前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

中東衛星放送年表

   

1
(Ⅰ)      『中東衛星放送年表』   (1991 年―2003 年)
前坂俊之(静岡県立大学国際関係学部教授)
1991 年1 月  湾岸戦争が始まる
4 月  湾岸戦争の停戦発効
ピーター・ア一ネット記者のバクダッドでの活躍でCNN が一躍、世
界で最も 影響カのあるメディアの地位を獲得。
CNNを見るためパラボラアンテナが普及、衛星放送時代に弾み
1991 年    MBC(サウジアラビア資本)、ロンドンから中東向け商業衛星放送を開
始、
自由な編成と豊かな娯楽番組、幅広いニュースで中東視聴者の人気
に。
1992 年     EDTV(DubaiTV=国営・地上波)開局(?)
1994 年    Orbit(衛星波・サウジアラビア資本)開局
「アブダビ・テレビ」(地上波・総合チャンネル・アブダビ政府・所有)開

1995 年     ART(衛星波・サウジアラビア資本)、イタリアから放送。
1996 年    Orbit とイギリスBBC の合弁で新しいアラビア語放送局の立ち上げの
計画が編集権めぐって対立して挫折
6 月   カタールで政変、ハマド首長が政権奪取
カタールが検閲制度を廃止
1996 年     LBC(レバノン、衛星波・民放)開局
7月   イギリスBBC がアラビア語放送を中止
11 月  「アルジャジーラ」が放送開始。アラビア語初のニュース専門チャンン
ネルで1 日6 時間を放送。検閲のない独立のニュースチャン
ネルに
1997 年11 月  アルジャジーラ、1 日18時間に拡大
1999 年3 月   カタール・情報省を廃止
1999 年2 月   アルジャジーラが24 時間放送を始める
アルジャジーラ、カブールに支局開設
2
2000 年1 月   アブダビ・テレビ、衛星チャンネルを併設したのを機会に大きく組織
替えをしてニュースの時間と内容を充実させた
2001 年1月     ドバイ・メディア・シティーが開設
MBC 本部をロンドンからドバイ・メディア・シティーに移す
9 月11 日   アメリカで同時多発テロ発生
9 月16 日    アルジャジーラがビンラデンのメッセージ〔fax〕放送
9 月24 日    アルジャジーラがビンラデンのアピールを放送
10 月3 日   パウエル米国務長官、ハマド首長に「アルジャジーラの報道に
影響を働 かせるよう」に要求、ハマド首長は拒否
10 月7 日  アメリカ、アフガニスタンに軍事攻撃
アルジャジーラ、ビンラディンのメッセージ(事前収録)を放送
この前後、アルジャジーラは数々の独占映像を世界に
10 月9 日   アルジャジーラ、アルカイダ・スポークスマンのテープを放送
2002 年12 月 カタール、アメリカと軍事同盟協定を締結
2003 年2 月    「アルアラビア」放送開始(12 時間)
設立の理念として地域の安定と民主化をあげている。
実態は『モット穏健なニュース局を』l というサウジアラビアやクー
ウェートの要求。
8 月    アルアラビア、24 時間放送に拡大
3 月20 日  イラク戦争始まる
3 月23 日  アルジャジーラ、米兵捕虜の映像(イラク国営放送)を公開
3 月31 日  米NBC テレビ、ピーター・アーネット記者を解雇〔イラク国営テレ
ビで英を批判したとして)
4 月8 日  アルジャジーラとアブダビテレビのバグダッド支局やパレスチナホ
テルにミサイル攻撃、アルジャジーラの記者1 人、ロイター通信と
