前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(232)『ピント外れだったソニー、ストリンガーの7年間』●『「日本の倒産」に賭けるヘッジファンドーとの戦い』

   


速報(232)『日本のメルトダウン』
 
ピント外れだったソニー、ストリンガーの7年間
「日本の倒産」に賭けるヘッジファンドー
金融システムの崩壊に備える危機管理が必要だ
 
              
             
   前坂俊之(ジャーナリスト)


★『ピント外れだったソニー、ストリンガー体制の7年間 :日経』
F国際ビジネスマンのつぶやき。
『ソニーとは30年位付き合いました。つくづく、後継者の選任は経営の生殺与奪を握るな!と溜息がでます。大勢の若手社員が息も絶え絶えとなった15年です。
 
盛田氏が大賀氏を、大賀氏が出井氏を、出井氏がストリンガー氏を後継にしました。
 
ソニーはトランジスタ、CCD、半導体レーザー、CDLED、放送スタジオ内伝送技術などなど先駆的な中核技術を他に先んじて開発し、平行してドカンと投資して商品化量産して来ました。ウオークマンビデオカメラ CDが一例です。
 
出井氏はネットに拘泥しストリンガー氏は不採算事業の切り捨てと大量リストラをやっただけです。他人のやらないことをやるというソニースピリットはこの二人の時代には死語となりました。ストリンガー氏は自分でやらずに他社から買えと言っていたそうです。
 
苦しくても要素技術を開発してソニーらしい斬新な商品を開発し続けるというソニースピリットは復活できるでしょうか。スティーブ・ジョブズが賞賛したソニーカルチャーです。

http://www.nikkei.com/biz/focus/article/g=96958A9C93819499E2E3E2E08B8DE2E3E2E0E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2;p=9694E3E6E2E7E0E2E3E2E0E7E3E5
 

 
『ソニー、ストリンガー時代の幕引きか』
 
『御手洗会長を社長復帰させたキヤノンの誇り』
 
●「31年ぶり」貿易赤字の大嘘、国内生産はもはや
消滅の危機」
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20120131/297825/?ST=business&P=1
 
●『世界初、原発の見えなかったコストを解明するー
日本のエネルギー政策、ゼロから出発するための第一歩』2012年2月2日(木)伊原智人  
「国債の92%が国内消化だから大丈夫」
という神話は本当か?
急速に高まる海外投資家の影響力
小黒一正  2012年2月2日(木)
●「日本の倒産」に賭けるヘッジファンドー
金融システムの崩壊に備える危機管理が必要だ』
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/34432

●『日本の政治ビジョン:世代間戦争』
(英エコノミスト誌 2012年1月28日号)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/34430

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『F国際ビジネスマンのワールドウオッチ③』ー「原子力発電所の新設計画の英政府の狙いが頓挫」BBC NEWS(3/29) 

日本のメルトダウン(278) 『F国際ビジネスマンのワールドニュース・ウオッチ③ …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』⑳朝鮮のなぞ-ロシアの進出で、日中と紛争の可能性」

    『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日 …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(669) 日本国難史の『戦略思考の欠落』(51)「インテリジェンスの父・川上操六参謀総長(50)の急死とインテリジェンス網の崩壊<<もし川上が生きておれば、日露戦争はこれほど惨々たる苦戦もなく、 死者累々の兵力を疲弊させず、 さら戦果を拳げていただろう>

 日本リーダーパワー史(669) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(51)   …

no image
日本メルトダウン脱出法(878)『太平洋の両端で巨大地震が起こっても、地球は異常なし』●『オピニオン:消費増税・投資減税はなぜ必要か=ジョルゲンソン教授』●『コラム:新たな景気対策と追加緩和は必要か=岩下真理氏』●『金正恩第1書記は父より攻撃的、不安定化を懸念=米軍高官』●『次世代リーダーは、なぜ「哲学」に注目するのか?』

 日本メルトダウン脱出法(878) 太平洋の両端で巨大地震が起こっても、地球は異 …

no image
戦うジャーナリスト列伝・菊竹六鼓(淳)『日本ジャーナリズムの光、リベラリストであり、ヒューマニストであった稀有の記者』★『明治末期から一貫した公娼廃止論、試験全廃論など、今から見ても非常に進歩的、先駆的な言論の数々』

  日本ジャーナリズムの光、リベラリストであり、ヒューマニストであった …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑦1903(明治36)年4月30日『英ノース・チヤイナ・ヘラルド』 『ロシアは満州撤退せず』『ロシアと日本』

    『日本戦争外交史の研究』/ 『世界史の中の日露戦争』⑦ 1903(明治3 …

no image
速報(263)『米国を真似て財政破綻したがる日本』(田中 宇)●『製造業:安い中国の終焉』(英エコノミスト誌』

速報(263)『日本のメルトダウン』   ◎『米国を真似て財政破綻した …

default
『日本史決定的瞬間の現場を歩く』★『明治36年4月21日、京都「無隣庵」での伊藤博文、山県有朋、桂太郎首相、小村寿太郎外相の4巨頭に児玉源太郎内相、杉山茂丸の6者で『日露戦争を辞せず』と決定した。

★『日本史の決定的瞬間』★ 『明治36年4月21日、京都「無隣庵」での伊藤、山県 …

no image
『 地球の未来/世界の明日はどうなるー『2018年、米朝戦争はあるのか』④『米国内情勢―ロシアゲート事件、米アラバマ州の上院補選で 共和党敗北、中間選挙(11月)の行方はどうなる・・』

『2018年、米朝戦争はあるのか』④ 米国内情勢―ロシアゲート事件、米アラバマ州 …

no image
医療介護ロボット市場は今後10年で 20倍の4000億円市場ー介護が必要な人の割合は80-84歳は27%、90歳以上は約70%>

    ◎<日本の最先端技術「見える化」チャンネル   日本の医療・介 …