前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『 オンライン動画<2012年5月7日・連休!鎌倉カヤック・ハッピー日記>『沈黙の鎌倉海で―「釣れなければよし、生物を殺生するなよ、地球環境破壊の外道たちの未来を考える』★『2021年連休、地球温暖化で鎌倉海の生物は絶滅中だよ,ホントの動画❣・・・』

   

 

   <鎌倉カヤック釣りバカ日記>

 
前坂 俊之(死んでもなおらん釣りバカ)

 

  • 5月5日早朝6時から、カヤック釣りにいきましたよ。いつもの釣りバカ2人で、今年の「ゴールデンウイーク」は良く釣りに行ったな。昨年は3,11でほとんどいけなかったよ

  • しかし、最近は天気のいい日も少ないな、太陽も少ない、鎌倉材木座の砂浜も海水面が上がってすくない。フナムシもいない、死滅した、ヤドカリも死滅した。貝もカニもいなくなった。絶滅じゃ。海藻も減る一方、当然、魚も釣れん。

  • 鎌倉海、材木座海岸沖、小坪沖の1キロ周辺の海、材木座海岸、和賀江島付近を30年間ほぼ毎週1回、(合計30年間で1500回以上)カヤックフィッシングで釣りバカ禅の修行中のワシの、この節穴の眼にも、確実に海は死んでもうたな。『死滅しつつある海』からの悲鳴が聞こえる。だから死滅した魚が釣れるわけがないのじゃ。

  • キスでいえば30年前の連休中では3時間でほぼ30匹以上は釣れたな。

  • 10年前なら10匹、今年は3回行ってわずか2匹のみ、春告魚のメバルも同じぐらいに減って釣れなくなったのよ。これは長年同じ場所でウオッチしているオールドマンにしかわからん。悲しいね。

  •  
  • 和賀江島の沖の藻場が10分の1になったように、産卵場所の海藻類の藻場もなくなり、その分、魚は子供をうめない、産婦人科医のいなくなった日本列島と同じ運命になっているのじゃな。

  • 地球上に生息する生命体、生物は微生物も、植物も魚も昆虫も、動物もトラも、白クマもクジラも人間も、アメリカ人もアフリカ人も人類すべてが地球丸の同じ乗組員であり、運命共同体であるのよね。当たり前じゃ。

  • フナムシが死滅し、ヤドカリがあんなに10年前はうじゃうじゃいた材木座海岸と和賀江島の間に、その姿を見なくなったことは、その同じ材木座海岸で砂遊びをしている子供たちの明日の運命を暗示しているのよ。

  • 翌6日、鎌倉の天気は目まぐるしく変わった。快晴、雨、15メートル以上の突風が吹き荒れたかと思うと、一転無風快晴、爆弾低気圧、これまで全くなかったスーパー竜巻の発生と、地球環境異変、温暖化の影響はもろに日本列島を襲い、つくば市の被害となった。地球、自然環境は破壊した結果のこ出来事が回り回って。。。

  • 誰が壊したのか、ワシじゃ、大人だ、先進国のエネルギーを使い倒して電気で豊かな生活を享受しているものの責任じゃ。では、どうすればよいのか・・・・

  • 釣りながら、「釣れなければよし、それがあたりまえなのじゃ、無意味な殺生するな」とむにゃむな、うとうとカヤックで昼寝しながら考えているのじゃ。

 
鎌倉ハッピーカヤック日記ー「太陽がいっぱい」『魚もいっぱい」?
 
 
 

 

 - 人物研究, 健康長寿, 湘南海山ぶらぶら日記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

『リーダーシップの日本近現代史』(313)★『コロナパニック/国難リテラシーの養い方④』「日本最強のリーダーシップ・児玉源太郎の国難突破力(9)『日露戦争で国が敗れるときは、日本も企業も個人もすべて絶滅する」との危機感を述べ、全責任を自己一身に負担し、その責任を内閣にも、参謀総長に分かたず、一身を国家に捧げる決心を以て立案し、実行する」と言明、決断、実行した』

    2013/06/16  /日本リ …

no image
『鎌倉パワースポット』『死ぬまでに何度も行っておきたい鎌倉の寺・仁王像からス―パーパワーをくらう、一喝!(6)』

<『鎌倉のお寺・パワースポット』スペシャルガイド!>   『死ぬまでに …

no image
『オンライン/新型コロナパンデミックの研究』-『コロナ共存社会は数十年続く』(英大学教授)★『世界人口の10%が新型コロナ感染の可能性 WHO推計(10.07)』★『WHO、新型ウイルスの死者200万人は「かなりあり得る」ワクチン開発でも』

『コロナ共存社会は数十年続く』   前坂 俊之(ジャーナリスト) 7月 …

no image
百歳学入門(96)「史上最高の天才老人<エジソン(84)の秘密>❹ 未来へのビジョンを持つ、将来に信仰を持ちなさい、前進しない

 百歳学入門(96) 「史上最高の天才老人<エジソン(84)の秘密>❹ …

no image
鎌倉・逗子 Best Shot』『ホットな夏も終わりークールな絶景思い出★七里ヶ浜、逗子海岸、朝夷奈、鎌倉湖』

  『鎌倉・逗子 Best Shot!』   ◎『 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(85)』 鎌倉・海蔵寺に「秋の七草」の「萩」を見に行く(9/21)

       『F国 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(113)/記事再録☆『軍縮・行政改革・公務員給与減俸』など10大改革の途中で暗殺されたライオン宰相・浜口雄幸の『男子の本懐』★『歴代宰相の中で、最も責任感の強い首相で、国難打開に決死の覚悟で臨み、右翼に暗殺された悲劇の宰相』★『死後、3週間後に満州事変を関東軍が起こした。』

2013/02/15  日本リーダーパワー史(362)記事再 …

no image
 日本リーダーパワー必読史(745)★『 対ロシア外交は完敗の歴史、その歴史復習問題)  欧米が心配する『安倍ロシア朝貢外交の行方は!?』②日清戦争後のロシアの三国干渉と遼東半島の武力、 占領支配が日露戦争の原因なのである。

   日本リーダーパワー必読史(745) 対ロシア外交は完敗の歴史、そ …

no image
『鎌倉釣りバカ人生30年/回想動画録』㉓★『コロナパニックなど吹き飛ばせ』★『10年前の鎌倉沖は豊饒の海だった』★『めざせ!センテナリアン!鎌倉カヤック釣りバカ日記で、カワハギ大漁! 半パソコン半漁の仙人生活、カワハギ尽くしで 地産地消じゃ!

  2012/10/24  <百歳学入門 …

★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(4)ー「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」●『(朝鮮政略) 一定の方針なし』(「時事新報」明治27年5月3日付〕』★『朝鮮は亡国寸前だが、李鴻章は属国として自由に意のままに支配しており、他国の侵攻の危機あるが、緊急の場合の日本側の対応策、政略は定まていない』★『北朝鮮リスクとまるで同じ』

 ★『アジア近現代史復習問題』 ・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(4)  「 …