前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(412 )『財政改革の巨人・山田方谷から学ぶ』<歴史読本(2012年8月号)に掲載>

   

  日本リーダーパワー史(412 

『財政改革の巨人・山田方谷から学ぶ』

<歴史読本(20128月号)に掲載>

 

前坂俊之(静岡県立大学名誉教授)

 

 

〔大借金に立ち向かった陽明学者〕

 

 財政危機のまっただなかにあるギリシャ以上に、世界最悪のおよそ一千兆円もの大借金をかかえた日本財政は、破綻寸前にある。そんないまこそ、幕末維新期に備中松山藩(岡山県内)の危機的な財政を救った陽明学者、山田方谷の財政改革の手腕に学ばなくてはならない。

 

 山田方谷は、文化二年(一八〇五)二月、備中松山藩領の阿賀郡西方村(現在の岡山県高梁市中井町)で生まれた。

 父五郎吉は長百姓(庄屋・名主の補佐役)で、「労働は朝四時より夜十二時」 「衣類は木綿に限る」「食事は雑炊、麦飯」 「読書百遍」 など、きびしい家訓のもとで育てられ、三歳で読み書きをはじめ、神童とうたわれた。十五歳のとき、父母を相次いで亡くし、十六歳で家業を継いだ。

 家業のかたわら学問に励んでいた方谷は、二十五歳で藩主に才能を見込まれて名字帯刀を許される。そして二十九歳のときには、当時の江戸で儒者、陽明学者。『言志四録』 で知られる佐藤一斎に入門し、その塾頭になった。この間に、後の財政改革の基礎となる理財論をまとめあげた。

            

 嘉永二年(一八四九)、板倉勝清(桑名藩主の八男) があらたに藩主となった。当時の備中松山藩(五万石)の財政は火の車で、実際には二万石しかないところに浪費と乱脈経理、粉飾決算がたたって借金は十万両(約六〇〇億円) にも膨れあがり、破産寸前だった。

方谷は藩主から藩政改革のため元締役・吟味役・郡奉行を任命された。今の大蔵大臣の役割に、警察、裁判の権利も含めた全面委任である。

 

〔知行合一の財政改革〕

 

 勝静は重役会議で藩政改革の大号令を発し、方谷に反対する者は厳罰に処すと厳命した。方谷は 「嘘をつかない」「約束はかならず守る」「情報を公開する」「上の者がまず身をただす」「誠意と思いやりで改革にあたる」との基本方針を示し、それまで学んできた実践を重んずる陽明学の「知行合二 の精神で財政改革を実行した。そのおもな内容をまとめると次のようになる。

 

①「響宴贈答の禁止」「絹布使用の禁止」「上下節約」など九つの倹約令。

②三年の間に約一万一八〇〇両分の藩札を河原で焼却し、領民の目の前で処分。インフレ退治のうえで負債整理をし、藩札を刷新した。

③藩内で砂鉄の産出場所を発見。その採掘と製鉄を藩の直轄事業にして、刃物・鍋釜、鍬などを生産、

 「備中鍬」(ぴつちゆうぐわ) のヒット商品をつくるなど新規産業を興した。

④汚職と賢沢を追放し、倉庫を設け穀物を備蓄して飢饉に備えた。また、目安箱を設け、方谷自らの家計出納を公開し、財政返済計画についても情報公開して、藩民の信頼を得た。

⑤文武を奨励し、多くの藩校や寺子屋を設け教育制度を充実させた。方谷に学びにきた河井継之助(越後長岡藩)はその教育水準の高さに驚いた。

⑥農民も加えた農兵制を創設、猟師らを集めて銃隊を編成するなどの軍制改革を実施した。高杉晋作の「奇兵隊」はこれを見習ったといわれる。

 こうして七年後には、十万両の借金をすべて返済したうえ、さらに十万両の貯蓄を実現した。

 

〔世界の経済理論の先をいく〕

 

 内村鑑三著『代表的日本人』 の翻訳本を読んだケネディー米大統領が尊敬したと伝えられる財政再建の名君、上杉鷹山は、五十五年をかけて米沢藩(十五万石)の借金二十万両を返済した。

備中松山藩は小藩とはいえ、わずか七年で借金十万両を返還し、そのうえ十万両の蓄財を成したことは、「雲中の飛竜」 と評された山田方谷の手腕がいかに優れていたかを示している。

