前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

世界が尊敬した日本人ー『日本海軍の父』山本権兵衛―日露海戦に完勝したその『リーダーパワー』に学べ

   

世界が尊敬した日本人

(再録)『日本海軍の父」山本権兵衛―日露海戦に

完勝したその「リーダーパワー」に学べ

前坂俊之(ジャーナリスト)

以下の原稿は月刊「歴史読本」(2009年3月号に掲載)

初の黒人・オバマ米大統領の誕生(2009年1月)で、世界は今、「リーダーパワー」が問われる時代になった。相次ぐ首相、大臣の辞任で政治が沈没中の国難・日本にとって、国運を賭けた日露戦争を勝利に導いた「海軍のオーナー」・山本権兵衛の「リーダーパワー」にこそ学ぶ必要がある。

日露戦争はアジアの国がはじめて西欧の大国を破った世界史を変えた事件で、250年の鎖国をやぶり明治維新でスタートした近代日本は、わずか30余年で日露戦争で勝利して三等国から一等国の仲間入りを果たした。

その日本海軍のトップリーダーが山本権兵衛。

日露戦争といえば東郷平八郎や秋山真之、乃木希典らの戦った軍人ばかりに焦点があたるが、真に国家の興亡のカギを握ったのは山本権兵衛であり、陸軍建設者の山県有朋と比べてもその国家戦略、実力ははるかに上であった。

山本は嘉永5(1852)年10月、に鹿児島市加治屋町で薩摩藩士の六男で生まれた。西郷隆盛、大久保利通らと同じ町内で西郷に進められて、海軍の道を歩んだ。明治10年(1877) 25才で、ドイツに留学して、海軍術を学んで帰国、海軍内でメキメキとその頭角を現した。

山本はトップリーダーに必要な①一貫した強い信念②国家戦略、作戦の作成③マネージメント能力④スピーチ能力⑤グローバル・リテラシー(国際的視野)⑥タフネゴシェーター(外交能交渉術)、それに、戦争の仕方、引き際の勝負脳のすべてを持ち合わせていた。

ロシアを仮想敵国とし、戦闘艦六隻、一等巡洋艦六隻の六六艦隊の国家戦略をまとめて海軍省官房主事時代に西郷隆盛の弟の西郷従道海軍大臣を縦横に動かして厳しい国家財政の中で短期に整備増強した。

人事でも辣腕をふるって、派閥、年功序列をやぶって大将、将官ら古手97人をバッサリと首にした。中でも、病弱で舞鶴鎮守府長官として予備役寸前の東郷平八郎については逆に首にせず、日露開戦の直前にいきなり連合艦隊司令長官に大抜擢した。

明治天皇が心配すると「東郷は運のいい男ですし、命令を必ずやりとげる男です」と答えた。東郷は日本海海戦で空前絶後の戦果をあげ山本の期待にこたえた。

しゃべるのが苦手な日本型リーダーが多い中で、山本は抜群の弁舌で、1度話し出すと、自説を主張して譲らない信念の人だった。海軍省軍務局長の時には「権兵衛大臣」といわれ、西郷海相を手玉に取ってプロジェクトを実行し、陸軍大将・山県有朋にむかい、「山県君」と呼び、山県を激怒させたこともあった。

外国でも「日本海軍の父」として、その名は轟いていた。ドイツのカイゼルのウイルヘルム二世に会ったとき、「ドイツでなにか見たいものはないか?」と聞かれて、「クルップの機密工場をみたい」といって度肝を抜いたり、アメリカ大統領ルーズベルト(日露講和の仲介者)に会ったときも、英語で日露戦争の勝利についてまくし立てて驚かせた。

山本のすごさは戦争で勝利の方程式を作って、勝ったあとの幕引きも完全ににやってのけたことだ。大山厳が満州軍総司令官に任命されると、海軍大臣だった山本を訪ねて懇願した。

