前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本一の「徳川時代の日本史」授業⑨福沢諭吉の語る「中津藩での差別構造の実態」(「旧藩情」)を読み解く⑨ 終

   

  日本一の「徳川時代の日本史」授業 ⑨  

 

「門閥制度は親の仇でござる」と明治維新の立役者・

福沢諭吉の語る「中津藩で体験した封建日本の

差別構造の実態」(「旧藩情」)を読み解く

 

前坂俊之(ジャーナリスト)

 

徳川封建時代の武士はどのような社会、政治。経済環境の中で、

生活をしていたのか、福沢諭吉の「旧藩情」を読み解く⑨


「旧藩情」⑨おわり


 地理本を見れば、中津の外に日本があり、日本の外に西洋諸国あることがわかる。なお進んで、天文学の、地球学の論を聞くと、大宇宙では、太陽の周り地球もまわっている自転の定則あることがわかる。

 

地層の層々は幾千万年(億の間違い)に地球ができて、その物質の位置や順序の紊(みだれ)てはない。歴史を読めば、中津藩もまたただ徳川時代三百藩の一つ。徳川はただ日本一島の政権を執った者にすぎない。

 

日本の外にはアジア諸国、西欧諸国の歴史がほとんど無数にあり、その間には古今、英雄豪傑の事跡を見ることができる。アレキサンダー大王、ナポレオンの功業を察し、ニュートン、ワット、アダム・スミスの学識を想像すれば、海外にも豊太閤(豊臣秀吉)のような英雄がいるのである、荻生徂徠も誠に東海の一小先生にすぎない。

 

わずかに地理歴史の初歩を読むも、その心事はすでに徳川の旧体制を脱却して、もっと気持ち大きな気持ちになる。いわんやかの西洋諸大家の理論書を読んで、有形の物理から無形の人物伝に至るまで、逐一これを比較、考察し、事々物々の原因と結果とを考察してみるとどうなるか。

 

読んでその奥に至れば、心事恍爾(こうじー 目前にありありと現われるさま)としてほとんど天外(世界)にあるような思いになる。そこからかえりみて世上の事相を観れば、政府も人事の一小区に過ぎず、戦争も子供のたわむれに異ならず、中津旧藩のごとき、何ぞこれを問題にするものでもない。

 

 かの御広間の敷居の内外を争い、御目付部屋の御記録に思をこがし、 怒り、笑った有様を回想すれば、正にこれは火打箱

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E3%81%86%E3%81%A1%E7%AE%B1

 

の隅に屈伸して一場の夢を見たようなものだ。しかし、今日に至ては、その御広間もすでに湯屋(風呂)の薪となり、御記録もことごとく紙屑屋(かみくずや、ごみ回収屋)の手に渡ったその後において、なお何物に恋々(恋々―未練を残す)のか。

 

また、今の旧下士族が旧上士族に向い、旧時の門閥虚威を咎めて、その停滞を今日に洩らすことは、空屋の門に立て案内を乞うようなもので、蛇の脱殻(ぬけがら)を見て、捕えようとする者のようだ。

 

いたずらに自から愚(おろかさ)を表して、他の嘲(あざけり)を買うに過ぎず。すべて今の士族はその身分を落したとして悲しむ者が多いけれども、落すにも揚るにも結局物の本位を定めない論である。平民と同格なるのは、すなわち下落であるといえども、旧主人なる華族と同席して平伏しないのは昇進である。

 

下落を嫌えば平民から遠ざかる、これを止める者はない。昇進を願えば華族に交るべし、またこれを妨る者はない。これに遠ざかるも、これに交るも、果してその身に何の軽重があるのか。

 

これを知らずして自からの心を悩ますは、間違いの多いもの者である。故に有形なる身分の下落昇進に関心を持たず、無形なる士族固有の品行を維持すること、私の強く希望するところである。ただこの際において心機一転ずること肝心で、その機会は、特に学校が有力なものとなるため、ことさらに藩の徳望のある立派な人に求め、共に尽力して学校を盛にすることを願っている。

 

 

 中津の旧藩にて、上下の士族が互に結婚しなかったのは、藩士社会の一大欠陥であり、その弊害はほとんど人々の心の底に確固として残った。今日に至っては稀に上下結婚する者も出てきたが、今後ますますこれが増えるようでもない。

 

上士の残夢が未だ醒めず、陰にこれを忌むものがあれば、下士はかえってこれを懇望しないのみでなく、士女の別なく、上等の家に育てられた者は実用に適さず、これと結婚しても後日の生計の見込がないとして、一概に排斥する者もある。

 

一方は結婚を以って恩徳のごとく心得、一方はその徳を徳とせずこれを賤しむ勢なれば、出入の差が甚だ大きく、とても結婚が盛になる見込はない。


 そうはいっても、世の中の事物はことごとくみな先例に傚(なら)うものなので、有力の士は勉めてその魁(さきがけ)をしてきた。

結婚はもとより当人の意に従って適不適もあり、また後日の生計の見込もない者と強いて結婚すべきではないが、これが先入観となって良縁を失う例も少なくない。

親戚、友人の注意すべきことである。一度び互に結婚すれば、ただ双方両家の良いことだけではなく、親戚の親戚に達して同時に幾家の歓を共にすることになる。

 