スペイン民放テレビ局のカメラマン各1 人が死亡
4 月9 日  バグダッドが陥落
5 月1 日  ブッシュ大統領、「戦闘終結宣言」
8 月19 日 バグダッドの国連現地本部で爆弾テロ事件発生
3
(Ⅱ)イラク戦争開始後に同国で起きた報道関係者の主な殉職の事例は次の通り。
3 月22 日  北部でオーストラリアのカメラマンが攻撃され死亡。南部バスラ近郊で英
テレビ記者が戦闘に巻き込まれ死亡、カメラマンら2 人行方不明に
4月2日  北部で英BBC の契約カメラマンが地雷を踏んで死亡
4 月7 日  ドイツ人とスペイン人の従軍記者計2 人がイラクのミサイル攻撃で死亡
4 月8 日  「アルジャジーラ」のバグダッド支局、各報道機関の拠点、パレスチナホテ
ルが砲撃され、ロイター通信カメラマンら計3 人死亡
7 月5 日  バグダッドで英ジャーナリストが銃撃で死亡
8 月17 日  バグダッド郊外でロイター通信カメラマンが米軍に撃たれた。
(Ⅲ)アルジャジーラ、アルアラビア、アブダビTV のイラク報道スクープ
<-2003年5月以降―10 月まで>
・2003,9,29
アル・カーイダ「ムシャラフ打倒を」…アル・アラビアTV放映
アラブ首長国連邦(UAE)の衛星テレビ「アル・アラビヤ」は28日、国際テロ組織「ア
ル・カーイダ」のナンバー2、アイマン・ザワヒリとされる男性が、パキスタンのイスラム
教徒に対しムシャラフ同国大統領の打倒を呼びかけた録音テープを放映した。
ザワヒリとされる男性は「米国が、アフガニスタンのイスラム首長国(タリバン政権)
を倒すのを可能にしたのは、ムシャラフである」と呼びかけた。同テレビは、テープの
入手先や時期については明らかになった。
・2003,9,26
テロあおる報道は規制、アルジャジーラなど2衛星に、イラク統治評議会
イラク統治評議会のイヤド・アラウィ議長代行は24日の定例記者会見で、「テロをあ
おった」としてカタールのアルジャジーラなど二つの衛星テレビ局の会見取材を一時
4
禁止したことについて「我々に反対するメデイアは止める」と述べ、他社についても規
制する意向を示した。会見では、主に西側の記者から「報道の自由」に関する質問が
相次いだ。
会見で同代行らは「報道は自由だが、あおってはいけない」と繰り返した。反米感情
が高まっているイラク北中部地域「スンニ派トライアングル」について、「スンニ派とシ
ーア派の対立をあおるメディアのでっちあげだ。暴力や差別、憎しみをあおるメディア
は容認できない」と述べると、西側の記者から「大半がすでに報道している」との声
も。
処分を受けた2 局については「評議会メンバーは死ねと話す人々を繰り返し放送し
た。爆発現場にも何度も居合わせており、偶然とは思えない」と激しく非難。銃撃され
た評議会メンバーのアキラ・ハシミさんについても「報道のせいで撃たれた」と述べた。
アルジャジーラは同日、「評議会の決定は報道の自由を侵すものだ。イラクで報道を
続ける」などとする声明を出した。
・2003,9,25
バグダッドのホテルで爆破テロ、米メディアが標的か
バグダッド中心部にある「アイケ・ホテル」前の歩道で25 日朝、大きな
爆発があり、ホテルの職員1 人が死亡した。このホテルを拠点とする米ネット局NBCの
ジャーナリストが標的になった可能性があり、NBCの技術者1 人も軽傷を負った。反米勢
力によるとみられるテロは一段と広がりを見せている。
イラクの警察幹部の1 人は「外国人ジャーナリストに対する初めての爆弾攻撃だ」と指摘
した。衝撃で割れた窓ガラスで、けがをした人もいるもようだ。
イラク北部のモスルでは25 日、米軍の車列を狙った爆破テロがあり、複数の目撃者による