「この戦争は三年、五年ぐらいはかかる。戦争終結が難しい。軍配を振る(戦争を止める)のは一身を犠牲にする覚悟がなければできない。この大役は貴方しかできない」

山本はこう答えた。

「私はその機会到来すれば、適当の措置をとることに躊躇しないのでご安心いただきたい」

山本は奉天会戦を最後として終戦に導き、乾坤一擲の大勝負で日本側の勝利を確定した。太平洋戦争でのリーダーパワーと比べると雲泥の差である。

最後にエピソード。傲岸不羈の山本は当時では全く珍しいフェミニストであり、結婚の際に「夫婦むつまじく、生涯不和にはならない、離縁をしない」などの誓約書を交わしており、終生夫人を大事にしていた。

生涯2度も総理大臣になりながら、いずれも不運のうちに辞職して昭和8(1933)年12月、81歳でなくなった。

 - 健康長寿, 戦争報道

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

『リモートワーク/鎌倉フィッシング』(2020/5/14/am6)ー鎌倉沖で巨アジ(40センチ)を釣る』★『筋トレ、リラックスカヤックで健康バッテリーを充電!』

 『日本の最先端技術見える化動画』 鎌倉カヤック釣りバカ日記 『リモートワーク鎌 …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(117)「超俗の画家」熊谷守一(97歳)●『貧乏など平気の平左』で『昭和42年、文化勲章受章を断わった。「小さいときから勲章はきらいだったんですわ。よく軍人が勲章をぶらさげているのみて、変に思ったもんです」

百歳学入門(151)元祖ス-ローライフの達人「超俗の画家」熊谷守一(97歳)●『 …

no image
日本史の復習問題/ ◎『山県有朋から廃藩置県の相談された西郷隆盛は 一言で了承し、断固実行したその最強のリーダーシップ②』

 2012/03/26 /日本リーダーパワー史(248)   …

no image
百歳学入門(38)―『『天才老人・本多静六(85)の70,80歳になっても元気で創造する秘訣―『加齢創造学』

百歳学入門(38)―『百歳長寿名言』   『天才老人・本多静六(85) …

no image
百歳学入門(55)作家・宇野千代(98歳)『生きて行く私』長寿10訓ー何歳になってもヨーイドン。ヨーイドン教の教祖なのよ。

     百歳学入門(55)   作家・宇野千代(98歳)『生きて行く …

no image
終戦70年・日本敗戦史(78)戦後70年―決して忘れてはならない敵国の温情、中華民国・蒋介石は「徳をもって怨みに報いる」と宣言①

  終戦70年・日本敗戦史(78) 戦後70年―決して忘れてはならない …

no image
現代史の復習問題/「延々と続く日中韓衝突のルーツ➉』記事再録/中国紙『申報』からみた<日中韓のパーセプションギャップの研究>』⑦『1883(明治16)年3月5日付「申報』の『琉球人の派閥分裂を諭ず』』

2014年6月30日『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中韓のパ …

no image
日本敗戦史(53)A級戦犯指定・徳富蘇峰の 『なぜ日本は敗れたのか』⑤ 「日本人の先天的欠陥と後天的欠陥」

 日本敗戦史(53) マスコミ人のA級戦犯指定の徳富蘇峰が語る 『なぜ日本は敗れ …

no image
ホテルメトロポリタン鎌倉、開業へ急ピッチー2020/4月/24 日グランドオープン。鎌倉駅前に、市内では最大級のシティホテルがオープンする。宿泊施設の少ない鎌倉市内では、貴重な観光ホテルとなりそうだ。

 ホテルメトロポリタン鎌倉(2020年4月24日グランドオープン) h …

no image
世界/日本リーダーパワー史(961)-「情報通信を制する者は世界を制する」(情報戦争)-『ファーウェイ事件は米中2大国の次期通信網5Gの覇権争い』★『大英帝国は世界中に張り巡らせた海底ケーブルによって、米国の世界覇権はエシュロン、偵察衛星によって、中国は5G覇権によって世界制覇を目指しているが、果たしてその行方は?・・』

 ファーウェイ事件は米中の5G覇権争い、次期通信網5Gの覇権争いなので …