前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(403)『太陽電池の世界最大手サンテック子会社倒産』『産業政策ではなく競争=楽天社長』『日本TPP参加の中国見方

   

速報(403)『日本のメルトダウン』
 
◎『太陽電池の世界最大手「サンテック」、
        生産子会社が倒産』 
◎『産業政策ではなく競争=楽天社長』
◎『日本のTPP交渉参加を中国はどう見ている』
◎『メルトダウンが起きている」と確信していた班目氏
 
       前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
◎『太陽電池の世界最大手「サンテック」、
生産子会社が倒産』
 
 
◎<F国際ビジネスマンのコメント>
『太陽電池パネルの世界トップメーカー、サンテック中国の無錫工場が倒産です。
行け行けドンドンで創業以来、超安売り、日米欧のソーラーセル
大手を全て経営不振に陥れた元凶です。
価格が利益の源泉であること、
注意深いコントロールが必要な事が分かっていない未熟児によって
世界のセル業界が危殆に瀕しています。
小生も怒り浸透、貴重品をガラクタにしたという思いです。』
 
 
◎『高脂肪食のすすめ』
 
 
●<F国際ビジネスマンのコメント>
この記事は注目に値します。
 
世情は、全ての脂肪を悪者にして肥満を避ける様に
 訴えているが、それは間違っていると、高品質の脂
 肪、少量で満足度も高く、健康維持にも直結する食
 材があるという。ラム肉のハンバーガー等最高です
 よ、と。
 
 ジャンクフードと高品質脂肪を一緒にしないで欲し
 い、とのことです。
 

     
 
◎『産業政策ではなく競争=楽天社長』
 
◎『アングル:上海の豚大量死は氷山の一角、
業界のずさんさ露呈』
2013年 03月 14日 18:02 JST
 
◎『日本のTPP交渉参加を、中国はどう見ているか?』
 
◎『中国の政治:旧体制と大革命』
 
●『中国の一人っ子政策、ついに見直しか』 
◎『メルトダウンが起きている」と確信していた班目氏
元原子力安全委員会委員長、班目春樹氏の証言(第3回)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37399

◎「中国の政治:旧体制と大革命」
(英エコノミスト誌 2013年3月16日号)
 
◎『何の変哲もない町から年間
120万人が訪れる町へ』
 

 - 現代史研究 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
★<提言>『教育改革に①「英語の第2国語化」②「プログラミング」③「世界旅行【海外体験)を取り入れる』

教育改革に「英語の第2国語化」「プログラミング」「世界旅行』 「教育無償化」の論 …

no image
速報(453)中国デュープニュース座談会(動画)『シャドウバンキング問題』『相変わらず「日本が戦争をしたがっている」とプロパガンダ報道』

  速報(453)『日本のメルトダウン』   中国 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(139)』VW不正事件―トッド氏の言うように、ドイツ人が米国人を小馬鹿にしている姿勢が、 今回の底流にある。郷に入れば郷に従うグローバル商売の鉄則を無視した結果です。

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(139』 VW不正事件―トッ …

no image
速報(129)『日本のメルトダウン』<座談会・フクシマの教訓④>エネルギデモクラシ―の確立、フクシマの教訓を徹底討論』(下の終)

  速報(129)『日本のメルトダウン』   <徹底座談会・ …

no image
『2014年世界・政治経済ウオッチ⑩』「アメリカなき世界に迫る混沌の時代」◎『日本は弱い、その自覚がなければ中国に負ける」

    『2014年ー世界・政治・経済ウオッチ⑩』 …

no image
新刊紹介 『鳩山家四代-何が受け継がれてきたのか』 梶原英之著・祥伝社新書、230P、2009年11月5日刊行)

  新刊紹介 『鳩山家四代-何が受け継がれてきたのか』 梶原英之著・祥 …

no image
日本リーダーパワー史(650) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(43)『三国干渉』に日清戦争の立役者・川上大本営上席参謀はどう対応したか①『余の眼晴(がんせい)が黒いうちは、臥薪嘗胆10年じゃ』と

  日本リーダーパワー史(650) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(43)  …

no image
冤罪追及の旅『加藤翁事件』 「虚心坦懐」-加藤新一翁の雪冤(1979年9月)

1979年9月10日発行  「季刊 証言と記録」第3号に発表 冤罪追及の旅 「虚 …

images
日本リーダーパワー史(666)昭和の大宰相・吉田茂(89歳)の晩年悠々、政治・長寿健康法は『マッカーサーと昭和天皇の会談が13回、 吉田は合計75回も面会』●『「長生きの秘けつ」は「そりゃカスミを食うこと、いや人を食うことだな」

  日本リーダーパワー史(666) 昭和の大宰相・吉田茂(89歳)の晩 …

default
★「英国のEU離脱の背景、歴史の深層を読む』「英国のEU離脱へのドイツ、フランスなどの対応』(ジャーナリスト・ディープ緊急座談会)動画80分

  「英国のEU離脱の背景、歴史の深層を読む』① 「英国のEU離脱の背 …