前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

<野口恒のインターネット江戸学連続講義①>『江戸から学ぶウェブ社会の活力①』町民社会の庶民ネットワ-ク

   

日本再生への独創的視点<インターネット江戸学連続講義>
 
『江戸から学ぶウェブ社会の活力①』
 -町民社会を支える庶民のネットワ-ク-
 
                           野口 恒著
 
 
江戸時代は、長らく土地や村落に縛られ、移動の少なかった農耕定住社会と考えられていた。しかし、実際には日本の歴史の中で、江戸時代は庶民の移動が最も激しかったノマド社会(移動社会)であった。
 
しかも、庶民の移動生活や経済活動を支える無数のネットワ-クが社会の隅々に網の目のように張り巡らされたネットワ-ク社会でもあった。これまでの「農耕社会」「定住社会」ではなく、「ノマド社会」とそれを支える「ネットワ-ク社会」という2つのキ-ワ-ドを機軸に、江戸の町民社会を理解しないと、真の実像を捉えることはできない。
 
それだけでなく、江戸のノマド社会・ネットワ-ク社会は、緩やかな座のネットワ-キング、江戸のSNS・連の活動、江戸のプラットフォ-ム・講の役割などに見られるように、21世紀のウェブ社会を先取りした先進モデルでもあった。
 
 本書は、「ノマド社会」と「ネットワ-ク社会」という、まったく斬新な発想と視点から、江戸の町人社会・庶民社会を描出して、21世紀のウェブ社会に向けて江戸のネットワ-ク社会から何を学ぶべきかを、多くの事例や人物を上げながら提示するものです。
 
現在のところ、江戸の庶民社会を「ノマド社会」と「ネットワ-ク社会」の2つの視点から紹介した類書はほとんどありません。本書は学術書でなく、ビジネスマンやビジネスウ-マンを対象に、新たな視点から書き下ろした歴史の教養書か読み物として執筆したものです。
 
<目 次>
 
プロロ-グ  江戸は日本人がもっとも旅行した時代
 
      江戸後期に起こった爆発的な旅行プ-ム
      江戸は世界でも例のない男社会の都市であった
      江戸の旅行ブ-ムの仕掛け人「御師」
      「東海道中膝栗毛」など、出版物の影響が大きかった
      江戸時代は旅行や移動の盛んな非定住のノマド社会
 
第1章   ウェブ社会のモデルは江戸のネットワ-ク社会にあり
 
      江戸の町民社会はウェブ社会の先進モデル
      緩やかな組織と弱いネットワ-クから成る「座」のネットワ-キング
      同じ場と時間を共有し、連帯感を醸成する江戸のSNS「連」
      庶民の日常生活や経済活動を支えた「講」のプラットフォ-ム
      世界一の高密度都市に生まれた「ハイタッチ・コミュニケ-ション」
      旅人が行き交い、庶民が暮らす「街道のコミュニティ空間」
 
第2章   庶民の暮らしを支えた生活ネットワ-ク「講」と「連」
 
      全国に無数に作られた庶民の生活ネットワ-ク「講」
      講と講のつながりを媒介に広がったネットワ-ク社会
      講と講が出会えば、新たなビジネスチャンスが生まれる
      講の組織とネットワ-クから生まれたベンチャ-ビジネス
      旅行プ-ムを陰で支えた旅籠のネットワ-ク
      二宮尊徳の報徳思想を実践する「五常講」
      同じ趣味や志を持った者のアドホックな集まり「連」
      町人や職人だけでなく、武士も連を作って活躍した
 
  第3章 町人文化を創った出版文化のネットワ-カ-
 
      出版文化を支えた木版印刷、高い識字率、貸本屋の普及
      多様な人材を発掘し、“出版文化”を育てた「蔦屋重三郎」
      蔦重の功績は、大衆メディアとしての出版文化を築いたこと
      蘭学を日本に紹介し、蘭学隆盛を仕掛けた「須原屋市兵衛」
      秋霜烈日の時代を生き抜き、「戯作者魂」を発揮した山東京伝
 
