前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

「Z世代のための日本最強リーダーパワーの勝海舟(75)の研究③』★『勝海舟の西郷隆盛バカ話はメチャおもしろい』★『ガザ戦争(死者3万5千人)フランス革命(約2百万人)、米南北戦争(61万人)と比べて、最も少ない明治維新(約7千人)の立役者は西郷隆盛と敗軍の将・勝海舟』★『明治維新は世界にも例のないほどの「話し合いによる民主的、平和革命」だった』

      2024/05/24

 
現在進行形のイスラエル対ハマスの「ガザ戦争」の死傷者数は5月13日現在、死者数は3万5034人、負傷者数は7万8755人に上る。明治維新(1868年)の犠牲者数は戊辰戦争を通じて約1万2千人、西南戦争で約1万5千人ほど。明治維新(1868年)の犠牲者数は戊辰戦争を通じて約1万2千人、西南戦争で約1万5千人ほど、一 方、ほぼ同時代の南北戦争(1861 年から 1865 年)の戦没者数はアメリカ史上最大の約 62 万人、第2次大戦での米死者数は約40万人)でその規模に驚かされる。
また、「自由・博愛・平等」の近代民主主義の理念を唱えたフランス革命(1789 – 1799)では、内乱やその後のナポレオン戦争も含めると、約200万人もの死者を出している。
こうして比較すると、明治維新は鉄砲やギロチンによる「流血の革命」ではなく、江戸城無血入場や東京を火の海にすることもなかった、世界にも例のない「話し合いによる平和的・無血革命」であることが分かります。

以下、勝海舟語録の「氷川清話」はめちゃ面白いよ。

 

西郷隆盛の人間性

□坂本竜馬が、かつておれに、先生はしばしば西郷の人物を賞賛されるから、私も行って会って来るから、添書をくれといったから、早速、書いてやったが、その後、坂本が薩摩(鹿児島)からかえって来ていうには、なるほど西郷という奴は、わからぬ奴だ。少しく叩(たた)けば少しく響き、大きく叩けば大きく響く。もし馬鹿なら大きな馬鹿で、利口なら大きな利□だろうといったが、坂本もなかなか鑑識のある奴だよ。

 

西郷に及ぶことのできないのは、その大胆識と大誠意とにあるのだ。おれの一言を信じて、たった一人で、江戸城に乗込む。おれだってことに処して、多少の権謀を用いないこともないが、ただ、この西郷の至誠により、おれをして西郷を欺(あざむ)くことができなくなった浅はかな策略をするのは、かえってこの人のために、 腹の中を見すかされるばかりだと思って、おれも至誠をもってこれに応じたから、江戸城受渡しも、あの通り立話の間に済んだのさ。

西郷は、今いう通り実に漠然(ばくぜん)たる男だったが、大久保は、これに反して実に「截然」(せつぜん=区別が付く、はっきりした)としていたよ。官軍が江戸城にはいってから、市中の取締りがはなはだ面倒になってきた。これは幕府は倒れたが、新政が未だできていない、ちょうど無政府の姿になったのさ。しかるに大器量のなる西郷は、意外にも、実に意外にも、この難局をおれの肩に投げかけておいて、行ってしまった。どうかよろしくお頼み申します、後の処置は、勝さんがなんとかなさるだろうといって、江戸を去ってしまった。

 

この漢然たる「だろう」にはおれも閉口した。実に閉□したよ。これがもし大久保なら、これはかく、あれはかくと、それぞれ談判しておくだろうに、あまり漢然ではないか。しかし、考えてみると、西郷と大久保との優劣は、ここにあるのだよ。西郷の天分が極めて高いゆえんは、実にここにあるのだよ。

 

西郷は、どうも人にわからないところがあったよ。大きな人間ほどそんなもので……小さい奴ななら、どんなにしたってすぐ肛の底まで見えてしまうが、大きい奴になるとそうでないの―。

西郷のことはこれまでたびたび話した通り、その胆量の大きいことは、いわゆる「天空海濶」(てんくうかいかつ)= 天や海が無限に広いことから、広い心をもっていることをたとえ)で、見識ぶるなどいうことは、もとより少しもなかった。

あの人見寧(本名人見 勝太郎)(1843-1922)が若い時分に、おれのところへやって来て、「西郷に会いたいから紹介状を書いてくれ」といつたことがあった。ところが、だんだん様子を聞いてみると、どうも西郷を刺しに行くらしい。そこでおれは、人見の望み通り紹介状を書いてやったが、中には『この男は足下を刺すはずだが、ともかくも会ってやつてくれ』と認めておいた。

 

それから人見は、じきに薩州へ下って、まず桐野に面会した。桐野もさすがに眼がある。人見を見ると、その挙動がいかにも尋常でないから、ひそかにかの西郷への紹介状を開封して見たら、果たしてこの始末だ。さすがに不敵の桐野も、これには少しく驚いて、すぐさま委細を西郷へ通知してやった。

