前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

鎌倉カヌーフィッシング紀行②-巨メバル爆釣―鎌倉材木座海岸すぐ沖で

   

「釣場速報」2001年4月6日掲載      カヌーフィッシングマン・前坂俊之
 

巨メバル爆釣―鎌倉材木座海岸すぐ沖で
 
鎌倉沖の海は年中釣りには最高である。最近はパワボが流行しているが、これも工夫次第で年中、いろんな魚種が楽しめる。
鎌倉材木座海岸から20年近く、毎週カヌーフィッシングを生きがいにしている私と親友にとって、早春の楽しみは何といってもメバル。その激しい当りと煮付けにすると絶品の味は1度覚えると忘れられない。
 
今年、最近のメバルの釣りは、和賀江島、逗子マリーナ沖の海藻類の死滅による海の砂漠化で、根城、繁殖の場所にしていたところがなくなり、数はほとんど釣れなくなった。

 

これまでのメバル釣りの思い出の中で、最高の釣りを紹介しよう。2001年3月のことである。
――――――――――――――――――――――――――
 
 今年の相模湾のメバルは絶好調。12月と毎週のように鎌倉、逗子、葉山の近場のポイントでカヌーフィッシングでメバルを狙っているが、例年にはないほどデカいクロメバルがコンスタントに釣れている。
 
 2001317日、低気圧の接近で午後から雨との天気予報、午前中は曇天無風と「メバルは凪を釣れ」には絶好の条件なので、友人を誘って9時から、鎌倉材木座海岸からカヌーで出船した。潮はにごっており、北風3㍍とカヌーをゆっくり流し釣りにするには絶好のメバル日和。
 
 仕かけにはキス竿にハリ08号の3本針でオモリは15号、エサは青イソメ。逗子マリーナ堤防の延長線上の水深5㍍ほどの藻が生えたポイントを探りながら釣った。
 
竿を2本出して、1本は底からオモリを50㌢ほどあげて置き竿にし、もう1本は竿を大きく上下にして誘う。底まで落として1㍍ほどゆっくりあげて誘ってやると、すぐググーとアタリ、竿先が大きく絞り込み、途中で何度も突っ込む。上がったのは25センチもある金色に輝くどデカいクロメバル。
すぐ、竿先にクンクンとアタる。少し送り込んで食い込むのを待つと、ギュンギユンと激しい引き。これだからメバル釣りは病みつきになる。
 
ゆっくりリールを巻くと、波間から黒く黄金色に輝く良型の20㌢のクロメバルがあがる。
 これが釣れるコツだが・・クネクネした活きのよい育イソメを3㌣ほどに切り、2ヒキ掛けして、放り込みサオをしゃくりながら誘うと、すぐグイーっともっていく。

今度もデカい、27㌢の太ったヤツが浮きあがり、タモで慎重に取り込む。
 
 1本を置き竿にしていたが、竿先が何度もおじぎする。20㌣といずれも型がよい。普段はたくさん釣れるベラがこの日は少なく、コンスタントにメバルがあがる。
 11時ごろ、空には黒い雨曇がたれこめて、ポッリポッリ降り始めた。海面は暗くなり、無風でカヌーはほとんど流されない。「無風、凪、曇りで陽が差さない」-というメバルには絶好の条件なのか、爆釣モードに突入した。
 潮先にカヌーをゆっくり漕ぎながら2本竿を引っ張ってやると、次々に食ってくる。竿をひったくるような激しいアタリで、この日最大の28㌣の巨大メバルがあがった。こんなにそろってデカいのがあがるのは、過去10年にないことなので驚く。
 13時過ぎに納竿したが、1528㌣のクロメバルが19尾にカサゴ1尾、ベラ5の大漁。友人もメバル10尾を釣りあげた。
 18日の夕まつめにも狙ったが、2時間で7尾、21日早朝は6尾と釣れ続いている。例年4月いっぱいまでは狙えるのでボートでやる人にひとことアドバイス。・
   まず朝、夕まづめ、天気の日より曇りで無風、波静かな日が狙い目。
   仕掛けはさびき仕掛けの3本針で、エサは青イソメの長い1ピキ掛けではなく、短いのを23ビキ付けて、竿を大きく上下させて誘ってやること。
   海底で藻の生えている所を探り釣りしていく。メバルは群れでいるので、1尾釣れたら集中して攻めること。
 

