前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

知的巨人たちの百歳学(176)記事再録/「東洋のビール王」「大日本麦酒創業者」(アサヒ、サッポロビールの前身)・馬越恭平【88歳) 「健康10ヵ条」ー「2つの養生<体の養生と財布の養生とは怠るな>」 「四気の保持を忘れぬこと―元気、勇気、長生き(気長の意味) 、腹の落付き(沈静)の四つ」

   

   

ダウンロード

  /記事再録/知的巨人たちの百歳学(124)

東洋のビール王」「大日本麦酒創業者」・馬越恭平【88歳)の健康10ヵ条」ー

 

 

馬越 恭平(1844(弘化)-1933(昭和8) 88歳

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%AC%E8%B6%8A%E6%81%AD%E5%B9%B3

日本経営巨人伝⑪馬越恭平ーーー東洋一のビール王、宣伝王・馬越恭平『心配しても心痛するな』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/3317.html

宿屋の養子から三井物産で名をあげビール業界を大合同させて君臨する。

馬越恭平は「東洋のビール王」といわれた。ビールの発祥は横浜だが、彼もまた横浜の三井物産支店長として世に出た。彼はここで物産の生糸輸出を手掛け、天性の商才に磨きをかけ、早くも横浜商界で頭角を現している。

彼は岡山の医家に生まれ、十三歳で大阪へ出、親類の播磨屋の世話になり、二十四歳で養子となってその家業の公事宿を継いだ。世が変わって明治三年、この宿に泊った益田孝

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%8A%E7%94%B0%E5%AD%9D

と出会い「西国立志編」一巻を与えられ、発奮して上京。

井上馨の先収会社と三井物産で冷遇にもめげず働き、明治十年抜擢されて前記の横浜支店長として大活躍した。

二十五年、重役に昇進した彼は、破産寸前にあった日本麦酒(エビスビール)を立て直すため派遣され、見事に再建させ、ビール事業家として天下に名をとどろくかせた。

同二十九年、五十三歳で三井をやめ、有名な四時間睡眠主義で社業に専念、陣頭に立って販路を開拓し、銀座にビアホールを開設して世間をアッといわせた。

こうして同三十九年、彼は札幌麦酒と大阪麦酒(アサヒビール)を誘い、3社の大合同を実現、大日本麦酒株式会社をつくり、自ら社長となり国産ビールの約七〇%を制した。

大正期には中国への工場進出、製ビン会社の増設等を進め、ついに東洋一の大会社たらしめた。彼は死ぬまで社長の座に君臨し、財界の元老として百を超える会社事業や公共事業に関係した。そして趣味の茶道の上にもその名を残し、八十八歳の高齢で長逝した。

健康10ヵ条

  • 、信仰心を養うこと。何宗教でもよろしいが、信仰心を養って、各自安心立命の生活に人らねばならぬ。
  • 心持を常に若くし、老成を気取らず、何事にも愉快に活動すべし
  • 心配すべし、心痛すべからず。
  • 、四気の保持を忘れぬこと。――
  • 、四気とは元気、勇気、長生き(気長の意味)、腹の落付き(沈静)の四つをいう。
  • 、毎朝早起きすること。但し、必ず適度の睡眠をとる。少時の居眠りもよし。
  •  毎日、適度の運動をすること。但し、何も特殊なものを必要としない。
  • 、飲食は控え目にし、また、つとめて美食の常用を避けること。
  •  禁煙。酒はよい。ことにビールはよい。
  • 、身体の養生と共に、身代(財布)の養生を怠らぬこと。

2つの養生<体の養生と財布の養生とは怠るな>

体の養生と財布の養生とは、けっして別々ではない。わたしはつねに体と共に財布の養生を心掛けてきたから、この年まで丈夫に働いてこられたというものだ。

この二つに、毎日気をくばって暮しておれば、無病息災、いつまでも元気で働きとおせるのである。

ところが、若い連中は(わたしとても同じであったが、)みんな体の養生も怠るし、財布の養生も忘れがちになる。

体をこわして財布をいためつけ、財布の腹くだりをさせては体の方までぐったりさせている。会社の出勤成績をよくしらべてみても、かぜ引きの多いものの財布は、いつもピーピーしていて、欠席の多い社員ほど、会計の前借り伝票が多いようだった。

体の養生をさせたいなら、財布の養生もさせなければならず、財布をふとらせたいなら、自分の体も病気せぬように注意しなければならぬら こいつは一方だけというわけに行かぬ。

