前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

★『鎌倉釣りバカ人生回想動画大公開』②★『キスキスキス/バカ日記』-本日もまたまた大漁なり、こいつは春から縁起がいいや、メバルに感謝じゃ

   

 

   記事再録

前坂俊之(カヌーフィッシング歴25年の釣りバカ)

 
 
5月4日(土)、連休なか日、風も波もチト高いな。じゃがカヌー釣り仲間の中村さんを誘って午前6時から各1人の乗りカヤックで鎌倉材木座海岸からこぎ出したのよ。
めざすは忘れられぬ3日前の巨メバルポイント。その前にキスポイントに一時停車。1メートルほどの波にカヌーはゆらりゆらり。活きのいいジャリメを2本がけにして砂地に向けて投げて、静かに引いてくる。すぐ前に見える逗子マリーナの防波堤で釣っているやつは10人もいない。
15年ほど前の連休中なら防波堤上に50人以上はいて押し合いへしあいじゃったのに。情けないな。元気なアウトドアー派は一体どこに行ったのじゃ。家の中でネットか釣りゲームでもやっとんのか。バカタレ!。これじゃー日本に元気なやつがいなくなるはずじゃ。
「ガキに百円寿司やうまい魚を食わせるくらいだったら、魚の釣り方を教えるのが父親の務めじゃ」「プールの水泳教室に金をはたいて通わせるくらいなら、逗子なり鎌倉の海に放り込めばカナズチなど一発で治るぞ!」。
こんな『豊饒の海』(ほうじょうのうみ)があるのにカヌーも釣りも楽しんでいる奴は全くいないんだからね。
ホント、寂しいな!。
とかなんとか頭の中でカッカしていると「ピリッピリッー」と鋭角的な当たり。すぐ合わせる。途中で2段3段引きで激しく突っ込む。23センチのキスの良型。カヌーは風ですぐ流される。すぐ引っ返し砂地の上を3,4度と流すと、そのたびに結構キスの良型があがる。
 
続いて、メバルポイントへ。サビキ仕掛けに変えて5本バリの下2つにアオイソの大きめのやつを付ける。アミコマセで海藻のところをこませでメバルを誘い出しながら狙う。時々、竿をしゃくってコマセをパワパラだしては「サ―いらっしゃい」というわけよ。もう1本はキス竿で遠くに投げては目をつぶって無念無想、ゆっくり引いては、キスの魚信をまつ。
ほったらかしていたメバル竿がガタガタ鳴るので、目をあけると、竿が180度近く曲がっておじきを繰り返しているではないか。作戦成功!。ゆっくり巻くとズシンとした重量感、可愛いお目目のクロメバルはダブルであがってきた。23センチと21センチじゃった。       

メバルは春告魚と書く。やっと1っヵ月おくれの春が来たのじゃ。
そういえば有名な「目に青葉 山ほととぎす初がつを」の句は松尾芭蕉の友人の江戸時代の俳人・山口素堂(1642-1716)で、小坪の丘の上から鎌倉材木座、由比ヶ浜の砂浜をみながら詠んだもので、延宝6年(1678)の『江戸新道』に収録されておる。
 
鎌倉時代には5月ごろにはカツオがクジラやイルカに追っかけられて鎌倉の海岸に大量に打ち上げられたこともよくあったのだ。そのくらい海は魚が沸いておったのじゃ
 
午前9時、納竿。メバル2、カワハギ1、キス18-23センチと中型13、メゴチ5、ヒイラギ多数、これはリリースと本日もまた大漁なり、海の自然の恵みに感謝。
 

 - 人物研究, 健康長寿, 湘南海山ぶらぶら日記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

th111
 日本リーダーパワー史(820)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス㉟『日本史決定的瞬間の児玉源太郎の決断力⑦』★『日英同盟によって軍艦購入から日本へ運行するまで、英国は日本を助けて、ロシアを妨害してくれたことが日露戦争勝利の要因の1つ』●『児玉、山本権兵衛の『先見の明』と『最強のリーダーシップ』の証明でもあった。』

 日本リーダーパワー史(820)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」し …

no image
『百歳学入門』(100)『釣ったカワハギをおいしく食べて長生きする法ー 鎌倉・地産地消・ロハスの「百歳長寿学」

  『百歳学入門』(100)   ●『釣ったカワハ …

no image
知的巨人の百歳学(157)/記事再録/鉄道王・根津嘉一郎(79歳)の「克己心」ー「己に克つ」ことこそが健康長寿法

知的巨人たちの百歳学(116) 根津嘉一郎(79歳)の「克己心」ー「己に克つ」こ …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㊳・徳富蘇峰が語る『なぜ日本は敗れたのか』➃<下剋上、末端の暴走、中央の統率力不足>

  『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㊳   『来年は太平洋戦争敗戦から7 …

no image
日本リーダーパワー史(923)<世界サッカー戦国史(11)> -『W杯はフランスが優勝,日本大健闘!、新監督に森保氏…五輪代表監督と兼任』★『グローバルジャパン、「グローバルジャパニーズ」に脱皮できなければ、日本の強い、明るい未来はない』

日本リーダーパワー史(923) <世界サッカー戦国史(11) 監督に森保一 …

no image
 日本リーダーパワー史(813)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス㉘『戦争は外交の1手段で、外交交渉が失敗した場合に戦争に発展する』★『日露戦争はこのケースで、日本側はなんとか外交で、日本が朝鮮を、満州はロシアに任せる「満韓分割論」を主張、ロシアは「満韓全面論」を譲らず、戦争に発展した』

   日本リーダーパワー史(813)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(2)記事再録/日本国難史にみる『戦略思考の欠落』②「ペリー黒船来航情報を無視、無策で徳川幕府崩壊へ②「オランダからの来航予告に対応せず、猜疑心と怯惰のため時間を無駄にすごした」【勝海舟)

    2015/11/19 &nbsp …

no image
『日米安保の現状、集団的自衛権』についてデニス・ブレア(元米太平洋軍司令官)、齋藤隆元統合幕僚長の会見動画 2本

     ◎『日米安保の現状、集団的自衛権行使、尖 …

no image
知的巨人の百歳学(127)ー禅の達人・鈴木大拙(95歳)④『1945年8月『日本敗戦』の混乱をみて <言葉を言い換えて事実の本質忘れて、無責任となる感情的な行動(センチメンタリズム)を脱せよ。感傷的でなく、もっと合理的、論理的に考なければならぬーと警告した。。

日本リーダーパワー史(279)   『日本沈没・崩壊は不可避なのか』- …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(204)記事転載/『新しい女・青鞜』100年-日本女性はどこまで変わったのか①ー100年前の女性、結婚事情』★『働き方改革、女性の社会進出、少子化対策が叫ばれる現在とどこまで女性の地位は向上したのか』』

  2011/10/14  『新しい女・ …