前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(135)『日本のメルトダウン』★『欧州の混乱で米国経済がマイナス成長転落は考えにくい』『海洋生物に迫る大量絶滅の危険性!』

   

速報(135)『日本のメルトダウン』
 
★☆『不安の種は欧州の混乱に尽きる米国経済の足踏みが長期化してもマイナス成長転落は考えにくいこれだけの理由』
★『海洋生物に迫る大量絶滅の危険性 科学者らが報告書』
               
                           前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
●『不安の種は欧州の混乱に尽きる米国経済の足踏みが長期化してもマイナス成長転落は考えにくいこれだけの理由――ディーン・ベイカー経済政策研究センター所長』
<ダイヤモンドオンライン>第10回】 201191
 
 
 
 
●『国・地域間の経済的な相互影響、債務の持続可能性が懸念=IMF』<ロイター>2011 09 3 08:58 JST
 
 
●『.海洋生物に迫る大量絶滅の危険性 科学者らが報告書
CNN2011.06.22 Wed posted at: 17:30 JSThttp://www.cnn.co.jp/world/30003149.html
 
 
 
 
●『「文化的安全脅かす」、レディー・ガガなど100曲禁止 中国』
 
CNN2011.08.31 Wed posted at: 11:16 JST
 
 
 
 
 
●『91100倍も汚染が強いゴミもそこらに埋めてしまうしかないと言い出している小出裕章(MBS)』
2011年9月2日
 
 
2011年9月1日(木)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。
 
番組内容
 
2011年9月 1日【木】
野田政権は「勝政権」?
「勝政権」の勝というのは財務相事務次官の勝栄二郎氏のこと。かの勝海舟の曾孫だそうです。今回の野田新政権誕生で一番喜んでいるのは財務官僚だ、とよく言われます。増税論者で財政規律重視で・・・為替介入で何兆円ものお金を動かすとものすごい万能感を味わえるため、財務官僚は政治家を意のままに操るとも言われます。そこで今日は東京新聞論説副主幹の長谷川幸洋さんが「野田新首相と財務省の切っても切れない関係」を語ります。京大・小出先生の原発事故解説も1週間ぶりに。
 
録音
20110901 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
 
 
内容書き起こし
 
 
——————————————————————————–

 - 現代史研究 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
日中北朝鮮150年戦争史(27)『南シナ海,東シナ海紛争で、国際法を無視、暴走する中国は120年前の日清戦争開戦の「高陞号」(こうしょう号)事件と同じパターン。 東郷平八郎の「国際法遵守」が完全無視 の中国に完勝した。

 日中北朝鮮150年戦争史(27)   ★(記事再録)2014/07/ …

no image
日本リーダーパワー史(33)『日本とインドの架け橋』―大アジア主義者・頭山満とインド人革命家・ボース

『日本とインドの架け橋』―大アジア主義者・頭山満とインド人革命家・ボース 前坂  …

no image
速報(193)『東電発表の溶け落ちた燃料の状態の解析結果への疑問 』『玄海1号炉が約90度で原子炉が脆性破壊の恐れ』ほか

速報(193)『日本のメルトダウン』   ●『東電発表の溶け落ちた燃料 …

no image
月刊誌『公評』7月号 『異文化コミュニケーションの難しさ― 「中華思想」×『恨の文化』⇔『ガマン文化』の対立、ギャップ➃

     月刊誌『公評』7月号―特集『実感』❹ & …

no image
『オンライン/75年目の終戦記念日/講座➄』★『太平洋戦争下の新聞メディアの戦争責任論』★『新聞も兵器なり』との信念を堅持して、報道報国のために挺身したすべて新聞』★『戦う新聞人、新聞社は兵器工場へ』★『●大本営発表(ウソと誇大発表の代名詞)以外は書けなくなった新聞の死んだ日』

  2015/06/29 /終戦70年・日本敗戦史(101) …

no image
速報(475)「3本の矢と5つの輪:インフレ目指す安倍首相の冒険」●「政府、韓国の水産物輸入禁止でWTO提訴を検討」

 速報(475)『日本のメルトダウン』    ●【 …

no image
日本リーダーパワー史(235)<米中2大強国、日本後進弱国転落時代に向けて>日本外交はどう対応するのか

日本リーダーパワー史(235)   <米中2大強国、日本後進弱国 …

no image
日本リーダーパワー史(635)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(28) 『川上操六の日清戦争インテリジェンス①「英国の文明評論家H・G・ウェルズは明治日本は『世界史の奇跡』 と評価」。そのインテリジェンス・スターは川上操六である。

日本リーダーパワー史(635) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(28)   …

no image
 世界、日本の最先端技術が『読める化』チャンネルー『国大慌て、「ノート7がここまで酷いとは!」-サムスンが落ちた「リコール10倍の陥穽」 』●『  シリコンバレーで起きている「食の異常事態」ー普通のレストランが消えつつある』●『人工知能の世界的権威が語る、テクノロジーがもたらす人類の未来』●『米グーグル、音声認識対応「Google Home」とWi-Fiルーター「Google WiFi」発表』●『「音声認識家電」は日本でもブレイクできるかー国内メーカーが揃い踏みしたが・・・』●『日本株、「暗黒の1987年」との共通点と相違点 ハンパない海外投資家の売り越しは終了?』

 世界、日本の最先端技術が『読める化』チャンネル   韓国大慌て、「ノート7がこ …

no image
 日本リーダーパワー史(826)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス㊵』★『ナポレオンも負けた強国ロシアに勝った日本とはいったい何者か、と世界各国の人種が集まるパリで最高にモテた日本人』★『レストランで「あの強い日本人か」「記念にワイフにキスしください」と金髪の美女を客席まで連れてきて、キスを求めたかと思うと、そのうち店内の全女性が総立ちで、次々にキスの総攻撃にあい、最後には胴上げされて、「ビーブ・ル・ジャポン」(日本バンザイ)の大合唱となった』これ本当の話ですよ。

   日本リーダーパワー史(826)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露 …