前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本稀人奇人列伝(37) 作家・中里介山、江戸川乱歩、横溝正史のなくて7クセ,変人ばかり

   

日本稀人奇人列伝(37)
作家・中里介山、江戸川乱歩、横溝正史のなくて7クセ
 
前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
 
山岡荘八『徳川家康』が完成するまでは、日本一の長編小説といわれた『大菩薩峠』の作者・中里介山(1885―1944)は独学で勉強し、文学を志し、新聞記者となって、後に小説家に転じた。
 
介山の家は貧しく、小学校卒業後、代用教員などしながら文学に専念した。介山の従兄は東京でりつぱな商売をしており、介山の文才を認めて「メカケを置いたと思って学費をみついでやるから、早稲田の文科でも入ったらどうか」とすすめた。一こく者の介山はこの言葉に憤がいして、「メカケを養うような不浄な金をもらって勉強したくはありません」とキッパリ断り、独学で勉強した。
 
介山は生涯、独身で通した。小説家として成功し、金はクサるほどあり、近づいてくる女性はたくさんいたが、「私は独身を通すように神様から定められた運命にある」と貫いた。
ある人が介山に「あなたは童貞ですか」と質問した。介山は「私は童貞ではないが、博愛主義者でもありません」と言い、独自の恋愛観を披露した。
 
 「放蕩なんかどんなにしてもよい。それは魂を傷つけることがないから。しかし、恋をしてはいかん。魂を傷つけるから…」と。
 
 昭和十二年、五十二歳の時、介山は突然、衆議院選挙に立候補した。憲政はふるわず、議会も政党も堕落している、と怒った介山はどの政党も頼らず、無所属で立候補した。
 推薦者は頭山満、尾崎行雄、大河内正敏らの当代一流の人物で、中里介山の人気も手伝って、演説会場はどこも超満員の人気であった。
 
 当時、遮挙に買収はつきものだったが、金が飛びかう、汚れた選挙、に反対の介山は原稿料収入など銀行に七十五万円もあるのに、ピタ一文使わずきれいな選挙を一人実行した。
 このため、わずか四千票しか取れず最下位で落選、自ら『楽仙居士』と銘打った漢詩を作った。
 
 ただし、演説内容はさすが国際情勢にも広く通じた卓見で、政党政治を鋭く批判し「五・一五事件のような大事件が再び起こる」と予言していたが、投票日の二月二十日からわずか一週間後に二・二六事件が勃発して、見事に的中した。
 
 戦時中、政府が文学者を国策に協力させるために組織した大日本文学報国会には宮本百合子、蔵原惟人、中野重治ら左翼系作家も軒並み参加した。『バスに乗りおくれまい』、『当局ににらまれたくない』という一心からだっけの臆病な便乗文学者が多い中で、毅然とと断ったのは中里介山一人であった。
 
 介山は参加辞退のハガキの中で
 「従来の文学者諸君とは著作精神を異にし、強いて人別すれば、文学者というよりは宗教者、あるいは百姓人というべき立場にありますので、出席は遠慮します」と。
 
 介山は孤高の中で、より所を民衆に求め、自分の仕事部屋の壁、天井などに読者からの手紙をベ夕べタはりつけて、自らを励まし孤独に耐えていたのである。
 
横溝正史は〝乗物恐怖症″だった
 
 『八つ墓村』『本陣殺人事件』など名探偵、金田一耕助シリーズで知られる推理作家・横溝正史(1902-1981)は強度の〝乗物恐怖症″だった。
 
汽車に乗ると、何ともいえない恐怖に襲われる。恐怖と孤独でじっと座っておれない。飛び降りたい衝動にかられ、飛び降りると死ぬ危険があるのはわかりきったころ。
 
 恐怖でがんじがらめになり、冷や汗を流しながら駅で降りてやっと安心する。この乗物恐怖症の発作にかかったのは昭和八年のこと。東京駅から汽車に乗り、千葉で発作から降りてしまった。旅館で一休みして、日本酒をラッパ飲みして、恐怖にちぢんだ心をやっと落ちつけた。
あとは酒を飲みつづけて、矢でも鉄砲でも持ってこいという、酔いの勢いをつけて再び汽車に乗って帰った。
 
戦後、小田急沿線の成城に住んでいたが、電車に乗ったのは六年間にたった二回だけ。それも奥さんのガッチリお供につき、恐怖心を鎮めるために、〇・九リットル入りの水筒に日本酒を入れ、肩からぶら下げていた。
しかも急行には絶対乗らない。各駅停車に乗る。これだと恐いと思いかけたころ、駅に入ると、すぐ飛び降りて何とか、症状も軽くてすむ。
 
横溝にはもう一つクセがあった。やたらと歩き回わるのである。
歩いていると、うれしくつらいことも忘れる。原稿の締切りが迫ってくると、このクセは一層ヒドクなった。
編集者がくると、一日待ってもらったのに正午すぎに家を出て、原稿が書けず、申し訳けないと思うと、余計に成城の家の回りをめった
やたらと歩き回り、深夜の十二時ごろまで帰ってこない。
 
一銭も持って行ってないので、家族は心配して、何度も警察へ捜索願を出すという騒ぎになった。横溝は結核で何度も大喀血した病人だったが、
こうした散歩グセで顔は真っ黒に日焼けしており、病人には全く見えなかった。
 
『日本の推理小説』の父江戸川乱歩は〝厭人病”だった
 
江戸川乱歩は〝厭人病〟(人間嫌い)、今でいう引きこもりだね。これがこうじて作品が書けなくなることがしばしばあった。
 
 昭和二年に平凡社から出版された「大衆文学全集」はよく売れ、中でも乱歩のものが圧倒的に売れ、多額の印税が入った。乱歩は下宿屋「線館」を手に入れ、この横に自宅を作り、二階を書斎にした。
 