いわんや子を生み、孫を生むと、祖父を共にする者あり、曾祖父を共にする者あり、祖先の言い伝えをともにして、旧藩社会とは別に一種のよい家族血縁関係(コミュニティー)が生じ、その功能は学校教育の成果にも万々劣るものではない。

            おわり

 - 人物研究 , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本風狂人伝(26) 日本一の<ジョークの達人>内田百閒 のユーモア②

日本風狂人伝(26) 日本一のジョークの達人内田百閒 のユーモア②        …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(160)記事再録/『世界史の中の日露戦争』㉝『開戦2週間前の「英タイムズ」の報道/★『ロシアが極東全体の侵略を狙っており、一方、日本はロシアの熊をアムール川の向こうの自分のすみかに送り返して,極東の平和と安全を,中国人、朝鮮人,日本人のために望んでいるだけだ』★『1904年1月8日付『ノース・チャイナ・ヘラルド』 『われわれは朝鮮をどうすべきか?日本人からの寄稿』』

『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争カウントダウン』㉝2017/01 …

no image
  世界、日本メルトダウン(1029)ートランプ大統領、習近平の注目の米中会談が6日から始まった。『米国で北朝鮮攻撃が議論の的に、日本は備えを急げ ソウルは火の海に、日本も報復攻撃されることは確実』★『北朝鮮攻撃の日は近い?米国で崩れてきた前提とは 米中首脳会談は成果を出せるか(古森義久)。』

 世界、日本メルトダウン(1029)ー トランプ大統領、習近平の注目の米中会談が …

no image
日本リーダーパワー史(600)<まとめ再録>『アメリカを最もよく知った男・山本五十六連合艦隊司令長官が真珠湾攻撃を指揮した<悲劇の昭和史>

 日本リーダーパワー史(600) <まとめ再録>山本五十六は名将か、凡将か!? …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国、日本、東アジアメルトダウン(1064)> ★「第2次朝鮮核戦争!?」は勃発するか④ 』★『北朝鮮への安易な「交渉」スタンスはむしろ金正恩の暴走を招く』●『北朝鮮がミサイル発射のため「資本主義化」を止められないジレンマ 』★『北朝鮮のICBM発射で日本の核武装に現実味―北の開発進展を内心喜ぶ中露、有効打のない米国はジリ貧免れず』

★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国、日本、東アジアメルトダ …

no image
連載「エンゼルス・大谷選手の大活躍ー<巨人の星>から<メジャーの星>になれるか」② 『大谷メジャー初本塁打 本拠地で右中間へ3ラン』★『大谷翔平は「天才」米メディアも連日の大絶賛』★『全米が大谷フィーバー!「カネではない」純粋な野球愛に感動』

連載「エンゼルス・大谷選手の大活躍ー <巨人の星>から<メジャーの星>になれるか …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(184)記事再録/「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』⑰「伊藤博文統監の言動」(小松緑『明治史実外交秘話』昭和2年刊)』★『 「朝鮮に美人が少い理由」は秀吉軍の美人狩りによるものか、 中国『元時代』の美人狩りのせいか、この歴史的論争の結果は?!』★『伊藤博文は具体的な数字と根拠を上げて秀吉の美人狩りを否定した。美人狩りをしたのは中国・元時代のこと』★『韓国・北朝鮮の現在まで続く反日/歴史歪曲偽造/日韓歴史認識ギャップは伊藤のように具体的な事実、数字を挙げて論争する必要がある』★『客観的な物的証拠(データ、資料、科学的、数字的な検証、論理的な推論によるもの)で行うこと』②

 2015/09/04  /「英タイムズ」「ニュー …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(254)/『国葬にされた人びと』(元老たちの葬儀)『伊藤博文、大山厳、山県有朋、松方正義、東郷平八郎、西園寺公望、山本五十六、吉田茂の国葬はどのように行われたか』

    2018/01/26 &nbsp …

no image
近現代史の重要復習問題/知的巨人の百歳学(158)-『渋沢栄一(91歳)の国民平和外交を潰した関東軍の満州事変の独断暴走が、日本を破滅(戦争)の道へ陥れた。この4ヵ月後に渋沢は亡くなった』

近現代史の重要復習問題/知的巨人の百歳学(158) 明治、大正、昭和で最高のトッ …

t02200351_0300047810824346159
『リーダーシップの日本近現代史』(194)記事再録/全米の少女からラブレターが殺到したイケメン・ファースト・サムライの立石斧次郎』 ★ 『トミ-、日本使節の陽気な男』★『大切なのは英語力よりも、ジェスチャー、ネアカ、快活さ、社交的、フレンドリー、オープンマインド 』

立石斧次郎(16)・全米を熱狂させたファースト・イケメン・サムライの立石斧次郎 …