前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『オンライン世界が尊敬した日本人講座』<1億人のインド不可触民を救う仏教最高指導者・佐々井秀嶺 >★『「私は求道者。寺などいらぬ。最後はとぼとぼ歩いて、道端で石にけつまずいてどこかの道で行き倒れて死ぬか、草の中で死ねれば本望です」という。』

   

 2013/09/24  の記事再録

<歴史読本(2009年10月号)に掲載>

前坂 俊之(静岡県立大学名誉教授) 

 

〔日本から来た「奇跡の男」〕

 人口約11億人、世界第二の大国インドの経済躍進が世界から注目されているが、国内的にはヒンズー教のカースト制度により、数億人の不可触民が、動物以下の差別と貧困と屈辱にあえいでいる。

 四十年前にインドに渡った若き日本人僧侶が「不可触民を救え」と立ち上がり、今や信者が一億人を超える仏教界最高指導者に上りつめ、お釈迦様の仏教遺跡を取り戻す運動を指導していると聞けばビックリ仰天だが、この「奇跡の男」こそ、佐々井秀嶺(当時、七十四歳)である。

 
「日本のODAを足しても佐々井師一人の業績にかなわない」とジャーナリスト・山本宗補が指摘するそのカリスマ指導者は、今年、四十年ぶりに最初で最後の里帰りをして、故郷の岡山を中心に、約三カ月をかけて全国を説教行脚した。

 二〇〇九年六月七日、東京最終講演会が東京の護国寺で開かれ、境内は約五百人以上の人々であふれんばかり。朱色の法衣をまとった佐々井師は浅黒い顔に眼光桐々、阿修羅のような顔立ち。一度口を開けば辺りを圧する大音声で、朗々とよどみなく約一時間半にわたって、不可触民を奴隷以下に虐待差別するヒンズー教をきびしく批判した。そして、人を救うのが宗教者の務めと説き、各宗教の連帯を力強く訴えた。

〔博士のお告げ〕

 佐々井秀嶺は昭和十年(一九三五)八月、岡山県新見市で左官の長男として生まれた。早熟な少年で、性欲、女性関係で悩んで出奔。放浪、自殺未遂を繰り返しながら二十五歳で出家した。三十歳でタイに留学した後、インド仏教発祥の地ラージキルへ渡った。

 ここで日本へ帰国する最後の夜、お告げを受けた。夢の中に白髪白髭の老人があらわれ 「南天竜宮へ行け。なんじの法城はわが法城なり」 と告げられた。南天竜とはインド中央部のナグプール(龍宮)のこと、であり、出かけてみると、夢の老人はアンベードカル博士(一八九一~一九五六、インド憲法の父で、ガンジーと並び称される人物。不可触民出身で仏教再興運動の創設者)であることが分かった。

一九六八年、三十三歳の時である。

 以後、博士が仏教再興運動を起こしたこの地に住んで、不可触民と生活を共にしながら救済運動に立ち上がった。断食行、団扇太鼓を持って「南無妙法蓮華経」を唱え、布教と修行を積み、寺も建てた。仏教とアンベードカル博士の教えを実践し、そのうち博士の後継者として、周囲も認める指導者となった。

〔寺などいらぬ〕

 ヒンズー教から改宗する仏教信者が増え、数千万人もの大勢力になるにつれて、内外の宗教組織から強烈な反発が起きる。一九八七年七月、佐々井は不法滞在で逮捕されたが、ナグプールでは「釈放して、国籍を与えよ」と、大規模な市民抗議集会が起こり、一カ月で六十万人もの署名が集まった。

 仏教徒の強烈な抗議で、ラジブ・ガンジー首相は一九八八年四月、佐々井に正式に市民権を与え、「アーリヤ・ナーガルジュナ」(聖樹の意味)のインド僧名をおくり、名実ともにインド仏教界最高指導者になった。

 佐々井がインド国内で一躍有名人となったのは、「大菩薩寺奪還闘争」からである。大菩薩寺とはお釈迦さまが悟りを開いた場所で、仏教遺跡の中でも最も尊い所だが、ヒンズー教徒に占拠、管理されていた。

