前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『リーダーシップの日本近現代史』(63)記事再録/児玉源太郎伝(4)『日露戦争<黄禍論>に対し日本を高く評価した英国タイムズ』★『『黄禍論』に対して―日露戦争で国際法の慣例に従って戦争を遂行している徳性ある日本」 <英国タイムズ紙、1905(明治38)年1月7日記事>』

   

 

    2016/03/05/日本リーダーパワー史(381

  • 『日露戦争の<黄禍論>に対して<日本人を高く評価した<英国タイムズ紙>を読む現在の中国躍進への世界の注目は100年前の黄禍論(日本台頭論)、「西欧の没落」(シュペングラー)と同類。安倍外交は明治外交史を検討する必要がある。         

前坂 俊之(ジャーナリスト)

 『黄禍論』に対して―日露戦争で国際法の慣例に従って戦争を遂行している徳性ある日本」
<英国タイムズ紙、
1905(明治38)年17日記事>

黄禍論の反響が折々聞こえてくる。もともと黄禍論は,日本が中国に勝利して得た成果を日本から奪って,それをヨーロッパ列強が私物化するのを正当化するために唱えられたものだ。

一部の人々はこの議論をかなり真に受けているため,1白人国家に対する1東洋人種の勝利を予想せざるを得なくなって,本当に不安になっている。

 ヨーロッパ諸国はお互い同士の戦争のためにやむにやまれず常に完全武装して備えているのに,この人々はヨーロッパ民族の結束を漠然と思い描いている。

また,いわゆる黄色人種は全く同質で.白人が互いの領土を奪おうと常にもくろんでいるように,黄色人種も白人国家を侵略する欲望にかられていると,この人々はやはり漠然と想像している。

日本軍に侵略される方がロシア軍に侵略されるよりなぜずっと不幸なのか,害悪が等しいとして,近くのより起こりそうなことよりも遠方の不確定なことを恐れるのがなぜ理屈にかなっているのか,これについては説明が全くない。

実際は,黄色人種の間の結束は見られない。日本人と中国人が大きく異なるのはヨーロッパの2つの民族が互いに大きく異なるのと変わらない。ヨーロッパの2つの異なる民族と同様,これらの民族にも人種的な偏見があり,大昔からの対立がある。

彼らをまとめて黄色人と呼ぶのは,中国人がすべての白人をいっしょくたにして外国の悪魔と呼ぶのと同様.全くの無知を示すものだ。
この誤解をさらにこっけいなものにしているのは,われわれが,自ら考案した試金石に照らして,彼らが根本的に異なる民族だという決定的な確証を得ようとしていることだ。少なくとも半世紀の間,イギリスを先頭にしたヨーロッパ諸国は,東洋諸国が救済される唯一の道は,西洋の思考方法と西洋の文明を採用することだと東洋諸国に告げてきた。
この教えをよく思い知らせるために,ヨーロッパは東洋の領土を侵略し,その国民を殺りくし.その財源を着服し,その国土を奪った。東洋民族の1つ(日本)がこのヨーロッパの助言を受け入れた。この民族は西洋文明の手法を並外れて完璧に修得し,こうしてこの民族は他の黄色人種とは非常に異なること,その再生のためにわれわれの長年の努力を役立てたいと思っていることを同時に示した。
しかし,この民族がわれわれの助言を受け入れ,われわれが育む進歩と知性の理念に従ったとたん,ヨーロッパは態度を一変させ,この民族は平和と文明に対する脅威であると非難した。

この民族には1000年間にわたる独自の文明があり,この文明は物心両面の教養を生み出し,それは今,可能な最大限の試練に耐えている。この民族はだれとも交わらなかったし,世界に対して不干渉以外の何も要求しなかった。

しかしヨーロッパはほうっておかなかった。この民族は賢かったので,ヨーロッパの干渉は所望のものが手に入れればそれに比例して強まることを近隣のできごとから知った。

この民族は,ヨーロッパの方式によってヨーロッパの国の侵略から自国を守れるようになると、それ以外のすべてのヨーロッパ諸国の当然の敵であると決めっけられた。

これらのヨーロッパ諸国は今まではこの民族の適対者の方を恐れていたのだが。この民族から見て,ヨーロッパはいかに賢く,理性的で,公平で,全く高貴に見えることだろう!