健康の基本は、なんといっても二つの養生を心がけることにある。

lつは体の養生、2つは財布(さいふ)の養生である。

前者は入るを制し、後者は出ずるを制することで一応の養生は成り立つ。

財布のロを締めすぎても世渡りはできない、そこで、どちちもほどほどというケジメが大切で、これが上手にやれればおのずから健康は招来される。

体をいためては財布の養生もできにくいし、財布の不養生が体の不養生、心痛がいちばんこたえるーことにもなる。

物事はすべて「心配すべし・心痛すべからず」で、体の不養生で財布を心痛させ、財布の不養生で体の心痛を招くのがもっともよろしくない。

以下は、東大医学部教授・真鍋嘉一郎の話しである。

私は馬越恭平さんを戒めたことがある - 馬越さんは大茶人で、素人目には左程とも思われぬ茶さじや古茶碗を大切にされるが、そんなものを、どうし

てそうされるのですかと聞いたら、この竹べらや茶碗は、何百年前の大宗匠、大名人がこしらえた天下一品の物で、点茶手前の上にいろいろの法式を定めて、これを取り扱う際に万々粗略のないようにしておるのだとの返事、そこで私がすかさずいった。

お茶人さんが名器を丁重に取扱うわけは分かったが、およそ世の中に、人間は自分自身はど貴重なものはないはず、それだのに、古べらや古茶碗ばかり大事がって、自分の体を大事がらないのはどうしたものでしょうか。

あなたが大茶人なら、大茶人であるほど茶器同様、それ以上にも自分の体を大事にしてもらわなければ困る。医者のいうことを聞いて、老体を大事に取り扱ってこそほんとうの大茶人になれますよ、と。   

 - 人物研究, 健康長寿, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
★5「世界の最先端技術『見える化』チャンネル」-「イノベーション・ジャパン2017(8/31-9/1) (株)「人機一体」は世界初の高さ4mの巨大・ガンダム型の人 型重機ロボット」をデモ

世界の最先端技術『見える化』チャンネル 「イノベーション・ジャパン2017(8/ …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史⑽」『高杉晋作の機略縦横と突破力③』明治維新に火をつけたのは吉田松陰、徳川幕府を倒したのは高杉晋作である』★『男子は困ったということだけは、決していうものじゃない』

  明治維新に火をつけたのは吉田松陰であり、230年惰眠をむさ ぼった …

no image
日本メルトダウン脱出法(572)☆「なぜ香川真司はドルトムントで復活したのか」◎「2戦連続弾の本田に高評価

     日本メルトダウン脱出法(572) 本日の …

no image
辛亥革命(1911年10月10日)百周年ー『孫文の辛亥革命を日本の新聞はどう報道したのか』①

辛亥革命(1911年10月10日)から百周年   ―逆転した今後の日中 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(138)再録/-『太平洋戦争と新聞報道』<日本はなぜ無謀な戦争を選んだのか、500年の世界戦争史の中で考える>②『明治維新の志士は20歳代の下級武士』★『英国、ロシアのサンドイッチ侵略で日中韓の運命は<風前の灯>に、日本は日中間の連携を模索したが!?』

    『世田谷市民大学2015』(7/ …

no image
日本作家奇人列伝(39)日本一の大量執筆作家は誰だー徳富蘇峰、山岡荘八、谷崎潤一郎、諸橋撤次ら

日本作家奇人列伝(39) 日本一の大量執筆作家は誰だー 徳富蘇峰、山岡荘八、丹羽 …

no image
日中韓異文化理解の歴史学(3)<まとめ記事再録>『日中韓150年戦争史の原因を読み解く』(連載70回中、37-50回まで)★『甲午農民戦争、閔妃と大院君の朝鮮王宮の腐敗と内部抗争、金玉均の暗殺、李鴻章の陰謀、日本の圧力、 ロシアの侵攻の三つどもえの対立が日清戦争へと爆発』●『英タイムズの警告(日清戦争2週間前)「朝鮮を占領したら、面倒を背負い込むだけ(アイルランドと同じ)』★『「日清戦争開戦10日前『中国が朝鮮問題のため日本と一戦交えざるを得ないことを諭ず(申報)』●『<日本はちっぽけな島国で鉱山資源には限度があり,倉庫の貯蔵も 空っぽで,戦争になれば紙幣も流通しなくなり,商店は寂れて.たちどころに困窮してしまう。 中国は日本に必ず勝利するのだ』

    『日中韓150年戦争史』㊲ ロシア皇太子暗殺未遂事件(大津事件 …

no image
<クイズ>日本で最高の弁護士は歴史的にみて誰でしょうか・・答えは断トツに正木ひろしだね。

日本で最高の弁護士は歴史的にみて誰でしょうか・・答えは断トツに正木ひろしだね。 …

no image
日本メルトダウン脱出法(761)「高齢者さえ増えなくなる人口減少の新局面でー日本は成長できるか?」●「軽減税率で貧富の格差は拡大するー公明党のポピュリズムは大混乱を招くだけ」●「こうして弾き出される!実体にそぐわない中国のGDP~中国の経済統計』

 日本メルトダウン脱出法(761)   高齢者さえ増えなくなる人口減少 …

no image
『世界サッカー戦国史』➄『児玉源太郎と西野監督のリーダーシップの共通性』★『 児玉参謀次長の戦略思考と人心収攬術と西野の戦略眼、選手との対話力、コミュニケーション力が勝利の決め手になった』

  児玉源太郎と西野監督のリーダーシップの共通性            …