方谷は、二十世紀最大の経済学者といわれるケインズの「有効需要創出理論」(不況時は公共投資を増やし、金利を下げ、減税する)を八十年以上も前に実行して、財政再建に成功したのである。

 

 文久元年(一八六一)、藩主勝静は幕府の老中に任ぜられ、方谷もともに上京し、大政奉還の奏上文の原案を書いたり、攻めてきた官軍に対して主君勝静を抑えて備中松山城の無血開場を実現した。

 

 維新後に新政府は方谷の腕を見込んで大蔵大臣への就任を要請したが、老齢を理由に断っている。明治十年(一八七七年)六月、炎の陽明学者山田方谷は七十二歳で亡くなった。

 

 

 

 

◎<山田方谷>

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E7%94%B0%E6%96%B9%E8%B0%B7

 

○<山田方谷について>
http://www.city.takahashi.okayama.jp/site/koryukan/yamadahokoku.html

 

●山田方谷名言BOT

https://twitter.com/hokokubot

 - 人物研究 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(324)「坂の上の雲」の真の主人公「日本を救った男」-空前絶後の参謀総長・川上操六(42)

日本リーダーパワー史(324) 「坂の上の雲」の真の主人公「日本を救った男」&# …

no image
百歳学入門(191)『京都清水寺の貫主・大西良慶(107歳)』★『人生は諸行無常や。いつまでも若いと思うてると大まちがい。年寄りとは意見が合わんというてる間に、自分自身がその年寄りになるのじゃ』

 百歳学入門(191) 人生は諸行無常や。いつまでも若いと思うてると大まちがい。 …

no image
日本メルトダウン( 980)『トランプ米大統領の波紋!?』★『トランプ氏、日本などの核兵器保有容認発言「言ったことない」』●『世界一の気前よさ米軍駐留経費負担――他の米同盟国26カ国分より多い』●『トランプとスティーブ・ジョブズの意外な共通点』★『「FBがトランプ勝利に貢献」、相次ぐ批判にCEOが反論』★『クリントン支援に奔走したセレブたちと、沈黙を貫いた世界一の歌姫』★『トランプ大統領の「安保タダ乗り論」にどう対処すべきか』★『たぶん誕生するトランプ大統領が日本経済を危機に陥れる』★『「トランプ現象」と「橋下徹ブーム」を比較する』★『トランプの勝因は「比喩力」、忘れられない言葉が人を動かす』

    日本メルトダウン( 980) —トランプ米大統領の波紋!? …

no image
日本風狂人伝⑫ 稲垣足穂-「アル中、幻想、奇行、A感覚V感覚、天体嗜好・・」・

日本風狂人伝⑫             2009,7,02   稲垣足 …

51RP95qKN7L._SX337_BO1,204,203,200_
『リーダーシップの世界日本近現代史』(281)★『空前絶後の名将・川上操六陸軍参謀総長(27)『イギリス情報部の父』ウォルシンガムと比肩する『日本インテリジェンスの父』

2011/06/29/   日本リーダーパワー史( …

no image
「花子とアン」のもう1人の主人公・柳原白蓮事件(1)その全体的な真実を当時の新聞、資料のままで紹介する。

   「花子とアン」のもう1人の主人公・柳原白蓮事件(1) …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(654) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(47) 「川上操六のインテリジェンスー 日清戦争後、野党の河野盤州領袖を説得して、 陸軍6個師団増強に協力させた驚異の説得力」

日本リーダーパワー史(654) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(47)   …

no image
再録/百歳学入門(11)<日本超々高齢社会>の過去とは・<明治から1945年(昭和20)までは、人生90歳時代の現在とは真逆で、人生わずか50年だった日本>

    2010/01/26 &nbsp …

no image
日本リーダーパワー史(576)昭和戦後宰相最大の怪物・田中角栄の功罪ー「日本列島改造論』で日本を興し、 金権政治で日本をつぶした

   日本リーダーパワー史(576) 昭和戦後宰相列伝の最大の怪物・田 …

no image
日本リーダーパワー史(249)<道州制導入の橋下維新党は竜馬よりも西郷隆盛の超リーダーシップを見習え②

日本リーダーパワー史(249)   <道州制導入の橋下維新党は竜 …