前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(227)<日本最強の山本権兵衛―全身これ肝。炯眼人を知りて、克く任じ、豪胆事に当りて、善く善ず』

      2015/01/01

日本リーダーパワー史(227)
 
    <坂の上の雲の真実―日本最強のリーダーはこの人>
 
●『山本権兵衛―全身これ肝。炯眼人を知りて、克く任じ、
豪胆事に当りて、善く善ず
 
 前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
山本伯の使命
 
英国海軍の大御所・フィッシャーは、ワンマン的の独裁者、弩級艦の創案者として、また絶対に人に頭をさげざる人としてあまりにも有名であった。-方、斎藤海相かって筆者に私語して、山本伯の剛情不敵は日本一だが 恐らくは世界1かも知れんと話された。  
              -
 この両雄の綱ひきが何れに勝が上かるかが、実に興味津々たるものがあった。
 山木伯は筆者に対し、かって微笑しながら、当時の話に触れられたことがあった。事柄は日英同盟条約改定に伴う軍事攻守協商にあった。
 
 伯の語る所によれば、英海陸軍の人でさえフィッシャーに対しては、寧ろ正面対談を避ける程度の遠慮であった。自分に対しては、累次会談の後、若干かぶとを脱いだ情況であった。それはフィッシャー元帥が、『自分は決して人に頭を下げたことはないが、例外として、閣下には一歩を譲る。これは日露戦争前後の閣下の業績、技量に対して敬意を表する』と育った云々。
 
 名外相エドワード・グレイは、当時、名声かくかくたるものであったが、山本伯とは、内外の外交の枢機に余程、打解けたる対話があった模様であった。
 
伯が、これから独帝に拝謁に行くと語られたところ、同外相は度々それは止めた方が良いと忠告した。なんとなれば、今日までドイツ帝王に謁した外交官、将帥等知名の士で一人として苦杯をなめない人はない。
 
それは、相手に対し決してロを開かせず、自分のみ横論、高義して、実に応対に悩むと話された。
山本伯はこれに対し、心配は無用、御親切は有難いが自分には相当の自信と考えがある。帰途委細御報告すると御礼を言ったと筆者に話された。
 
伯は、ドイツに入国、謁見前、人を避けて静かに半日静思黙考、方策を錬った。(加藤寛治提督談)
 
いよいよ謁見になると、伯の談論風発、漢文態の説話、水の流るるが如く息をもつかせず、流石のドイツ帝王も口を開かれる機会がなく、焦慮、興奮の状実に無限の興味があった。その上、通訳の任に当たられた井上大使の流暢な英語は明晰、天晴れで、そばで侍立、傍聴していて、実に胸のすくような快感を催した。(八代太郎大将の話、筆者の記僚による)
 
談話の内容はここに略するが、要は伯の壮時、ドイツ艦「ビネット」号乗艦中の思惑、同艦長モンツ伯に対する尊敬、感謝。自分の一生はドイツ海軍に負う所甚大なる点、さらに三十三年、北清事件(義和団事件)の際、独帝が「ワルデルセー」元帥派遣に対する感銘、謝辞などで、深くドイツ帝の心等線に触れ、その熱情に深い共鳴を誘致した結果のためであった。
 
従って、かかる好結果を来した所以は、単に伯のいわゆる押しが強かったためではなく、用意周到、緻密な相手の心理に訴える工夫準備があったためで、後日、ドイツ帝が、後に来訪した伊集院元帥に対し手『自分は今まで、山本伯のような偉人に接したことはない』と話されたことは、その実情を語るものである。
 
 
山梨勝之進
 
 ここに、長文本記述を終り、綜合的に筆者の所感を述べさせて頂けば、かっての懐しき光輝ある旧日本海軍に関し、談一度び之に及べば、山本伯を決して忘るることは出来ない。日清、日露戦役に関連し、その成敗得失を説くもの山本伯を挙げずんば決して真味に触れることは出来ない。
 
東郷元帥に、その演ぜし舞台と、衣裳、装具背景を準備完成、その演出を招請したのは、実に余人ならず山本伯であった。従って、伯の薨去後その功績を謳歌せる人、衆言一致皆伯の首功として、東郷元帥推挙任命の明断をへき頭に掲げざるはなかった。
                     -
 その気塊、勇断、明察、度量、緻密周到なる注意力、其包容性、恐らくは日本民族の誇りとして永遠に日本の歴史を飾るだろう。従って将来また形は変っても、精神に於ては、之を模範として継承、伝奏せる偉人名士の多数輩出我が自家民族に貢献し、及んで世界の平和幸福に資することあらんと祈り願うものである。
次に伯薨去の後、哀悼の意を表せられたる言論の中、代表的のもの二三を摘記して筆を措く。
 
上村彦之丞大将
 
 山本伯を近代の偉傑にて、較べて考うれば西郷隆盛の人物の偉きところへ、大久保利通の器量の勝ぐれたる所を捏ね合せたようなもの乎、実に偉らい人物が出来たものと思う。
二、伊藤博文公
 山本伯の人を見るの明は、予の先輩、木戸、大久保両公も三舎を避けん、東郷元帥推挙の如き最大の実例なり。(凱旋式の時山本伯列席の所にて)
 これほ、明治天皇に申上げられたる辞と略々-致す。
 
