前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

歴史張本人の<日中歴史認識>講義⑨袁世凱の顧問・坂西利八郎が「100年前の支那(中国)財政の混乱」を語る⑨

      2015/01/01

  

 

日中両国民の必読の歴史の張本人が語る

「目からウロコの<日中歴史認識>講義」⑨

 

袁世凱の政治・軍事顧問となった坂西利八郎

(在中国25年)が「100年前の支那(中国)

財政の混乱」を語る

 

 

以下は坂西利八郎が1927年(昭和二)二月十八日に「大阪毎日新聞社講堂」
で行った講演の全文。<「日中友好の捨石、秘録 土肥原賢二」芙蓉書房 
昭和
47年」に収録>

 

 

 昨夜もちょっとお話したのでありますが、支那近年の財政状態の推移は私が支那滞在中に黄っておった月給として、支那政府から支払われた金の種類によっても、これを推知することが出来る。というのは、明治三十七年頃には馬蹄銀といって重い銀を、銀のまま貰いました。それからずっと後には、円銀を貰うことになりましたが、これも相応に重量があります。それから、銀でなくなってからは紙幣になりました。

 

そうすると、今度はその紙幣も交換をしなくなった上に、割引をされることになりました、その割引の問にも、私自ら財政部に行って強いて頼むと、銀と替えて貰うことが出来たがだんだんそれもできなくなった。財政部の現金庫へ行っても現銀の姿が見えない。そして毎月渡さるべき月給が1月おくれ、二月おくれ、三月おくれとなり、私が彼地を辞する昨年の冬には、とうとう二年半の不当月給を残して帰って来ましたような次第です。(笑声)

 

私は元軍人で、全く月給生活をしておりますから、月給が貰えないので困りました。けれども、これは決して私が憎くって払わないのでない。

支那の官史はみな私と同じように、支払われないのである。それでは、支那の官史はどうして食って行くかという疑問が起りますが、何も二年といっても、二年ぽっつり払わないのではない。一年に大抵三度は払ってくれます。旧の五月の節句と、八月十五日と年越、この三度には、とに角、少なくとも一月分位は貰わないと義理が欠ける。

 

又、たまには、月給の一割とか、二割とか、都合のいい時には、七割も貰うことがありますが、その標準は月給の少ないものには余計渡し、多いものには渡さない。外国顧問などは多い方ですから、決して渡さない。のみならず、給料を渡さなくとも、いずれ本国政府が、何とか世話するだろうからというので、支那側は思い切りよく渡さぬのであります。

 

(笑声)まことに嘘のようでありますけれども、これが支那財政の現状であります。それでは北京政府は、どうして暮しているかというと、今暮しているのは、鉄道の収入、少いながらも郵便の収入、電信の収入、北京の入市税、それから牛の税とか、馬の税とか、羊の税とか、いろいろなものを極くわずかなものでありますけれども徴収します。

 

 

そしてそれ等のものを掻き集めて、どうかこうかして政治をしております。北京政府だけを維持するにはそれだけの収入を充つれば、政費は十分なので、一カ月に百万円もあれば先ず暮して行ける。しかるに、今は戦さをしているから、一度政府に金が入ったと見たならば、各軍が競って財政部へ人を出して、ピストルをもって取りにやる。

 

面白いのには「索薪団」というのがある。薪はたきぎで、月給のことを支那語で「薪水」と申しまして、索薪はすなわち月給を求めるという意であります。

この索薪団がいざ運動ということになると、妻君でも娘でもみな出て来る、そして役所の玄関へ弁当持ちで行って寝込む。冬などは、寒くても雑魚寝をして月給をくれない間は帰らない。こんなことは、とても日本では想像のつかないことですが、彼等は体面をいとわず、

これをやらなければならん状態にあるのです。

  個人に対してさえ債務が果せない。ましてや国際関係において、多くの借款等の義務を果し得る筈もない。国際債務がいよいよ果せないとなった時、対支那借款に関係のある各国がいつまでも黙っているかどうか、これは大問題であります。

 

ナニ支那のことで可哀想だから借款なんぞは一文も戻らんでいい

というて、宋嚢の仁を施すことが、世界各国のならいとなるや杏や。まあ仕方がない、取れないのだから、無い袖はふれないのだからと、今日までは見通して来ましたが、債権を有する国家として、いつまでも支那の不義理を黙っているかどうか。それも、支那国民が債務不履行をやるのならまだしものこと、ただ政府に立つものの政治のやり方が悪いから、債務履行が出来ないのであります。

 

一体、支那に対して最も債権の多いのはイギリスと日本であります。しかしイギリスは、最もずるくやりまして、最初お話しましたように、日清戦争の時に、支那が二億五千万両の対日賠償金が支払えないのにつけ込んで、うんと金を貸しっけ、その代りに海関の管理権を手に入れてしまった。

 