  第4章  網の目のように広がった江戸の情報ネットワ-ク
 
      公的情報は上位下達の垂直回路、私的情報はヨコに繋がった水平回路
      五街道と飛脚制度を整備し、情報伝達のネットワ-クを作る
      「走ることがプロ」の飛脚は、庶民の間で一目置かれる存在
      飛行機並みのスピ-ドで相場情報を伝えた旗振り速報
      世界一の識字率を誇り、庶民教育を支えた草の根ネットワ-ク
 
  第5章  海の物流ネットワ-クを担った「菱垣廻船・樽廻船・北前船」
 
      大坂から江戸に年貢米を海上輸送した「菱垣廻船」
      紀州みんかを江戸に輸送し、大儲けした「滝川藤兵衛」と「紀伊国屋文左衛門」
      熾烈な海上輸送競争を展開した「菱垣廻船」VS「樽廻船」
      江戸の大消費市場で販売競争を展開した「伊丹・池田酒」VS「灘酒」
      西回り航路の主役を担った「北前船」
      北前船を舞台に海運業や密貿易で活躍した「銭屋五兵衛」
      北方航路を開拓、ゴロ-ニンの釈放に尽力した「高田屋嘉兵衛」
      鎖国下でありながら、大海原を舞台に活躍した海のノマドたち
 
  第6章  境界・周縁・無縁の世界に生きた「漂白のノマドたち」
 
      身分制度から外れた境界・周縁・無縁に生きる「漂白の民」
      百姓は多様な職業を生業とした職人ノマド
      経験と技能だけを頼りに各地を渡り歩いた職人ノマド
      庶民の芸能文化を生み出し、諸国を流浪した芸能ノマド
      最大の歓楽地・吉原はあらゆる情報や人が集まる社交場
      庶民に浸透していた民間信仰の陰陽師と修験者
 
第7    全国を遍歴し、生涯の大仕事を成した江戸の「歩くノマド」
      51歳から測量の旅に出、地球一周を歩き続けた「伊能忠敬」
      西行を心底慕い、50年にわたり漂白の旅を続けた「松尾芭蕉」
      90歳になるまで全国を歩き続けた「葛飾北斎」
      全国を歩いて学問を修め、数々の発明を成した「平賀源内」
      紀州藩御庭番として各地を踏査、膨大な著作を残した「畔田翠山」
 
第8章    江戸は世襲を排した「実力主義」の競争社会
 
      実力主義の戦国時代から世襲制の江戸時代へ
      商人社会は、男系相続なら番頭経営、女系なら婿養子経営
      武家社会に実力主義を導入した徳川吉宗の「足高制」
      実力主義の人材登用と開明政策を推し進めた田沼意次
      町人文化は実力主義のサ-クル(ネットワ-ク)社会
 
エピロ-グ 江戸に学ぶ日本の「定常社会」の生き方
 
野口 恒氏は
1945年生まれ、和歌山大学経済学部卒業。法政大学大学院社会科学研究科(経済学専攻)中退。群馬大学社会情報学部・静岡県立大学国際関係学部特任講師
、社会経済生産性本部・VJA専任講師、「情報化白書」編集専門委員(白書執筆)
・モノづくりを中心とした製造業・テ-マパ-ク、コンテンツビジネス、カラオケなどの文化産業・コンピュ-タ、パソコン、ITなどの情報産業の研究など幅広くカバー。
 
著書は多数。


『工業が変わる現場が変わる』(日刊工業新聞社)
『日本企業の基礎研究』(日刊工業新聞社)
『製造業に未来はあるか』(日刊工業新聞社)
『バーチャル・ファクトリー』(日刊工業新聞社)
『シリーズ・モノづくりニッポンの再生(5巻シリーズ)』(日刊工業新聞社)
『トヨタ生産方式を創った男』(TBSブリタニカ)
『アジル生産システム』(社会経済生産性本部)
『超生産革命BTO』(日本能率協会マネジメントセンター)
『オーダーメード戦略がわかる本』(PHP研究所)
『中小企業の突破力』(日刊工業新聞社)
『カードビジネス戦争』(日本経済新聞社)
『新カードビジネス戦争』(日本経済新聞社)
『ICカード』(日本経済新聞社)
『データベース・マーケティング』(日本経済新聞社)
『「夢の王国」の光と影―東京ディズニーランドを創った男たち』(阪急コミュニケーションズ)
『東京ディズニーランドをつくった男たち』(ぶんか社文庫) 等多数

