前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『日本世界史』-生麦事件、薩英戦争は英国議会でどう論議されたか②ー<英国「タイムズ」の150年前の報道>

   

 『日本世界史(グローバル・異文化・外交コミュ二ケーション史)』

<日本の現代史(明治維新からの明治、大正、昭和、平成150年)は

日本の新聞を読むよりも、外国紙を読む方がよくわかる>

 

生麦事件、薩英戦争は英国議会でどう論議されたか②ー

<英国「タイムズ」文久3年(1863722の報道>

 

 

  この記事は1920世紀にパックスブリタニカで世界の覇権を握ったイギリスの帝国主義、植民地主義的行動パターンを考えるうえで大変参考になる。

  19世紀のイギリスはアジア、中近東、アフリカに進出して「世界帝国」を築いたが、その過程は対外戦争、侵略地支配の繰り返しである。物資の獲得、貿易を目指して世界に進出して異民族、異文化と接触すると、摩擦、衝突、対立が生じて、殺戮、戦争に発展する。

  その面では、海賊のイギリスが「7つの海」を支配し世界帝国の確立のプロセスは海軍力の進出、対外戦争の歴史であり、一方「ユーラシア大陸」の北の巨熊・ロシアがヨーロッパから中央アジア、シベリア、樺太、満州までを侵略して、イギリスに対抗して日露戦争に発展したロシアの帝国主義・植民地主義も同じものである。

  150年前の生麦事件、薩英戦争は日本の最初の対外戦争である。台湾戦争、日清戦争(明治37)などよりよほど前である。薩摩藩の参勤交代の大名行列の前を乗馬した英国人らが横切って、斬り殺されたという「異文化衝突」の事件であり、この賠償金と犯人の処罰を巡って、薩英戦争に発展する。

  この英国議会での論議を読むと、まず世界に先駆けの民主主義・英国議会の情報公開による議員の知的レベルの高さと、英国の紳士道、大人の論議、自由闊達な意見交換と、公正な論議、合理的な判断力、その底にあるイギリス民主主義の市民意識、ディベイトのすごさを痛感する。

  150年後の今の日本の国会での日本の対外紛争の論議(対中国、北朝鮮などの)比較しても、これだけのレベルであるのかどうか。日本の政治は政治家は本当に成熟しているのか。国民も同じだが・・

  それにつけても、日本の国会レベルの論議で比較すると、いまから76年まえの日中戦争(1936年、昭和12年―この時、いまでも論争の続く南京事件も起きた)で斉藤隆夫議員が「聖戦とはなんぞや」としっもんして、議員を除名されたのと比較しても、150年前のイギリス議会での「ジャパンプロブレム」の論議は、いまのTPP参加問題などと比べても非常に興味深い。

 

1860216日,イースト・インディア・アンド・チャイナ協会書記はこう記している。

「私はオールコック氏が言及している.痛ましいできごとが発生したため,日本との貿易が停止されたことに対し当協会が深く遺憾の意をいだいていることをお伝えしなければなりません。当協会はイギリス政府と同様,日本との通商関係を開き発展させるという偉大な成功を収めたあと.商用でかの国へ赴くすべてのイギリス人が,日本側の攻撃や怒りの正当な原因となるような粗暴で乱れた行為を避けるよう,当然の期待を持っています。また当地の有力な諸団体は日本における自分たちの関係者に,争いや口論,暴力沙汰になりかねない行為はすべて避けるよう十二分の注意と警戒をするよう今後必ず強調することを保証いたします」

 

 そしてラッセル伯はこのように書いている。

 

「日本駐在のイギリス人商会の事務員あるいは代理人が,日本の習慣にそむく罪を決して犯さぬよう,われわれは十分注意しなければならないと,強く思います。なぜなら,彼らがそういう行為をやめない限り,われわれに対して加えられた不法行為を堂々と訴えることができず,両国間に満足すべき関係を維持していくことが不可能になるからです」

 

 私は,受けた不法行為を堂々と訴えることができないというラッセル伯の意見に同意するとともに,現在政府が日本に対してとろうとしている方針は正しいとは認められない。

 

日本の大名のうち,30人は766000人もの兵士を戦場に送り込むことができ,薩摩侯は毎年大箱200個分の銀貨を収入として得ていると言っても,政府は信じないかもしれない。

