前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

 『 新選/ニッポン奇人・畸人・貴人・稀人・伝伝伝』② 『泉鏡花・幻想文学の先駆者は異常な潔癖症・』●『封筒が手を離れてポストの底に落ちても、まだ安心出来ない。原稿がポストの周囲に落ちていないだろうかと不安に襲われて、三回はポストの周囲を回わり、最後にもう一度振り返って見る』

   

 『 新選/ニッポン奇人・畸人・貴人・稀人・伝伝伝』②

『泉鏡花・幻想文学の先駆者は異常な潔癖症・・』

 泉鏡花の作品ではじめて活字になったのは『冠弥左衛門』であった。巌谷小波が京都の『日の出新聞』から何か書いてくれと頼まれたが、多忙で直ぐ書けない。

誰か書く人はあるまいかといって紅葉のところへ相談に来たので、紅葉が弟子の鏡花を推薦したのである。鏡花は大変な意気込みで、印刷にならぬ前に同じ弟子仲間の風葉や春業に読んで聞かせる。

「泉、お前は大層皆を弱らせるというじゃないか」と紅葉にいわれてようやく気が付いたほどであったが、京都の読者は一向感心しない。

あの小説はやめて貰いたいという不足の手紙が、小波のところへ十九通も来ている。小政から紅葉までその事を伝えて来たけれど、「若い者にそんな事をいって失望させるのは可哀そうだから」といってなだめたので、どうやら小説は掲げることが出来た。驚くなかれ、不足の手紙十九通である。(『鏡花全集』)

 鏡花が紅葉の玄関番であった当時、紅葉が『読売新聞」に載せる小説を、毎日ポストに入れに行くのが日課であった。

封筒が手を離れてポストの底に落ちても、まだ安心出来ない。原稿がポストの周囲に落ちていないだろうかという不安に襲われて、どうしても三回はポストの周囲を廻わり、最後にもう一度振り返って見る。ある時これを紅葉に発見されて、「お前は何故そんな見苦しい事をする」 と叱られたので、原稿投かん上の迷信は一時に消失してしまった。(同上)

 紅葉が匿名でモリエールの喜劇を翻案した『夏小袖』を春陽堂から出し、その筆者を当てるという懸賞があった。

この時の原稿の清書は鏡花がやったので、それが紅葉の作であることは、紅葉と鏡花と春陽堂主人の外は誰も知らなかった。この秘密は遂に漏れなかったので、鏡花は紅葉の信用を篤くすることになった。(同上)

 『即興詩人』は鏡花の愛読書の一つであった。

あの菊判本上巻210頁4行目に「吏。様か、左」というところがある。何しろ一字どころか、字の一画といえどもゆるがせにせぬ鴎外の事だから、何か「左様か」をわざと裏返しにした意味があるに相違ないと思って、浜町の常盤であった雨戸会の席上で、鴎外に聞いて見たら、「そうですか、そんなところがありますか」と二つばかり軽くうなずいて、「誤植々々」といってくすくす笑っていた。

鏡花自身もあとで考えると汗が出る。英雄人を欺いたのではない、此方が眩惑されたのだといっている。(同上)

 

 鏡花は『膝栗毛』を愛読し、旅行に出る際には必ず携帯した。自ら喜多八をもって任じ、弥次郎兵衛に擬せられたのが年上の笹川臨風である。この事は鏡花の書いたものにしばしば見えており、臨風も『明治すきかへ』の中に書いている。

鏡花が京都からよこした端書の宛名が「笹川弥次郎兵衛様」とあったため、附箋付きで京都に逆戻りし、封筒に入れて再送したなどという滑稽もあった。

 鏡花は神経質であったから、食物には非常にやかましかった。泉家の御馳走は鮭の塩引と豆腐であったが、さすがに吟味してあるだけあって、鮭はかいなでの魚屋にはあるまいと思われる新巻きの極晶であった。豆腐は煮奴では

あるが実にうまい。その外は鳥鍋で、これも初音にかぎる。この店は白木屋の裏の木原店からあった頃からの馴染みで、その後京橋の五郎兵衛町に移っても依然鏡花の常得意であった。この外にはあまり大した好みもなかったらしい。(笹川臨風音『明治すきかへし』

 

 鏡花が父の訃に接して郷里に帰った時、家計が困難で米塩の料は尽きる。しばしば自殺の意を生じて、近くにある百聞堀という池に身を投げようと心したこともあった。

この際に成ったのが『鐘声夜半録』で、その原稿を東京に送って紅葉の校閲を乞うと、紅葉は一読して鏡花の心状を看破した。鏡花のところへ来た手紙に「其の担の小なる芥子の如く、其の心の弱きこと苧穀の如し、さほど貧苦が苦しくば、安ぞ其始め彫聞錦帳の中に生れ来らざりし。破壁残軒の下に生を享けてパンを咬み水を飲む身も天ならずや」とあった。