海軍中将 武田秀雄
 
 山本伯は近代日本の偉材中最大の偉傑である。三十七、八年戦役の初期、ブラジル公使館附武官が、日本海軍の発達と進歩が列官の驚異とする所である。わずか数年にしてかくの如きは、真に稀れに見るところ、如何なる方針を持たれたのであるか、後学の為ための御高教を承り度いと質問せしに(武田中将通訳)伯は、ただ人材養成に専任したるに他ならぬ。人材があれば、艦船砲機が付随して出来る。これ以外に秘訣はない云々。
 伯の最も私淑せられる近代の偉人は、誰れですかと自分(武田が質問せるに対し、往時は、大西郷に心酔した。今であったらそれ程は思わないかも知れぬ。西都従道侯は実に寛仁宏量最大度の方で、よくあらゆる人を容れられたその点で稀れに見る方と思う。伊藤公は、公平無私偉大な存在であった。
 
徳富蘇峰の「日日だより」抜すい
 
 海相としては、飽和点以上であった。首相としての山本伯はその経綸を施す程の時の機会を得ずして止んだ。伯は中外l切の事、悉く一種の山本流儀を以って貫徹した。他に雷同せず妥協しなかった。しかも、君国に酬ゆる志に至りてほ、何人もこれを疑うものは無かった。しかも伯の家庭及親族生活は、実に日本本来の美を宿したものであった。伯の内臓には実に美にして、且つ温なる情趣が湧出する泉源であった云々。

 - 人物研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
●★5『 京都古寺巡礼のぶらり旅!』『秀吉ゆかりの「京都醍醐寺」全動画案内30分(9/3)』―わが 『古寺巡礼』で深く感動した古刹、庭園です②』 金堂、不動堂、祖師堂ななどゆっくり散歩

 『 京都古寺巡礼のぶらり旅!』 『秀吉ゆかりの「京都醍醐寺」全動画案内30分』 …

no image
新刊『伊藤博文直話』(新人物往来社編) 新人物文庫(2010年4月刊)を刊行しました。政治家必読の教科書じゃ

暗殺直前まで語り下ろした幕末明治回顧録 新刊『伊藤博文直話』(新人物往来社編)  …

no image
100周年を迎えたシャープは存亡の危機にたつー創業者・早川徳次の逆境・逆転・成功人生に帰れ「ピンチの後はチャンスが来る」

シャープ創業者・早川徳次の逆境・逆転・成功人生             …

no image
 ★『2018年は明治150年』- (記事再録)明治偉人の研究』『西郷どん』の『読める化』チャンネル ④』 ◎『金も名誉も命もいらぬ人でなければ天下の偉業は達成できぬ』●『坂本龍馬は「西郷は馬鹿である。大馬鹿である。 小さくたたけば小さく鳴り、大きくたたけば大きく鳴る]と。』●『一個の野人・西郷吉之助を中心とし、一万五千の子弟が身命を賭して 蹶起し、そのうち9千人までも枕を並べて討死するとは、じつに 天下の壮観であります。』 『情においては女みたいな人ですからね』(大久保の西郷評)』★『江戸城無血開城を実現した西郷 隆盛、勝海舟のウルトラリーダーシップ(大度量)』

   ★『2018年は明治150年。明治偉人の研究』- 『西郷どん』の …

no image
記事再録/ 百歳学入門(83)ー「少子超高齢社会」は「青少年残酷・老害社会」にしてはいけないー横井也有の<250年前の江戸の老人8歌仙と老害>で自戒する

 2013/10/15/ 百歳学入門(83)   …

no image
日本リーダーパワー史(202)「第3の敗戦、この国難を突破できるリーダーは革命政治家・橋下徹以外にはいない』

日本リーダーパワー史(202) 「第3の敗戦、この国難を突破できるリーダーは革命 …

no image
日本リーダーパワー史(81)辛亥革命百年(17)孫文と宮崎 滔天の出会いの瞬間<「三十三の夢」より>

日本リーダーパワー史(81) 辛亥革命百年(17)孫文と宮崎 滔天の出会いの瞬間 …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史⑾」『高杉晋作の大胆力、突破力③』★『「およそ英雄というものは、変なき時は、非人乞食となってかくれ、変ある時に及んで、竜のごとくに振舞わねばならない」』★『自分どもは、とかく平生、つまらぬことに、何の気もなく困ったという癖がある、あれはよろしくない、いかなる難局に処しても、必ず、窮すれば通ずで、どうにかなるもんだ。困るなどということはあるものでない』

  「弱ったな、拙者は、人の師たる器ではない」   「それならいたし方ござりませ …

no image
日本リーダーパワー史(702) 日中韓150年史の真実(8)山県有朋首相は『国家独立の道は、主権線(日本領土)を守るほかに利益線(朝鮮半島)を防護すること」と第一回議会で演説したが、これは当時の国際法で認められていた国防概念でオーストリアの国家学者・シュタインの「軍事意見書」のコピーであった。

日本リーダーパワー史(702) 日中韓150年史の真実(8) 「福沢諭吉の「日中 …

no image
国際ジャーナリスト・近藤健氏が<2016年アメリカ大統領選挙>について語る≪60分ビデオ)

  近藤健氏は元毎日新聞ワシントン支局長・外信部長・元国際基督教大学教 …