しかし日本人には兵士や金よりも強い武器がある。彼らには大義名分がある。もしわれわれが侮辱されたとしたなら,戦費がいくらかか占うと大した問題ではない。だがこの事件の場合,われわれは,政府が事を進めているその正確な根拠ならびにイギリス代表が.現在の事態をできるだけ迅速に終結させるよう指示を受けているかどうかを知るべきだ。私は通商条約に反対はしない。暴力行為もなく,日本人の感情を損ねることなしに条約が実行されるならば。

 

しかし,この条約が幸福に満ち足りて暮らしている国民の血を流すことによってしか守られないとしたら,そんな条約はぴりぴりに引き裂いてしまったほうがよいと思う。(謹聴,謹聴の声)終わりにあたって,コクラン氏は書類の採択を申請した。

 

 リデル氏はその動議を支持し以下のように述べた。審議が終了する前に政府からなんらかの声明を出してもらいたい。というのは,じきにわが国民が互いにこう尋ねるかもしれないからだ。

 

「なぜ日本と仲たがいしているのか?」とか「だれと戦おうとしているのか」とかである。最初の質問のほうが答えやすい。わが国が日本と仲たがいしている理由は,日本と性急に,また深く考えず条約を締結したからだ。アメリカ

人がまず条約を締結し,続いてわれわれの愛国的な誇りを清足させるためにエルギン卿が条約を締結した。それは,実のところ革命と言ってよく,日本人の恐怖につけこんでもたらされたものだ。

 

この条約は無分別なばかりか,性急に立案起草された条約であり,日本の最高権力者の裁可を決して受けていないということだ。エルギン卿が権限のある当事者と固く信じて条約を結んだ相手は,当時存在していなかった。

 

というのは大君はアメリカに譲歩したという理由で暗殺されていたからで,エルギン卿が

日本側の恐怖により条約を締結したとき.その死は秘密にされていた。それが最も重大な点だ。その条約は外国人に対し5港の開港を認めるものだが,そもそも日本人は長い間外国人に対して憎悪と不信の念しか感じていなかった。それはイエズス会宣教師の陰謀や.せり合うポルトガルとオランダ商人の詐欺のなせるわざだ。

 

イギリス海軍が攻めてくるかもしれないという日本側の不安につけ込んで.通商条約を結ぼうという無分別な試みをあえて行ったときにも,日本人のこういった感情はなかなか消えてはいなかった。そうして結ばれた条約は,国民が尊敬している中央権力の威厳を損なう,危険なものだ。そのうえ大君によって署名されたと思われている条約は大君の権限の及ぶ限られた範囲内で有効なだけだ。日本の法律によれば,その条約は少数独裁階級で強大な封建世襲貴族である大名およびその家臣に対してはなんの拘束力もない。したがって私は,日本にとっては革命にも等しい譲歩をした条約のために.わが国は日本との戦争を起こそうとしていると主張する次第であり,そのようなやり方は正当とは認めがたいと考える。

 

2番目の質問は「われわれはだれと争おうとしているのか?」である。相手は大君だろうか?もしそうだとしたら.大君こそがわが国の日本における唯一の友人である。

 しかし.また一方では.イギリスが外国人の侵入を嫌悪している人々,すなわち強大な貴族である大名と争おうとしているのなら,その力がどれほどのものかはまだ知られていない?もっとも彼らが法律を守り外国人の侵入を阻むため,農奴の身分にある人々を召集することのできる強大な力を持つ領主だということはよく分かっている。

 

大名たちが戦いの準備を推し進めているという信ずべき理由が十二分にあるそのときに.地球の裏側で事を起こすというのは不安なことだ。地球の裏側で,確たる認識がなく想定だけで戦争をするというのは高くつくものだ。

 

というのは,戦争の相手方がだれだかわきまえずに戦うというのは,それこそ観念的なものだからである。私は議会が散会する前に,この最も関心を呼ぶ問題について政府がさらになんらかの説明をすることを望むものである。

 

                                つづく

 

 - 現代史研究 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

ダウンロード
日本リーダーパワー史(925)人気記事再録『戦時下の良心のジャーナリスト・桐生悠々の戦い②』★『権力と戦うには組織内ジャーナリストでは不可能とさとり、フリージャーナリストとして個人誌「他山の石」(いまならSNS,ブログ)で戦った』★『言論機関は今、内務省と陸軍省の二重の監督下にある。私たちは『三猿』の世界に棲む。何事も、見まい、聞くまい、しやべるまいむ否、見てはならない。聞いてはならない。しやべってはならない「死の世界」に棲まされている』★『「言論の自由を圧迫し、国民をして何物をもいわしめない。これが非常時なのだ」』★『「畜生道に堕落した地球より去る」と 69 歳で壮絶死』