 今日,黄禍があるとするなら,それは新しいものではなく.古いものを新しく見せかけたものだ。ほとんどだれも気にも留めなかったが,1年前に本当の黄禍があった。

中国がロシアの支配下に置かれる危険が迫っていた。実際そうなれば,中国の資源はロシアの侵略と専制のために組織されただろう。ロシアの狙いは隠れもなかった。ロシア.は極東で特別の使命を帯びており,東洋人を扱う本質的な適性を持っており,それを考えれば,中国での他の列強の活動は神の摂理に対する不遜な介入も同然だと,大胆に宣言されていた。

ロシアの手先は弱体で腐敗した中国政府を威嚇した。ロシア領事は地方政府を指図した。ロシアの技師はロシアの中国支配を強化するのに便利な戦略鉄道を計画した。ロシアの銀行は中国財政の大きな部分の支配権を得た。

一地方全体が併合され,難攻不落と見なされた要塞が中国の海を支配するために建設された。ロシアの官僚によって管理された中国帝国こそ.ヨーロッパが無力感に襲われながら予期した黄禍だった。それより悪い黄禍はあり得ない。一部の人が薄弱な根拠に基づいておそらく懸念しているように,中国が日本に管理されるのなら,ともかくその方が世界にとってはよいだろう。なぜなら,中国帝国の潜在力を支配するのは,自由で,開明的で,高貴で,教養の高い国民であって,最も危険な種類の寡頭政治ではないからだ。

この寡頭政治の力が依拠するのは恐ろしく無知な1億農民の凶暴な力だからだ。妄想的な懸念に確実な根拠があると仮定しても,その恐るべき運動の司令部が地球の反対側にある方が,ヨーロッパのすべての首府から数時間の旅程にあるよりもヨーロッパにとってはましだろう。

しかし実際の話,中国国民の潜在的可能性がどうであろうとも,世界が考慮に入れるべきは中国官僚で,彼らは日本が鼓舞されたすべての理念と原則に深い敵意を抱いていることで際だっている。

中国の官僚と宦官が啓発されて地上から姿を消すまでは,日 中間の真の協力はなく,日本の理念に従った再編成すらあり得ない一。本紙通信員「ファー・イースト」は,日本に留学している若い中国人の手紙の抜粋を本日送ってきたが,この手紙は北京の中国支配階級の態度を分かりやすく説明している。

彼らの態度は,中国で大きな変革が起きなければ,ロシアが日本に敗れた後でも,われわれの言う真の黄禍はなくならないという見解を裏づけている。

 世界の力の均衡が1世紀,2世紀の間にどう変わるか予想しようとしてもむだなことだ。現実的なすべての政策の目標のためにはもう少し短い視野で十分だ。もし中国帝国が何か日本に似たものを手本に組織されれば,それは日本の塊らいではなく日本の手ごわい競争相手になるだろう。

白人同様,黄色人にも人種の違いや多様な利益があるので,黄色人が結束して白人に対抗するという意味での真鍋は政治的な悪夢に過ぎない。さらに忘れてはならないことは,ロシアを白人またはヨーロッパ列強の部類に入れると,多くの人種問題をはぐらかしてしまうことだ。

ロシア自身,どの程度までか正確には判断できないが,間違いなくきわめて大きな程度までアジア系であり黄色人種系である。また,次のように考える理由も全くない。それは,もし他の黄色人種が日本と並び立つ能力を証明して,西洋文明が伝授できるすべてを摂取した場合,彼らは,彼らを無知故に依然として横柄に軽蔑している白人よりも,力をゆだねる相手としてはややふさわしくない,というものだ。

