前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日中対立の先駆報道の研究『日清戦争にみる<日中誤解>(パーセプション・ギャップ)の衝突②『日本に天誅を下せ』『申報』

   

尖閣問題・日中対立の先駆報道の研究
(資料)『日清戦争にみる<日中誤解>
(パーセプション・ギャップ)の衝突
 
 
清国新聞『申報』<明治27年(1894822日付>

 
『日本に天誅を下せ』
 
 
昨日本紙は「もって天誅の意を表す」という一文を掲載した。すなわち,聞くくところによると、皇上はすでにひそかに沿江沿海の各督撫および統兵大臣に命令を下したという。

それは各々が開港地や要害の地において、状況に応じて防宮を動かし,守備をしっかりと固め、日本の兵船に出会ったならば砲撃を加え、わが国の沿海地方をかき乱させてはならず、また隣省の各大官と急ぎ連絡をとり、現在の各路の防官を状況に応じて天津へ分遺して北洋大臣と合流させ、敵に対抗するように画策せしめよ。もし防宮を分遺して地方での警鐘が不足するならば,別に新兵を募集して駐屯させることを許可する云々、というものだった。
 

以上から、今回聖天子は大いに怒り,費用を惜しまずに精兵を集め、それによって天誅の意を明らかにしたと考えられる。思うに、この一文で言っていることは.やってくるのを待ち受けて迎え奪っというもののようであり、日本を滅ぼしてしまう,という説ではないようだ0。しかしながら論者は次のように考えている。
 
中国は元来寛大で情け深いことを心かけている。日本はきわめて道理をわきまえずに中国の商民に対して新たに条款10条を定めた。それは先日本紙にも訳して掲載したが.なんともむごくて情が薄くなんとも過酷で横暴であるのに一方中国はなお分に安んずる商民には努めて保護を加え、決して一事たりと苛求することがない。
 
思うにこれは天高地厚の恩であり、雨露のごとき大きな恵みを捨てて専ら風霧のごとき厳しさを事とするを欲しないものだ。しかしながら議論する者はすぐ往々にして中国が策を誤ったと言う。
 
すなわち前に朝鮮の東学党が起こると中国は兵を発した。ややもした後.日本人は先にソウノレに拠り、あらかじめ手はずを整え、わが中国軍を拒んだ。中国軍はかろうじて牙山へ至ったが兵力は弱少だった。これをもって中国の計算違いとするのだが、これはもとより大局に影響のないことを知らないのだ。
日本は詐欺と武力によって強引にソウルに入って国王を略奪し君位を変えてしまい、意のままに横行し.今の事態について自らが政治を行えると考えているが、民情が全く従っていないのを知らないのだ。
 
朝鮮人が日本人を恨むことはとても激しく、日本人が朝鮮を占拠しているとはいっても鴻毛を大きな炉の傍らに置いているのと異なるものではなく、すぐさ
ま燃えて灰燼に帰してしまうだろう。
 
しかるに中国の兵は少ないとはいえ,2000余人がいて倭奴万余の衆に対抗しており,しばし戦火を交えて倭奴の死傷者は中国軍の数倍に及んでいる。いわんや現在大軍がすでに平壌に集まっており,中国の兵力はすでに大きくなっている。日本は盗賊のごとき行為によってわが兵を乗せた高隆号を沈めたが,日本軍は中国軍兵士の命を償う以上の戦死者を出している。
時務に注意を払っている人は、私に次のように言う。日本の軍艦の大きく堅固なるものはわずか4艦にとどまっており,松島・高千穂・比叡等の3艦は今すでに損壊していて使用可能なものは1艦に過ぎない。それ以外の扶桑・金剛等の軍艦は.わが国と台湾で戦火を交えたときすでに古くなっている観があったが,それから今までに10余年たっており,実用に耐えないのみならず.外観を飾ることにさえ不十分だろう。
今回日本が放なく事を構えようと欲するならば天朝のふえつに触れて,直ちに自ら料滅亡への道をたどることになるだろう.と。
 