唯一の師と悼む紅葉の言葉だから、鏡花はたちまち心機一題することが出来たが、後年の『女客」の中にも、この時の片鱗がちょっと出ている。(鏡花全集)

 

 鏡花が『北国新聞』に『黒猫』といぅ小説を掲載中、ちょっと金沢へ帰ったことがある。銭湯へ行くとその主人が『北国新聞』を読んでいるので、一っ評判を聞いて見ようと思ったが、ぶっっけに聞くわけに往かぬから、「なんですか、この前の小説はどうです」と聞いて見た。

すると、「この前のは『何とか御殿」というので大変面白かった、一日も欠かさず読んだが、今度のはさっぱり訳のわからん、面白くも何ともない小説だ」といわれたのでがっかりした。(同上)

 

 鏡花の原稿は、必ず半紙と極まったもので、半紙を二つ折にして、その間にお手製の罫紙を鋏み、これもお婆さんの遺愛の、極めて小さな硯で、克明に墨を磨って、毛筆で鏡花一流の華奢な文字で書き続ける。・・

つづく

 - 人物研究, 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史(18)記事再録/「STAP細胞疑惑』『日本政治の没落』の原因である 「死に至る日本病」『ガラパゴス・ジャパン』『中央集権官僚主義無責任国家』 の正体を150年前に報道した『フランス新聞』<1874(明治7)年5月23日付『ル・タン』―「明治7年の日本政治と日本人の特徴とは・・」

2014/04/21/日本リーダーパワー史(494)   & …

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
『鎌倉釣りバカ人生30年/回想動画録』⑯『2011/03/30/From Kamakura with love and Fighting Split』と『老人と海』ー東日本大震災の皆さんに愛とエール、オールドパワーを込めて

2011/03/30  記事再録  前坂 俊之(ジャーナリス …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(205)記事転載/『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』②ー「戦争の原因となったシベリア鉄道建設の真相』★『ロマノフ家とシベリア鉄道』●『北満洲はロシアによってあらゆる形式において軍事的に占領された』

    2016/12/21 /『世界史 …

no image
日本リーダーパワー史(851)-『安倍首相の「国難突破解散」は吉と出るか、凶と出るか『政界の一寸先は闇』★『安倍解散は「策士、策に溺れる」ことになる不吉な予感がする。』★『宰相、政治家にとって、一番大切なことは『信なくば立たず』である。』●『外国メディアは安倍解散を酷評、WSJ【社説】安倍氏の総選挙、メイ首相の二の舞いか』

 日本リーダーパワー史(851)  衆議院は9月28日召集の第194臨時国会の冒 …

no image
  ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < チャイナ・メルトダウン(1055)>『習近平のメディア・ネットコントロールの恐怖』●『言論規制下の中国で、「ネット経済圏」が繁栄するフシギ』★『習近平、3大国営メディアに「党の代弁」要請 全権掌握へ、「江沢民の牙城」に乗り込む』●『「マスコミの使命は党の宣伝」習主席がメディアの「世論工作」に期待する重要講話』★『中国式ネット規制強化で企業情報がダダ漏れの予感』●『習近平が危ない!「言論統制」がもたらすワナーメディアへの締め付けはいつか反動で爆発も』

  ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < チャイナ・メルトダウン(105 …

no image
日本リーダーパワー史(677) 『日本国憲法公布70年』『吉田茂と憲法誕生秘話 ③『東西冷戦の産物 として1ヵ月で作成された現憲法』③ 『憲法9条(戦争・戦力放棄)の最初の発案者は一体誰なのか』その謎を解く

  日本リーダーパワー史(677)  『日本国憲法公布70年』 『吉田茂と憲法誕 …

no image
名リーダーの名言・金言・格言・苦言・千言集(14)『大黒柱に車をつけよ』(岡田 卓也) 『迷うようなことに、迷うな』(石川一郎)

<名リーダーの名言・金言・格言・苦言 ・千言集(14)            前 …

no image
『リーダーシップの日本近現代興亡史』(215)ー『リーダー不在の人材倒産国・日本の悲劇①> 『明治の日本を興したリーダー』と『昭和の日本 を亡ぼしたダメリーダーたち』(上)★『 近衛文麿 、石原莞爾、松井石根 板垣征四郎、松岡洋右 、富永恭次、野村吉三郎 、永野修身』

  2011/12/30  日本リーダーパワー史( …

no image
終戦70年・日本敗戦史(112) 戦後70年を考えるー文明の衝突としての大東亜戦争―玉砕、餓死、自決、捕虜殺害の「人権思想」の対立②

                                     終戦7 …

no image
知的巨人の百歳学(133)-『石油王・出光佐三(95)の国難突破力/最強のリーダーシップ/晩年長寿力』⓷『九十歳になっても一向に衰えない元気の秘訣は「強烈な指圧と週一回のゴルフ」で目が悪いのも前立腺、心臓肥大、歯槽膿漏も自分で治したというから驚く』

   出光 佐三(1885―1981、95歳)は九十歳になっ …