と米兵4 人が負傷した。米軍当局はバグダッド北方のバラドで24 日に起きた交通事故で、
米兵1 人が死亡、2 人が負傷したことも明らかにした。
・2003,9,23
アルジャジーラ記者の拘束頻発 イラク米軍の嫌がらせとの見方も
欧米とは一線を画したアラブの視点から報道を続け、イラク戦争中も米政府をいら立
たせてきたカタールの衛星テレビ、アルジャジーラの記者が、イラク国内の取材で米
軍に拘束されるケースが頻発している。同テレビのバグダッド支局によると、拘束事
件は1,2週間に一度の割合で起こっている。
「正当なジャーナリズム活動に対する妨害だ」と記者らは怒りをあらわにするが、駐
留米軍の報道担当将校は「ビリビリした状況下の兵士が、時として指示に従わない
人々を拘束することばあり得る。苦情の受付窓口も設けている」と述べるにとどまって
5
いる。
バグダッド西郊ラマディで8月29日、爆発を聞き付けて現場に近づこうとしたアルジ
ャジーラの記者らを米兵が制止。記者らはこれに従い引き揚げたが、目撃者にインタ
ビューしようとしたプロデューサーと技術スタッフの2人が拘束された。
同テレビ・バグダッド支局のプロデューサー、メイ・ウエルシュ氏は「ロイターなど他
のメディアも同じ場所にいて、同じ取材をしていた」と話し、アルジャジーラを狙い撃ち
にした嫌がらせとの見方を示した。
銃口を突き付けられ、罵詈雑言を浴びせられることも日常茶飯事という。今月11日に
は同支局の記者一人とカメラマン1人が、米軍に一時拘束された。バグダッド西部の
橋の上で10日、爆発が起こり、米軍は現場取材をした2人を、事件に絡んで拘束し
た。
イラク人地元記者は「旧フセイン政権下の情報機関職員の多くが体制崩壊後、アル
ジャジュフに転職したのは公然の秘密。一部は今も情報収集活動をしている」と指摘。
真偽はともかく、独自の視点で内外から注目されている同テレビが、米軍にとって煙
むたいいたい存在なのは確かだ。
・2003,9,23
イラク統治評議会、アルジャジーラなど閉鎖へ
イラクの政治勢力で構成する統治評議会は23日、カタールの「アルジャジーラ」とアラブ
首長国連邦の「アルアラビア」の両衛星テレビ局に対して、記者会見の取材や省庁への立
ち入りなどを一時禁止する声明を発表した。
声明によると、禁じるのは統治評議会の活動と記者会見の取材、暫定省庁を含む役所
への立ち入りで、期間は23日から2週間。「両局の姿勢を監視する。評議会には追加措
置を取る権利がある」としている。
23日付のアラブ圏有力紙「アルハヤト」によると、評議会メンバーからは「フセイン元大
統領や支持者のメッセージを放送して宣伝し、統治評議会への反発をあおっている。閉
鎖させるべきだ」との声も出たという。
・2003.9.18
スペイン判事、ビンラディン氏ら35 人の逮捕を要請
スペインの判事は、2001 年9 月11 日の対米同時テロを含む一連のアルカイダの犯
行に対し、指導者ウサマゼンラディン氏と、カタールの衛星放送局アルジャジーラの
記者一人を含む35 人を、正式に有罪と判断した。
パルタザール・ガルソン全国管区裁判所予審判事は、スペインのアルカイダ拠点を捜
6
査した結果、米同時テロの計画が一部同国で練られたことを示す根拠が見つかった、
として、国際刑事警察機構(インターポール)に対し、ビンラディン氏の逮捕とスペイン
への身柄の引き渡しを要請した。同判事は、膨大な電話盗聴資料を詳細に分析し、
33 人をアルカイダ所属の罪で、また2 人をアルカイダに協力した罪で有罪と判断し
た。
・2003.9、17
フセイン氏?の音声テープ放送アラブの衛星テレビ
