前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟の清国への影響」⑦1902(明治35)年2月24日 『申報』『日英同盟の意図は対ロシア戦争ーこの機会に乗じて富強に尽力すべし』★『日本はロシアを仇とし『臥薪嘗胆』しロシアを破ることを誓っているが、自国の戦力、財源は 豊かではないので、イギリスを盾にした。』

      2016/12/01

 

 ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」-

「日英同盟は清国にどうはね返るか」⑦

 1902(明治35)224光緒28年壬寅117

申報』『日英同盟の意図は対ロシア戦争ーこの機会に乗じて富強に尽力すべし』

中国人の戦略眼の鋭さが次の論説に表れている。

世界では,ただ利益のあるところでのみ人の争いがある。中国の利権は取りつくせないほどに膨大だ。

②イギリス、ロシア、フランス、日本、アメリカはそれを奪いに来るが、心配なのはロシアの

シベリア鉄道敷設だ。

➂シベリア鉄道が開通すれば英国の航海の利益はロシアに必ず完全に独占されてしまう。

日英同盟はロシアの侵略を阻止するために結ばれた。

日本はロシアを仇とし『臥薪嘗胆』しロシアを破ることを誓っているが、自国の戦力、財源は

豊かではないので、イギリスを盾にした。

日本がロシアと戦うと、中国は必ずいちばん先に災難を被り,人民は塗炭の苦しみをなめることになる。

『遠交近攻』の一言は,日本の座右の銘。だから,日本が本心でわが国と相助け合おうとはおもえないが、わが国はまさにこの機に乗じて,富強に尽力すべきだろう。

ロシアと日本はすでに不倶戴天の敵.シベリア鉄道の完成が1日遅れれば,兵力、兵糧輸送でロシアが1日長く日本より不利になる。

 

本紙が連日掲載する英日同盟とロシア人の条約改訂を読み,感じたところを記す著者は嘆息して言う。ああ,いったい何が各国の懐疑心をかくも深いものとしたのだろうか。

そもそも,世界では,ただ利益のあるところでのみ人の争いがあるものだ。

中国は,すでに弱くかつ貧しいとはいえ,利益を蔵する大きな沢なのだ。鉄道はま敷設され尽くされておらず,汽船もまだ就航され尽くされておらず,各種の金属鉱産物もまだ開鉱され尽くされていない。21省は,まだ開拓され尽くされていないのだ。

もしも,徐々にその利益を整備してわがものとできれば.ほとんど取っても取り尽くすことも.使っても使いきることもないだろう。外国人は,これを欲しがったために互いに対立するようになった。

イギリスは以前から中国における商業の雄だったが,ここ10年来,保守的態度をとり過ぎたため,徐々にその地位を奪い取られそうな趨勢になってきた。

その地位をドイツが奪っても,アメリカが奪っても.日本が奪っても,それはまだよい。心配すべきなのは,ロシアのシベリア鉄道敷設のことだ。

 

いったん汽車がヨ一口ッパとアジアを往来するようになれば,航海の利益は,いきおいロシア人が必ず完全に独占することとなるだろう。イギリス人は,それをよく知っているが.ロシアと対立しようとすれば,英露両雄が共に争うことになるが,イギリスにとって利益とならないことがあるやもしれない。

たまたま,日本はロシアを仇とし,昼夜、臥薪嘗胆しロシア人を破ることを誓っている。しかし,日本は,自国の兵力がまだ十分ではなく,財源もまだ豊かではなく,民は貧しく,土地は狭く,素手で野心を抱いていることを顧みていた。

そこで,相互に中国、朝鮮を保障する同盟を結んだ。ああ,イギリスと日本が中国および朝鮮を本当に大事にしているはずはない。

英日が出しゃばってこれをする理由は.実はロシア人を防御するのに備えているに過ぎない。

また,イギリスと日本はロシア人のアジア制覇を恐れているはずもない。実はロシアが中国,朝鮮の利権を奪い取ることを恐れているに過ぎない。

ロシア人が,ここに及んで,どうしてそれを知らないことがあろうか。それ放,ロシアは中露条約において,その語句に訂正を加え,文字と言葉を斟酌し,穏当適切で平等なものにしたのだ。

 

