前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(336)『橋下・大阪維新の会は坂本竜馬より、高杉晋作の『奇兵隊』に見習えー機略縦横・大胆不敵な

   

日本リーダーパワー史(336)
 
●『橋下・大阪維新の会は坂本竜馬よりも、高杉晋作の
『奇兵隊』に見習え。来年(2013年)は「奇兵隊創設から
150年、明治維新は吉田松陰の開国思想と、
その実行部隊長の「高杉奇兵隊」(伊藤博文、
山県有朋も部下)によって、実現したのである」
☆『機略縦横・大胆不敵な高杉晋作の突破力①』

 
 
            前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
今年は高杉晋作の奇兵隊創設から150年。

明治維新に火をつけたのは吉田松陰の開国思想だが、その一番弟子・高杉の奇兵隊による破天荒な行動力、獅子奮迅の活躍がなければ倒幕、明治維新革命は実現しなかったに違いない。英国外交官アーネスト/サトウは高杉を「魔王」とまで評したが、多事多難の今こそ、高杉のような国難突破力のあるリーダーが待望される。

 
高杉晋作は18才で安政4年(1857)に1吉田松陰の「松下村塾」に入門、久坂玄瑞と双璧とうたわれた。松陰は久坂の<才>に対し,高杉の<識>を愛した。その松蔭は禁を冒してペリーの黒船(安政元年1854年)に米国密航を嘆願したが、安政の大獄で同6年10月に処刑される。高杉は松陰に献身的に尽くして最期を見届けて、その戦闘的精神を受け継いだ。
文久2年(1862)5月に同藩の許可で上海に渡った。そこで目にしたのは西欧人から人間扱いされていない中国植民地の惨状で「シナ人はほとんど外国人の使用人。日本もこのような運命に見舞われてはいけない」(上海日記)と危機感を募らせた。この時、中国での太平天国の乱で身分や職業に関係ない国民軍が活躍していたことに奇兵隊のヒントをつかんだ。
幕末動乱は一層激化し、長州藩や全国各藩で攘夷、尊王攘夷、開国派の各派が入り乱れて外国人襲撃、テロ、連発の内戦状態に突入する。高杉は伊藤博文らとともに御殿山の「英国公使館」焼打ち事件(同12月)を起こし、剃髪するなど過激な行動を繰り返した。
文治4年7月、西欧連合艦隊(英米仏蘭)19隻と長州藩の間で下関戦争が勃発する。高杉の農漁民、町人らを加えた奇兵隊(約二千人)が応戦したが、わずか1日で完敗する。この時、獄にいた『エース高杉』が復活し講和交渉役に担ぎだされる。
 
敵艦上での会談に高杉は黒の烏帽子に黄白のド派手な衣服で現れ、「まるで魔王のように倣然と構えて」(イギリス通訳のアーネストサトウの日記)度肝を抜いた。
 
連合軍側の賠償請求は「幕府の責任だ」とはねつけ、彦島租借も断固拒否した。あまりの高杉の強硬姿勢ぶりに連合軍は姫島租借をあきらめたほどタフネゴシェータぶりを発揮した。
 
同じ奇兵隊の一員で、高杉に愛された伊藤、山県の先輩の三浦梧楼は
「観樹将軍縦横談」{大正13年、実業の日本社}の中で、「高杉の機知」と
題してこう語っている。
 
 高杉晋作という人は、まったく偉人であったよ。我輩がこれまで偉い人だと思ったのは、この高杉一人だ。実に目先の早い、機敏な人で、臨機応変、奇智湧くがごとくであった。
 
 長州で専制の改革、人材の抜擢を断行したのは、皆この高杉であった。門閥(派閥、学閥、政治家の世襲、今の2世3世議員と同じ)のものは役に立たぬ。これからは人材でなけねばならぬ。百姓でも、町人でも人材ならば皆抜擢するというやり方だ。伊藤博文も、井上馨も、山県有朋も、皆二人扶持四石(貧乏下級武士)、品川弥二郎も、島尾小弥太も同断、我輩の家は、三人扶持五石(貧乏下級武士)という小禄であったが、これらを抜擢したのは、みな高杉であった。
 
この藩制改革、人材抜擢ということは、実際他藩よりもよほど早かったものだ。
 
撰夷は手段であって、真の目的ではないのだ。開国のやむを得ざることは、高杉もちゃんと知っておる。これからの人間は、英語を知っておらねば駄目だといって、遠藤謹助が英国から帰って来たのを幸い、馬関に英語学校、というほどてもないが、とにかく英語を教授する所を設け、我輩や、鳥尾や、それに土佐から来ておった田中光顕、中島信行などに習わせられたものだ。真剣に勉強したものは、それからのちのものであって、我輩などはろくに習いはしなかったがね。
 
我輩は高杉には随分可愛がられたものだ。その時分から、山県とはよく衝突したものだが、
 「狂介(山県)ごときを眼中において、どうなるものか」
とよく言われたものだ。我輩はなかなかの負けずざらいで、剣術をやれば、人の肩を叩く、槍を使えば、足を突く、ただ勝ちさえすればよいというふうであったが、高杉は、
 「人は愚を学ばねばならぬ」
と能く教えられたものだ。どうもその意味がよくわからなかったが、四十を越してやっと解せたよ。
 
