前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

<ヨーロッパ3国の面白ミステリーとは⑥●「ドイツの『ベルリンの壁』の崩壊」「イタリア男の流儀」「スウェーデン妖精の国」

   

< ヨーロッパ3国の―面白・ミステリーとは>・・⑥

 

●「ドイツー「ベルリンの壁の崩壊」は勘違いからの発表ミス

◎「イタリアーイタリア男の流儀エスプレッソとバールとは何・・

◎「スウェーデンーメルヘンの児童文学者を輩出した妖精の国

 

                                前坂 俊之(ジャ-ナリスト)

 

ドイツー「ベルリンの壁」の崩壊は勘違いからの発表ミス

 

 

20世紀後半の世界は「米ソ対決」「東西両陣営の冷戦」の時代である。「ベルリンの壁」の崩壊(1989)が20世紀の終焉と21世紀の幕開けを告げた事件である。ベルリンの壁の崩壊によってドイツ統一、東欧革命、東欧の社会主義政権やソ連も崩壊と連鎖的につながっていったが、この崩壊の原因はニュース誤発表から起きた。

ベルリンの壁は1961年、当時の西ベルリンと東ベルリンを分断するために建てられた。この壁を命がけで越えた人は4万人、壁を越えようとして殺された人が81人 にのぼる悲劇の壁である。

1989年、ハンガリーは東西の人の移動の自由化を認め、東ドイツ人がハンガリーを経由して西ドイツへ脱出する人が3万人にも上った。東ドイツ国内でも移動、旅行の自由化を求めて大規模なデモが発生。弱った東ドイツ内務省では「外国旅行を無条件で認め、出国ビザを遅滞なく発給する」と政令案を作った。

その政令案には「報道機関へと発表は明日(1110日)午前4時以降とする」となっていた。
1989119日、報道官に就任したばかりのギュンター・シャボウスキー(政治局員)は詳しい内容を把握せず書類を受け取り午後6時、世界各地からの200人もの記者会見に臨んだ。

ここで、記者の質問に答えて「東ドイツ国民は自由に外国旅行できる」「東ドイツ国民は今すぐ全ての国境通過過点からの出国が認められます」と報道解禁前の内容を

間違って発表してしまった。

この会見はすぐさまテレビで大々的に報道され、東西両方から何万人という人々がベルリンの壁に押し寄せてきて大混乱、検問所での流血の惨事を恐れて東ドイツ内務省は午後11時30分、ついに30年間もドイツ国民を分断していたベルリンの壁を解放した。広報官の勘違いのミス発表が平和的に歴史を大きく変えたのである。

 

 

 

イタリアーイタリア男の流儀エスプレッソとバールとは何・・

 

コーヒーはヨーロッパでは17~18世紀にかけて広く飲まれるようになった。最初にコーヒー豆と砂糖を煮出すトルココーヒーが入ってきて、ヨーロッパ各国にカフェ・オレ、カプチーノ、アメリカンに発展しいき、イタリアでは風味のある濃いエスプレッソが定着した。エスプレッソマシンの原型はミラノの人が作り、ナポリのエスプレッソがおいしいといわれる。

 

議論好きのイタリア人はエスプレッソが大好きで朝起きたらコーヒーを飲み、出社して仕事の前にはコーヒーを飲み、ランチの後にも一日に何度もコーヒーを飲みながら、おしゃべりをする。

 

そのコーヒーを飲んでは議論する場所が「バール」。アメリカの西部劇でおなじみの酒場は馬をつなぐ「棒」(Bar)からきており、日本の「バー」とも同じ。ただし日本の「バー」では酒が中心だが、イタリア式はコーヒー店も兼ねており、男のたまり場、議論の場、地域の飲み屋なのだ。

店ごとにカラーがあり、サポーターのサッカー酒場で、ワイワイガヤガヤ、3S(政治、サッヵー、セックス)で、話が盛り上がり、ホットスペースにもなる。イギリスのパブ、フランスのサロンと同じようなもの。昔は広場でよくやっていたような男の井戸端会議的な演説が、今はバールであり、「バールは小さな国会」ともいわれるイタリアの社会を象徴して存在なのである。

 

そのためか、イタリアの男の子はワインは小さいときから飲んでいるが、「コーヒーは18歳から飲む」「バールに行ってコーヒーを飲めば、大人の仲間入り」とも言われているほどの、イタリア式の男の流儀なのだ。

 

 

スウェーデンーメルヘンの児童文学者を輩出した妖精の国

 

スウエーデンといえば世界一の高福祉国家、ノーベル賞を出す国として有名だが、世界的な児童作家を輩出していることはあまり知られていない。首都ストックホルムは北緯六〇度線に位置し、極東ではカムチャツカ半島に相当する。日照時間は少なく、冬至には太陽は六時間しか出ていない。来る日も来る日も厚い雲に覆われた暗い日々が続き、光あふれる春が待ち遠しい。太陽へのあこがれる自然条件からメルヘン、おとぎ話、児童文学が生まれた。

