前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

コミュニケーション論【マスコミ】ⅣA(2)

   

1
コミュニケーション論【マスコミ】ⅣA(2)  2004,4,21        前坂  俊之
IT 革命、ネット社会、ブロードバンドからユビキタス社会へ
現在、われわれ先進国の産業社会、工業社会の基盤が形成されたのは、いうまでもなく1
8世紀末に英国で起きた産業革命によってだが、それ以上の急激な「パラダィムシフト』
が情報通信分野で爆発的に起こっている。IT(インフォメーション・テクノロジー)革命、
デジタル情報革命、インターネット革命、ネット革命などさまざまな名前で呼ばれている
が、この急激な『パラダイムシフト』を引き起こしているものは一体何なのか。
(1)デジタル技術の発展
コンピュータ、パソコンの性能の飛躍的向上。マイクロプロセッサー、チップの奇跡的
進化。2年ごとに性能が2倍になり、価格は逆に半分になるという驚くべき技術革新が猛
スピードで進んでいる。この結果、コンピュータの処理能力は「メガ」(1〇〇万単位) か
ら「ギガ」(10億単位) へと超高速化し、メモリーの大容量化、ダウンサイジング (小
型化)などが一挙に向上した。
(2)情報のマルチメディア化
このようなデジタル化した情報の一元的な処理が可能となり、従来バラバラであった文字、
テキスト、データ、音声、静止画 (写真)、動画や放送、通信といったメディアの垣根は
なくなり、情報は自由自在に双方向でやりとりができる、いわゆるマルチメディア化が進
み、「メディアの統合、融合」が進んでいる。
(3)インターネットの出現
さらに大きいのは、こうしたメディア化した情報を流すことができるインターネットに
象致されるグローバルで双方向のネットワークが発展してきたこと。インターネットによ
ってデジタル情報を地球上で自由に流通させることによって、世界中の知識や情報を共有
し、交換できるようになったこと。
(4)21世紀の新たなフロンティアとしての『サイバースペース』の誕生
この結果、百年に一度というデジタル情報革命、IT 革命によって、人類史上初めての未知
のフロンティアとしての『第三の空間』が出現しつつある。地球上の 『物理的空間』『宇
宙空間』についで、人間の『意識空間』 に対して、全く新しく発見したのが『第三の空
間』である。インターネットやデジタルネットワーク上に形成された「サイバースペース」
こそがこの『第三の空間』である。一般的には 「サイバースペース」は電脳空間と呼ば
れているが、「インターネットで結ばれたデジタルコミュニケーションの仮想空間」 のこ
とである。
また、「コンピュータ内に広がる電子世界であり、シユーミレーション可能なCG 技術に
よって作られたバーチャル・リアリティの仮想空間」といってもよい。つまり、パソコン
2
やテレビ、携帯電話などで見ることができる「インターネット電子空間」である。このサ
イバースペースこそ人類が初めて手にする「距離と時間、場所という物理的制約から全く
解放された空間」であり、この中に二十一世紀の新しい社会、経済システムが構築されて
いくことは間違いない。
このサイバースペースは経済、産業面では巨大な「電子マーケット」や「ビジネスフロ
ンティア」となり、世界の人々が、国境を越えて情報を交換し、交際し、出会い、おしゃ
べりをして、コミュニケーションをする場所になるなど無限の可能性を秘めている。
これまでのシステムとは全く違った、これらを劇的に変化していくであろう社会経済活
動の仮想空間としてのサイバースペースが今、爆発的に出現しつつある状況である。
では、デジタル情報革命によって何が起こるのだろうか。
(1)時間、距離、組織、企業という物理的な制約、システムの超越、崩壊
そこは時間、距離、空間、場所的な制約からも自由であり、地理的なハンディはない。
これまでの組織や国家の壁も越えてしまう。ボーダレス(国境がない)でグロ-バル(地
球規模)である。
「時間的な制約を超える」ので、ネットショップの場合は二十四時間、三百六十五日、年
中無休で世界を相手にビジネスできる。つまり、誰でも、どこに住んでいても、北海道の
田舎でもアフリカからも、中国からも、地理的、時間的な制約を超えて世界を相手にビジ
ネスもできるし、コミュニケーションができる。
(2)無限性
サイバースペースは無限のフロンティアである。情報量は無限である。物理的な制約がな
いので、サイバースペース上には無限の情報をつめこむことが出来る。『楽天』も「アマゾ
ン・コム」も本ならば四百万冊以上、CD も数十万タイトルが並び、即座に検索できる。実
際の本屋で同じ店舗を作り、本を陳列すると膨大な設備投資が必要だが、それよりずっと
安い費用でできる。しかも、これまでのように地域の人々しか相手にできなかったのが日
本全国、世界中を相手にしたマーケットに商圏は拡大する。
(2)スピード性
これまでのメディアと比べると、光のスピードに近づく。地球全体が結びついて、光の速
度で動く電子市場が形成される。スピード性は同時に「リアルタイム」(即時性)であり、
検索すれば即時に情報を得ることができる。そこはスピードが支配している世界であり、
社会の変化スピードを劇的に加速させる。「ドッグ・イヤー」 (人間の8倍のスピード)
から「シケイダル・イヤー」(セミのスピード) にたとえる人もあるが、リアルタイム、
瞬時のアクセス、「オン・デマンド」が基本になる。
3
(3)バーチャル性
サイバースペースは仮想(バーチャル)な世界であり、空間的、地理的、場所的な制約
から解き放された結果、ネットワークで結ばれた「遠隔××」(バーチャル)が基本原則に
なる。「遠隔教育」「遠隔医療」(テレ・メディスン)、「遠隔診断」「遠隔工場」(バーチャ
ル・ファクトリー)「連騰企業」(バーチャル・カンパニー)である。「遠隔労働(テレワー
ク)や自宅で仕事を行い、在宅勤務する「SOH0」(スモールオフィス・ホームオフィス)

