前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本風狂人列伝(29) 将棋界の奇才・鬼才コンビ・坂田三吉、升田幸三

   

日本風狂人列伝(29)
将棋界の奇才・鬼才コンビ・坂田三吉、升田幸三
前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
家出少年の才能をいち早く見抜いた悲劇の奇才
 
さかた・さんきち 明治3~昭和21(1870-1946)、棋士。独学で8段になった将棋の天才.打倒関根金次郎に燃え、大正6年、ついに関根を破る。昭和13年、名人位と王将位を追贈る。
ますだ・こうぞう (大正7・1971-平成3、1991)。棋士。木見金次郎8段に入門。弟弟子に大山康晴15世名人がいる。王将、名人、9段などをとり、昭和48年、黄綬褒章を受章する。54年。引退。
 
 坂田三吉は歌謡曲「王将」や演劇、映画でその奇人、変人ぶりが誇張されすぎた面があるが、もともと奇行の人であった。三吉は生涯、無学文盲で、やっと書けた字は名前の「吉」と、将棋の駒の角行の裏面の馬だけ。

この「三吉」の字は、書家中村眉山から教わった独特の書き方によっていた。中村は「一の字を上から並べて七つ書くんや。それから、四つ目と五つ目の一の真中にタテに一の字を入れる。頭が四っ目の上に出るようにして……」という具合にタテ、ココ棒だけで教えた。三吉も教えられたとおりを忠実に守り、一を七つ並べて書いたという。

 食事に行っても、字が読めないので、テーブルを見て回り、客が食べているものを「これにしてや」と指さしてボーイに二つ注文して、一つはボーイに「あんた食べなはれ」とサービスしたという。この種のおもろいエピソードにはこと欠かない、大阪流の〝けったいなヤツ〃だったのである。
 明治、大正の将棋界は万事、東京中心で、それを牛耳っていたのが三吉の終世のライバル、関根金次郎であった。

大阪勢は一段と低く見られていた。大正十年(1921)、関根が十三世名人となる。実力で関根をしのいでいた三吉は「わいこそ、日本一の将棋さしや」と反旗をひるがえし、大正十四年に関西名人を宣言、東西の棋界は真っ二つになった。三吉は以後、対局を拒否され、指せなくなってしまう。
その淋しさと戦いながら、三吉は関根名人とその後継者の木村義雄の打倒に執念を燃やした。 昭和九年(一九三四)、三吉は六十五歳。その後〝棋界の風雲児“になる十六歳の升田幸三初段と出会った。

升田が大阪の清交社で素人相手に稽盾をつとめていた時、升田の後ろでじっと眺めていた老人が三吉であった。勝負が終わったあと、「最近、さした将棋をみせてんか」と育った。
 升田が三吉に会った印象では、一五〇センチそこそこの小柄で、貧相な感じ。 目もショポシヨポし、頭のテッペンから金切声を出し拍手抜けの感じだった。三吉は升田の稽古先を調べたのか、必ず時間どおりに現れ、升田の将棋を熱心に見詰めていた。

  ある時、升田が「なぜ、私なんかの将棋をご覧になるんですか」と三吉に聞くと、「あんたァ、天下をとりまっせ。木村を負かすのはアンタや。あんたの将棋は大きな将棋や。木村のは小さい」とズバリと言った。これには〝ホラふき″の異名をとった升田自身ももビックリ仰天。 

当時、木村義雄は実力日本一で、昭和十二年には関根のあとの名人となった。三吉はこの奇才の天分を逸早く見抜いたのである。三吉は弟子でもない升田を何かと目をかけてアドバイスした。

「将棋さしは体が一番や。体をつくらにやいかん」「毎日同じものを同じ量だけ食べてはイカン。一週間に一度は大食し、あとは腹八分でおさえる。こうすれば、胃袋が伸縮しても胃も体も丈夫になるんや」 と、独特の食事法も教えた。後年、病魔に苦しんだ升田は三吉の教えを本気で聞いておれば、と深く反省した、という。
 三吉と升田はその奇想天外の棋風、毒舌でもウリ二つであった。三吉が升田を見込んだのも、自分と同じ独創性をみたからである。
「関根はんは石けん会社の社長さんや。将棋の段ばかりアワのように増やして。こんなもの吹けば飛ぶだけやがな」と三吉が皮肉れば、一方、毒舌の升田は、「名人なんてゴミみたいなもの、私はさしずめそのゴミにたかるハエや」と木村名人に面と向かってかみつき、大きな話題を呼んだ。将棋界のまさしく奇人同士なのである。

昭和十二年二月、坂田は十六年ぶりにヒノキ舞台に復帰し、東西決戦が実現、木村八段と世紀の対局をした。世に南禅寺の決戦といわれたこの一戦は、将棋フアンを熱狂させた。戦いを前に三吉は「今さら研究なんかしまへん。うちには将棋盤もおまへんしな」と余裕しゃくしゃくだったが、三吉はすでに六十八歳で全盛期を過ぎており敗れる。

