前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『オンライン/新型コロナパンデミックの研究』-『 感染病を克服した明治のリーダーたち』①『『衛生行政の父』後藤新平と「日本の細菌学の父・北里柴三郎』の活躍で伝染病を一掃した』(5月13日)

   

 感染病を克服した明治のリーダーたち①

           前坂 俊之(ジャーナイスト)                

新型コロナウイルスのパンデミックの日本でのルーツを調べてみた。鎖国をしていた江戸時代でも近隣の中国、東南アジア諸国から伝染病は絶えまなく異国船で『長崎出島』に入ってきた。江戸時代を通じて計27回のインフルエンザ流行(風邪、風疫)が記録されている」(立川昭二「病と人間の文化史」(新潮選書、1984年)

その中で最大の被害を出したのは、気象異変、寒冷化によって風邪がまん延した1780年代(天明年間)で東北、関東一帯で凶作、冷害が続き、風邪で肺結核となったり、栄養失調で餓死する農民が激増し、近世日本では最大の「天明の大飢饉」(1782年(天明2)―1788年(天明8が発生した。死亡者は数十万人にも及び、当時の人口約3千万人の約1%が餓死したという。

次に襲いかかってきたのはコレラである。

コレラはもともとインドの下ベンガルの風土病だが、大英帝国のインド支配、東南アジア進出と共に日本に入ってきた。「安政コレラ」(1858年安政5)は「米艦ミシシッピー号が、中国から日本にコレラ病を持ち込んだ」(ボンベ『日本滞在見聞記』)と記録されている。

このミシシッピー号は五年前にペリーが浦賀に来航した時、東インド艦隊としてやってきた黒船の一隻。安政コレラの猛威は九州・四国から大坂・京都から江戸、さらに函館まで全国に蔓延し、江戸だけでも死者10万余から26万余人を数えたといわれる。日本疾病史上最大の死者を出したのが、この「安政コレラパンデミック」であつた。(立川前掲書) 

第一次世界大戦とスペイン風邪を出すまでもなく、大疫は戦争によりパンデミック化する

1877年(明治10)8月、コレラが上海から長崎に上陸した。同9月に西郷隆盛が自刃、西南戦争は終結、その凱旋兵300人が感染し、大阪、東京に引き上げてきて「コレラパンデミック」(1879年(明治12)を加速させた。

『迷信』にどっぷりつかっていた当時の人々にとって地震、洪水、天災以上の恐怖のどん底に突き落とされた。アッという間に死ぬので『3日コロリ』と名付けられてパニックに陥った。翌13年、政府はコレラ、赤痢、発疹チフス、腸チフス、天然痘、ジフテリアの六種を法定伝染病に指定した。内務省は中央衛生会、各府県に地方衛生会を開き、予防、検疫を実施したが、治療、撲滅のきめ手がなく、ウワサ、デマ、風聞、流言飛語、迷信、加持祈梼が横行して、各地で流血の惨事が招いた。内務省は加持祈祷を制限する布達を出したが、一向におさまらなかった。

北里柴三郎「日本におけるコレラ」(1887年)によると、この間の患者総数は162,637人、死者数は105,786人(全体の65%)、流行に襲われた町や村の総人口の罹患率は1.015%だったという。

治療法のなかったコレラの猛威は続き、1886年(明治19)の死者は約10万人、明治時代の死者総数は37万人にものぼった。明治末の日本の人口が約3500万人なので、その1割強、日清・日露の戦争による死者(約13万1500人)の3倍で、いかにコレラ禍が凄まじかったかよくわかる。

この明治の伝染病との戦いにリーダーシップを発揮したのが『衛生行政の父』後藤新平(1857―1929)コレラ菌を発見したドイツのロベルト・コッホに師事した日本の細菌学の父・北里柴三郎』(1853 – 1931)らである。

後藤新平「大風呂敷」と評されたが、私は明治以降の政治家の中では、百年先を見通し、世界的なスケールで政策を実行した数少ない国際的な政治家だったと思う。後藤は医者となり内務省衛生局に勤務、明治22年、32歳で彼の思想的根幹の「国家衛生原理」を発表し翌年、ドイツに留学し、ドイツの衛生制度、行政法を学んだ。この間、すでにドイツに留学し、「細菌学の父」コッホに師事してい北里柴三郎からも細菌学の手ほどき受けた。明治25年帰国、衛生局長に就任、伝染病研究所の建設がはじまった。

1895年(明治28)4月、日本は日清戦争に勝利して、下関条約を締結し、台湾は日本へ割譲された。コレラやチフスが荒れ狂う中国大陸から兵士23万人が帰還することになった。陸軍きっての切れ者参謀、ロジスティック(兵站)部長の児玉源太郎は防疫、検疫の重要性を唱え、臨時陸軍検疫部長を兼務して、後藤新平を抜擢し、臨時陸軍検疫部事務官長に任命した高木友枝(医師)北里柴三郎も医療施設の設計建設、医療面で全面指導した。

