前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(149)』 「竹田圭吾氏の死去、 ジャーナリストの矜持、 ジャーナリズムのあるべき姿を深い所で考えていた人」

   

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(149)』

「竹田圭吾氏の死去のこと、 ジャーナリストの矜持、
ジャーナリズムのあるべき姿を深い所で考えていた人」

<F氏のコメント>

さて、標題の件、ジャーナリストの矜持、ジャーナリズムのあるべき姿 など、深い所で体得している数少ない若手と、お見受けしておりました。スポーツ記者としてのスタートがまた良いですね。

惜しい人を失ったのではないでしょうか?

自然体で権力に阿らない、戦後デモクラシーとヒューマニズムの申し子 、雄弁は沈黙である事が分かっている、一儲け企むタイプの対極にある上昇志向と距離を置いた、若いけれど抑制の効いた正義感、そして知性と教養を兼ね備えたいぶし銀のような存在感のある日本男児、社会、政治、経済 全般と国際環境の該博な知識などなど、が小生の印象です。

WSJの日本版編集長を10年近くやった経験で、TVの夜の報道番組 1~2時間ものを任せたら面白かったのではないでしょうか?

51才は若すぎます。

竹田圭吾さん死去、51歳 ジャーナリスト、元「ニューズウィーク日本版」編集長

http://www.huffingtonpost.jp/2016/01/10/obituary-of-keigo-takeda_n_8948656.html

 

小倉智昭、竹田圭吾さんの死を悼む「このニュースはお伝えしたくなかった」

http://news.mynavi.jp/news/2016/01/11/151/

 

小倉キャスター、生番組で竹田圭吾さんの死を悼む「最後までジャーナリスト魂を見た」

http://www.hochi.co.jp/topics/20160111-OHT1T50028.html

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルダウン脱出法(638)◎「国会議員の給料5月分から年間421万円アップ、居眠り議員に払う必要なし」「駐韓米国大使襲撃事件の問題点」など8件

  日本メルダウン脱出法(638)   ◎「国会議員の給料5 …

no image
百歳学入門(41) 『禅の達人の鈴木大拙(95歳)の語録ー『平常心是道』『無事於心、無心於事』(心に無事で、事に無心なり)

百歳学入門(41) 『禅の達人の鈴木大拙(95歳)の語録』   『平常 …

no image
百歳学入門(39)『画家・中川一政、97歳』<よく生きた者が、よく死ぬ。そこになんの理屈も神秘もない>

百歳学入門(39)―『百歳長寿名言』   <自らの意思でチャレンジせよ …

no image
日本リーダーパワー史(976)ー『150年前の日本と中国―副島種臣外務卿のインテリジェンス』★『世界に先駆けて『奴隷解放』に取り組んで勝利したマリア・ルス号事件(明治5年7月)を指導した』

  150年前の日本と中国―副島種臣外務卿のインテリジェンス 前回、一 …

no image
百歳学入門⑯ <日本超高齢社会>の過去とは⑥…<若者よ日本をチェンジせよー明治維新の志士は20歳の若者たち>

百歳学入門⑯  <日本超高齢社会>の過去とは⑥… <若者 …

41G9W+aLBFL
☆電子書籍で新刊を出版しました。『新聞記者の冤罪: 死刑追求の旅』 (22世紀アート) Kindle版』

☆電子書籍の新刊出版。『新聞記者の冤罪: 死刑追求の旅」 (22世紀アート)&n …

no image
終戦70年・日本敗戦史(135の続)「国を焦土と化すとも」と国際連盟を脱退する外交大失敗を冒した荒木陸相、森恪、松岡洋右のコンビと新聞の不見識

   終戦70年・日本敗戦史(135の続) <世田谷市民大学2015> …

no image
百歳学入門(35)―『百歳長寿名言』グリコ創業者・江崎利一(97歳)『健康法に奇策はない』

百歳学入門(35)―『百歳長寿名言』 長寿経営者の健康名言・江崎利一(97歳) …

DSC_0123.jpeg2
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(201)』-冬の京都・三千院、比叡山延暦寺、湖西の石山寺、三井寺を周遊、『この数年ヨーロッパばかり回り、石造り建築の露骨な存在感に食傷しておりましたので、自然と一体となった日本の寺院建築の楚々とした佇まいに改めて魅了されました。』

 『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(201)』- -冬の京都・三 …

no image
『天才老人・禅の達人の鈴木大拙(95歳)の語録』 『わしは、過去のことは考えんな。いつも未来のことを考えておる』

『天才老人・禅の達人の鈴木大拙(95歳)の語録』   『わしは、過去の …