その第4条の付注の文には,「このたび.鉄道を中国に返還するが,中国は必ず自国でそれを保護し,他国の軍隊の駐屯を許さず,橋を架けて遼河を越えることを許さないこと」と述べている。

 

この文で,ロシアがイギリスと日本を防ごうとする考えはいたって明白で,よく分かる。まことに,イギリスと日本が獲得できる利益があるというのはロシアにとっては不利益なのだ。

故に,ロシアはしかたなく,あらかじめ余地を残してイギリスと日本が遼東で思うままにできなくさせたのだろう。あるいは「イギリスと日本の同盟は実は中国にとって幸福なことだ。

 

考えるに,各国のうち,わが国と国境を接しているのは,ただ日本とロシア

だけだ。顧みるに,ロシアにはすでに領土併合の謀があり,日本もまた,鋭くすきをうかがっている様子がある。

 

他日.両国が中国を欲しがることで,突然,戦争が始まり,必ずや中国の辺境が戦場となるだろう。

日本がロシアに勝とうと・ロシアが日本に勝とうと,中国は必ずいちばん先に災難を被り,人民はますます耐えがたい塗炭の苦しみをなめることになる。現在イギリスと日本の2国はロシアと敵対しているので,ロシアは必ずやおのずと中国侵略の難しいことを知り退くに違いない。

 

これにより,中国の領土は保全され,戦争の脅威もなくなる。どうして,暗に英日同盟の利益を受けないことがあろうか」と言う者もあれば,「そうではない。ロシアは,わが中国の地をむさぼる考えがあるとはいえ,各国が一斉に立ち上がり昔のトルコとの戦争のように、ロシアを攻めるのを恐れているので,あ

えて最初に騒動を起こすことはない。

 

日本は戦争に勝った後に辺境を開拓しようとする気持を持っているのが,これまではただロシア人を恐れており,心中になお恐れ忌むところがあった。

今日,日本はイギリス人を得,これを助けとしたので,ロシアは.必ずや事ごとに撤退をし,中国はついに日本に欺かれ侵略されるところとなるだろう。

『遠交近攻』の一言は,日本が長らく座右の銘としてきたものだ。だから,日本が本心でわが国と相助け合おうとするなどと言えようか」と言う者もいる。とはいえ,わが国はまさにこの機に乗じて,富強に尽力すべきだろう。

 

ロシアと日本はすでに不倶戴天の敵となり.手ぐすねを引かない日は1日もない。現在,争いが起こらないのは,シベリア鉄道の完成が1日遅れれば,兵

力、兵糧の輸送においてロシアが1日長く日本より不便になるからだ。

 

しかも鉄道の完成は,なおすぐにできるはど簡単ではない。もし,イギリスと日本の協調が5年を限りとするものなら,その5年の間は,イギリスは商業を維持することを要務とし日本もまた,以前に結んだ同盟を急に破ることは都合が悪いので,ひそかに野望を潜行させるだろう。

わが中国は,外国人の侮りから暫時逃れることができる。

当然,中国は朝野を挙げて一丸となって,鉄道を新設して列車を走らせ,汽船を購入して権利を獲得し,諸金属鉱山を開鉱し.21省の鉱産資源を開拓することを鋭意図って,それにより国土の利益を引き出し,商況を盛んにするのだ。

ロシアのシベリア鉄道が完成し,イギリスと日本の5年の同盟期間が満期に達するときになれば.次々と変動が生じることで,中国は強大な隣国が周囲で待ちかまえ問題を作り出してくることを免れない。

しかし,そのときわが国はすでに国は富み,兵も強力となっており,どうして,なおまだ外国人がすきをうかがう謀を持つことを憂慮することがあろうか。

そうでなければ,すでにひどくやせ衰えた病人が,第三者の力を借りて,威勢がよくたけだけ猛々しい者と争い続けようとしているのにたとえられよう。

 

その第三者に.甘く見らればかにされなければ,大変幸運なことだ。どうして,第三者が強国を拒もうとする中国を死力を尽くして助けようと望むだろうか。窓の下の書生や井の中の蛙がこの意見をささげるのを,権力者はいかに思うだろうか。

 - 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報「日本のメルトダウン」(489) 「福島4号機の燃料棒(1,533体) 取り出し11月8日にも開始,世紀の難事業は東電任せで大丈夫か