女性で初めてノーベル文学賞を受賞したセルマ・ラーゲルレーヴ(18581940一九四〇)が9歳児の地理の読本として書いた『ニルスのふしぎな旅』(1906)は世界的中の子供に愛読されている。大江健三郎も大きな影響を受けた。

 

内容はスウェーデン南端に住むワンパク少年ニルスは小人の妖精トムテにいたずらをして魔法をかけられ、小人に変身させられる。小人となったニルスはガチョウの背に乗ってガンと一緒に旅をして,同国を1周するがその先々で様々な動物たちと触れ合いニルスの心は次第に成長して行く物語。この小説を読む子どもたちは、スウェーデンの国土、自然、文化遺産の数々を巡りその意義を悟ってゆくというもの。

 「長靴下のピッピ」(1944)の生みの親、アストリッド・リンドグレーン(19072002)も

児童文学の世界で揺るぎない地位を築き同シリーズは全世界で13000万部以上を売った。その後、「名探偵カッレくん」、
「やかまし村の子供たち」「
『やねの上のカールソン」、「エーミルと小さなイーダ」など、数多くのキャラクターを生み出した
国民的な作家である。

 また、エルザ・ベスコフ(18741953)も代表作『ペンテルとロッタのクリスマス』など多作でラーゲルレーヴに匹敵する児童絵本作家として、自然への愛情たっぷりの物語と緻密な水彩挿し絵で児童を虜にしており、世界的に有名。

 - 現代史研究 , , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
高杉晋吾レポート⑬「脱原発」「脱ダム」時代の官僚像ー 元国交省エリート、宮本博司がダム反対に変ったのは?(下)

高杉晋吾レポート⑬     ダム推進バリバリの元国交省エリー …

no image
速報(295)『日本のメルトダウン』●『5月3日 小出裕章さんのNY講演会の3本』◎『荒井聡(民主党原発事故収束対策プロ座長の会見』

速報(295)『日本のメルトダウン』   ●『5月3日 小出 …

no image
速報(381)『日本のメルトダウン』『安倍財政で日本は年内にも破綻、「ガラガラポン」藤巻氏』◎『アジア諸国で高まる反中国感情』

速報(381)『日本のメルトダウン』   ◎『安倍財政で日本は年内にも …

no image
日本リーダーパワー史(595)「昭和戦後の高度経済成長を築いた男たち」ー「世界最強の新幹線の生みの親・三木忠直ー零戦の機体で世界最高水準の「夢の超特急」を作る

 日本リーダーパワー史(595)     昭和戦後の高度経済成長を築いた男たち …

no image
『リーダーシップの日本世界近現代史』(297)『歴史は繰り返されるのかー1940年「東京オリンピック」は日中戦争により返上したが、その二の舞になるのか!』★『新型コロナウイルス感染症の「パンデミック化」(世界的大流行)によって、東京オリンピック開催も中止の議論が起こってきた①』★『世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は27日、パンデミックになるつつあることを初めて認めた』

 歴史は繰り返されるのかー1940年「東京オリンピック」は日中戦争によ …

no image
日本興亡学入門⑤ 『リーダーと知識人不在の日本の悲劇―脳死状態の日本』

日本興亡学入門⑤                                 …

no image
速報(388)『日本のメルトダウン』●『“死後硬直”が戻ってくる前に急ぐ安倍首相』●『焦点:深刻化する中国の大気汚染』

速報(388)『日本のメルトダウン』   ●『“死後硬直& …

no image
『リーダーシップの世界日本近現代史』(280)★『勝海舟の国難突破力に学ぶ 』★『勝海舟の中国・韓国との付き合い方』★『そして、この経済上の戦争にかけては、日本人は、とても中国人には 及ばないだろうと思うと、おれはひそかに心配するよ。』

2012/11/23・日本リーダーパワー史(347)記事再録   &n …

no image
『オンライン講座/ハリウッドを制したイケメン日本人俳優・早川雪洲とは何者か?』★『ハリウッドの王者』となった早川雪洲は一転、排日移民法の成立で米国から追われた』★『「働き中毒」で米国になじまなかった「出稼ぎ労働者の日本人移民」は 「排日移民法、排日土地法」の成立で米国から追放された』②

  2015/12/16 記事再録 決定版・20世紀/世界が …

『オンライン/日本政治史講座」★『 日本議会政治の父・尾崎咢堂の語る<150年かわらぬ日本の弱体内閣制度のバカの壁』★『 明治初年の日本新時代の 当時、参議や各省長官は30代で、西郷隆盛や大久保利通でも40歳前後、60代の者はいなかった』

『 青年の意気は天を衝くばかり。40を過ぎた先輩は遠慮がちであった』 2012/ …