日本人の徳性は,少なくとも世界のこちら側でわれわれが示せる何よりも高い。以上の結論は,本紙軍事通信員の共感あふれる考察だけに基づいているわけではない。この考案はわが国の非常に多くの者にとって新しい啓示だった。しかし以上の結論は,日本人が途方もない戦いの緊張に耐えてきて今も耐えている態度にも基づいている。

東西を問わず,人々はさまざまなことを信じていると語り,さまざまなことを信じていると考える。しかし人々が本当に信じていることを知るには,その行動,特に緊張と重圧の時期の行動を見なければならない。今われわれの目前に堅忍不抜で気高く愛国的な光景を見事に現出させているこの本質的な徳性は,これを持つ民族に人類からきわめて高く信頼される資格を与えるものだ。

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ(82)』 ニューヨーク・タイムズ東京支局長の「錦織圭の躍進の秘密」を解く

       『F国 …

no image
最高に面白い人物史➂人気記事再録★コスモポリタン「バロン・サツマ」(薩摩治郎八)の花の生涯(上)「空前絶後の完勝の日露戦争―山本権兵衛のリーダーパワーに学べ」―パリで最高にもてた日本人の話(伴野文三郎)

  コスモポリタン「バロン・サツマ」(薩摩治郎八)の花の生涯(上) h …

no image
日本メルトダウン脱出法(815)「人工知能、「予測」を制する者が世界を制す」●「絵文字フィーバー日本から世界へ」●「「褒めて育てる」でダメになった日本の若者―エセ欧米流が子どもの生命力を歪めた」

  日本メルトダウン脱出法(815) 人工知能、「予測」を制する者が世界を制す …

no image
日本リーダーパワー史(296)福島原発報道との対比ー大新聞はアジア太平洋戦争(大東亜戦争)をどう報道したのか③

日本リーダーパワー史(296)   –3.11福島原発事故 …

978-4-7593-1555-4
日本リーダーパワー史(843)★『新刊「世界史を変えた『明治の奇跡』(インテリジェンスの父・川上操六のスパイ大作戦、海竜社 2200円+税)を出版』★『川上のインテリジェンス(知性、智慧、智謀、スパイ、諜報、謀略なども含む概念)を知ることこそ、明治の奇跡を解くキーワード』

 日本リーダーパワー史(843)★ 『新刊「世界史を変えた『明治の奇跡』 (イン …

no image
★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」-「日英同盟の影響」⑭ 1902(明治35)年11月8日『米ニューヨーク・タイムズ』 ●日露戦争開戦2ゕ月前『満州を条約をうまく利用して占領、開発したロシア』★『嫉妬深い日本ですら,ロシアの領土支配に武力で立ち向かおうとはしないだろう。ロシアの支配権はそれほど確立しているのだ。』

     ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟の影響」⑭ 190 …

no image
 日本リーダーパワー史(786)「国難日本史の復習問題」 「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス③』★『日本史の決定的瞬間』★『京都「無隣庵」での伊藤、山県、桂、小村の4巨頭に児玉、杉山の6者秘密会談で『日露戦争も辞せず』と決定した』●『小村外相のロシアの巨熊を生け捕る方法とは・・』

 日本リーダーパワー史(786) 「国難日本史の復習問題」 「日清、日露戦争に勝 …

no image
新刊紹介ー福島の未来に多くの示唆を与える『ふるさとはポイズンの島―ビキニ被曝とロンゲラップの人びと』(旬報社)

新刊紹介 <福島原発事故から2年―福島の未来に多くの示唆を与える> 写真エッセイ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(98)記事再録/ 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(31)<川上参謀総長からロシアに派遣された田中義一大尉(後に陸相、首相)はペテルスブルグで活躍<ダンスを習いギリシャ正教に入信して情報収集に当たる>②

   2016/01/14/日本リーダーパワー史(638) …

no image
日本リーダーパワー史(593)『安倍外交への提言(2)「 明治以来、最高の戦略家・児玉源太郎と後藤新平の黄金コンビの台湾統治の成功―そのしたたかな英国流の「植民地統治外交術」に学べ

日本リーダーパワー史(593)  『安倍外交への提言(2)  明治以来、最高の戦 …