 この書斎は一切窓がなく、昼間でも暗く寝室になっていたが、これもすぐ側の家からのぞかれる心配があり、乱歩は自己嫌悪にかられ、自分の作品が無性に恥ずかしく、岩屋でも閉じ込もってしまいたい心境からこんな設計になった。
しかし、世間では乱歩が高でも雨戸をしめ切って、ロウソクの光で執筆している変りものという伝説が生まれた。
 
乱歩が自己嫌悪から筆を折っている時、横溝が何度か代作したことがあった。「新青年」の編集長を横溝がしていた時、探偵小説特集を企画した。
 
ちょうど、この時、乱歩は休筆しており、京都を旅行中だった。横溝は京都の宿屋まで強引に押しかけ、二、三日ねばって無理やり乱歩を説得した。乱歩も仕方なく、約束した。
 
 「僕は1ヵ月ほど旅行するが、その間に書いて、帰りに名古屋の小酒井不木のところに寄って君に渡そう」
横溝は喜んで引き上げ、約束の日に小酒井のところに出かけたが、何と乱歩は書けなかったと頭を下げた。横溝は困り果てたあげく「それでは、私が今度の号に書いたものを、あなたの名前にしてもよいか」と切り出し、乱歩もしぶしぶそれを承諾した。
 
 横溝は締切りが過ぎてイライラしている編集部に、連絡して、やっと一息ついた。
 その晩。横溝は、乱歩と名古屋の旅館に泊った。寝ていた乱歩が夜中にむっくり起きてカバンの中から何かを出して便所へ行き、帰ってきてから、言った。
 
 「実は僕、書いていたんだ。しかし、自信がなかったので出しかねたんだ」
 「それじゃ、原稿を下さい。さっきの件は電話でとり消すから」と横溝は喜んだ。
 「ところが、今便所の中で破いて捨てて来た」と乱歩。
 
 この便所に捨てられ小説が後の乱歩の傑作といわれた『押絵と旅する男』であった。
 
 

 - 人物研究 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(921)-「売り家と唐模様で書く3代目」―『先進国の政治と比べると、日本は非常識な「世襲議員政治』★『頭にチョンマゲをつければ江戸時代を思わせる御殿様議員、若様議員、大名議員、お姫さま議員がまかり通る不思議な国『時代劇ガラパゴスジャパン政治』』

  「売り家と唐模様で書く3代目」―『総理大臣は8割が世襲総理、 4割 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ(82)』 ニューヨーク・タイムズ東京支局長の「錦織圭の躍進の秘密」を解く

       『F国 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(962)ー『2019年は『地政学的不況』の深刻化で「世界的不況」に突入するのか,米中貿易協議(3/1)の行方はどうなる!?』➀

世界/日本リーダーパワー史(962) 前坂俊之(ジャーナリスト) 2018年12 …

no image
日本リーダーパワー史(55) 海軍トップリーダー・山本五十六は国難にどう立ち向かったかーハワイ攻撃を立案した悲劇①

日本リーダーパワー史(55) 海軍トップリーダー・山本五十六は国難にどう立ち向か …

222222
『日露インテリジェンス戦争を制した天才参謀・明石元二郎大佐』 ロシア革命での情報活動①

  『日露インテリジェンス戦争を制した天才参謀・明石元二郎大佐』 -ロシア革命で …

no image
日本リーダーパワー史(853)ー『来年(2018年)には米朝開戦か、北朝鮮を核保有国と認めて 「核シェアリング」で核抑止するかーギリギリの選択を迫られる 』(上)

  『来年(2018年)には米朝開戦か、北朝鮮を核保有国と認めて 「核シェアリン …

ダウンロード
「知的巨人の百歳学」(145)―『世界史を変えた「真珠王.御木本幸(97歳)の長寿健康法」★『「ないないづくし」の三重県の田舎の海で、日本初代ベンチャービジネス王に輝いた御木本の独創力をエジソンも大絶賛。ノーベル賞級の大発明!』★『ミキモトパールの発明が20世紀・中東の「石油の世紀」きっかけとなった』

世界史を変えた「真珠王.御木本幸(97歳)の長寿健康法」   &nbs …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(160)記事再録/『北清事変(義和団の乱)で見せた日本軍のモラルの高さ、柴五郎の活躍が 『日英同盟』締結のきっかけになった』★『柴五郎小伝(続対支回顧録、1941年刊)』

    2018/08/15  増補版/ …

no image
(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★『ガラパゴス国家・日本敗戦史➀』150回連載の1回~15回まで』★『近衛文麿、東條英機の手先をつとめたのは誰か』●『「近衛内閣、東條内閣はどうして日米開戦に突入したか」』★『野田に決まった民主党総裁選の無惨、じり貧』★『(リーダーシップの欠如で2度あることは3度ある。 日本人の 精神的な構造欠陥!」』●『「 ロジスティックで敗れた太平洋戦争」『1千兆円の債務を抱いて10年後の展望は?」』●『大東亜戦争下の毎日新聞の言論抵抗・竹ヤリ事件の真相③ ―東條首相は「毎日」の廃刊を命令』

(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★ 『ガラパゴス国家・日本敗戦史➀』150 …

no image
『バガボンド』ー永井荷風のシングルライフの最期 ④乞食小屋同然の自宅タタミの上で孤独死しているのを発見(81歳)

  『バガボンド』(放浪者、漂泊者、さすらい人)ー永井荷風のシングルラ …