 速報「日本のメルトダウン」(489)   ◎「福島第1原発 …

no image
日本興亡学入門 ④ チェンジイング(変わる)アメリカと「死につつある日本」

日本興亡学入門 ④                             08 …

no image
明治150年「戦略思想不在の歴史が続く⒂」-『明治維新を点火した草莽崛起の革命家・吉田松陰⑶』★『言葉だけの武士、政治家、学者を最も軽蔑していた』★『辞世の句は「此程に思ひ定めし出立を けふきくこそ嬉しかりける」享年30歳』●『身はたとえ 武蔵の野辺に朽ちぬとも とどめおかまし大和魂』

松下村塾の塾生の松蔭の人格を語る 松陰の性格、人柄は謹厳実直、厳格ではと思われる …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(10)記事再録/「日露戦争・戦略情報の開祖」福島安正中佐④副島種臣外務卿が李鴻章を籠絡し前代未聞の清国皇帝の使臣謁見の儀を成功させたその秘策!

日本リーダーパワー史(554)   2015/03/13&n …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ(69)』W杯決勝戦はドイツの優勢か?日本は47位のサッカー後進国を痛感した

     『F国際ビジネスマンのワールド …

171681671454a5eba380fec7.17222446138627211
『百歳学入門(215)』100歳時代の世界のシンボル・ギネス芸術家・平櫛田中(107歳)の長寿パワー(気魄・禅語)に学ぶ』★『悲しいときには泣くがよい。つらいときにも泣くがよい。 涙流して耐えねばならぬ。不幸がやがて薬になる』

  記事再録/2010/07/31 日本リーダーパワー史(77) 『超 …

no image
世界史の中の『日露戦争』⑨『ついに開戦へーロシアの異常な挑発に模範的な礼儀と忍耐で我慢した日本』『タイムズ』

 『日本世界史』シリーズ   世界史の中の『日露戦争』⑨-英 …

no image
日中韓対立のルーツ『日清戦争』を日本の新聞は どう報道したのかー徳富蘇峰,福沢諭吉、朝比奈知泉らの主張は・② 『直ちに開戦を』ー福沢諭吉の主張〔明治27年7月24日 時事新報〕

日中韓対立のルーツ『日清戦争』を日本の新聞は どう報道したのかー徳富蘇峰,福沢諭 …

no image
速報(219)『日本のメルトダウン』NHK「原発危機」知られざる放射能汚染」「小出裕章氏の講演会記録ビデオ」

速報(219)『日本のメルトダウン』   ●『NHKスペシャル「シリー …

no image
<新聞史研究> 太平洋戦争と新聞の戦争責任を考えるー徳富蘇峰の戦後の反省の弁は・・

太平洋戦争と新聞の戦争責任を考える   <以下はJCJ12月集会>   …

PREV
日本メルトダウン( 981)『トランプ米大統領の波紋!?』★『「米中新秩序」到来!日本はついに中国との関係を見直す時を迎えた 対抗ではなく、協調路線でいくしかない』●『トランプ支持層と「ナチス台頭時」に支持した階層はきわめて似ている』●『麻生大臣を怒らせた、佐藤慎一・財務事務次官の大ポカ なぜこんな人を次官に据えたのか』★『さよなら米国。トランプの「米国ファースト」がもたらす世界の終わり』★『若者が動画で自己表現するのはなぜ? 古川健介氏が語る、スマホ世代の“3つの仮説”』★『スピーチを自在に編集できる“音声版Photoshop”登場か--アドビが開発中の技術を披露』
NEXT
日本メルトダウン( 982)『トランプ次期米大統領の波紋!』「安倍・トラ会談」が、かなり危なっかしい理由トップ会談お決まりの打ち合わせもなし』●『トランプ氏と安倍首相の初会談、準備段階で混乱、詳細決まらず』●『コラム:貿易やアジア外交、トランプ大統領を待ち受ける危険』●『コラム:トランプ勝利と、米国が主導する「世界秩序の死」』●『オピニオン:トランプ不安、日本の「改憲」後押し=エモット氏』●『TPP失敗なら中国に10兆円もの恩恵 米調査委が試算、トランプ氏の脱退方針に警告』