 

ところが、西郷はいつこう平気なもので、「勝からの紹介なら会って見よう」ということだ。そこで人見は、翌日、西郷の屋敷を尋ねて行って、「人見寧がお話を承りにまいりました」というと、西郷はちょうど玄関に横臥していたが、その声を聞くと悠々と起きなおって、「私が吉之助だが、私は天下の大勢なんどいうようなむつかしいことは知らない。まあ、お聞きなさい。先日、私は大隅の方へ旅行したその途中で、腹がへってたまらぬから、十六文で芋を買って食ったが、たかが十六文で腹を食うような吉之助に、天下の形勢などいうものが、わかるはずがないではないか」といって大口を開けて笑った。

 

ところが、血気の人見も、この出し抜けの話に気を呑まれて、殺すどころの段ではなく、あいさつもろくろくせずに帰って来て、「西郷さんは、実に豪傑だ」と感服して話したことがあった。

 

知識の点においては、外国の事情などは、かえっておれが話して問かせたくらいだが、その肝っ玉の大きいことは、この通りに実に絶倫で、議論もなにもあったものではなかったよ

 - 人物研究, 健康長寿, 戦争報道

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(834)(人気記事再録)『明治維新150年』★『日露戦争勝利の秘密、ルーズベルト米大統領をいかに説得したかー 金子堅太郎の最強のインテジェンス(intelligence )⑥』★『シベリア鉄道のおどろくべき秘密』●『ドイツ皇帝からの親書を金子が読む、大統領は親友だから見せないが、話すよ』●『日本海海戦勝利にル大統領 は大喜びして、熊皮を明治天皇に プレゼントした』

<日本最強の外交官・金子堅太郎⑥> ―「坂の上の雲の真実」ー 『日本海海戦勝利に …

no image
F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(237)-『カショギ氏殺害事件とムハンマド皇太子の命運!』★『サウジ記者殺害、CIAがムハンマド皇太子の命令と断定』★『サルマン国王、トランプ大統領をますます窮地に追いやっている』

   カショギ氏殺害事件とムハンマド皇太子の命運について、 ●<F国際 …

no image
片野勧の衝撃レポート(38)太平洋戦争とフクシマ⑪<悲劇はなぜ繰り返されるのか「ヒロシマ・ナガサキからフクシマへ」

       片野勧の衝撃レポ …

no image
日本リーダーパワー史(68) 勝海舟の外交コミュニケーション術・「至誠と断固たる気骨で当たれ」

日本リーダーパワー史(68) 勝海舟の外交コミュニケーション術・至誠と断固たる気 …

no image
『明治裏面史』 ★ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー, リスク管理 ,インテリジェンス㊷『児玉源太郎、福島安正の防衛戦略』★『日露戦争の本質はロシアの清国、朝鮮、韓国、日本への侵略戦争に対する 日本の自衛戦争であり、全世界の被植民地の民族に希望を与えた』

『明治裏面史』   ★ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,  リ …

no image
日本リーダーパワー史(733) 記事再録『 天才経営者列伝①本田宗一郎の名言、烈言、金言』★『どんな発明発見も他人より一秒遅れれば、もう発明、発見でもなくなる。時間こそすべての生命である』●『頭を使わないと常識的になってしまう、頭を使って〝不常識″に考えろ』

日本リーダーパワー史(733) 天才経営者列伝①本田宗一郎の名言、烈言、金言 ( …

no image
チャイナ/メルトダウン(922)『南シナ海、中国の主張認めず=「九段線」に法的根拠なし-初の司法判断・仲裁裁判所』★『中國が一貫して日本軍国主義の暴走と非難してきた謀略の満州事変と国際連盟の反対を押し切った『満州国建国』と同じ失敗パターン!、習近平の『核心的利益政策』という名の独善的『共産党独裁帝国主義は国際的な孤立を招くだろう。

 チャイナ/メルトダウン(922)  中國は日本軍国主義の暴走として批判して き …

no image
<名リーダーの名言・金言・格言・苦言・千言集③>〇「能ある鷹はツメを誇示せよ」ホンダ創業者 本田宗一郎ほか10本

      <名リーダーの名言・金言・格言・苦言・ …

『オンライン/70歳からの晩年長寿研究講座』★「昆虫記(全10巻)を完成したファーブル(92歳)は遅咲きの晩年長寿の達人』★『晴遊雨学で庭の植物や昆虫を観察し、海でのサーフィンと魚クンと遊び学び、山をぶらぶら散歩して森林浴をすれば楽しさいっぱい、生涯健康/研究できるよ』

  百歳学入門(79) ▼「昆虫記(全10巻)を完成したファ …

no image
イラク戦争報道 (上) 2003 年6 月20日

1 イラク戦争を米メディアはどう報道したか 前坂 俊之(静岡県立大学国際関係学部 …