前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』㉑ 「伊藤博文統監の言動」(小松緑『明治史実外交秘話』)⑥『伊藤はハーグ密使事件は韓帝の背信行為と追及』

      2015/09/12

「 英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が

報道した「日韓併合への道』の真実㉑

  「伊藤博文統監の行動」(小松緑『明治史実外交

秘話』中外商業新報社, 昭和2年刊)より)⑥

「伊藤統監は『今次のハーグ密使事件は、

正しく保護条約の違反なるのみならず、日本に

対する敵対行為である」と韓帝の背信行為を追及

伊藤は赫として怒り、首相李完用

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E5%AE%8C%E7%94%A8

を招いて韓帝の背信行為を詰責した。

『前月,新内閣の組織された時に、吾輩は内閣諸公に向い、韓人中往々独立を唱う者あるも、独立の実を得んとせば、宜しく先づこれを得るのは良途に出でざるべからず、今日の如く無謀なる軽挙を敢てするは、これ即ち韓人自ら韓国を亡ぼすなりと警告したことは、貴下のよく記憶するところであろう。

今次の密使事件の如きは、正しく顕然たる保護条約の違反なるのみならず、日本に対する敵対行為である。韓帝既に自ら条約を破り宗国に向って叛を謀るとせば、日本は韓国に対し、直に戦いを宣するに十分なる理由を有するものである。

貴下は首相たる職責を以てこの旨を正式に光武帝に奏聞せられよ。』

平生は天空海濶(てんくうかいかつ)=度量が大きく包容力に富むこと=の襟度(きんど)―立場や考えなどの異なる人を受け入れる心の広さ­=を持っていた伊藤も、この時ばかりは辞色共に激越を極めた。李完用は、非常に恐縮した様子で、

『貴命の趣きは、必ず陛下に伝奏いたしまする。なお今回の事件は因を前内閣時代に発したるも、国王の失態はひいて内閣の責任に及ぶべきものなれば、我等ha惶惑(こうわく)=恐れ惑う=殆どなす所を知らず、責を引いて職を退くより外致し方なしと思っておおります。』

と決心の色を現したが、伊藤はそれを推し止めて、『他国なれば君主は悪事をなす能わずという格言の通り、内閣が君主の行為に係る責任を負うべき筋合であるが、韓国の現状の如く、光武帝が全然内閣に関係なき宦官雑輩を相手に、単独の行動に出づる場合においては、よし内閣が貴を引いて辞職すればとて、事態の解決を庶機すべきでない。現内閣は宜しく留まって善後処置を考慮せねばならぬ。』

と訓諭して李完用を帰した。同時に伊藤は総理大臣西園寺公望に電信を発し、『保護条約は外交上の管理権を我手に収めたるに過ぎず。内政に関する監督権をも併せ得るにあらざれば、将来かかる事変の頻発を防止するに由なかるべし。

この機に際し更に別約を結んで内政の監督を厳にする必要ありと認む。よってこれらの協議を遂ぐるために外務大臣林 董(はやし ただす)を急派せられたし。』と請求した。

西園寺は直に林 董に京城出張を命じ、林が七月十五日に東京を出発し十八日に京城に到着する予定である旨を返電した。

他方において李完用は統監邸を出るや否や即刻参内して光武帝に向い伊藤のいった通りを伝奏した。

しかし光武帝は、垂に伊藤が親翰事件を不問に附した前例に狃(な)れたさま(なれたようす)で驚かなかった。以後を慎しむことにすれば事が済むと、高をくくつておられたらしかった。

しかし、李完用を始め他の内閣員は、数日の後に外務大臣がわざわざ渡韓することになったと聞き、事態容易ならずと見て取り、早く当の責任者たる光武帝を退位させて伊藤の激怒を緩和しようと考え、林の到着する日取から二日前の十六日、光武帝に咫尺(しせき)=。視界がきかず、ごく近い距離でも見分けがつかないこと=し、譲位の止むなき事情を言上したが、帝は以ての外の事だとて耳をかさなかった。その日もまた閣員一同が林外務大臣の到着以前に御処決にならなければ、国家の大事となろうと諌争したが、光武帝は相変らず頑として動かなかった。

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(78)記事再録/ ★歴史の復習問題ー日清戦争『三国干渉』後に、 ロシアは『露清密約』(李鴻章の巨額ワイロ事件)を結び遼東半島を入手、シベリア鉄道を 建設して居座り、日露戦争の原因となった。

    22016/09/19 /中北朝 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(46)記事再録/『江戸を戦火から守った西郷隆盛と勝海舟、高橋泥舟、山岡鉄舟の(三舟)の国難突破力①』★『『人、戒むべきは、驕傲(きょうごう)である。一驕心に入れば、百芸皆廃す』

2011/06/04  日本リーダーパワー史(157) &n …

no image
速報「日本のメルトダウン」(513)◎「アベノミクスが失望に終わる理由(英FT紙)●「中国と世界、そして日本」

   速報「日本のメルトダウン」(513) ◎「アベノミクス …

no image
日露300年戦争(4)『露寇(ろこう)事件とは何か』★『ロシア皇帝・アレクサンドル一世の国書を持って、通商を求めてきた第2次遣日使節・ラスクマンに対しての幕府の冷淡な拒絶が報復攻撃に発展した』

   1783年(天明3)、日本の船頭・大黒屋光太夫https://ja.wik

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑩ 「ノース・チャイナ・ヘラルド」(明治40年7月26日付>『朝鮮の現状』

     「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙が報道した「日韓併 …

no image
日本メルトダウン脱出法(874)『「伊勢志摩」が世界経済浮沈の鍵を握っている ー 先進国は財政出動に同調してくれるのか』●『東京五輪の「盛り下がりムード」は食い止められるのか?』●『過去最大の外債爆買いでも進まぬ円安、為替ヘッジが黒田日銀の妨げ』『大手企業志向が深く根付いている日本に「起業エコシステム」は根付くのか』

日本メルトダウン脱出法(874)   「伊勢志摩」が世界経済浮沈の鍵を …

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』⑳「伊藤博文統監の言動」(小松緑『明治史実外交秘話』)⑤ハーグ密使特派事件の真相ー韓人韓国を滅す事態に

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』の …

no image
速報(135)『日本のメルトダウン』★『欧州の混乱で米国経済がマイナス成長転落は考えにくい』『海洋生物に迫る大量絶滅の危険性!』

速報(135)『日本のメルトダウン』   ★☆『不安の種は欧州の混乱に …

no image
  日本メルトダウン(998)―『 早くも暗雲、トランプ政権に尽くす人はいないのか 「エリート」たちにそっぽを向かれたトランプ次期大統領 』●『偽ニュース攻撃で自滅する米マスコミ』( 12/1, 田中 宇)★『  ネットに広がる「フェイク・ニュース」― 嘘と真実の見分け方とは』◎『中国、金の輸入と人民元の流出を制限 外貨準備高がピークから約25%減少、資本流出に警戒感強める当局 (英FT紙』●『「大きな黒い頭の鼠」が巣食っていた東京都―「大山鳴動して鼠一匹」は間違っている』●『日本はどうする?IoTの“根幹”を欧米2社が制圧–IoTビジネスの序盤戦はすでに決着済みの様相』

  日本メルトダウン(998) 早くも暗雲、トランプ政権に尽くす人はいないのか …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』⑳朝鮮のなぞ-ロシアの進出で、日中と紛争の可能性」

    『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日 …