前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

陸羯南の日清戦争論⑤日清、日露戦争の原因は『韓国は中国の属国にあらず』

   

 


陸羯南(くがかつなん)の日清戦争論⑤

韓国問題が日清、日露戦争の原因―明治初年から

日清(日中)外交、日朝(日韓朝)外交の年表
『我東洋問題の起因』⑤―韓国は中国の属国にあらず

 

1891年(明治24)、東邦協会創立総会で清国公使・李経芳、朝鮮公使・李鶴圭

も来会。席上、清公使が「東邦というは貴国(日本)と弊邦(中国)とあるのみ」

と語ると、韓公使は起って『日清韓の三国がある』と反論する騒ぎがあった。

東邦協会はこれより注目された。

 

 

陸羯南(くがかつなん)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B8%E7%BE%AF%E5%8D%97


 『我東洋問題の起因』 【日本】明治27年11月13日号

 

帝国議会は23年末より24年始に至るまでその最初の実演を示せり。条約改正の業、また青木外務大臣に因り善後策として計画せられつゝあり。世人は此の二大事に向ひて幾許の希望を属したるか、

吾輩は唯々、その失望の色を見る。内に私党人の闘争あり、外に居留人(外国人)の運動あり、立憲法政治、対等条約は区々たる手段を以てその真相を現し得べからじとは、眼孔の大なる者皆、これを思うに至れり。

明治24年は実に我東洋問題が動き始めた時代である。我が『日本』は創刊の初より日本国民をして、その天賦の任務を尽すことを目的とす。この目的を達する手段としては国の統一、特立を主張するべきであると信じたり。

東洋問題の実演は内に私党人の卑念を消ぜしめ、外に居留人の驕心を消ぜしむるに足る。統一及特立はここに至りて自ら現はる。憲法及条約の効は斯くの如くして完きを得べし。24年は啓端時代なり。

○明治24年2月、新任の清国公使李経芳

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E7%B5%8C%E6%96%B9

来りて東京に駐在す。

李経芳は李鴻章の養子にして、夙に西洋東洋の事情に通じ称して俊才と為す。世に伝ふ、新公使は琉球問題を以て来ると。

 同三月、我国の儒士・鄭某なるもの、密書を清国公使・李経芳に贈りて、日本官民内訌(ないこう=内部の乱れ。内部の騒ぎ。うちわもめ。内紛の意味)の甚しきを告げ、乗じて以て制すべきを言う。その書の本文は『日本』が獲てこれを公にす。一時、喧伝皆な鄭の売国心を責む。

同4月、横沢居留外人等は日本の条約改正に反動して、その意志を発表し、中には日本の裁判に従い難きをいいすこぶる忌憚(きたん=いみはばかること。きらいいやがること)なし。この月、

故西郷南洲未死の風説『日本』に載す。街巷相告ぐ。

同五月、露国(ロシア)皇太子東洋に来遊し、前月清国より我国に来り、京都を経て大津に至るや、狂漢あり皇太子を傷く。海内騒然たり。

同六月、清国長江一帯の地方に哥老会の徒起りて乱を作し(太平天国の乱)

https://www.google.co.jp/#q=%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E5%A4%A9%E5%9B%BD%E3%81%AE%E4%B9%B1

キリスト教師を殺傷す。在清各国公使は相い議して北京廷に迫り、その処分を促す。わが公使もまた其の事に与りしという。

 同7月、『東邦協会』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E9%82%A6%E5%8D%94%E4%BC%9A

 

なるもの起り、その創立総会を東京・富士見軒に開く。清国公使・李経芳、朝鮮公使・李鶴圭もまた来会す。席上清公使が起って「東邦といふは貴国と弊邦とあるのみ」と語り。韓公使は更に起って『日清韓の三国がある』という。この事は頗る会衆の耳目を惹く。

 東邦協会此より注視される。

凡そこの歳上半期に生じたる事実を総括して一覧するときは、その事の原因は各各異なるに拘らず、皆な国民の対外心を鼓舞する者ならざるなし。

是よりさき露国はアジアに向いてシベリア鉄道を計画し、将に此歳を以てその黒竜部より工を起さんとす。事すこぶる英国の東洋政略に一大恐慌を与えたり。英国の策は清国を利用してロシアの東侵に当らしむるに在りとすれば、清廷が朝鮮に益々その勢力を張らんとするに至れること固より自然なり。