わずか2か月の突貫工事で広島近くに似島検疫所(広島県安芸郡仁保島)を完成した。木造平屋建て401塔を建設、各舎を分離、区分し、「避病院」(隔離施設)「消毒区」「停留舎」「宿舎」「疑症室」「真症室」「ペスト病室」や「回復室」「火葬場」までの近代設備を設置した。その結果、7月からの2カ月間だけでも687隻、23万余の帰還兵を検疫し、コレラ患者1,500人を治療した。

当時、世界中の近代国家で、これほど大規模な帰還兵の検疫例はなかった。120年前のこの前代未聞の水際作戦に児玉、後藤、北里のチームジャパンは見事に成功させた。当時のドイツの皇帝は、「この方面では世界一と自信をもっていたが、この似島検疫所には負けた」と絶賛した、といわれる。

今回の新型コロナウイルスの『パンデミック』の水際作戦と比較するとリーダシップに大きなギャップを感じる。ちなみに安倍首相は同郷(山口県)の児玉源太郎を一番尊敬していると言われるので、今後の奮闘を祈りたい。

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

『オンライン講座・日本リーダーパワー史(1230)』-桂太郎の研究①『陸軍参謀本部を作った男』★『日露戦争を勝利に導いた戦時宰相』

・薩長藩閥の歴史 <以下は「航空とスキーの先駆者・人間長岡外史」(戸田大八郎文、 …

no image
知的巨人たちの百歳学(109)ー『屋敷も土地も全財産をはたいて明治の大学者/物集高見、高量父子が出版した大百科事典『群書索引』『広文庫』の奇跡の「106歳物語」⓵

屋敷も土地も全財産をはたいて明治の大学者/物集高見、高量父子が出版した大百科事典 …

鎌倉歴史ウオーキングー800年前の面影を唯一とどめる鎌倉古道の名越切通しをぶらり巡礼す』★『名越切通し、第一切通し、ウグイスの初鳴きを楽しむ、道案内してくれる。緑の間から鎌倉武士が出てくる雰囲気だね。』『まんだら堂やぐら群(百数十基の中世の墓群)に強者どもの夢の跡、諸行無常を感じる』

  鎌倉歴史ウオーキングー800年前の面影を唯一とどめる鎌倉古道の名越切通し➀ …

『リモート京都観光動画』/初春の京都・大原三千院をぶらり散歩(2019/2/23)-大原バスターミナルから茶店の並ぶ参道をゆっくり歩きながら三千院山門までの風情を楽しむ』★『-御殿門を入り、客殿の庭園「聚碧園」、宸殿、有清園、往生極楽院など、青苔の庭園の幽玄の世界に浸る』★『京都大原の来迎寺(2/23)三千院より呂川沿いの山道をしばらく登ると来迎寺はある。』

   初春の京都・大原三千院をぶらり散歩(2/23)-大原バ …

no image
知的巨人たちの百歳学(138)『一億総活躍社会』『超高齢社会日本』のシンボルー尾崎行雄(95歳)、瀬島龍三(95歳)

 知的巨人たちの百歳学(138) 『一億総活躍社会』『超高齢社会日本』のシンボル …

no image
知的巨人の百歳学(142)『一億総活躍社会』の国策スローガンを嗤うー「美食は外道なり」「贅沢はステキだ」「国策を嗤いとばし、自己流の美学を貫いた」超俗の作家・内田百閒(81歳)

知的巨人たちの百歳学(142) 『一億総活躍社会』『超高齢/少子化日本』の国策ス …

知的巨人たちの百歳学(131)『一億総活躍社会』『超高齢社会日本』のシンボル・平櫛田中翁(107歳)の気魄に学べー『いまやらねば いつできる わしがやらねば だれがやる』

 知的巨人たちの百歳学(131) 『一億総活躍社会』『超高齢社会日本』のシンボル …

『Z世代のために<日本史上最大の英雄・西郷隆盛の即断・即決のリーダーシップ>の研究⑰』★『『山県有朋が恐る恐る相談すると、西郷は言下に「至極、結構なこと」と了解し、断固実行した」(徳富蘇峰『近世日本国民史』(明治の三傑))』

2012-03-24 /日本リーダーパワー史(246)記事再録   & …

no image
『百歳学入門(205』ー 日本の食卓に長寿食トマトを広めた「トマトの父」カゴメの創業者/蟹江一太郎(96)の長寿健康/経営10ヵ条』★『でんでん虫、そろそろ登れ、富士の山」』★『日本一 前後かわらぬ トマトかな」その理念は『正直、感謝、共存共栄、漸進主義』●『人の一生は重荷を負うて、遠き道を行くが如し(家康の遺訓)』★『長寿はトマトを売り歩いた苦労のおかげ』

  百歳学入門(70) 日本の食卓に長寿食トマトを広めた「トマトの父」 …

「2022年コロナ・デルタ株終息後のパクスなき世界へ(上)」(2021/9/15 )★『デルタ株が世界的に猛威を振るう』★『デルタ株感染の45%は20歳以下に集中』★『地球環境異変が世界中に猛威』★『菅首相辞任から自民党総裁選、政治の季節へ』

2022年コロナ・デルタ株終息後のパクスなき世界へ 前坂俊之(ジャーナリスト) …