前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

★10 『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(169』『オーストリア・ウイーンぶらり散歩③』国立歌劇場見学ツアーに参加した』

   

★10 『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ

(169)』

『 ウイーンぶらり散歩③ー国立歌劇場見学ツアー

に参加した』2016/5

<F氏のコメント>

ウイーンの経済はご承知のように観光業と金融業が主力のようです。

毎日20000歩弱、娘に引っ張られて歩き回りました。どの建物も絶えずお化粧直しに懸命で、観光ブランド、古都ウイーンの宮廷文化の華やかさを維持していくことに全力投球です。小生としては、パリ、リスボン、プラハなどの街としての哀愁、憂愁、陰影に乏しく、物足りません。(笑)

屋外の喫煙は自由ですが、至る所にあるゴミ箱が灰皿とセットになっておりこれが喫煙コーナーを兼ねており、小生としては大助かりでした。歩きタバコは自粛しています。犬の散歩地域では、ゴミ箱とウンチ袋がセットになっている箇所もあり、笑ってしまいました。清潔な街路の確保に懸命です。

ハプスブルグ家を中心としたパトロンの存在が偉大な音楽家を輩出してきたことを改めて現認出来た思いです。

ウイーンの「銀座通り」では世界各国から蝟集していましたが、パリ、ブルッセルの騒ぎを憶い出し、大丈夫かいなと辺りを見回す始末でした。警察も軍もパリとは異なり、ほとんど視界に入りません。夜間の歩行も要警戒のレベルには達していない感じです。パリ、リスボンの方が要注意です。

トルコ系、アラブ系の集会も散見されましたが、EU域内の中ではまだ加熱していない方ではと感じました。浮浪者、物乞いは全くいませんので失業率、社会福祉も比較的安定しているのでは?の印象です。ホテルの従業員もウイーンは「SOCIAL LEVEL」が高いと自慢していました。

 

ここへきて難民問題の処理を巡って、排除の極右?政党が大統領になる勢いのようで首相の身辺も一転慌ただしくなり、このニュースが増えています。

「ウイーン国立歌劇場」の見学ガイドツアーに参加。

ウイーンはドイツから北イタリアを支配していたハプスブルク君主国の首都であり、ドイツオペラとイタリアオペラの中心的存在、この国立歌劇場は帝都の威信をかけてスタートした歌劇場であり、精力的な上演活動により世界のオペラ界をリードし、今日も世界のトップレベルを保持している。

館内は日本語、英語、ドイツ語のグループ分けで案内をしていたが、日本人の参加者が圧倒的に多かった。今回の案内役の女性は、この道12年のベテラン女性、約一時間、日本のクラシックファンの期待に応えて、館内を隅々まで案内し、この歌劇場の歴史、オペラ上演の仕組み、運営組織と人員体制、建築、財政事情等の運営の苦労までを詳細に語っていた。

150 億円/年の予算の内、税金による公的援助が半分、民間のメセナではレクサス(トヨタ、2002年より)がダントツのトップ とのこと、世界一流の公演レベルを維持するために高い人件費を負担してトップレベルの音楽家を世界中から集めており、遣り繰りが大変であると。

周知の通り、2002 〜2010年まで小沢征爾が音楽監督(楽長)に就任していた。案内役の言葉の端々に、運営全般に関する小沢氏の貢献度の高さと日本からの来場者の増加への謝意、そして日本からの一層の協力への要請が感じられ、その中味の濃い熱心な説明には日本人参加者からも大きな拍手が贈られた。

着工1863 年、竣工1869年、改築1955年。5階建、高さ65m、敷地面積8700㎡。フランツ・ヨーゼフ一世の治世にウイーン都市大改造計画の一環として建設された「ウイーン帝立・王立宮廷歌劇場」が前身で、杮落としにはモーツアルトのドン・ジョバンニを上演。現在の収容人員2280人、年間観客動員数約60万人。

世界随一の実績と知名度を誇る「ウイーン・フィルハーモニー管弦楽団」はこの「ウイーン国立歌劇場管弦楽団」のメンバーによる自主運営団体。

 1111111
2222222222
33333333
4444444444444

55555555555
66666666666

77777777

88888888
999999999

1010
1212
1313
1414
1515
1616
1717

 - 湘南海山ぶらぶら日記, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『野口恒の原発ウオッチ③』『福島原発』考(1)―『電源喪失による炉心溶融も、水素爆発も起こらない原発は可能か?』 

