前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

 <笑いはお腹のジョギングだ②仙厓はジョークの達人>

   

       2009,05、11         前坂 俊之(愚魚)
 
ジョーク日本史・禅語は落語・笑いはお腹のジョギング
 
厓はジョークの達人②
 和尚が、ある壇家の新築祝いに招かれた時のこと。祝宴の席上、その家の主人から、「和尚さん、新築祝いに何か一枚書いていただけませんか」
揮毫(きごう・毛筆で何か言葉や文章を書くこと)を頼んだ。よしよしと快諾した仙崖は、きっそく筆を取ってサラサラと書いた。
 
 ぐるりつと家を取り巻く貧乏神
 
 主人はこれを見ると、
「何です、この句は。縁起でもない」
 とむっとした顔をした。和尚はニコニコしながら、
「まあ、怒るな。今すぐ、下の句を書いてやろう」
と、その下に1行を書きそえた。
 
 七福神は外へ出られず
 
とたんに、主人は相好を崩した。

5・・・・
ある人がやってきて「何かおめでたいことばをかいてくれ」と仙厓に所望した。
早速、
 
祖死父死子死孫死
 
 
の8文字を描いて与えた。これを見た本人は驚いて、
「和尚、いくらなんでもこんな縁起の悪い文句はかけられません」
と文句をいうと、仙厓は・・・・
「そんなことはあるまい。爺さんがまず死んで、父親が死に、子が死に
そのあとで孫が死ぬのが世の中の順当じゃ。こんなおめでたいことはない。
これが逆になればそれこそたいへんじゃよ」
これを聞いて大いに安心して、この墨蹟を家宝として大事に保存した。
 
6・・・・・
 
ある者がにいった。
「詩を作る時には太鼓の音はドーン(漢字)などと書きます。
和尚はたいへん絵がお上手ですが、いくら上手でも太鼓の音は
描けますまいな」
 するとは何くわぬ顔で、
「なに、たやすいこと。見ていなされ」
というやいなや、スラスラと筆を走らせて、一人の侍が長い槍を空に
向けて突き上げているところを描いた。何やらキツネにつままれた思いで
見ていた男は、
「これは何です。太鼓の音ではありませんよ」
 というと、和尚は、
 
「天突(テンツク)く、天突(テンツク)くじや」
 
とカッカ大笑した。男もつられて大笑した。

7・・・・

瓢逸な和尚の画は大変な人気で、日ごろ、挿竜ぜめにあっていた仙厓は
          
   うらめしや わが隠れ家は雪隠(せつちん)か
          来る人々に紙おいてゆく

8・・・

和尚に「老人六歌仙」という、老いを戒める言葉がある。

 
 
○しわがよる、ほくろは出来る,腰まがる、頭は禿げる、髪白くなる
 
 
○手は震う、足はよろめく、歯はぬける、耳は聞こえず、目はうとくなる
                 
○身に添うは頭巾、襟巻、杖、眼鏡、タンポ、温石、手便、孫の手
 
○くどくなる、気短になる、愚痴になる、出しゃばりたがる、世話やきたがる
 
○開きたがる、死にともながる、淋しがる、心がひがむ、慾ふかくなる
 
 
○又しても同じ話に孫ほめる、達者自慢に人はいやがる

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

hhhhhhhhhhhh
F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(202)2017/4/5-東京ーサクラ名所めぐり➀ 上野公園のサクラは満開ー絢爛豪華なお花見風景

F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(202) 2017/4/5-東京 …

ダウンロード
『生涯現役」百歳学入門(147) 鎌倉カヤック釣りバカ日記(5/14)★ 『天然生活』『筋トレダイエット』 「海上座禅散歩」「ストレスクリーンアップ」できれば、釣れなくても良しじゃ」

『生涯現役」百歳学入門(147)    鎌倉カヤック釣りバカ日記(5/14)- …

mq2 (1)
★『巣ごもり動画で私の鎌倉古寺巡礼で最も好きな<苔の寺/妙法寺』を紹介します』★『鎌倉通―梅雨で美しい<奇跡の苔石>800年前の鎌倉時代の面影を残す唯一の古寺』★『<鎌倉古寺巡礼>『鎌倉で最高の巡礼のお寺はどこでしょうか?ー妙法寺(苔寺)の山道じゃ。単独で往け』

    「秋の紅葉の鎌倉めぐりのおすすめは!・・苔寺/妙法寺 …

images
「百歳・生き方・死に方-臨終学入門(118)酒で蘇生した「酒仙」横山大観(89)の「死而不亡者寿」(死して滅びざるもの寿)

「百歳・生き方・死に方-臨終学入門(118) 酒で蘇生した「酒仙」横山大観(89 …

no image
日本メルトダウン脱出法(765)「アベノミクスの矢がいつまでも的外れな「本当の理由」●「中国・韓国が日本に絶対に追いつけない歴史的背景 中韓にノーベル賞が取れない理由~陽明学と朱子学」

  日本メルトダウン脱出法(765) アベノミクスの矢がいつまでも的外れな「本当 …

no image
百歳学入門(227)―記事再録『元祖ス-ローライフの達人・仙人画家の熊谷守一(97歳)のゆっくり、ゆっくり、ゆっくり❢!』

2010/02/14  日本風狂人列伝(34) 元祖ス-ローライフの達人・仙人画 …

mq2
『リモート京都観光動画』/『The Japanese landscape garden in Kyoto Nijo Castle/ 戦災を免れた優美な京都の国宝・二条城(世界文化遺産)ー外国人観光客で大賑わい』★『ー金色細工の唐門を通って二の丸御殿前へ』★『ー金色細工の唐門を通って二の丸御殿前へ』★『小堀遠州代表作の池泉回遊式庭園二の丸庭園を散歩する』

<2014/04/03撮影>   ★5 The Japanese la …

no image
日本メルトダウン(1010)ー1月9日付日経朝刊『どうする2025年のその先―現実を直視せぬこの国』(芹川洋一論説主幹)「2025年、日本では3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という人類史上かつて経験したことのない超超高齢社会を迎える。

 日本メルトダウン(1010)   今からちょうど20年前の日経新聞の1997年 …

no image
人気リクエスト記事再録/百歳学入門(32)『世界ベストの画家・葛飾北斎(90)の不老長寿物語』★『『創造人間は長寿になる』→『生きることは日々新たなり、また新たなり』

百歳学入門(32) 『世界ベストの画家・葛飾北斎(90)の不老長寿物語』 &nb …

no image
リクエスト再掲載/日本リーダーパワー史(331)空前絶後の参謀総長・川上操六(44)鉄道敷設,通信設備の兵站戦略こそ日清戦争必勝のカギ 「坂の上の雲」の真の主人公「日本を救った男」

日本リーダーパワー史(331)空前絶後の参謀総長・川上操六(44)鉄道敷設,通信 …