2010年1月26日  日本リーダーパワー史(34) 日本リーダーパワー史(34 …

no image
トラン大統領は全く知らない/『世界の人になぜ日中韓/北朝鮮は150年前から戦争、対立の歴史を繰り返しているかがよくわかる連載⑷』ー(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史の連載70回中、52-62回までを再掲載)

  日中韓異文化理解の歴史学ー (まとめ記事再録)『日中韓150年戦争 …

no image
日本リーダーパワー史(48)名将・川上操六のインテリジェンス④藩閥・派閥を超えた徹底した人材抜擢法とは

日本リーダーパワー史(48)名将・川上操六のインテリジェンス④   & …

no image
日本メルトダウン(1005)ー『  プーチン訪日を批判報道する中国――対中包囲網警戒も(遠藤誉)』●『中国、日露首脳会談「成果なし」に安心?』★『中国の大気汚染、北部23都市で最高レベルの「赤色警報」発令へ』◎『中国の毛ガニが浮き彫りにする汚染危機の根深さ 香港当局が発がん性物質を検出、浄化作戦のモデルの湖が・』●『中国人頼みのカジノは必ず失敗する(李小牧)』●『爆買い客が中国に持ち帰った最も貴重なお土産とは? 日本流ビジネスを自分たちのモノにしていく中国人』●『韓国、中国人観光客の大暴れ多発が社会問題化…飲食店に酒持ち込み無銭飲食、殺傷&暴行多発』

日本メルトダウン(1005)   プーチン訪日を批判報道する中国――対 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(224)』-『米、エルサレムをイスラエルの首都と承認へ 各国で初めて』★『中東大戦争の前哨戦にならなければ良いのですが?』★『これで米国はアラブ全体を敵にしてしまいました』

『米、エルサレムをイスラエルの首都と承認へ 各国で初めて』 <F氏のコメント> …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(117)「超俗の画家」熊谷守一(97歳)●『貧乏など平気の平左』で『昭和42年、文化勲章受章を断わった。「小さいときから勲章はきらいだったんですわ。よく軍人が勲章をぶらさげているのみて、変に思ったもんです」

百歳学入門(151)元祖ス-ローライフの達人「超俗の画家」熊谷守一(97歳)●『 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(911)-米朝首脳会談(6/12日)はトランプ大統領が5月24日に中止を発表」③-『その理由は北朝鮮側の度重なる約束違反』★『役者が違うトランプ氏は「米軍は世界で最強だ。必要であれば、(軍事的措置の)準備はできている」と暴れん坊小僧の金正恩に、会談のテーブルに戻る様に促す。』

トランプ大統領は24日午前(日本時間25日夜)、米朝首脳会談(6月12日)を中止 …

no image
日本メルトダウン脱出法(856)「トランプ圧勝は確実、しかし本選はヒラリーの理由党内の結束力に大きな差、経済の安定も強い追い風に』●『中国の「欺瞞」外交にオバマもいよいよ我慢の限界ー口では協調を求め、裏では米国に大胆に挑戦(古森義久)』●『人工知能が囲碁トップ棋士に勝つ時代に考える「知的職業」の未来』

日本メルトダウン脱出法(856) トランプ圧勝は確実、しかし本選はヒラリーの理由 …

no image
百歳学入門(181)『2017年の平均寿命 日本人、世界2位 男性80.98歳、女性87.14歳 1位は男女とも香港』★『日本は健康寿命が世界一です、寝たきり期間も世界一?』★『人生90年時代到来?高齢社会を生きるライフプランとは』★『世界中の製薬会社が次々と撤退「認知症の薬」はやっぱり作れないのか』★『松原泰道老師百歳 !! 「生涯150冊、100歳こえてもマスコミ殺到!その長寿脳の秘密は・』

 百歳学入門(181)   松原泰道老師百歳 !! 「生涯150冊、百 …

no image
日本メルトダウン脱出法(878)『太平洋の両端で巨大地震が起こっても、地球は異常なし』●『オピニオン:消費増税・投資減税はなぜ必要か=ジョルゲンソン教授』●『コラム:新たな景気対策と追加緩和は必要か=岩下真理氏』●『金正恩第1書記は父より攻撃的、不安定化を懸念=米軍高官』●『次世代リーダーは、なぜ「哲学」に注目するのか?』

 日本メルトダウン脱出法(878) 太平洋の両端で巨大地震が起こっても、地球は異 …