今中国の計略を立てるならば,軍艦と陸軍とで力を合わせ.それによって朝鮮を取り戻し、さらに軍隊の一部をもって琉球を取り戻し,悪党を粛清し、中国の藩属国に戻し,しかる後、敗敵を追撃するに乗じて長躯して一気に攻め入り,まず要害の地たる長崎を攻め.下関地方を占拠するとよい。下関は別名長門ともいう。対馬一島は俗に小長崎という呼称があるようで.長崎と対峠している。この地を占拠してそののどぶえを押さえ,日本の軍艦が容易に出てこられないようにし、遠く朝鮮にいる各軍艦もまた戻って救援できなくするのだ。
 
中国は,すなわち軍艦を分けて偵察のため巡航するようにし、一方ではすぐに軍艦に陸兵を乗せて東方の長崎へと一軍を渡らせ,着々と進軍して討伐し,じりじりと兵営を設け、琉球の一軍とはるかに呼応するようにするのだ。
このようにすれば、日本は必ずやもちこたえられなくなり,必ずや屈服して城下の盟を請うこととなるだろう。
 
しかしながら、日本人は大変悪賢く、たとえ一時力及ばず甘んじて琉球・朝鮮をわが中国に返したとしても、心中ではきっと甘服してはいないだろう。そして10年間人口と富を増やし、その後の10年間に教育・訓練を施すというような計画をなしたならば,後になって倭患はおそらくなお免れないだろう。そこで.その力が窮し勢いが不足しているときに乗じて善後策を図るにこしたことはない。
 
日本は元来将軍が政治をつかさどっており,国王はただ虚位を擁しているだけだった。維新より後、将軍の権力を削除し,ついに以前の風気を一変し,倣慢なる心気を免れず、兵力を乱用して武徳を汚すことをもって常としている。
こうした日本の変革は,その功をもってその患を補うに足りず,本来のものを改めて以前よりいっそう悪くなったという情勢にある。
 
大々的に論告して,国王を京都へ遷し、将軍を立てて権力を授けるようにするにこしたことはない。思うに将軍を廃除してから時を経ること20余年にすぎず,かの将軍の家臣たちは一時なお一旗挙げんとする意志があった。大鳥圭介、榎本武揚らは今でこそ日本の王に仕えるようになっているとはいえ,かつては皆将軍のために国王に背いて敵対していたのだ。
 
もし中国が日本の旧制を復活すれば、すぐにも日本の民心も従い.将軍は恩を感じて報謝を回り、懸命に力を尽くすだろう。また日本は各党が分裂してここに至れば.さらに紛々として混乱するだろう。国内では内乱が起こり.国外で
は中国の大軍の圧迫を受け,それでもなお日本はほしいままに横暴に振る舞い.勝手放題にできるだろうか。この説は,あるいは「あらかじめ虎皮を売る」との藷そしりを免れないかもしれない。
 
しかしながら.天下のことは万事理と勢に基づいているものだ。理の必ず至るところ.また勢のまさにしかるべきところは,あらかじめこのために深謀遠慮しなければならない。

今日の倭は、理を論ずればすなわち出兵しても名目は立たず,理由もなく騒ぎ立てている。勢を論ずればすなわち兵少なく兵糧も欠乏している。まず虚勢を張ってどうかつしようとしても,結局は全力を挙げて持ちこたえざるを得ない。

試みに問う。「兵凶戦危なれば,謀定まりて後戦うも,なお勝たざるをおそる」と言うではないか。軽々しく戦争を事とするべきだろうか。中国は緩慢であるかに見えるが、実は自重しているのであり.その勝算は確実なものなのだ。故にこれがなめにあらかじめ良策を図り.天誅書を記した。