故に当時、吾輩は断じて曰へり、李公使の来任に琉球問題を伴へるということ恐くは事実ならん。彼れこの問題を賭けて朝鮮における権利を専有せんとするなり。彼れは我れの能く為す無きを思えり。議会の開設は彼れの眼より見れば内訌の兆なればなり。

 

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『5年前の記事を再録して、時代のスピード変化と分析ミスをチェックする』-『2018年「日本の死」を避ける道はあるのかー 日本興亡150年史』(1)

 2012年12月17日執筆 ★『2018年「日本の死」を避ける道はあるのかー …

no image
NHK歴史大河ドラマのつまらなさー 福沢諭吉が語る「サムライの真実とは・・・」(旧藩事情)①

   NHK歴史大河ドラマを見ると歴史の真実はわからないー …

no image
『明治裏面史』★『日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊴『日本史決定的瞬間の児玉源太郎の決断力と責任⑪』●『日露戦争開戦前-陸海軍統帥部協同の準備と意見相違の内情』★『児玉次長の海軍将校に対する態度は慇懃を極め、あの敏活なる決心も、あの強硬的態度も、あの気短かも海軍の面前に出ては一切控えて常に反対の現象を呈した。』

『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リス …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(118)/記事再録☆『日本の歴代宰相で最強の総理大臣、外交家は一体誰でしょうか ?!』★『 (答え)英語の達人だった初代総理大臣・伊藤博文です』★『●明治4年12月、岩倉使節団が米国・サンフランシスコを訪問した際、レセプションで31歳の伊藤博文(同団副使)が英語でスピーチを行なった。これが日本人による公式の場での初英語スピーチ。「日の丸演説」と絶賛された』★『「数百年来の封建制度は、一個の弾丸も放たれず、一滴の血も流されず、一年で撤廃されました。このような大改革を、世界の歴史で、いずれの国が戦争なくして成し遂げたでしょうか。』

  前坂 俊之(ジャーナリスト) 伊藤博文 (天保十二年~明治四二年) …

no image
日本メルトダウン( 973)『トランプショックの行方!?』●『トランプ大統領がたぶんもたらす「途方もないリスク」講座』●『』◎『トランプ勝利で日本は今のままではいられなくなる 戦後の国のあり方が問い直される重大な事態(古森義久)』◎『トランプ勝利で日本は今のままではいられなくなる 戦後の国のあり方が問い直される重大な事態(古森義久)』★『トランプ政権の対日外交に、日本はブレずに重厚に構えよ 冷泉彰彦(在米ジャーナリスト)』★『トランプ勝利は金正恩氏に「2つのハッピー」をもたらす』★『マスコミのトランプ叩きが米大統領選の行方を決めた』

   日本メルトダウン( 973) トランプショックの行方!?   トランプ大統 …

no image
速報(365)『日本のメルトダウン』『NAVERまとめー自民党の政権公約に含まれる3つの爆弾』『総選挙で尊敬を集める野田首相』

速報(365)『日本のメルトダウン』     ◎『NAVER …

no image
日本リーダーパワー史(211)<無責任国家・日本の死にいたる病>―<良心の政治家はいないのか>ー『福島原発事故』で

  日本リーダーパワー史(211)   <無責任国家・日本の …

no image
速報(46)『福島原発事故2ヵ月、100年廃炉戦争へ②』悲惨を極める原子力発電所事故』(小出裕章講演)

速報(46)『福島原発事故2ヵ月、100年廃炉戦争へ②』 悲惨を極める原子力発電 …

no image
速報(320)『国会事故調報告書会見』―『事故は人災』で政・官・財・学会・マスコミの総癒着『虜(とりこ)』の国家破綻構造を解体せよ

速報(320)『日本のメルトダウン』   ●『国会原発事故調査委員会の …

no image
★⓾(記事再録)『グローバリズム/デジタルデフレ」で沈没中の<安倍日本丸>は『日清、日露戦争」で完全勝利した山本権兵衛海相(首相)の強力リーダーシップに学べ<年功序列と情実人事が横行し無能者が跋扈していた海軍の旧弊人事を一新、派閥を打破した>

2011・3/11から2週間後に書いた記事ー 『いまリーダーは何をすべきかーその …