前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『2014世界各国/サプライズ、面白ニュース④』ブラジルー「サッカー王国」の秘密」「アマゾンの肉牛のゲップが地球を滅す」

   

2014世界各国/サプライズ、面白ニュース④』

 

サッカーWカップのブラジル―2大ミステリーとは?

◎「ブラジル「サッカー王国」の秘密

★「アマゾンの牧場の肉牛のゲップが地球を滅ぼす?

 

前坂 俊之(ジャーナリスト)

 

ブラジル「サッカー王国」の秘密

 

サッカーW杯612から7月13日までブラジルで開催される。

 

ブラジルはなぜ『サッカー王国』なのか

 

W杯を最多の5回も獲得しており、フィファのランキングでも常に上位をキープしてきた。その強さの秘密は選手の運動能力の高さにある。世界でアフリカを除いて黒人の人口が多い国はアメリカとブラジルだが、米国がバスケット大国であり、ブラジルがサッカー大国なのはそのためだ。

 

サッカーによる国づくりも大変進んでおり、プロチームの数は800、登録されているプロ選手は1万8千人にのぼる。ヨーロッパで活躍しているブラジル人選手の数は100人以上。

 

トッププレイヤーをキラ星のごとく輩出しており、「サッカーの神様」のベレ(3度のW杯優勝を経験した史上唯一の選手)や、日本代表監督を務めたジーコ、ロナウジージョやロナウド、ドゥンガ、カフー、カカなど数えきれない。彼らの移籍金の総額は440億ドルで、ブラジルの農産物のバナナ、リンゴ、ブドウの輸出額に総額に匹敵するというからすごい。

男の子の夢はサッカー選手になること。親が子供に最初にプレゼントするのは、サッカーボールという。貧しい子供たちはシューズを買う金がないので裸足で、サッカーに興じているが、それが足の絶妙のボールコントロールを可能にする要因。このため、指導者たちが、10才が過ぎるまで子供たちにサッカーシューズの使用を許可しない指導を行っているという。

 

この金のタマゴ専用のスカウト業が職業として成立するほどの「サッカー王国」

なのである。

 

 

アマゾンの牧場の肉牛のゲップが地球を滅ぼす?

 

「アマゾンの熱帯雨林を伐採後の大牧場で飼育されているハンバーガー用の肉牛のゲップが地球を滅ぼす!?」―ホンマかいな、この話。本当なのです。二酸化炭素の約20倍の温室効果のメタンガスのゲップを出すからです。

 

アマゾン熱帯雨林はブラジルなど7ヵ国を流れるアマゾン川流域の世界最大面積の熱帯雨林。面積は550万平方kmで地球全体の熱帯雨林の半分を占める

。その熱帯雨林がCO2の吸収し、酸素を出すので地球の肺」「地球の酸素の1/3を供給する」とも言われ動植物、生物の数は1000万種にものぼる「地球の生命の源・宝庫」なのである。

ところが、熱帯雨林が次々に破壊によって1967年ごろに比べて20%も消失、2006年の調査では森林伐採の70%が肉牛生産の放牧場に変っているという。

BSEの影響によってヨーロッパ諸国のブラジル牛肉の輸入が急増したためで、その背後にはヨーロッパのスーパーマーケットに関連した「ハンバーガー・コネコネクション」があるいう。

これに米国・カナダのBSE、アジアの鳥インフルエンザによる需要増が重なり、もう1つの大きな要因は、ブラジル通貨レアルの平価切り下げ(3倍)によって、牛肉価格の倍増、牧場拡大へとつながった。

このため、肉牛飼育は1990年には2600万頭(ブラジル全体の18%)だったのが、2002年には5700万頭(同、約3分の1)に倍増、新しい牛の圧倒的多数は、森林破壊が進むアマゾン地域に集中している。

世界自然保護基金(WWF)によると、2030年までに、最大でアマゾン熱帯雨林の60%が破壊され、二酸化炭素の排出量は555億トンから969億トンに増える可能性があり、「増えすぎた牛のゲップ」が原因の1つなのである。

 

結局、悪いのは肉牛のせいではなく、肉食の増加による人類の飽くなき胃袋の満腹によるゲップこそが犯人であり、まわりまわってそのツケが自らにはね返ってくる。

 

 

 - 現代史研究 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
日本の「戦略思想不在の歴史⑴」(記事再録)-日本で最初の対外戦争「元寇の役」はなぜ起きたか①

  日本で最初の対外戦争「元寇の役」はなぜ起こったか 今から2年前20 …

no image
知的巨人の百歳学(142)明治維新/国難突破力NO1―勝海舟(75歳)の健康・長寿・修行・鍛錬10ヵ条」★『人間、長寿の法などはない』★『余裕綽綽(しゃくしゃく)として、物事に執着せず、拘泥せず、円転・豁達(かったつ)の妙境に入りさえすれば、運動も食物もあったものではないのさ』

明治維新/国難突破力NO1―勝海舟(75)の健康・長寿・修行・鍛錬10ヵ条」 ① …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉗『来年は太平洋戦争敗戦70周年―『東條英機開戦内閣の嶋田繁太郎海相の敗戦の弁と教訓』

  『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉗   『来年は太平洋戦争敗戦から7 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(99)記事再録/『今から10年前の日本の状況は!・』★『2009年4月(麻生内閣当時)のーリーダーと知識人不在の日本の悲劇―脳死状態の日本』

    2009/04/16 &nbsp …

no image
日本メルトダウン・カウントダウンへ(901)『安倍首相の退陣すべきを論じる】② 空虚な安倍スピーチをおとなしく拝聴している記者の姿に 『日本沈没メディアコントロール現場』を見た

 日本メルトダウン・カウントダウンへ(901) 『安倍首相の退陣すべきを論じる】 …

no image
速報(260)『BBCドキュメンタリー「津波の子供たち」●『3月10日約100万年閉じ込めておければ、ウランの毒性 ・・小出裕章』

      &nbs …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国、日本メルトダウン(1051)>『無知の虚人』トランプの暴走運転で「大統領機(エアーフォースワン)」は墜落急降下過程に入った。』●『コラム:ロシア疑惑、トランプ氏の弁護に4つの「落とし穴」』★『トランプのロシアゲート コミー証言で瀬戸際』★『駐米中国大使とも密通していたクシュナー氏』●『共和党内は「トランプ後」に向けてそわそわ』●『日本はAIIBに参加すべきではない–中国の巨大化に手を貸すな』

 ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国、日本メルトダウン(1051 …

no image
日本リーダーパワー史(673) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(55)『三国干渉』後に川上操六はスパイ大作戦をどう組み立てたか『日英同盟締結に向けての情報収集にエース福島安正大佐 をアジア、中近東、アフリカに1年半に及ぶ秘密偵察旅行に派遣した』

 日本リーダーパワー史(673) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(55)   …

no image
『リーダーシップの日本近現代史]』(30)記事再録/大震災とリーダーシップ・日立創業者・小平浪平の決断力 <大震災、福島原発危機を乗り越える先人のリーダーシップに学ぶ>

 日本リーダーパワー史(138)   大震災とリーダーシップ・日立創業 …

片野勧の衝撃レポート(77)★原発と国家【封印された核の真実】(1981~84)⑬■官房副長官として7人の首相に仕えた 石原信雄氏の証言(下)

片野勧の衝撃レポート(77) ★原発と国家―【封印された核の真実】⑬ (1981 …