翌年、三吉は関西名人の呼称を捨て、八段として第二期名人位に挑戦したが、ここでも敗れ、坂田時代は終わりを告げた。二ヵ月後に、戦地から復員した升田七段は木村名人との五番勝負に三連勝し、三吉が予言したとおり、升田時代を築くことになる。

 さらに、昭和二十七年の第一期王将戦で木村名人を半香に指し込み、「名人に香車を引くまでは帰らない」と書き置きして家出した十四歳の升田の悲願は、二十年後に実を結んだ。 三吉が果たせなかった夢を升田が実現し、三吉の無念を晴らしたのである。
 
 
坂田三吉の娘さんの証言では・・
 
「父のイメージは、貧しいゆえに身なりも構わぬように見られた若いころの話が一般化されているようですが、私たちが見て知っている晩年の父は、すごくセンスのある人でした。名人戦に復帰したときはすでに六十代の後半で、それまで十数年間も真剣勝負を指していなかったので『負けても構わぬが、年をとってるからと哀れみを受けるのは残念だから』 といって、手のツメに丹念に油をぬっていましたし、ファンから贈られた高価なラクダのシャツやズボン下なども、和服の上から見えるのをきらって、袖口や襟元、膝下などを切り取って着ていました。
 
また頭髪も『勝負師がシラガ頭ではみじめだ』 といって、一本もないよう心がけていましたし、肌もみがいて……それはおしゃれでした。ですから実際とは違う映画や芝居の 『王将』 はあんまり見たくありません」(吉田美代「一芸に秀でた風格を示す」潮一九七四年・八月号)
 
 

 - 人物研究 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(590)『世界が尊敬したグレート・マン』現代日本の指針となる2人―イチローと孫正義(上)『指針のない人間に成功の扉は開かれず、戦略のない国は亡びる」

日本リーダーパワー史(590)  『世界が尊敬したグレート・マン』現代日本の指針 …

images
日本リーダーパワー史(662) 戦後の大宰相『吉田茂の思い出』を田中角栄が語る。吉田の再軍備拒否のリーダーシップ 「憲法九条があるかぎり軍隊は持たない」 「メシを食うことにも大変な日本が軍隊を持てるわけがない」(動画あり)

日本リーダーパワー史(662) <来年は明治維新から150年。吉田茂没後5 …

no image
日本リーダーパワー史(386)児玉源太郎伝(8)川上、田村、児玉と歴代参謀総長はそろって日本救国のために殉職した。

 日本リーダーパワー史(386) 児玉源太郎伝(8) ①  5年後に明治維新(1 …

無題
ジョーク日本史・禅語は落語以上におもしろいー『仙厓(せんがい)はジョークの達人だよ」

  ★(好評につき再録)ジョーク日本史・禅語は落語以上に おもしろいー ー仙厓( …

no image
日本リーダーパワー史(253)川上操六(32)外伝・軍閥内反主流派―鳥尾・三浦・谷・曽我の4将軍―国際平和主義の主張

日本リーダーパワー史(253)  空前絶後の参謀総長・川上操六(32) 外伝・軍 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(81)記事再録/ ★『明治維新の元勲・大久保利通の性格は典型的な武士気質の「寡黙不言・決断断固実行型」★『ほとんど口をきかない。いつも葉巻タバコをふかし、全く寡黙で、周囲から恐れられた。』

 2016/11/09/ 日本リーダーパワー史(526) 西 …

no image
(再録)革命家・犬養毅ー大アジア主義者として孫文を助け、フィリピン、ベトナム、インドなどの独立運動家を支援した『アジアの父』①

犬養毅ー大アジア主義者として孫文を助け、フィリピン、ベトナム、インドなどの独立運 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ ニュース・ウオッチ(188)』●「とんがったことを」富士フイルム、76歳の変革者 富士フイルムHD会長兼CEO古森重隆氏に聞く』●『ソフトバンクが英ARM買収、過去最大規模3.3兆円IoT強化へ』●『「ポケモンGO」大ヒットに見る、ソニーが敵わない任天堂の強み』●『LINE上場で“1兆円企業”入りも課題は深刻な人材不足』

  『F国際ビジネスマンのワールド・ ニュース・ウオッチ(188)』 …

no image
日本興亡学入門⑩ 『企業利益よりも社会貢献する企業をめざせ』ー渋沢栄一、大原孫三郎、伊庭貞剛

日本興亡学入門 ⑩                 09年6月16日   &nb …

no image
NHK「花子とアン」の柳原白蓮事件(7)ー『憤怒の眦(まなじり)を決して伊藤伝右衛門氏下関で語る』「大阪朝日」

     NHK「花子とアン」のもう1人の主人公・ …