アラブ首長国連邦の衛星テレビ、アルアラビアは17 日、イラクのフセイン元大統領と
される人物が米軍への攻撃を強化するよう呼びかける音声テープを放送した。
テープの中でこの人物はイラク人に向け、「愚かな侵略者に対し、あらゆる手段を使
って戦を挑め」と主張。米軍に対しては「遅かれ早かれ、イラクからの撤退は不可避
だ」などと語った。同テレビによると、このテープはバグダッドで入手、上部には「9 月
中旬」と書かれていたという。
・2003、9、13
カダフィ大佐の息子がペルージャと契約 、アルジャジーラ放送
リビアの最高指導者カダフィ大佐の息子アルサアディ・カダフィが、サッカーのイタリア
1部リーグ(セリエA)でデビューする可能性が出てきた。
リビア・リーグの強豪アル・イティハドに所属していたカダフィは6月末、ペルージャと
契約。事務手続きの理由で遅れていた連盟の移籍承認がこのほど正式に下りた。同
選手は強豪ユベントスの株式を取得するなど大のサッカー好き。今回のペルージャ挑
戦も〝道楽〟との見方もあった。しかし、夏の練習試合でも2ゴールを決めるなど、母
国の代表主将も務めるサッカーの技術も確かなようだ。
特別扱いを嫌い、これまでメディアとは一切接触しなかったが、カタールの衛星テレビ、
アルジャジーラがインタビューに成功。「チームのみんなも街の人もとても温かく、ペ
ルージャを気に入っている」と話した。
・2003.9.12
容疑者の男の生前ビデオ放映 アルジャジーラ
カタールの衛星テレビ「アルジャジーラ」は12 日、01 年9 月の米同時多発テロで死亡
した男が生前に米国と戦う決意を語ったものとするビデオ映像を放映した。
男は米ペンシルベニア州で墜落したユナイテッド航空93 便を乗っ取ったとされるサ
7
イード・アルガムディ容疑者とみられる。映像は00 年12 月収録とされ、男は「米国と
戦うのはイスラム教徒としての義務だ。アラブ諸国は聖戦を通じてでなければ救われ
ない」と語っている。 同テレビは10 日には、国際テロ組織アルカイダの指導者ウサ
マ・ビンラディン氏とみられる人物の新たなビデオ映像と音声テープを流していた。
・2003.09.11
ビンラディン氏:新たなビデオ映像と音声テープ流れる
カタールの衛星テレビ「アルジャジーラ」.は10 日、国際テロ組織アルカイダの指導者
ウサマ・ビンラディン氏と側近のザワヒリ副官とみられる人物の新たなビデオ映像と音
声テープを流した。ザワヒリ氏とみられる人物はさらなる対米テロ攻撃を呼びかけた。
ビンラディン氏の映像が流れるのは昨年4 月以来、約1 年半ぶり。アルジャジーラ
は、今回の映像は今年4 月後半から5 月前半にかけて撮影されたと伝えた。場所は
明らかにしていないが、険しい山岳地帯の急斜面を2 人がつえをつきながら歩く姿が
映し出され、アフガニスタンとパキスタンの国境付近との見方が出ている。
ビンラディン氏とみられる音声テープは8 分で、同時多発テロが米国に大打撃を与
えたと実行犯5 人の名前を挙げて称賛した。
ザワヒリ氏とみられる人物は「米国はアフガニスタンとイラクの痛手で動揺している。
これまでのアルカイダによる攻撃はまだ小競り合いにすぎない」とさらなるテロ攻撃を
警告。イラク人には「ライオンのように米国人にむさぼりつき、イラクの墓に埋めろ」、
パレスチナ人には「パレスチナ解放のためには聖戦しかない。武器を捨てず、イスラ
エルに抵抗しろ」などと呼びかけた。
・2003.09.05
アルカイダ:関与のアルジャジーラ記者を逮捕 スペイン警察
スペイン警察当局は5 日、カタールの衛星テレビ放送局アルジャジーラのタイシール・
アロウニ記者をウサマ・ビンラディン氏のテロ組織アルカイダの活動に関与した容疑
