前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

陸羯南の日清戦争論⑤日清、日露戦争の原因は『韓国は中国の属国にあらず』

   

 


陸羯南(くがかつなん)の日清戦争論⑤

韓国問題が日清、日露戦争の原因―明治初年から

日清(日中)外交、日朝(日韓朝)外交の年表
『我東洋問題の起因』⑤―韓国は中国の属国にあらず

 

1891年(明治24)、東邦協会創立総会で清国公使・李経芳、朝鮮公使・李鶴圭

も来会。席上、清公使が「東邦というは貴国(日本)と弊邦(中国)とあるのみ」

と語ると、韓公使は起って『日清韓の三国がある』と反論する騒ぎがあった。

東邦協会はこれより注目された。

 

 

陸羯南(くがかつなん)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B8%E7%BE%AF%E5%8D%97


 『我東洋問題の起因』 【日本】明治27年11月13日号

 

帝国議会は23年末より24年始に至るまでその最初の実演を示せり。条約改正の業、また青木外務大臣に因り善後策として計画せられつゝあり。世人は此の二大事に向ひて幾許の希望を属したるか、

吾輩は唯々、その失望の色を見る。内に私党人の闘争あり、外に居留人(外国人)の運動あり、立憲法政治、対等条約は区々たる手段を以てその真相を現し得べからじとは、眼孔の大なる者皆、これを思うに至れり。

明治24年は実に我東洋問題が動き始めた時代である。我が『日本』は創刊の初より日本国民をして、その天賦の任務を尽すことを目的とす。この目的を達する手段としては国の統一、特立を主張するべきであると信じたり。

東洋問題の実演は内に私党人の卑念を消ぜしめ、外に居留人の驕心を消ぜしむるに足る。統一及特立はここに至りて自ら現はる。憲法及条約の効は斯くの如くして完きを得べし。24年は啓端時代なり。

○明治24年2月、新任の清国公使李経芳

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E7%B5%8C%E6%96%B9

来りて東京に駐在す。

李経芳は李鴻章の養子にして、夙に西洋東洋の事情に通じ称して俊才と為す。世に伝ふ、新公使は琉球問題を以て来ると。

 同三月、我国の儒士・鄭某なるもの、密書を清国公使・李経芳に贈りて、日本官民内訌(ないこう=内部の乱れ。内部の騒ぎ。うちわもめ。内紛の意味)の甚しきを告げ、乗じて以て制すべきを言う。その書の本文は『日本』が獲てこれを公にす。一時、喧伝皆な鄭の売国心を責む。

同4月、横沢居留外人等は日本の条約改正に反動して、その意志を発表し、中には日本の裁判に従い難きをいいすこぶる忌憚(きたん=いみはばかること。きらいいやがること)なし。この月、

故西郷南洲未死の風説『日本』に載す。街巷相告ぐ。

同五月、露国(ロシア)皇太子東洋に来遊し、前月清国より我国に来り、京都を経て大津に至るや、狂漢あり皇太子を傷く。海内騒然たり。

同六月、清国長江一帯の地方に哥老会の徒起りて乱を作し(太平天国の乱)

https://www.google.co.jp/#q=%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E5%A4%A9%E5%9B%BD%E3%81%AE%E4%B9%B1

キリスト教師を殺傷す。在清各国公使は相い議して北京廷に迫り、その処分を促す。わが公使もまた其の事に与りしという。

 同7月、『東邦協会』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E9%82%A6%E5%8D%94%E4%BC%9A

 

なるもの起り、その創立総会を東京・富士見軒に開く。清国公使・李経芳、朝鮮公使・李鶴圭もまた来会す。席上清公使が起って「東邦といふは貴国と弊邦とあるのみ」と語り。韓公使は更に起って『日清韓の三国がある』という。この事は頗る会衆の耳目を惹く。

 東邦協会此より注視される。

凡そこの歳上半期に生じたる事実を総括して一覧するときは、その事の原因は各各異なるに拘らず、皆な国民の対外心を鼓舞する者ならざるなし。

是よりさき露国はアジアに向いてシベリア鉄道を計画し、将に此歳を以てその黒竜部より工を起さんとす。事すこぶる英国の東洋政略に一大恐慌を与えたり。英国の策は清国を利用してロシアの東侵に当らしむるに在りとすれば、清廷が朝鮮に益々その勢力を張らんとするに至れること固より自然なり。