九九二年から佐々井は「殺されてもよい」という覚悟のもとに陣頭指揮をとり、トラックに分乗して、中央、州政府、各都市と数千キロにわたってデモ行進し、各地で激しい奪回運動を展開した。

そのせいもあってか、大菩薩寺跡は二〇〇二年に世界文化遺産に登録された。その翌年、佐々井は政府の「インド少数宗教委員会仏教代表」(副大臣級)に指名され、仏教布教と、「シュリーマン」のように発掘にと、両車輪で取り組んでいる。

『破天』(山際素男著、光文社新書)という佐々井の伝記がある。青春期の色欲、煩悩、自殺未遂、野たれ死に行から、意地と度胸と義侠心からインド仏教界の頂点に立ったその人生は、破天荒で波瀾万丈の菩薩道そのものである。

「私は求道者。寺などいらぬ。最後はとぼとぼ歩いて、道端で石にけつまずいてどこかの道で行き倒れて死ぬか、草の中で死ねれば本望です」という。

    

◎佐々井秀嶺師による原発周辺での人・動物供養(2013年7月 2日 (火)

http://asama888.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-9367.html

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E3%80%85%E4%BA%
95%E7%A7%80%E5%B6%BA

 - 人物研究, 健康長寿, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(188)国難リテラシー『東條開戦内閣の嶋田繁太郎海相の敗戦の弁』<戦争の原因、反省と教訓>

日本リーダーパワー史(188) 国難リテラシー 『東條開戦内閣の嶋田繁太郎海相の …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ⑯』『最新映画が描く米国対イスラム世界小史』『原発新設からすべての英国企業が撤退』

  『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ⑯』   ◎『最 …

no image
速報(471)『日本の起業家:アベノミクスがもたらす希望』「中国の大手銀行:行く手に待ち受ける厳しい現実」(以上エコノミスト誌)

 速報(471)『日本のメルトダウン』   ●『日本の起業家 …

no image
速報(249) ●日本国債の(終焉の日)はいつ到来するか?』『ネットで知識が売買!スキルが買える!!「アビリエ」

速報(249)『日本のメルトダウン』   ●『日本国債のDoomsda …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(103)記事再録/『日露戦争の勝利に驚愕したヨーロッパ各国』★『ナポレオンも負けた強国ロシアに勝った日本とはいったい何者か、パリで最高にモテた日本人』★『「あの強い日本人か」「記念にワイフにキスしください」と金髪の美女を客席まできてキスを求めたかと思うと、店内の全女性から次々にキスの総攻撃にあい、最後には胴上げされて、「ビーブ・ル・ジャポン」(日本バンザイ)の大合唱となった、これ本当の話だよ』

2017/06/16  /日本リーダーパワー史(826)『明 …

no image
日本経営巨人伝⑭●『明治財界の曽呂利新左衛門に識見と禅味と侠骨を加味したよう朝吹英二 』

  日本経営巨人伝⑭朝吹英二    ●『明治財界の …

no image
速報(209)●『漂流する先進民主国家―なぜ日米欧は対応できないか』●『ソロス氏「EUの分裂は国際金融システムにとって破壊的」

速報(209)『日本のメルトダウン』 ●『漂流する先進民主国家―なぜ日米欧は危機 …

no image
世界のプリマドンナ「オペラの女王」・三浦環

一九二〇年(大正9)3月、三浦環はローマの国立コンスタンチ歌劇場で「蝶々夫人」に …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国メルトダウン(1052)>『世界から米国の「背信」、時代錯誤と大ブーイングを浴びたのが「パリ協定」離脱』★『環境破壊のならず者国家、1位米国、2位は韓国―パリ協定離脱宣言に非難ごうごう、 その当然すぎる理由』★『トランプはパリ協定離脱の正義を信じている 「核の脅威こそ究極の地球環境問題だ」』●『パリ協定「政権抜きで果たす」 米国の企業や大学で動き』

★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国メルトダウン(1052)> 世 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(208)ー『2019年の流行語大賞となったW杯ラクビ―大成功の戦略「ワンチーム」「ジャパンウエー」』★『その勝利の秘密はエディー・ジョーンズ前HCのコ―チ学にあり、これはリーダーシップの免許皆伝の書といえる』(上)

  2019年の流行語大賞となったW杯ラクビ―大成功の戦略「ワンチーム」とその秘 …