で、スペイン南部グラナダ地方の自宅で逮捕した。同記者は一昨年の米軍によるアフ
ガニスタン攻撃の報道で名をはせた同局のスター記者。
同記者のファティマ・ハメド・ラヤジ夫人が米CNN テレビに語ったところによると、アル
カイダの重要メンバーと関係を持ち、米同時多発テロ後の一昨年10 月にジャーナリ
ストの立場を利用しビンラデイン氏にインタビューしたことが逮捕容疑。
スペイン当局はこのほかアロウニ記者が(1)一昨年11 月にスペインで摘発されたア
ルカイダ系原理主義グループの組織作り、支援に参加した(2)欧州のアルカイダ・メ
8
ンバーに指導部の極秘メッセージを伝達した(3)カブール特派員時代にアフガニスタ
ンのアルカイダに資金を供給した去碑などの疑いを持っているという。
ハメド・ラヤジ夫人は一連の容疑を「真実ではない」と否認。アルジャジーラ本社の
広報官は「ジャーナリスト、特にアルジャーラの記者に対する嫌がらせだ」と逮捕を非
難している。
・2003.09.03
アルジャジーラ放送のフセイン元大統領声は本人 CIA 分析
カタールの衛星テレビ、アルジャジーラが1 日に放送したイラクのフセイン元大統領
とされる人物の声について、米中央情報局(CIA)は3 日、分析の結果「おそらく元大
統領の声」との結論を出した。放送されたフセイン元大統領とされる声は、イラクのナ
ジャフでイスラム革命最高評議会の最高指導者ムハマド・バキル・ハキム師らが殺害
された、8 月29 日の爆弾テロ事件への関与を否定していた。
・2003.9.1
フセイン元大統領、爆弾テロ関与を否定
カタールの衛星テレビ局アルジャジーラは1 日、イラクのフセイン元大統領とみられる
音声テープを放送した。音声は、8 月29 日のイスラム教シーア派聖地ナジャフでの爆
弾テロについて「信仰心のない侵略者たちは証拠もなしにサダムーフセイン支持者の
責任を指摘している」などと述べ、関与を否定した。
同様に放送された過去のテープでは米国など占領軍への抵抗を呼びかけたが、自分
と同じイラク人は殺害しない立場を強調したとみられる。
イラク駐留米軍は8 月31 日、北部モスルに元大統領が潜んでいるとの情報を基に大
規模な捜索活動を実施したが、発見できなかったもよう。音声が本物であれば、現在
も元大統領が生存しているとの説を裏付けることになる。
・2003.08.02
フセイン元大統領の娘2 人が米TV などに登場
フセイン元イラク大統領の娘2 人のインタビューが1 日、米CNN テレビアラブ首長国
連邦の衛星テレビ「アルアラビア」などで放映された。2 人がメディアに登場したのはイ
ラク戦争開戦後初めて。
元大統領の長女ラガドさん(36)と二女ラナさん(34)は滞在中のヨルダンの宮殿で、
CNNとアラブ首長国連邦の衛星テレビ「アルアラビア」のインタビューに応じた。2 人は
いずれも黒いドレスを着て、白いベールで髪を覆っていた。
9
CNNとのインタビューで、2 人は「最後に元大統領と話したのは開戦(現地時間3 月20
日)の7 日前だった」と語った。ラガドさんによると、2 人は計9 人の子供とともに、元大
統領の手配した車両で郊外の建物に逃げた。「何度か砲弾が近くに落ち、建物が揺
れた」という。ラガドさんは4 月9 日のバクダッド陥落が「大きなショックだった」と振り
返った。元大統領について、ラガドさんは「非常によい父親で、大きな心を持ち、娘や
息子、孫を愛していた」と称えた。ラナさんも「私は父が無事でいるよう神に祈ってい
る」と述べた。
・2003.7、30
CIA がフセイン氏の声と断定、TV の録音テープ関連情報