 - 湘南海山ぶらぶら日記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『鎌倉パワースポット・蓮の花ガイド!『7月の至上花は平和で清純な『蓮の花』!鶴岡八幡宮で今月末まで見ごろ

<『鎌倉の長寿生命力パワースポット・蓮の花ガイド!>   『7月の至上 …

no image
★5 『久しぶりに江の島水族館に見に行った』(11/25) ①生命の神秘、イワシ・クラゲ・ファンタジーに一挙に若返ったよ。

   湘南海山ぶらぶら日記     久し …

33333333333333
 <F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(206)> 『7年ぶりに、懐かしのアメリカを再訪,ニューヨークめぐり(5月GW)④』2階建バスツアーでマンハッタンを一周(1)(タイムズスクエアから乗車し、ロウアーマンハッタンへ向かう)★★『まさしくルイ・アームストロングの「この素晴らしき世界」(What a Wonderful World)だね!』

      <F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(206)> 『7年 …

no image
「プラゴミ問題」(プラスチックスープの海)ー今すぐにでも取り組まなければ「海洋国家日本」「魚食民族日本人」の明日はないと危惧する 

  「プラゴミ問題」(日本海はプラスチックスープの海)         …

no image
『釣れなくてよい日記②』―カヌーはミズスマシ、初夏の早朝ジョギングは最高じゃ、鎌倉沖プライベート・シーを楽しむ

『釣れなくてよい日記②』―カヌーはミズスマシ、初夏の早朝ジョギングは最高じゃ 『 …

IMG_0380
『MF・ワールド・カメラ・ウオッチ(8)』「フィレンチェぶらり散歩ーウフィッツィ美術館」を見て回る」①

『MF・ワールド・カメラ・ウオッチ(8)』 「フィレンチェぶらり、ふらり散歩(4 …

Unknown-1
百歳学入門(151)元祖ス-ローライフの達人「超俗の画家」熊谷守一(97歳)●『貧乏など平気の平左』で『昭和42年、文化勲章受章を断わった。「小さいときから勲章はきらいだったんですわ。よく軍人が勲章をぶらさげているのみて、変に思ったもんです」

百歳学入門(151)   元祖ス-ローライフの達人・「超俗の画家」の熊谷守一(9 …

no image
日本リーダーパワー史(844)ー『デービッド・アトキンソン氏の『新・観光立国論』を100年以上前にすでに唱えていた日本の総理大臣は誰だ!』『訪日客、2割増の1375万人=消費は初の2兆円超え-上半期』★『『外国人が心底うらやむ「最強観光資源」とは?日本は「最も稼げる武器」が宝の持ち腐れに』(アトキンソン氏)

日本リーダーパワー史(844)   ●観光庁は20日、訪日外国人旅行者が、今年1 …

mq2
『リモートワーク/外国人観光客への京都古寺動画ガイド』(2016 /04/01)★『日本最大の禅寺』妙心寺は見どころ満載,北門から参拝』★『退蔵院の枯山水の禅庭園を観賞、ワンダフル!』

★5外国人観光客への京都古寺ガイドー『日本最大の禅寺』妙心寺は見どころ満載,北門 …

no image
『百歳学実践入門」(249)-『鎌倉カヤック釣りバカ日記』(2017/9/25)-『黄金の60,70代を生涯現役で鎌倉海で海上禅・筋トレ・魚と遊ぶ』★『釣れなくてもよし、釣れればなおよし、殺生するな!喝⁈』★『即天去私、無、即海去魚じゃよ、カモメと遊べ』

 2017/09/30の人気記事再録『鎌倉カヤック釣りバカ日記」(9/ …