前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本敗戦史(53)A級戦犯指定・徳富蘇峰の 『なぜ日本は敗れたのか』⑤ 「日本人の先天的欠陥と後天的欠陥」

      2015/04/12

 日本敗戦史(53)

マスコミ人のA級戦犯指定の徳富蘇峰が語る

『なぜ日本は敗れたのか』⑤ 

「日本人の先天的欠陥と後天的欠陥について」

(異民族理解の不足、自文化の押しつけ、国民的教養の不足など)

  • 日本人は、異民族というよりも、自己以外の者の心理状態を理解するにはほとんど無能力であって、相手方の気持などは、さっぱりわからず、ただ自分の気持を押売する傾向がある。(今はやりのTVでの日本礼賛、日本料理のブーム、外国人観光客への「おもてなし」などは日本文化の押し売りではないのか・・・)

  • 日本民族は、世界の隅っこにおける田舎者であって、世界の風がどこを吹いているかもわらず、一本調子で、わが流儀を世界を押し通す教養の不足である。

「日本人の先天的欠陥と後天的欠陥について」(異民族理解の不足、自文化の押しつけ、教養の不足、世界の田舎者・・)

これはわが国の軍閥とか、財閥とかいう特殊階級についてばかりでなく、むしろ大和民族全体についていうべき事である。日本民族の資格審査において、アジア諸国の指導者たるべき任務に、不適当であり、先覚者たる資格がないという事に定まっている。

それを強いて行おうとしたために、ようやく10トンを積む車に、100トンの物を積んだから、動かぬだけでなく、車自身さえも、破壊してしまう結果となった。その責任は、誰れかれというばかりでなく、大和民族(日本民族)全体が、引受くべきが当然であろう。この資格の欠乏について、これを分類すれば、本質的な欠陥と、教養不足のためと見るべき欠陥とがある。

本質的という事は、わが日本人は、異民族というよりも、自己以外の者の心理状態を、洞察するには、ほとんど無能力であって、相手方の気持などは、さっぱりわからず、ただ自分の気持が相手方の気持ちと同じと心得て、それを押売する傾向がある。

台湾や朝鮮で失敗したのも、もっぱらこの欠陥のためと言っていい。しかしそれが、今度の戦争ではむしろ露骨に、無軌道に、乱暴に行われた。そのために、ひとしくアジアの黄色人種でありながら、新たにやってきた日本人より、昔からきた白人を慕うというような結果を来した。

親類よりも、むしろ他人の方がよいというような結果を来した。いわば日本人は、西洋人の言う通りの、野蛮人でもなければ、悪人でもない。しかし相手構わず、己れの欲する所を、他に施こして、ある場合には、親切がかえって、相手方の迷惑を招き、怒りを招き、やがては怨みを招き、一日も速く日本人に、立退いてもいたいというような感情さえ、引き起すに至った訳であろう。

  • たとえて言えば、己れが酒好きなものであれば、洒を飲まぬ者に、毎日毎日酒を強いられては、如何に親切であっても、相手方は困るに違いない。碁や将棋を好む者には、親の死に目を離れて、夢中になる者さえあるが、碁将棋に興味のない者は、三日も四日も徹夜でやられては、堪まったものではない。相手方では、こちらの親切を、単にありがた迷惑で済ます訳ではない。それを親切と受け取らず、何か殊更に我等をいじめるために、やるものと受け取り、ますます日本人に対する悪印象を、惹起するに至った事も、少なくなかった事と思う。

ところ変れば品変るで、チベットでは、最敬礼に舌を出すようだが、日本では、最敬礼どころではない。舌を出せば、侮辱のきわみで、昔の武士ならば、これがために、決闘もし、打ち果さなければ、やまぬというような、珍事さえ、出来たかも知れぬ。

この相手側の心理状態を、見ることの出来ない短所は、自ら世界第一の優越人種を誇っているドイツ人が、また同様である。流石にビスマルクなどは、その欠点を、多年の教養によって、補いたるようだが、前にしてはウィルヘルム二世、後にしてはヒットラー、皆な日本人同様の欠点を、日本人以上に、使用したようにみえる。

以上は先天的の欠点とも、いうべきものであるが、別にまた後天的の欠点がある。

  • それは教養の欠乏である。わが大和民族は、世界の隅っこにおける田舎者であって、世界の風が、どこを吹いているかもわらず、純然たる田舎男で、しかも千篇一律、物に応じてことをなし、勢を察してこれを導くというようなことをせず、一本調子で、我が流儀のみを知って、他を知らず。一本調子で、世界を押し通すというような気分で、その教養が、余りに局部的に偏し、田舎者の上に、田舎者の上塗りをするに至ったことが、その原因であろう。