普及する。モバイルがこの架け橋として必要になる。
(4)双方向性(インタラクティナ性)
これまでの情報はマスメディアからの一方的な流れだったが、これが双方向的で、インタ
ラクティブな流れに変わる。人々はインターネットで自由に情報を発信することができる
し、「いつでも、だれでも、どこでも、どういう方法でも、自由に」情報を入手することも
できる。消費者に選択権が移る。「オン・デマンド」(欲しい時に、欲しいものを、欲しい
だけ買うことができる) ようになる。
(4)メガコンペティション(大競争)、コラボレーション(共働)参入障壁なし、廉価
サイバースペースには誰でも簡単に参入できるし、参入コストは従来に比べて著しく障
壁が低い。誰でもチャンスがあり、大企業や大組織よりも中小企業、個人により大きいも
のになる。ネットショップでの商品は廉価であり、ショップそのものも安く構築できるし、
コストを削減できる。世界単一マーケットの創出によって、従来の地域的に限定され
ていたものから、世界的なメガコンペティションが起こる。
(5)マスから個へ
ワンto ワンで顧客、消費者同士が直結する。(オークション)マスメディアからパー
ソナルメディアへ。情報がデジタル化されると、これまでの工業社会の単位であるマス
(大量、大衆)から、分子化して個別化する。大量生産から個別生産、マスメディアから
パーソナルメディアへと変わっていく。マスから分子化することにょって逆転が起きる。
メーカーと消費者がネットによって直接結びつく。消費者が力を持つようになる。企業で
はなく消貴著に主権が移る。ヒトとヒトがネットを通じて直接結びつく。
(6) 仲介機能の排除
大量生産、消費の現在の工業社会では組織はピラミッド型で、トップから情報を一斉に
流す。メーカーと消費者の間には何重にも仲介、卸業者が介在する。ところが、インター
ネットは仲介機能を飛びこえてメーカーと消費者がネットで直結する。仲介業者、商社、
代理店、卸業者、小売店は必要がなくなる。組線内の中開管理職もおなじようにネットで
中抜きされて組織がフラット(水平)になる。
(7)生産・消費者(プロシューマ)の誕生
生産と消費の境が消えていき、「第三の波」の著者でいち早く高度情報社会の到来を予言
したアルビン・トフラーのいう生産(プロデュース)と消費(コソシューム)するという
4
「プロシューマー」が出現する。画一的な大量生産のマス商品から自分だけの一人ひとり
の好みに合わせた特注品の生産へと移行していく。すでに、オンライン上ですべての消
費者の好みのコンピュータを受発注する『デル・コンピュータ」 のような成功企業が出
ている。
(8)マスマーケットの終焉
そこでは従来の大量生産、大量消費を基本とした工業社会で価値のあった「土地」「資本」
「モノ」「労働」といった資源やハードよりも「知識」「知恵」「アイデア」「創造力」とい
った「情報力」「ソフト」『コンテンツ』そのものが重要になってくる。
e コマースではネットオークション、逆ネットオークショソなど今までに全くなかったビ
ジネスモデルがネット上で増えており、これまでの新聞、イテレビなどのマスメディアに
よって築かれていた工業社会のマスマーケットの終焉をうかがわせている。
IT 革命の本質とは
これまでの物理的な空間、時間、組織の制約を打ち破るコミュニケーション革命である。
光ファイバーなどによってプロ-ドバンド(広帯域)の大容量高速通信が可能になると、
どこからでも、自由自在に高速、大客量(ブロードバンド)の情報の双方向のやり取りが
可能になる。
この結果、モノと人、人と人、モノとモノ、組織と組織、人と組織のすべてのコミュニ
ケーション、関係が全く違ったものになる。この関係性の転換こそが最も重要な点で、革
命といわれる所以である。
従来の関係、コミュニケーションによって成り立った社会、経済、人間のシステムは崩
壊して、ネットよる「サイバースペース」に暫時移行していくことは間違いない。IT 革命
はまだ始まったばかりで、その全体像は見えていないが、技術や経済の面ばかりでなく、
社会、政治、生活のあらゆる面にこれまで想像しなかったような大きな変化を及ぼすこと
であろう。
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/~maesaka/maesaka.html
静岡県立大学国際関係学部教授

