前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(245)尾崎咢堂の「宰相の資格(6)『宰相に最も必要なのは徳義。智慧・分別・学問は徳で使われる」

   

 日本リーダーパワー史(245)
 
<日本議会政治の父・尾崎咢堂語る「宰相の資格」(6)

―150年かわらぬ日本の宰相の欠点とは―
 
宰相、リーダーに最も必要なものは徳義である。智慧や、分別や、
学問は、徳によって使われるべきものである。それらは道具であ
ってこれを使って行くものは、その人の性格、徳義である。
 
                                                                     前坂俊之(ジャーナリスト)
 
 
<日本の宰相、リーダーの必要条件とはなにか>
       総理大臣の資格として、包容、統御・調和の三能力が必要である
②         ②  智慧や分別は高の知れたもの、ただ徳望のみが.数万人を動かす力をもっている。力や腕だけでは敵を服従させることは出来ない。人の上に立つ者は人を使うのであるから、己の腕よりも、他人の腕を使わせる考えをもたねばならぬ。
高い地位には、腕や智慧をもって小仕事をする人間をすえてはならない。
腕や智慧はドロボウも持っている。同じ智慧でも、ドロボウが使えば社会の害をなし、徳のある君子が使えば、国家の用を為す
⑥       。宰相、リーダーは腕や仕事をやる能力がなくてもよい。実力、能力、仕事のできるものを使いこなす徳と人格があればよい。それこそ大切なのである。

<以下は尾崎行雄著『日本をどうする』(昭和12年=1937年刊)より>    

 
  宰相に最も必要なリーダーシップとは徳義である
 
総理大臣の資格として、包容、統御・調和の三能力が必要であることを述べたが、更に一層必要なものは徳望である。智慧や分別は幾らあっても高の知れたもので、ただ徳望のみが.数万人を動かす力をもっている。
 
ところが、近来不思議なことには、一般に腕とか力とかいうものばかりに重きを置いて、徳義に向って、カの入れ方が足りない。あの人は偉くないとかいう、その標準は、何かと尋ねると、腕があるとか無いとかいう事になる。腕だけでは敵を服従させることは出来ない。
特に、人の上に立つ者は人を使うのであるから、己の腕よりか、他人の腕を使わせる考えをもってその性格を養成して行かなければならぬ。それは主として徳である。一国の政治家などについても無論その通りである。
 
<以下は重要な歴史的な事実である。今でも大いに参考とすべきである>
 
太政大臣は才と学と徳、この三つを備えなければ、その位につく事は許されぬものと、わが国の昔の制度では決まっていた。
 これは中国の唐の制度を輸入したものであるが、この三つを備えた者が何れの世にもあるとはきまってはおらぬ。有る事もあるが、ない事も多い。
 故に「その人無ければ即ち欠く」と云ってある時代には太政大臣を置かない、位は設けて置くけれども、人を任命しないのである。今のやり方よりは制度上においてもよいやり方である。

 こういう高い地位には、腕や智慧をもって小仕事をする人間をすえてはよろしくない。仕事は次官以下の小役人にさせ、大臣たるものは、その上に立って、何も働かないでよいから国家の危急存亡のときに万民をして、安心してその業務に就かしめるようにすべきである。

今日に至るまで、汚職事件等が起るたびごとに、世間は大きく騒いだ。人心驚々としてさわぐ。何故騒ぐか、どうも上の方の取しまりをなすべき者が怪しいと思うから騒ぐ。これに反して取締りをなすべき者は必ず取締るに違いない。悪人は必ず罰せられ、善人は必ず賞せられるに違いないと世間が皆、思って居れば、如何なる事が起らうとも世間は騒がない。

裁判所に委せて置けば立派に裁きがつくと思うから、たとへ煽動者があって、如何に煽動しても何の騒ぎも起るはずはない。唯その位にいる者が、不幸にして、何だかそういう事には眞つ先に関係しそうに見えるから世間は騒ぐのである。査問委員会を設けても、それは怪しい。裁判所が独立していても、これも安心ならぬというようなことを考るからである。
       
学問は徳によって使われる

かりに、乃木大将の如き徳望ある人が、総理大臣の地位にあったと、想像して見よ。そしてある汚職事件が起ったとしても、これは大変だ、乃木が怪しい、といって騒ぎ立てる者はあるまい。巨万のワイロを取った者があっても「乃木がいる以上は、必ず立派に調べて、公平なる処分をするに違いない」というて皆、安心しているに違いない。
 