故に当時、吾輩は断じて曰へり、李公使の来任に琉球問題を伴へるということ恐くは事実ならん。彼れこの問題を賭けて朝鮮における権利を専有せんとするなり。彼れは我れの能く為す無きを思えり。議会の開設は彼れの眼より見れば内訌の兆なればなり。

 

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『各国新聞からみた東アジア日中韓150年対立史⑪』日韓パーセプションギャップ、大倉喜八郎の明治10年(1877)の『朝鮮現地レポート』

 『各国新聞からみた東アジア日中韓150年対立史⑪』   長 …

no image
速報(350)『日本のメルトダウン』尖閣問題の一段のエスカレートは避ける』『過去を忘れるものは両目を失う』(ソルジェニツィン)

              速報(350)『日本のメルトダウン』 &n …

no image
日本メルトダウン脱出法(812)「世界同時株安は金融市場の“宴の終わり”を示す」●「互いに密告し合う時代に逆戻りする中国ー日本人スパイ疑惑は監視強化の表れか」●「「1日1万歩で健康になる」は大きなウソだったー15年にわたる研究で”黄金律”が明らかに」

   日本メルトダウン脱出法(812)   日本株「年初6連敗」の次に …

default
『日本史決定的瞬間の現場を歩く』★『明治36年4月21日、京都「無隣庵」での伊藤博文、山県有朋、桂太郎首相、小村寿太郎外相の4巨頭に児玉源太郎内相、杉山茂丸の6者で『日露戦争を辞せず』と決定した。

★『日本史の決定的瞬間』★ 『明治36年4月21日、京都「無隣庵」での伊藤、山県 …

no image
『オンライン/75年目の終戦記念日/講座➄』★『太平洋戦争下の新聞メディアの戦争責任論』★『新聞も兵器なり』との信念を堅持して、報道報国のために挺身したすべて新聞』★『戦う新聞人、新聞社は兵器工場へ』★『●大本営発表(ウソと誇大発表の代名詞)以外は書けなくなった新聞の死んだ日』

  2015/06/29 /終戦70年・日本敗戦史(101) …

no image
日本メルトダウン(927)『日本の政治:国会支配の行方 (英エコノミスト誌)』●『関東で地震が頻発、直下型大地震の前触れか? 「伊豆・相模地域は警戒を」と埼玉大・角田教授』●『日本軍と共謀した毛沢東を、中国人はどう受け止めたか?』●『ここは世界遺産か、それとも「聖なるスーパー銭湯」か~あまりにも残念な「熊野古道」の現状』

日本メルトダウン(927) 日本の政治:国会支配の行方 (英エコノミスト誌 20 …

no image
73回目の終戦/敗戦の日に「新聞の戦争責任を考える④」ー『反骨のジャーナリスト』桐生悠々の遺言「言いたいことではなく、言わなければならぬことをいう」

  桐生悠々の遺言 「言わなければならぬことをいう」   「 …

no image
速報(40)『日本のメルトダウン』<よくわかる原発動画ビデオー後藤政志氏とガンダーセン博士の「ただの水素爆発ではない』

速報(40)『日本のメルトダウン』55日目 ◎『よくわかる原発動画ビデオ=後藤政 …

no image
日本メルトダウン(920)『南シナ海に迫る「キューバ危機」、試される安保法制 』●『出口が見えない中国との関係 、互いに非難し合うのは愚かな言動 柯 隆』●『仲裁裁判がまく南シナ海の火種』●『中国は戦前の日本と同じ過ちを犯し自滅に向かっている』●『南シナ海の洋上で中国製の原発計画が進行中 19年までに運転開始へ』

  日本メルトダウン(920) 12日に南シナ海問題で国際裁定へ 南シナ海に迫る …

no image
世界、日本メルトダウン(1032)ー 「トランプの『中国が制御できなければアメリカが 単独でもやるするぞ』と恫喝した理由』ー『『制裁逃れは中国が助ける』(中国が北朝鮮制裁に賛成しながら、陰で制裁回避を支援する実態が国連報告書で明白に』★『  北朝鮮の制裁逃れ、中国が加担 ミサイル調達、金融取引…抜け穴多く 国連報告書で浮かぶ 』

  世界、日本メルトダウン(1032)ー 「トランプの『中国が制御できなければア …