前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『オンライン/明治史外交軍事史/読書講座』★『森部真由美・同顕彰会著「威風凛々(りんりん)烈士鐘崎三郎」(花乱社』 を読む➂』★『『日清戦争の引き金の1つとなった『明治19年の長崎清国水兵事件とは何か』』

   

   日本リーダ―パワー史(979)

今、米中覇権争いで、台湾や尖閣諸島、南シナ海をめぐる米・中・日3国の対立がエスカレートし軍事的緊張が高まっている。本書はこの150年間の日中韓友好・対立・戦争史のルーツを知るための絶好の書といえる。森部真由美さんら同顕彰会著「「威風凛々(りんりん) 烈士鐘崎三郎」(花乱社、(A5判/並製本/414ぺージ/本体3000円+税)

http://karansha.com/

が5月3日に出版された。

内容は1891年(明治24),運命に抗うように上海に渡り,時代に翻弄され,26歳で落命する鐘崎三郎の人物像と,彼を見守った多彩な人士たちの記録です。

明治の近代精神に燃えて大陸に渡った若き鐘崎三郎(福岡県出身,1869-94)。日清貿易研究所で学び,商店経営を実践,各地を旅して経済交流の最前線に立つも,1894年,日清戦争が勃発。陸軍に通訳官として派遣されて捕縛,刑場に散った鐘崎三郎の生涯を子孫の森部真由美さん(67)=福岡市=らが自費出版したもの。

 

鐘崎の足跡を丹念に追跡し、明治に自由民権運動としてスタートした「玄洋社」(ブラックドラゴン)は昭和戦後(1945年)にGHQによって「超国家主義」のレッテルを張られて歴史から抹殺されたが、その玄洋社の人脈や、大陸を志向した九州人たちの人脈を地道にたどっている歴史ドキュメントになっている。

同時に、『烈士の面影』(大正13年刊)・『烈士 鐘崎三郎』(昭和12年刊)の両書は現代人、地元の子供たちにも読みやすい現代文に改め、その後の記録を加え増補再刊している。

さらには、同書に登場する明治維新からのそうそう人物や玄洋社の面々の人物史約50人のメモも別冊子でつくり、各図書館に配布。

地元の抹殺された歴史、人物を掘り起こして歴史認識をバージョンアップしており、大変丁寧な本づくりであるのにも感心しました。(文・前坂俊之)

 

『忘れ去られた近現代史の復習問題』―『日清戦争の引き金の1つとなった『明治19年の長崎清国水兵事件とは何か』

      2017/04/24

 

『忘れ去られた近現代史の復習問題』―

日清戦争の引き金の1つとなった『明治19年の長崎清国水兵事件

とは何か』

 

長崎清国水兵事件

1885年(明治18)8月1日、清国北洋艦隊水師提督・丁汝昌は「定遠」、「鎮遠」、「威遠」、「済遠」の鉄甲船巨艦四隻を率いて長崎港に入港した。同時にロシアの東洋艦隊も旗艦ウラジミル・マーマック号に同国海軍大臣セスタコフが坐乗して入港しており、さらに英国艦隊九隻が近距離の対馬沖で目を光らしていた。

 

当時英国は朝鮮沖の巨文島を占拠しており、ロシアは朝鮮の東北にあるラザノフ港をねらっていた。露国の野望を見抜いて朝鮮を属国視している清国は、ロシア東洋艦隊がウラジオ出港したという急電が入り、丁汝昌の北洋艦隊をしてこれを尾行させたともいわれた。

 

また一方、清国は琉球独立の黒幕となって、すでに艦隊の一部は琉球に入り、丁汝昌も近く琉球に向うともいわれていた。やっと明治維新によって開国したアジアの後進国・日本の国力、海軍力などないに等しく、英、露、清などからは全く無視されていた。

この時、長崎清国水兵事件がおこった。

 