しかし上に立つ人が違うと、大騒ぎになる。即ち高き地位に居る人は、徳を主とせねばならぬ、という事を忘れて、腕や智慧の方を働かせるために、治まらないのである。

 腕や智慧は、スリも持っている。智慧がなければ、スリも泥棒も出来ない。同じ智慧でも、スリが使えば、その智慧は世間の害をなし、徳のある君子が使えば、国家の用を為す、丁度一つの刀でも、強盗が握れば、人殺しに使うが、忠臣義士が用いれは、これを以て君を守り、国を安んずるようになるわけである。

然るに、その危瞼な智慧や働きを大層、大切に考へて、これをよく駆使すべき道徳を軽くみるというのは、最も大切なものを忘れて比較的、大切でないものを重んずることである。手腕がなければいかぬとか、働きがなければいかねとかいうことが、当世の流行語になっているのは、まことに悲しむべきことである。

 智慧や、分別や、学問の如きは、徳によりて使われるべきものである。それらは寧ろ道具であってこれを使って行くものは、その人の性格、徳義である。

 - 人物研究 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
知的巨人の百歳学(129)ー大宰相・吉田茂(89歳)の政治健康法②「こんな面白くない<商売>をしていて、酒やタバコをとめられるか」

記事再録2013/11/05 /百歳学入門(84) 大宰相・吉田茂(89歳)の晩 …

no image
人気記事再録/日本リーダーパワー史(199)『100年前の日本―「ニューヨーク・タイムズ」が報道した大正天皇―神にして人間、神格化』(上)

    2011/10/16 &nbsp …

no image
★『明治裏面史』/ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー, リスク管理 ,インテリジェンス(52)『宇都宮太郎は、思想的には大アジア主義を唱えていた。』★『孫文や黄興ら中国革命家たちを支援した犬養木堂、頭山満ら玄洋社の支援グループの一人だった』★『『辛亥革命百年の真実』『孫文を助けた大アジア主義者・犬養毅らの熱血支援』

                                 ★『明治裏面史 …

no image
記事再録/2008年3月15日/『藤田嗣治とパリの女たち』①「最初の結婚は美術教師・鴇田登美子、2度目は「モンパルナスの大姉御」のフェルナンド・バレー、3度目は「ユキ」と名づけた美しく繊細な21歳のリュシー・バドゥ』★『夜は『エ・コールド・パリ』の仲間たちと乱ちきパーティーで「フーフー(お調子者)」といわれたほど奇行乱行をしながら、昼間は、毎日14時間以上もキャンバスと格闘していた

    2008年3月15日 藤田嗣治とパリの女たち     …

no image
日本リーダーパワー史(464)「西郷隆盛」論⑤西南戦争では1万5千中、9千人の子弟が枕を並べて殉死した天下の壮観(中野正剛)

 日本リーダーパワー史(464) 「敬天愛人」民主的革命家としての「西 …

images
日本リーダーパワー史(668)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(50)●「明治4年の岩倉使節団の『政府首脳の大半が国外にでる壮挙』この知的探求心、国家改造力、ベンチャー精神こそが『明治の奇跡』を生んだ。

  日本リーダーパワー史(668) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(50)  …

no image
 日本リーダーパワー史(785)「国難日本史の復習問題」 「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス②『最強の外交力で日英米の協力でロシアとの外交決戦を制する

   日本リーダーパワー史(785) 「日本史の復習問題」 「日清、日露戦争に勝 …

no image
知的巨人の百歳学(132)-『石油王・出光佐三(95)の国難突破力/最強のリーダーシップ/晩年長寿力』②『日章丸事件で石油メジャーに逆転勝利した最強のリーダーシップ』

  2018月1日記事再録/日本リーダーパワー史(180)   <国難 …

no image
日本リーダーパワー史(402)●『原発廃炉国難に当たり<原発ゼロ>にリーダーパワーを発揮できるのは小泉元首相しかない

    日本リーダーパワー史(402) …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(136)ー10月に『電子書籍 Kindle版』の新刊を出しました。★『トランプ対習近平: 貿易・テクノ・5G戦争 (22世紀アート) Kindle版』

10月に『電子書籍 Kindle版』の新刊を出しました。★『トランプ対習近平: …