前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(633)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(26) 『川上操六参謀次長の田村怡与造の抜擢①<田村と森鴎外にクラウゼヴィッツ兵書の研究を命じた。これが日露戦争の勝利の秘訣となった>

      2015/12/31

 日本リーダーパワー史(633)

日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(26)  

 『川上操六参謀次長の田村怡与造の抜擢①

<田村と森鴎外にクラウゼヴィッツ兵書の研究を命じたー

これが日露戦争の勝利の秘訣となった>

        前坂俊之(ジャーナリスト)

今回は川上の派閥、門閥に一切関係なく広く各分野から人材抜擢,登用をした中でも、自らの後継者にいち早く任じた田村怡与造についてふれる。

川上が参謀次長になるや、陸軍の俊才・精鋭はほとんど奉げて参謀本部に網羅し、参謀本部は多士済々、人才は雲のごとくの観があった。そして、周密な情報網をアジア各地に構築していった。当時、参謀本部の第一局長には、陸軍大佐寺内正毅

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BA%E5%86%85%E6%AD%A3%E6%AF%85

あり、その下に田村怡与造(たむらいよぞう)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E6%9D%91%E6%80%A1%E4%B8%8E%E9%80%A0

東條英数(とうじょうひでのり)

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/3252.html

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/2445.html がおり、

山根武亮

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%A0%B9%E6%AD%A6%E4%BA%AE

のような諸佐官があった。

第二局長には陸軍大佐高橋維則あり、

PDF]情 報 と い う 言 葉 を 尋 ね て (1)

www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/90001558.pdf

1873年に兵学寮の高橋維則が『佛國陣中軌典』を訳出. したが,その後1875年になって,フランスで新式の歩兵陣中要務が刊行された.陸軍省の官房御用であった酒.井忠恕はたまたまその本を読んで,これが陸軍にとって. 緊要で,かつ不可欠な教典である ・・・

宇都宮太郎

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E9%83%BD%E5%AE%AE%E5%A4%AA%E9%83%8E

らの諸尉官があった。

これらの俊秀、人才を総括し統御するには川上のような名将軍を以てする以外になかったであろうと書かれている。当時の参謀本部が隠然として一長城をなしていたのは決して偶然ではなかった。(徳富蘇峰『陸軍大将川上操六伝』)

  •  川上が1年半にわたってドイツ・モルトケに弟子入りして、ドイツ参謀本部を徹底して学んだことは既述した。

モルトケ戦略を研究していて、その奥にクラウゼヴィッツの『戦争論』があることがわかってきた。当時著名な『戦略論』を書いたブルーメ将軍、『統帥論』の著者でトルコ軍の参謀をつとめたゴルツ、応用戦術の父といわれたヴェルノア、メッケルといった人たちはモルトケの直弟子であり、いずれもクラウゼヴィッツ理論の信奉者であった。クラウゼヴィッツ理論を解明する必要が出てきた。

  •  しかし、同理論はドイツ人にもよくわからない難解な書との定評があった。当時ベルリンには日本陸軍えりぬきの秀才が集まっていたが、そこまでドイツ語読解能力のあるものはいなかった。川上が困っていると、「去年から留学している森という若い軍医がすばらしくドイツ語ができるそうです。相談してはいかがですか」と薦める人がいた。

日露戦争の勝利に大きな役割を果たした 『戦争論』

1887年(明治20)4月18日、川上は森林太郎(りんたろう)(25歳 のちの鴎外(おうがい)に面会し、クラウゼヴィッツの『戦争論』の翻訳と、その内容について田村怡与造大尉(32歳)に講義をするように依頼した。森の『独逸(ドイツ)日記』をみると、「乃木(希典)と川上(操六)両少将をその客館に訪う。乃木は長身巨頭、厳格の人なり。川上は形体枯痩(こそう)よく談ず。余等とかたること2時間余」と、川上との初対面の印象を記している。