 8月13日夕、清国水兵五名が長崎寄合町の丸山遊廓『楽遊亭』で娼妓をあげ遊興した後、外で食事をしてまた帰ってくるといって出ていった。午後八時ごろ別の清国水兵五名が酔ってはいり込み、店員が『部屋が全部ふさがり遊女もいない』と断ったのを押しきって登楼した。

そこへ先きの清国水兵五名が帰ってきて、遊女に迎えられ各自部屋に入っていったから、後から来た連中は納まらない。わけを説明するにも言葉が通じぬ。怒った清国水兵はもっていた日本刀をふり回し、金襖をつき破り、火鉢をなげつけて暴れるので、丸山町派出所へ訴えて出た。

黒川小四郎巡査がかけつけ説諭しょうとすると、五人は同巡査を突き飛ばして出ていった。間もなく今度は十五、六人の集団となった清国水兵がきたが、そのうち乱暴した一人が交っているのを認めた黒川巡査がその水兵をひきずり出そうとして乱闘になり、さきの水兵は日本刀で同巡査に2度斬りつけた。

黒川巡査は重傷のまま日本刀をもぎとり逃げる相手を追い船大工町路上で再び格闘中、かけつけた同僚巡査に取押えられた。この水兵は王祭(25)で頭部に一ゕ月の重傷を負った。

日下長崎県知事からこの事件は政府に急報され、伊藤総理の命で寺原警保局次長は四十余名の警官をつれ横浜から海路、長崎へ急行した。一夜あけた八月十四日、長崎市内は清国水兵が多数横行して不穏な空気が流れたが、別に衝突もなく、その間、彼らはみやげものや刀剣類を買いあさっていた。

15日午前8時ごろ、海岸通りの広馬場派出所で福本巡査が立番中、清国水兵四、五人が通りかかり、同巡査の前で放尿したのでこれを制止すると、路上のスイカの皮を拾って同巡査の顔をなで、さらに巡査を囲んで袋叩きにした。この清国水兵の集団暴力をみていた市民が怒り出し、ついに〝白ドッポー組″という車夫を中心とする威勢のいい一団が立ち上った。

『水兵危うし!』とあって上陸していた清国士官が警笛を鳴らし水兵を集合して〝白ドッポー組″と乱闘となった。清国水兵は日本刀や青竜刀を抜き、ドッボー組も日本刀や出刀庖丁で立ち向かい、斬りあいとなった。

この時、清国の貿易商や支那料理屋の二階から清国水兵のため刀剣類が投げられたので、水兵たちは優勢となり、ドッポー組や警官隊をじりじり追い詰めた。

警官隊はこれまで帯剣をかたく戒しめ無手で対抗していたが、ついに清国水兵のために梅ガ崎署まで押込まれたので、江口峰吉署長は「抜剣」を命じ、警官隊は一斉に躍り出し、ここに日清の市街戦までに発展した。

 この乱闘は夜半までつづいたが、清国水兵たちの軍艦引きあげて、市街戦となった市内各地も一応収まったが街のあちこちには血まみれ姿が横たわっており、清国水兵たちは大浦のドイツ人ホテルを仮収容所として手当を施した。

長崎始審裁判所で取調べにかかった。相手が外国人であるため、清国領事の立会いを求めたが、ようやく十六日午前二時になって領事葵幹がやってきた。しかも、それが支那式の大ゲサなもので、行列の先頭に「大清国領事街門」と大書した高張提灯一対を押し立て、その後から網羅をうち鳴らしている尊大さである。

双方の臨検が終った時はもう朝になっていた。日本側は死者一名、負傷者二九名、清国側は死者八名、負傷者四二名であった。

 結局、事件は外務省に移され、取調局長・鳩山和夫は外務省顧問米人デ二ソンを同伴長崎に出張、清国側から日本駐在参賛官・楊枢が顧問英人ドラモンドを同伴してきた。

双方審理の結果は、水兵の王葵逮捕の際、警官が捕縄を用いず普通のワラ縄を用いたのは、清国軍人を侮辱したもので、非は日本側にありということになった。その結果、賠償金を日本側から五万五千円、清国側から一万五千五百元を支払うことで和議は成立したが、この外交談判には国民は承知しなかった。