例えば日本人でも、徳川家康は、甲州(山梨)を治めるには、武田氏の旧慣を用い、関東地方には概しては北条氏の仕置き(法律)を採用し、水の欲しい者にはする者には飲料水を与え、飢えたる者には食を与え、凍えたる者には衣を与え、疲れたる者には休養を与うるというが如き、時に応じ、場合に応じて、その手を打っていった。

日本人の教育が、後天的に進歩すれば、あるいは進んで、総てとはいわぬが、多少先天的の欠陥を、補充する事が出来たと思うが、不幸にして明治維新以来、日本人の学問は、局部的には相当進歩したようだが、いわゆる国民的教養という水準の、極めて低調であった事は、争われない。

その低調であったことが、最も遺憾なく暴露せられたのが、即ち今回の戦争である。捕虜虐待事件なども、別に日本人が残酷であったというではない。ただ田舎者が、田舎流儀を、無遠慮に振り回わして、遂に世界の物笑いとなったに、過ぎないのである。

(昭和22年1月10日午前、晩晴草堂にて)

 - 戦争報道

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日中韓異文化理解の歴史学(5)(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史連載70回中、52-62回まで)『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』(59)『(日清戦争開戦3週間後)- 日本の謀略がすでに久しいことを論ず』★『もし朝鮮から中国勢力が排除されたならば,すぐさま ロシア艦隊が出現し,その国土にもロシア兵が到来するだろう。 ロシアは日本が朝鮮半島でわがもの顔に振る舞うことを許さない(ニューヨークタイムズ)』●『日清戦争開戦4週間後、日本の朝鮮侵略(英タイムズ))』

『英タイムズ』からみた『日中韓150年戦争史』(52)「浪速(東郷平八郎艦長)の …

no image
日中韓対立のルーツ『日清戦争』を日本の新聞は どう報道したのかー徳富蘇峰,福沢諭吉、朝比奈知泉らの主張は・② 『直ちに開戦を』ー福沢諭吉の主張〔明治27年7月24日 時事新報〕

日中韓対立のルーツ『日清戦争』を日本の新聞は どう報道したのかー徳富蘇峰,福沢諭 …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(645) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(38)『陸奥宗光外相のインテリジェンスー暗号戦争に勝利、日清戦争・下関講和会議の「日清談判」で清国暗号を解読

日本リーダーパワー史(645) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(38)   …

no image
終戦70年・日本敗戦史(99)『大東亜戦争とメディアー<新聞は戦争を美化せよ>『メディアコントロールを 検証報道で本質に迫れ』⑦

  終戦70年・日本敗戦史(99) 『大東亜戦争とメディアー<新聞は戦 …

no image
★10最重要記事再録/日本リーダーパワー史(812)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス㉗『日本最大の国難・日露戦争で自ら地位を2階級(大臣→ 参謀次長)に降下して、 全軍指揮したスーパートップ リーダー児玉源太郎がいなければ、日露戦争勝利は なかった ーいまの政治家にその胆識はあるのか?』★『トランプ米大統領の出現で、世界は『混乱の時代』『戦国時代に逆戻りか」 に入ったが、日本の国民にその見識 と胆力があるのかー問われている」

                                         …

no image
 日本リーダーパワー史(767)『金正男暗殺事件にみる北朝鮮暗殺/粛清史のルーツ』福沢諭吉の『朝鮮独立党の処刑』(『時事新報』明治18年2月23/26日掲載)を読む➀『婦人女子、老翁、老婆、分別もない小児の首に、縄を掛けてこれを絞め殺すとは果していかなる国か。』『この社説が『脱亜論」のきっかけになり、日清戦争の原因ともなった』

   日本リーダーパワー史(767)   『朝鮮独立党の処刑』『時事新 …

no image
『日本敗戦史』㉛『太平洋戦争敗戦70年目―ポツダム宣言を即座に受諾する政治決断力がなく終戦までの3週間 に50万以上が犠牲に。

  『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉛   『来年は太平洋戦争敗戦から70年目― …

hatayama06
日本リーダーパワー史(647)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(40)<国難『三国干渉』(1895年(明治28)に碩学はどう対応したか、 三宅雪嶺、福沢諭吉、林ただすの論説、インテリジェンスから学ぶ』(1)『臥薪嘗胆論』①<三宅雪嶺〔明治28年5月15日 『日本』〕>

  日本リーダーパワー史(647) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 …

無題
日本リーダーパワー史(775)『 明治史の謎を解く』-『 日英同盟前史ー北清事変(義和団の乱)で見せた日本軍 のモラルの高さ、柴五郎の活躍が『日英同盟』締結の きっかけになった』

 日本リーダーパワー史(775)   明治史の謎を解く 日英同盟前史ー北清事変( …

no image
終戦70年・日本敗戦史(78)戦後70年―決して忘れてはならない敵国の温情、中華民国・蒋介石は「徳をもって怨みに報いる」と宣言①

  終戦70年・日本敗戦史(78) 戦後70年―決して忘れてはならない …