 
 
  
 

 - IT・マスコミ論 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
   日本メルトダウン( 970)トランプ次期大統領が決定ー『トランプ氏、クリントン氏に番狂わせの勝利-国民は既成勢力拒否』◎『「TPPは死んだ」 米専門家、トランプ新大統領に懸念』●『  在日米軍の撤退「想定はしておかないと」防衛相経験者』●『クリントン氏の敗因は?、全ての層でオバマ氏得票を下回る』●『中国、実は「トランプ大統領」を歓迎? その理由は・』

                   日本メルトダウン( 970) トランプ次期 …

no image
日本リーダーパワー史(941)~「ノーベル賞とジャーナリズム」★『社会を根本的に変えるのは科学技術の進歩とイノベーション』★『最も必要な教育とは科学教育であり、論理的な思考力である』

日本リーダーパワー史(941) ノーベル賞とジャーナリズム 今年のノーベル生理学 …

no image
★「エコプロダクツ2013」(12/12-14)出展の「地球・世界を救う最先端技術を紹介する」④ニチバン、TOTO,「おさかなポスト」

   ★「エコプロダクツ2013」(12/12-14)に70 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(253)/『カルロス・ゴーン氏が記者会見で世界に訴えた「日本の司法制度(人質司法)=はどこまで改革されたか」★『私が新聞記者として40年前に書いた『冤罪と誤判』からその司法構造の実態を採録する』?

ゴーン被告はレバノンで記者会見したが、弁護団の1人・ 高野隆氏はブログ(1月3日 …

no image
日本リーダーパワー史(973)ー『イチロー引退』★『日本最高のプロフェッショナル』★『「イチローに最大の敬意を払う。彼の球界における国際的なインパクトは殿堂入りで締めくくられるだろう。常にプロフェッショナルで、常に素晴らしい。引退後の人生が素晴らしいものになりますように」』★ <イチロー記事一覧>

日本リーダーパワー史(973)ー 引退イチローにMLB各球団が惜別投稿「素晴らし …

no image
日本リーダーパワー史(852)-「安倍自民党対小池希望の党」 の戦(いくさ)が始まる。』●「安定は不安定であり、不安定は安定である」★『恐るべし!小池・前原の策略に<策士、策に溺れた安倍自民党>』

 日本リーダーパワー史(852)-   トランプ対金正恩の『世界スリラー劇場』は …

no image
73回目の終戦/敗戦の日に「新聞の戦争責任を考える③」再録増補版『太平洋戦争下の新聞メディア―60年目の検証③』★『記者は国家登録制に、国体観念を養うために練成実施』★『戦う新聞人、新聞は弾丸であり、新聞社は兵器工場へ』★『朝日社報の村山社長の訓示『新聞を武器に米英撃滅まで戦い抜け』(1943/1/10 )』

「新聞の戦争責任を考える③」再録増補版『太平洋戦争下の新聞メディア―60年目の検 …

no image
『百歳学入門(231)-『60,70歳から先人に学ぶ百歳実践学入門』ー『平櫛田中の一喝!「六十、七十 はなたれ小僧、男盛り、女ざかりは百から、百から。いまやらねばいつできる、わしがやらねば、だれがやる。』

日本ジャーナリスト懇話会112号(2018年6月15日号) 『60,70歳から先 …

ダウンロード
片野勧の衝撃レポート(77)★原発と国家【封印された核の真実】(1981~84)⑬■官房副長官として7人の首相に仕えた 石原信雄氏の証言(下)

片野勧の衝撃レポート(77) ★原発と国家―【封印された核の真実】⑬ (1981 …

no image
日本の最先端技術「見える化」チャンネル-『世界最小、直径30㎛ (=0.03mm)の手術用針を開発した河野製作所の開発秘話』

日本の最先端技術「見える化」チャンネル 「ジャパンライフサイエンスウイーク201 …