展する恐れがある」とも書いている」

「それに関しては、すでに2015年3月17日、プーチン大統領はロシア国営放送で、クリミアの状況がロシアに不利に展開した場合は、「核戦争も準備していた」と発言していますよ。この時には鳩山由紀夫元首相がウクライナを訪問し、ウクライナ危機は米国の陰謀だと言わんばかりのロシア寄り発言を繰り返していたのが物議をかもした。

それから7年。今回のプーチンのウクライナ戦争が始まり、世界から総スカンを食って再び「核使用発言」の脅しをかけているわけですね。しかし、プーチンの前任のエリツィン大統領もコソボ紛争(1992年)の時に「核使用発言」をしており、ロシア側の一貫した恫喝外交、ロシアンルーレット外交ですよ」

  • 「歴史は人類の犯罪と愚行と不幸の記録以外の何物でもない」

「これは英国の歴史家・エドワード・ギボン(一七三七~一七九四)の言葉です。プーチン大統領(ツアー)によるウクライナ戦争の残虐行為、ジェノサイトを毎日毎日見続けているとつくづくそう思いますね。

英BBC(4/4)によると、「ウクライナの首都キエフ周辺地域からロシア軍が撤退したことで、ロシア軍による無差別殺人の痕跡が次々と明みに出ている」という。ウクライナ民間人が手足を縛られ、後頭部を撃たれて処刑されていた遺体や、証拠隠滅のため焼かれたかのような遺体も複数見つかった。「410人の市民の遺体が運び出された」(ウクライナの検事総長), 「数百人の市民が殺害された。世界がこれまでに見たことのない悲惨な行為だ」(北東部スムイ州知事)などウクライナ側は「残忍な戦争犯罪の決定的な証拠だ」と強く非難した。)

ブチャ、ナリウポリの虐殺、化学兵器使用疑惑まででてきた」

つづく

 - 健康長寿, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
記事再録/世界を魅了した日本人ー『エ・コールド・パリ』・パリ画壇の寵児となった『世界のフジタ』藤田嗣治②

    2010/01/01 &nbsp …

no image
★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」/「日本側が伝えた日英同盟へのプロセス」⑥ー『各元老から日英同盟への意見聴取で賛成』★『伊藤公の外遊真相』●『桂と外遊中の伊藤との間に対英対露方針に関して、はからずも意見の食い違いが露呈』

★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日本側が伝えた日英同盟へのプロセス」 …

日清戦争の遠因となった長崎事件(長崎清国水兵事件)ー2資料の『歴史秘話」を紹介

日清戦争の遠因となった長崎事件(長崎清国水兵事件)ー2資料紹介   ① …

『オンライン講座/昭和の大宰相・吉田茂のジョーク集』②『歴代宰相の中でも一番、口の堅い吉田じいさんは公式でも突っけんどんな記者会見に終始して、新聞記者と個人的に会談したケースは少ない。『総理番記者』は『新聞嫌いの吉田ワンマン』取材用に誕生した」●「伊藤博文の大磯邸”滄浪閣“を買取り、自邸の『海千山千楼』に改築した。

     2016/02/09 日本リー …

no image
『日本の最先端技術見える化チャンネル』ー『人気沸騰のたこ焼きロボット』★『セブン&アイ、たこ焼きとソフトクリームのロボットをフードコートで活用★『人気沸騰のたこ焼きロボットー「厨房設備機器展2019」(2/20、東京ビッグサイト)で「ロボットたこ焼きオクトシェフ」の見事な職人芸にアメイジング!これ凄いよ(動画付き)』

   たこ焼きロボットの導入による7大メリット➀商品品質の安定化②人件 …

no image
辛亥革命(1911年10月10日)百周年―日中関係逆転歴史資料②『社説一孫文氏を迎ふ』(毎日新聞)

  辛亥革命(1911年10月10日)から百周年― 逆転した今後の日中 …

no image
日本メルトダウン脱出法(818)「視点:日本は「協調組合主義」と決別を=フェルプス氏」●「大企業に今なお根を張るー「学歴病おじさん社員」の量産システム」●「中国金融当局の無理解が世界の市場を混乱させる」●「中国がひた隠しにするPM2.5による死者の数 ー台湾の事例から推算されたその数は年間100万人」

    日本メルトダウン脱出法(818)   視点:日本は「協調組合主 …

『リーダーシップの日本近現代史』(157)再録/『日本一『見事な引き際・伊庭貞剛の晩晴学②『「事業の進歩発達を最も害するものは、青年の過失ではなく、老人の跋扈である。老人は少壮者の邪魔をしないことが一番必要である」』

    2010/10/25 &nbsp …

『百歳長寿経営学入門』(208)『プロパンガスの父・岩谷産業創業者・岩谷直治(102歳)』 ★『その「否凡」経営哲学12カ条』と『102歳の健康長寿実践哲学10カ条を公開!』

百歳学入門(42) 2012/07/17 百歳学入門(42)『岩谷産業創業者・岩 …

no image
速報(120)『日本のメルトダウン』『地震多発時代”はまだ始まったばかり!―首都圏の「巨大地震」発生の可能性』―

速報(120)『日本のメルトダウン』 『地震多発時代”はまだ始まった …