 - IT・マスコミ論

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本の最先端技術「見える化」チャンネル-『世界最小、直径30㎛ (=0.03mm)の手術用針を開発した河野製作所の開発秘話』

日本の最先端技術「見える化」チャンネル 「ジャパンライフサイエンスウイーク201 …

no image
人気記事再録/『ニューヨーク・タイムズ』で読む日本近現代史①ー日本についての最初の総括的なレポート<「日本および日本人ー国土、習慣について>

    2012/09/10 の記事   …

images
<日本の世界最先端技術「見える化」チャンネル>日本を救う知能ロボットがよくわかるMUJINの解説動画/国際物流総合展2018(9/12)-mujinによる「知能ロボットを要とした完全自動物流センター」

日本の世界最先端技術「見える化」チャンネル 日本を救う知能ロボットがよくわかるM …

no image
『異文化コミュニケーションの難しさ―< 『感情的』か、『論理的』かーが文明度の分かれ目>①

     月刊誌『公評』7月号―特集『実感』 『異 …

no image
太平洋戦争下の新聞メディア―60年目の検証―

1 < 2005年2月> 「マス・コミュニケーション研究No.66」掲載 前 坂 …

no image
  ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < チャイナ・メルトダウン(1055)>『習近平のメディア・ネットコントロールの恐怖』●『言論規制下の中国で、「ネット経済圏」が繁栄するフシギ』★『習近平、3大国営メディアに「党の代弁」要請 全権掌握へ、「江沢民の牙城」に乗り込む』●『「マスコミの使命は党の宣伝」習主席がメディアの「世論工作」に期待する重要講話』★『中国式ネット規制強化で企業情報がダダ漏れの予感』●『習近平が危ない!「言論統制」がもたらすワナーメディアへの締め付けはいつか反動で爆発も』

  ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < チャイナ・メルトダウン(105 …

images
今年の日本エッセイスト・クラブ賞の『チェリー・イングラム 日本の桜を救ったイギリス人』の著者・ジャーナリスト 阿部菜穂子氏が6月28日、日本記者クラブで自著を語る。(動画90分)

  ★<ジャーナリスト 阿部菜穂子氏 著者と語る『チェリー・ イングラ …

5555
「CEATEC JAPAN 2017(10/3~6)」-『ASUKANETの空中サイネージ(3D-DELZO)(等身大の人物を空中に立体表示)★『SORACOMブース「いまから最速で実現するIoT/AIプロジェクト成功の虎の巻」のプレゼン』

 日本の最先端技術「見える化』チャンネル 「CEATEC JAPAN 2017」 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(234)』-『今回のバイエルン会長の、W杯一次リーグ敗退に関する常軌を逸した個人攻撃。エジルの今までの多大な功績への慰労も全くない』★『エマニュエル・トッドが常に強調するドイツ人組織トップの突然変貌する、デモクラシーを忘れた不寛容でアブナイ言動が露出している』

  バイエルン会長、代表引退のエジルを酷評「クソみたいなプレーだった」 …

no image
野口恒のインターネット江戸学講義⑫海の物流ネットワ-ク「菱垣廻船・樽廻船・北前船―西回り航路の主役の「北前船」(下)

  日本再生への独創的視点<インターネット江戸学講義⑫>   …