 - IT・マスコミ論 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
★人気リクエスト記事再録『百歳学入門(200)』<知的巨人たちの往生術から学ぶ②>『森鴎外、中江兆民、一休、熊谷守一の<死に方の美学>』★『よく生きることは、よく死ぬこと、生者必滅、生死一体の実践』●『「立って半畳、寝て1畳、天下をとっても2合半』

百歳学入門②ー知的巨人たちの往生術から学ぶ② 2010/01/21      前 …

1
『スマート ファクトリーJapan2018(5/30)』ー「ウイングアーク1STのMotion Boardのプレゼン」★『静岡県藤枝市の先進的な「LPWAを活用したIoT実証実験の取組み」のプレゼン』

 日本の最先端技術『見える化』チャンネル スマート ファクトリーJapan201 …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 日本メルトダウン(1063)>★『日本の「無子高齢化」は、政府が非常事態宣言を出すべき深刻度 』★『日本の余命はあと8年!? 政府の楽観予測が示す「暗い未来」』★『ひとり暮らしの40代が日本を滅ぼす』★『 少子高齢化がもたらす衝撃の未来予想図--「縮むこと」を恐れるな』★『2035年には人口の半分が独身! この先、必要になる「ソロで生きる力」』

★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 日本メルトダウン(1063) …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(70)●「野田首相の意表を衝いた{解散宣言}の波紋」●「集団的自衛権行使」容認の動きを警戒」

       池田龍夫のマスコミ時評(70)   ●野田首相の意表を衝 …

57376517954a5ebf5567c57.79657042402330703
『鎌倉釣りバカ人生30年/回想動画録』⑲★『コロナパニックなど吹き飛ばせ』★『10年前の鎌倉沖は豊饒の海だった』「釣れない・恋れない・釣りバカ日記③」 ★ 『自然に帰れ』―母なる海に抱かれて、魚と戯れる、また楽しからずや」 『鎌倉沖プライベート・シーで、同窓会ラブを思い出したよ』

  2010/07/03  「釣れない・ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(39)記事再録/『東西冷戦の産物として生れた現行憲法④』★『30時間の憲法草案の日米翻訳戦争は殴り合い寸前まで!』★『まさしく、30時間の日米3月憲法翻訳戦争という感じだが、GHQ側が急いだのは3月7日にワシントンで第2回目の極東委員会が開かれるため、どうしても憲法案を完成して届けたいためだった』

日本リーダーパワー史(357)    前坂 俊之(ジャーナリ …

no image
『F国際ビジネスマンのニュース・ウオッチ⑤』『薄煕来氏の栄光と挫折における冷酷(無慈悲)の軌跡』(ニューヨークタイムズ5/6)

『F国際ビジネスマンのワールドニュース・ウオッチ⑤』   ★『In R …

no image
『世界サッカー戦国史』②ー『W杯ロシア大会と日露戦争(1904)の比較』★『児玉源太郎参謀次長と西野新監督の戦略論は的確』★『W杯日露戦争で10対0で最強ロシアを破った児玉の戦略と東郷平八郎の決定力(1発必中の砲は100発一中の砲に勝つ)』

  W杯ロシア大会2018と日露戦争(1904)の戦略を比較すると、 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史]』(28)-記事再録 2014/12/09 /安倍首相は「土光臨調」で示した田中角栄の最強のリーダーシップを見習えー『言葉よりも結果』

  2014/12/09 /日本リーダーパワー史(533) …

no image
日本メルトダウン(945)★『中国と同じ「ガラパゴス国家統制・不自由資本主義体制の強化へ、日本沈没先延ばし愚策!』●『4社に1社、公的マネーが筆頭株主 東証1部―市場機能低下も』●『株式市場は「隷属への道」を歩む 小平龍四郎』●『マイナス金利「量・質とも緩和余地ある」黒田日銀総裁』●『事なかれ主義の「無責任の体系」が日本を滅ぼすー法を超える「過剰なコンセンサス」のリスク(池田信夫)』

  日本メルトダウン(945)  ➀中国と同じ『日本ガラパゴス国家統制、 管理不 …