『野口恒の原発ウオッチ③』   『福島原発』考(1)―『電源喪失による …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(327)★『コロナパニックなど吹き飛ばせ』★『超高齢社会日本』のシンボル・世界最長寿の彫刻家/平櫛田中翁(107歳)に学ぶ」<その気魄と禅語>『2019/10月27/日、NHKの「日曜日美術館ーわしがやらねばたれがやる~彫刻家・平櫛田中」で紹介』★『百歳になった時、わしも、これから、これから、130歳までやるぞ!』と圧倒的な気魄!

 <世界のコロナパニック戦争で「長寿大国日本」の底力(長寿逆転突破力)を発揮して …

no image
日本リーダーパワー史(338)◎「此の一戦」の海軍大佐・水野広徳の『日本海海戦』の勝因論①」

日本リーダーパワー史(338)   ● 政治家、企業家、リー …

no image
 日本リーダーパワー史(740) 『大丈夫か安倍ロシア外交の行方は!?』ー 『 日ロ解散説が浮上!安倍首相の描くシナリオ-「史上最長政権」を狙う首相の胸中は?』●『北方領土「2島先行返還」は日本にとって損か得か?』●『鈴木宗男氏「北方領土問題の解決にはトップの決断しかない」』●『鈴木宗男・元衆院議員の記者会見(全文1)北方領土問題、必ず応じてくれる』●『もっと知りたい北方領土(3) 料亭やビリヤード場も 東洋一の捕鯨場』

   日本リーダーパワー史(740) 『大丈夫か安倍ロシア外交の行方は!?』 日 …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㉛ 「日本人のよくその職務に勤(いそ)しむを論ず」(明治20年12月)

   『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中 …

no image
百歳学入門(236)『百歳挑戦・鎌倉バカ仙人のカヤック釣り日記』(9/15) 人気動画再録「60,70はなたれ小僧、生涯現役、カヤック人生」★『定年なし、年齢差別なし、老人観の全く違う米国では65~74歳はベビーオールド(赤ちゃん老人)、75~84歳まではリトルオールド(小さい老人)、84~94歳はヤングオールド(若い年寄り)、95歳以上がリアルオールド(真の高齢者)』

 2014/09/15 記事の再録/百歳学入門(99) 『百歳挑戦・鎌 …

no image
世界/日本同時メルトダウンへ(909)『若い女性は風俗嬢、老人は姨捨て山…一億総貧困時代が来た』●『英国民投票日は金融関係者は徹夜覚悟、「ポンド危機」は確実』●『「幕藩体制」に追放された舛添知事 東京の本当の問題は「無駄遣い」ではない(池田信夫)』

世界/日本同時メルトダウンへ(909) 若い女性は風俗嬢、老人は姨捨て山…一億総 …

no image
日本リーダーパワー史(763)今回の金正男暗殺事件を見ると、130年前の「朝鮮独立党の金玉均ら」をバックアップして裏切られた結果、「脱亜論」へと一転した福沢諭吉の転換理由がよくわかる➀『金正男氏“暗殺”に「北偵察総局」関与浮上 次のターゲットに息子の名前も…』●『狂乱の正恩氏、「米中密約」でささやかれる米軍斬首作戦 正男氏毒殺の女工作員 すでに死亡情報も』

日本リーダーパワー史(763) 今回の金正男暗殺事件を見ると、130年前の「朝鮮 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ ウオッチ(231)』-『懐かしのエルサレムを訪問、旧市街のキリスト教徒垂涎の巡礼地、聖墳墓教会にお参りす』★『キリスト絶命のゴルゴダの丘跡地に設けられた教会内部と褥』

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ ウオッチ(231)』   ・ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(36)記事再録/『東西冷戦の産物として生れた現行憲法』★『わずか1週間でGHQ(連合軍総司令部)が作った戦後憲法草案①』★『「マッカーサー憲法」草案は4日から10日までのわずか1週間の超スピード作業でつくられ、十二日に印刷されたが、この間、厳重な機密保持が成功して、日本側には一切知られることはなかった。』

    2013/01/04 &nbsp …