 当時、顔其卿の書を学ぶものが多かったが、高杉は専ら竹田の書を学んだものだ。あれでなかなか風流のところがあった。
 高杉は慶応三年四月、二十九歳で、馬関で死んだ。その病気の重くなった時、我輩はときどき渓間の梅の花など手折って見舞にいったものだ。ある時、その枕頭に盆栽の松があって、それに雪がいっぱいかかっておる。雪も降らぬに、どうしたことかと思ったが、高杉は、
 
「今見舞に越の雪をもらったが、もうとても雪の景色は見られまいと思うから、それをこの通りふりかけて眺めておる」と言われた。あの人の半面には、こうした風流の心があった。
 
大西郷は偉いというが、高杉はだんがちがう。大西郷には所作がない。ただぼーっとしておるだけだが、高杉は機略縦横、ゆくとして可ならざるはなしという人である。
高杉はしばらく筑前に潜伏しておった関係から、あの国では、長州よりも造かに評判がよいくらいであったよ。
 
 

 - 人物研究 , , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
★人気記事再録『国葬にされた人びと』(元老たちの葬儀)『伊藤博文、大山厳、山県有朋、松方正義、東郷平八郎、西園寺公望、山本五十六、吉田茂の国葬はどのように行われたか』

『国葬にされた人びと』・・元老たちの葬儀 <別冊歴史読本特別増刊『ご臨終』200 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(5)記事再録/日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑤ 『1888年(明治21)、優勝劣敗の世界に立って、日本は独立を 遂げることが出来るか』―末広鉄腸の『インテリジェンス』① < 各国の興亡は第1は金力の競争、第2は兵力の競争、 第3は勉強力の競争、第4は智識の競争であります>

  2015/11/23  日本リーダー …

no image
★『地球の未来/明日の世界どうなる』< 東アジア・メルトダウン(1072)>★『北朝鮮の暴発による第2次朝鮮核戦争の危機高まる②』★『プーチン大統領は、北朝鮮の核ミサイルの危機が、大量の犠牲者を伴う「世界的な大惨事」に発展する』●『関係各国の「軍事ヒステリー」にも警告し、危機を解決する唯一の方法は外交によるとも語った。』★『金正恩暴走の影にロシアの支援あり、プーチンはなぜ北を守るのか』

★『地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(1072 …

no image
日本リーダーパワー史(459)「敬天愛人ー民主的革命家としての「西郷隆盛」論ー中野正剛(「戦時宰相論」の講演録①

 日本リーダーパワー史(459) 「敬天愛人ー民主的革命家としての「西 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(45)『来年(2017)はアジア大乱、日米中の衝突はあるか」●『120年前の日清戦争の真相ー張り子トラの中国軍の虚像を暴露』(中)『日清戦争は偶発的な豊島沖海戦から始まった。』●『「高陞号」を撃沈した『浪速』艦長は東郷平八郎大佐であった  』●『「東郷平八郎の撃沈は正当」―ロンドン・タイムスの一声に鎮まる』

日中北朝鮮150年戦争史(45)   宮古沖で日本を挑発する中国の狙い …

1111
元国連事務次長・明石康氏が「終戦70年を語る」シリーズで「変貌する国際社会と日本の役割」をテーマに日本記者クラブで講演、記者会見動画(2/3,90分)

●<日本記者クラブ主催の「終戦70年、語る,問うシリーズ」の一環として 元国連事 …

no image
明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑨』★『16、17世紀の明時代以降の中国と西欧列強のポルトガル、オランダ、イギリスとの貿易関係はどのようなものだったのか』★『現在中国の貿易ルールのルーツを知る上で大変参考になる』

 明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑨』 支那の対外貿易の原則 矢 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(968)―『今年6月はG20が大阪で開かれるなど安倍地球儀外交の総決算の年となる』★『安倍首相にとって恫喝、強圧外交のこわもてのトランプ氏、プーチン氏、習近平国家主席、金正恩委員長との外交決戦を迎える』

世界/日本リーダーパワー史(968) 今年は安倍外交の総決算の年となる 1853 …

no image
『日米戦争の敗北を予言した反軍大佐/水野広徳③』-『その後半生は軍事評論家、ジャーナリストとして「日米戦わば、日本は必ず敗れる」と日米非戦論を主張、軍縮を、軍部大臣開放論を唱えるた』★『太平洋戦争中は執筆禁止、疎開、1945年10月に71歳で死亡』★『世にこびず人におもねらず、我は、わが正しと思ふ道を歩まん』

日米戦争の敗北を予言した反軍大佐、ジャーナリスト・水野広徳③  &nb …

no image
知的巨人の百歳学(138)-『六十,七十/ボーっと生きてんじゃねーよ(炸裂!)」九十、百歳・天才老人の勉強法を見習えよじゃ、大喝!』-儒学者・佐藤一斎(86歳)の『少(しよう)にして学べば、則(すなわ)ち 壮にして為(な)すこと有り。 壮(そう)にして学べば、則ち老いて衰えず。 老(お)いて学べば、則ち死して朽ちず』

  2018/04/11    …