すなわち金の入ってくるところの金庫を手に振っている。でありますから、支那の現状に対しても割合に黙っている。もっとも、この頃は、帝国主義を排せとか、英帝国主義を倒せという支那人の運動が盛になったのは、その報いであるが、昨年漢口の租界を支那人に奪われ、九江の租界をも奪われるに至って、如何なイギリスでも黙っておれなくなった。

 

しかもイギリスは、なおこれをも忍んで、今日もなお上海に六七千の兵をとどめ、機会を待っているように見える。英国は何ゆえに上海に兵隊をもって来たのですか。これ支那人のいわゆる反帝国主義運動に対抗するためであるに違いない、すなわち支那が国際的に義務を果し得ない際に、軍隊をその後押として何事をかいわんがためであることは、最も明瞭であります。

 

日本は英国のように支那に金庫はもたない。しかし支那人の窮状に対して黙っておれないので、あっちに出兵し、こっちに出兵し、只今は現に揚子江方面に海軍を派遣しております。で、私は右のような国際関係から、或は近き将来において、列国協調して、何等か支那に求むることがありはしないかと想像する。

それによって支那が救われるかどうか。支那の国民現在の窮状が救われるかどうか。或は救われないとも限らない、これが一つの途であります。

 

 - 現代史研究 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『アジア3国の―最新ミステリーとは⑤「シンガポール」「マレーシア」「ベトナム」の謎々クイズだよ、答えは

   アジア3国の―最新ミステリーとは・・⑤   …

no image
   日本メルトダウン( 979)『トランプ米大統領の波紋!?』ー『2017年に「トランプ大暴落」は起きるのかー 「トランプショック」の本番はこれからだ』●『米国自動車市場を襲うトランプリスクの暗雲 日系メーカーは「米国一本足」で大丈夫か』●『対トランプ外交。安倍政権が主導権を握るための交渉術を教えよう 実は、アベノミクスに興味津々!? 』●『日本経済、トランプの政策で「好循環が逆回転」のシナリオ』●『トランプ大統領誕生は、日本がアジアの主役になる絶好のチャンスだ 自分の手と足で、考えるべき時が来た』●『日銀の極秘レポート入手! 株価1万3000円割れも… 衝撃の試算結果 日本経済「12月ショック」に備えよ』

   日本メルトダウン( 979) —トランプ米大統領の波紋!? & …

no image
速報(104)[海に流れでたトリチウムは雨になって戻ってくる』『寂しい日本人が求める新しい形の安らぎ』

速報(104)『日本のメルトダウン』 [海に流れでたトリチウムは雨になって戻って …

no image
日本リーダーパワー史(704)「福沢諭吉はなぜ「脱亜論」に一転したか」⑩『林董(ただす)外務次官の証言する朝鮮防穀令事件の真相』防穀令により朝鮮地方官がワイロを貪った。

日本リーダーパワー史(704) 日中韓150年史の真実(9) 「福沢諭吉はなぜ「 …

no image
熊本地震を考える①『被災動画』と政府、気象庁、御用学者の『地震予知連絡会』の無能を追及する」★『東大のロバート・ゲラー教授は「日本政府は、欠陥手法を用いた確率論的地震動予測も、仮想にすぎない短期的地震予知も即刻やめるべきだ」と主張

  熊本地震を考える① 『被災動画』と政府、気象庁、御用学者の『地震予 …

no image
★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」/「日英同盟の影響」⑬1902(明治35)年10月22日『英タイムズ』『満州におけるロシア人ー占領の結果』●『日露戦争開戦3ゕ月前には三国干渉で日本から奪った満州は5年間でロシアの1州になっていた』

     ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟の影響」⑬  19 …

no image
速報「日本のメルトダウン」(505)◎「特定秘密の9割は衛星画像、首相が見通し」●「中国スパイ天国・TPP“安保戦略”の肝」

 速報「日本のメルトダウン」(505)   ◎「特定秘密の9 …

no image
★5 日本リーダーパワー史(754)–『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争を英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」は どう報道したか」②(11-20回)★『 戦争とは外交の一手段。<恫喝、罵倒、脅迫、強圧のケンカ外交で相手は参ると思って、日本を侮ったロシアの油断大敵>対<日本の礼を尽くしてオモテナシ、臥薪嘗胆、無言・沈黙・治にいて乱を忘れず、天機至れば『一閃居合斬りも辞さぬ』とのサムライ外交との決戦が日露戦争で、両国の戦略論、パーセプションギャップ(認識ギャップ、思い違い)をよく示している。』

  日本リーダーパワー史(754) 『世界史の中の『日露戦争』ー (英国『タイム …

By: pinboke_planet
日本のメルトダウン脱出法(614)●『クルーグマン教授・独白「日本経済は良きモデル」●『世界の問題解決に参加しない日本」

                 日本のメルトダウ …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ⑳』『なぜ日本の政治家(橋下氏ら)は時代錯誤のオウンゴールを繰り返すのか

  『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ⑳』 &nbsp …