前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

知的巨人たちの百歳学(131)『一億総活躍社会』『超高齢社会日本』のシンボル・平櫛田中翁(107歳)の気魄に学べー『いまやらねば いつできる わしがやらねば だれがやる』

   

 知的巨人たちの百歳学(131

『一億総活躍社会』『超高齢社会日本』のシンボル・平櫛田中翁(107歳)の気魄に学べ

『いまやらねば いつできる わしがやらねば だれがやる』

hiragushidenncyuutokusunokki1-300x216

平櫛田中が百歳を迎えた時、本間正義・東京国立近代美術館館長は「平櫛田中先生の人と芸術」と題して「百翁平櫛田中作品集」(田中館、昭和46年11月刊)でこう解説した。

「岡倉天心氏は、よく芸術の表現は「理想」にありといい、またその「理想」をやってくれる彫刻家は、平櫛田中だけだと語ったということである。

また天心氏は当時、日本美術院の双璧で、作風の極めて対照的であった下村観山と横山大観になぞらえて、彫刻の米原苦海と平棉田中を比較したことがある。これは観山、雲海の技術と、大観、田中の精神を較べたものに違いない。つまり平櫛先生は日本美術の伝統の中にある精神性を、しっかりとつかんでいたのである。

この「理想」と、もう一つ田中芸術の軸となって展開したのが、時代を背景とする近代的な「写実」であった。この二つが融合した時に傑作が生れてきた。代表作である鏡獅子も、各種の天心像も、烏有先生像等いずれも極めて特定な人物の一種の肖像彫刻である」

1944年(昭和19)、田中は73歳で東京美術学校教授になったが、「こうせよという教え方は全くとらなかった。教室の中で仕事をしてみせ、その仕事ぶりをみさせるというやり方であった。先生の持ち味が、教え得る「写実」だけでなくて、論理的に表現し難い 「理想」 があったからであるーと同書で本間は指摘している。

本人の田中はこの作品集の作者の言葉で「私が百歳になったのを記念して、作品集を発行してやろうとのことで誠に有難いことに存じます。

私は、私を商人にしたかった父の意にそむき、自分の勝手な彫刻の道に志して今日まで参りましたが、私の作品が一冊の本になって皆さんに観て貰うことは、非常に嬉しい限りです。このことは、父母への言いつけ通りにしなかった私のせめてもの罪はろぼしになると自らの慰めにもなるからです。

私は、今年百歳になりましたが、これから五つほど大きいものを作らねばならぬので、朝九時頃から午後四時頃まで仕事場へこもって仕事だけすることにしております。

今まであまり人が来られ過ぎて仕事が進まず、「人間老而徒多事」(人間老いて、いたずらに多事、忙しい)と困っていましたが、幸い、今年百歳のお祝をして下さいまして親友、知人が八百余名一堂に集って下さいましたが、その席上で、「はなはだ勝手なことを申しますが、当分仕事をしたいので、ご来訪を遠慮下さい」と、

お願いしておきましたところ、この頃はピタリ来訪者が絶えて、おおいに歓んでいるところでございます。」(昭和四十六年十月・百翁 平櫛 悼太郎)

また、田中の生まれた岡山県井原市に昭和45年に田中館(平櫛田中美術館)が建てられたが、その建設をした岡山県井原市長・ 山岡昇氏は「先生に、小中学校の生徒に何か言葉を書いてやって下さいとお願いしましたところ、平仮名で、

『いまやらねば いつできる わしがやらねば だれがやる』

と書いて下さいました」

と同書で書いている。

百歳現役、仕事に情熱を燃やす、驚くべき気魄である。

日本リーダーパワー史(77) 『超高齢社会日本』のシンボル・107歳平櫛田中翁に学べ

http://www.toshiyukimaesaka.com/wordpress/?p=2727

 

日本リーダーパワー史(77)

『超高齢社会日本』のシンボル・107歳平櫛田中翁に学べ
<ギネス世界一長寿芸術家・平櫛田中の気魄・禅語

http://www.maesaka-toshiyuki.com/longlife/3429.html

▼百歳学入門(90)平櫛田中(107)の気魄元気ー『長寿の歌・お迎えが来たときにゃ、追い返せ節』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/longlife/953.html

 - 健康長寿 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国メルトダウン(1053)> 『パリ協定を離脱した米国の孤立化』★ 『トランプの連続オウンゴールで中国が『漁夫の利』を占めた』●『PM2.5などの大気汚染、水質汚染、土壌汚染、汚染食物など史上最悪の 『超汚染環境破壊巨大国家」中国に明日はない。』

 ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国メルトダウン(1053)> …

Unknown-1
百歳学入門(151)元祖ス-ローライフの達人「超俗の画家」熊谷守一(97歳)●『貧乏など平気の平左』で『昭和42年、文化勲章受章を断わった。「小さいときから勲章はきらいだったんですわ。よく軍人が勲章をぶらさげているのみて、変に思ったもんです」

百歳学入門(151)   元祖ス-ローライフの達人・「超俗の画家」の熊谷守一(9 …

no image
日本リーダーパワー史(574)安保法制を考えるための、日本の海外派兵の歴史「北清事変」「シベリア出兵」などを討論・ディープビデオ対談(30分)②

日本リーダーパワー史(574) 安保法制を考えるための、日本の海外派兵の歴史「北 …

no image
日本リーダーパワー史(784)-「日本史の復習問題」「日清・日露戦争の勝利の秘訣は何か」明治人のリーダーパワーとリスク管理能力、外交力を現在の昭和人のそれと比較する』

 日本リーダーパワー史(784) 「日本史の復習問題」 「日清、日露戦争に勝利」 …

no image
百歳学入門⑰ <日本超高齢社会>の過去とは⑦…<日本の総理大臣ランキングは・・賢相、悪相、凡相、愚相、病相たち・・>

百歳学入門⑰  <日本超高齢社会>の過去とは⑦… <日本 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(146)』「水木しげるのラバウル戦記」読後感ー「生へ健全な執着」の表現と 『「人間を虫けらの様に扱う」軍隊組織を嘲笑する』距離感は天才的です。

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(146)』 「水木しげる …

no image
日本メルトダウン脱出法(755)「経済失速は大きな誤解、今こそ中国ビジネスの好機」●「「既存技術を一歩一歩改良」のトヨタとは正反対、グーグルはなぜ一気に完全自動運転を目指すか」●「アフガニスタンの泥沼にはまり込んだオバマ大統領 出口の見えない辛い旅路」(英FT紙)

日本メルトダウン脱出法(755) 経済失速は大きな誤解、今こそ中国ビジネスの好機 …

999999999
『F国際ビジネスマンのワールド・ カメラ・ウオッチ(185)』★『6月中旬梅雨盛り、鎌倉の古刹「長谷寺」の名物の紫陽花づくしのパラダイス』

『F国際ビジネスマンのワールド・ カメラ・ウオッチ(185)』 <湘南海山ぶらぶ …

no image
日本メルトダウン脱出法(684)「戦後レジームより「戦時レジーム」の清算が必要だ」「MERSはなぜこんなに韓国で流行しているのか?」

            日本メルトダウン脱出法(684) 戦後レジームより「戦時 …

By: TANAKA Juuyoh (田中十洋)
『鎌倉カヤック釣りバカ仙人ー2015年元旦、めでたくもあり、めでたくもなし>

★<2015年元旦、謹賀新年、めでたくもあり、めでたくもなし>   『鎌倉カヤッ …