もともと事件は清国水兵の乱暴狼藉から起ったものなのに、日本側が清国以上に賠償した伊藤内閣の軟弱外交に世論は沸騰し、『傲慢清国』に対する批判が高まった。

<参考文献『世相と事件史、日本の1世紀』全日本新聞連盟編 同連盟刊 1968年≫

 - 健康長寿, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★5<まとめ記事再録>『歴史の復習問題』/『世界史の中の日露戦争』-『英タイムズ』,『米ニューヨーク・タイムズ』は「日露戦争をどう報道したのか(連載1回―20回まで)①』★『緊迫化する米/北朝鮮の軍事的衝突はあるのか、日露戦争勃発直前の英米紙の報道と比較しながら検証する①』

★5<まとめ記事再録>『歴史の復習問題』/ 『世界史の中の日露戦争』 再録・日本 …

知的巨人の百歳学(150)人気記事再録/百歳学入門(59)三井物産初代社長、『千利休以来の大茶人』益田 孝(90歳)『「鈍翁」となって、鋭く生きて早死により,鈍根で長生き』★『人間は歩くのが何よりよい。金のかからぬいちばんの健康法』★『 一日に一里半(6キロ)ぐらいは必ず歩く』★『長生きするには、御馳走を敵と思わなければならぬ』★『物事にアクセクせず、常に平静を保ち、何事にもニブイぐらいに心がけよ、つまりは「鈍」で行け。』

    2012/12/06 &nbsp …

no image
2014年世界経済トレンド・ウオッチ②』「エリートの失敗が未来を脅かす」(英FT紙)「2014年市場は「退屈への反乱」に警戒せよ

  2014年ー世界経済トレンド・ウオッチ②』   …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史」⑹『日本最初の対外戦争「元寇の役」はなぜ勝てたのか⑹』★『14万の元モンゴル軍の海上襲来を海戦などで撃退、再び台風襲来で「弘安の役』に勝利した』

 『弘安の役』について詳述する。 弘安4年初頭での元軍の日本再征軍の編成は次のよ …

no image
速報(403)『太陽電池の世界最大手サンテック子会社倒産』『産業政策ではなく競争=楽天社長』『日本TPP参加の中国見方

速報(403)『日本のメルトダウン』   ◎『太陽電池の世界最大手「サ …

no image
高杉晋吾レポート①『関東最後の巨大ダム 八ッ場ダム、ヒ素・25億人致死量が水源に』

  2008年12月 関東最後の巨大ダム 八ッ場ダム、ヒ素・25億人致 …

日本リーダーパワー史(539)『ゾンビ日本』への警告➁「FOREIGN AFFAIRS REPORT」(2015年1月号)

 日本リーダーパワー史(539)   「FOREIGN AFFAIRS …

no image
日本リーダーパワー史(805)/記事追加再録版 「国難日本史の歴史復習問題」-「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス⑥」 ◎「ロシアの無法に対し開戦準備を始めた陸軍参謀本部』★「早期開戦論唱えた外務、陸海軍人のグループが『湖月会』を結成」●『田村参謀次長は「湖月会の寄合など、茶飲み話の書生論に過ぎぬ」と一喝』

日本リーダーパワー史(805) 記事追加再録版  「国難日本史の歴史復習問題」ー …

日本リーダーパワー史(709 ) 『日中韓150年史の真実(12)記事再録★『明治のトップリーダー・川上操六参謀次長のインテリジェンス、情報戦略,ロジスティックスに学べ』

  日本リーダーパワー史(709) 日中韓150年史の真実(12) < …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(270)★『佐藤一斎(86歳)いわく『少(しよう)にして学べば、則(すなわ)ち 壮にして為(な)すこと有り。 壮(そう)にして学べば、則ち老いて衰えず。 老(お)いて学べば、則ち死して朽ちず』

  2018/04/11 『百歳学入門』(222) …