米中央情報局(CIA)当局者は30 日、アラブ首長国連邦の衛星テレビ、アルアラビヤ
が29 日伝えたイラクのフセイン元大統領とされる人物の録音テープについて「フセイ
ン元大統領本人の可能性が極めて高いと断定した」と述べた。
アルアラビーヤは29日、フセイン氏とみられる人物が読み上げる声明の録音を放送。
声明は長男ウダイ氏と二男クサイ氏の死を悼んだ上、「ジハード(聖戦)の戦場で勇
敢に戦った」と指摘。

・2003、3,25
アルジャジーラの取材禁止 NY証取、保安上の理由で
ニューヨーク証券取引所は24日、カタールの衛星テレビ、アルジャジーラの立会
場への立ち入りを禁止した。アルジャジーラは同取引所からの報道を日常的に行
っていた。
証取所関係者は、保安上の理由によると説明、立会場への立ち入りは「信頼でき
る」メディアに限定していると述べた。
アルジャジーラは米国の武力行使を批判するアラブ諸国の声を重点的に報じて
おり、今回の措置について、同テレビ側は「イラク戦の報道が理由だ」と反発してい
る。

 - 戦争報道

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日中北朝鮮150年戦争史(9)日本最強の陸奥外交力③『 国大といえども 戦いを好む時は必ず滅び、天下安しといえども 戦を忘れる時は必ず危うし(水野広徳)』③

 日中北朝鮮150年戦争史(9)    日清戦争の発端ー陸奥宗光の『蹇 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(104)/★『記事再録/<まとめ>日本最強の外交官・金子堅太郎ーハーバード大同窓生ルーズベルト米大統領を説得して、 いかに日露戦争を有利に進めたか、その驚異のディベート・テクニック』★『『ルーズベルト大統領は「旅順陥落」に大喜びー黙っていると”Silence is Consent”。 どしどし反論せよ』⑤』

     2015/01/22の連載記事 …

no image
『リーダーシップの世界日本近現代史』(285)/★『新型コロナウイルス戦争について歴史的に参考にすべき日本インテリジェンス(常在戦場の胆力)』江戸を守った山岡鉄舟の国難突破力④ー『常在戦場の胆力、まず走りだしてから考えろー』

 福島原発事故から3ヵ月後 2011/06/20  …

no image
世界/日本リーダーパワー史(954)ー米中間選挙(11/6)の結果、上下院議会の“ねじれ現象”はトランプの国内、対外政策にどう響くか、暴走は一層エスカレートするのか(上)

世界/日本リーダーパワー史(954) 米中間選挙後のトランプの暴走はブレーキがか …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(262)/ 『明治陸軍の空前絶後の名将・川上操六参謀総長④『徳富蘇峰による人物評「細かいことに気のつく人は、大きいことには気がつかぬが、川上大将はよく大方針(日清戦争の勝利、日露戦争の準備)を定め、有能な人物を適材適所に用いて縦横無尽に活躍させて<坂の上の雲>を達成したリーダーパワーは傑出していた』

・ 2010/02/04 記事再録<クイズ『坂の上の雲』 明治陸軍の空 …

no image
「集団的自衛権の行使」について、政府の安保法制懇座長代理の国際大学・北岡伸一学長の記者会見(2/24)90分

    「集団的自衛権の行使」について、政府の有識者会議「安 …

no image
世界リーダーパワー史(935)ー『迷走中のトランプ大統領のエアフォースワン』★『米中間選挙の予備選挙は事実上、9月12日に終わったが、情勢はこれまでとは一変して民主党が上、下院を奪還する勢い!(世論調査の結果)』

世界リーダーパワー史(935)ー 中間選挙の情勢はこれまでとは一変して民主党が奪 …

no image
明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変①』-『ドイツ、ロシア、フランス、イギリスらの中国侵略に民衆が立ち上がった義和団事件が勃発』★『連合軍の要請で出兵した日本軍が大活躍、北清事変勝利の原動力となった』

明治150年歴史の再検証 『世界史を変えた北清事変①』  義和団事件の発生 18 …

no image
★『地球の未来/明日の世界どうなる』< 東アジア・メルトダウン(1076)> ★『第2次朝鮮核戦争の危機は回避できるのか⁉⑥』★『石油輸出に上限=北朝鮮制裁決議を採択―米譲歩、中ロ容認・国連安保理』●『アングル:高まる非核三原則見直し論、米軍の核持ち込みで抑止維持』★『 日本で広がる核武装論…「安倍第1次内閣で米国と議論」』★『「日本、10年以内に核武装の可能性」』

★『地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(1076 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(99)『大東亜戦争とメディアー<新聞は戦争を美化せよ>『メディアコントロールを 検証報道で本質に迫れ』⑦

  終戦70年・日本敗戦史(99) 『大東亜戦争とメディアー<新聞は戦 …