  • 明治21年1月18日の 『独逸日記』 には、「夜早川きたる。クラウゼヴィッツの兵書を講ず。クラウゼヴィッツは兵事哲学者ともいうべき人なり。その書、文旨(ぶんし)深遠、ドイツ留学の日本将校等よくこれを解することなし。これより早川のため講演をひらくこと毎週2回」とある。この「早川」こそ、田村怡与造である。

森は帰国しても翻訳を継続し、明治32年までに第2巻を刊行した。第3巻は鴎外訳と陸軍士官学校訳とを合刊して明治36年10月に完成するが、その3カ月後に日露戦争が起こったというわけだ。

この「文旨深遠」の書の翻訳がどんなに大きな意味を持っていたか。世界の軍事評論家は、「クラウゼヴィッツを日本の参謀本部が理解して、日露戦争で応用したことが、勝因につながった。一方、ロシア側はクラウゼヴィッツから学んでいなかった」と評した。

つづく

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史((313)「坂の上の雲」の真の主人公「日本を救った男」空前絶後の参謀総長・川上操六(40)

  日本リーダーパワー史((313)            名将・川上操六伝(4 …

no image
3/11フクシマ原発事故から3年―フィンランドの 「オンカロ」(高レベル放射性廃棄物最終処分場)部長ら3人の動画会見

  日本のメルトダウン(527)   3/11フク …

no image
日本リーダーパワー史⑫ 東條英機が総理大臣になった理由と経過とは・・日米開戦へ

    日本史を変えた大事件前夜・組閣前夜の東條英機     …

no image
速報(387)『日本のメルトダウン』◎『世界の問題を解決に必要なもの=ビル・ゲイツ』●『百害あって一利なしの人間ドック』

速報(387)『日本のメルトダウン』   ◎『世界の問題を解決するため …

no image
日本リーダーパワー史(514)日清戦争120年①国際法を遵守して勝った日本、無視して完敗した中国、東郷平八郎の国際性

    日本リーダーパワー史(514) 日中韓15 …

no image
速報「日本のメルトダウン」(494)「日本企業とアベノミクス:本音と建前(英エコノミスト誌」「社会主義と市場経済は両立するか」

  速報「日本のメルトダウン」(494)   ◎「 …

no image
 日本リーダーパワー欠落史(747)対ロシア外交は完敗の歴史、その歴史復習問題)  欧米が心配する『安倍ロシア朝貢外交の行方は!?』★『歯舞、色丹返還は「笑止千万だ」…民進・野田氏』◎『ロシア上院議長、北方四島「主権渡さず」』◎『北方領土「主権渡せぬ」 プーチン露大統領側近が強調、安倍晋三首相とも会談』●『  対ロ協力、30事業で合意』●『コラム:プーチン大統領「パイプライン政治」は時代遅れ』◎『英情報機関トップが語る「ロシアの脅威」、多様な工作に警戒』◎『  安倍政権に激震 日ロ首脳会談は北方領土“ゼロ回答”確実に』

   日本リーダーパワー欠落史(747) 対ロシア外交は完敗の歴史、その歴史復習 …

no image
『日本を救え、世界を救うために、決断を!』ー<福島原発―最悪のシナリオから考える(3)>(池田知隆)

『日本を救え、世界を救うために、決断を!』 福島原発―最悪のシナリオから考える( …

no image
世界リーダーパワー史(934)ー『迷走中のトランプ大統領のエアフォースワンはついに墜落寸前か!』★『政府高官たちは大統領失格のトランプ氏に対して憲法修正25条の適用を水面下で検討したものの、同条の適用は史上初となるため「憲法上の危機」を招くため、同氏の退任まで政権を正しい方向に導くことで一致した』

世界リーダーパワー史(934) 『迷走中のトランプ大統領のエアフォースワンはつい …

no image
終戦70年・日本敗戦史(77)大東亜戦争開戦「朝日,毎日などの新聞紙面」ーフィリピン戦線ー「ミンダナオ島にも敵前上陸」 「マッカーサー司令官」マニラ退去」

   終戦70年・日本敗戦史(77)  大東亜戦争開戦の「朝日,毎日な …