前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

世界/日本リーダーパワー史(900)ー何も決められない「ジャパンプロブレム」を変革する大谷選手の決定力 /最速王―「日本人の歩みは遅い」と批判した ハリルホジッチ前監督は解任」★『日本は当たり前のことさえ決めるのに15年はかかる』(キッシンジャー)』

      2018/05/19

「ジャパンプロブレム」を変革する大谷選手の決定力、

スピード最王―「日本人の歩みは遅い」と批判した

ハリルホジッチ前監督

            

大谷投手は4月24日(日本時間25日)、敵地ヒューストンで行こなわれたワールドシリーズ覇者アストロズ戦に先発。5回1/3を投げ6安打4失点で3勝目はならなかったが、メジャー移籍後最速となる時速101マイル(162・5キロ)を記録、メジャーの先発投手で今季最速を更新した。

大谷は「メジャー最速王」敵地どよめく2球https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201804260000110.html
大谷は完全休養でリカバリー 29日マー君と対決
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201804260000039.html

 

この間、大谷フィーバーは続き海外メディアの報道では新たな視点からの仰天の賛辞が続いている。

「大谷翔平はレオナルド・ダ・ヴィンチという新説」「スポーツ・イラストレイテッド誌電子版)によると、「世界中で職業の専門化が進んでいるようにメジャでも、選手の分業制が極度に進んでいる。

大谷はルネッサンス期に絵画、彫刻、建築、工学などの天才芸術家だった「レオナルド・ダ・ヴィンチ」に匹敵する存在として「メジャーリーグ版の燦然と輝くダヴィンチである」とまで評した。

野球、サッカーとも盛んなメキシコ紙「エル・ディアリオ・デ・フアレス」電子版では「メッシは世界の外、大谷は太陽系外の怪物?」の見出しで「クリスティアーノ・ロナウドはワールドワイドな怪物、リオネル・メッシはこの世界の外側の怪物」とのサッカー界の2大スターと比べて「オオタニは太陽系外の怪物だろうか?」と投打走で大活躍するそのポテンシャルに驚いている。

解任されたハリルホジッチ前監督は「日本人の歩みは遅い」と批判。

以上のように連日、大谷選手の話題が日本、世界中をにぎわせている。一方で、サッカーワールドカップ開催2か月前に突然、解任されたハリルホジッチ前監督が4月21日に来日し、涙ながらに「名誉を取り戻すために戦う」と語っているのが、目を引いた。

来日前にハリル氏はクロアチアの新聞に「日本人の歩みは遅い」との独占インタビュー記事が掲載された。それによると、「経済的に世界で最も強い国の一つで安定した国として、日本はサッカーにもっと投資しなければならないと、私は口酸っぱく言ってきた。

多くの日本より貧しい国、小さな国が、ある点で先に進んでいる。日本人の歩みが遅いので、私は若い選手の育成から、その先のことも彼らに注意してきた」

ハリル氏は「日本に勝つ文化を植え付けたい」と強調して「そのためには精神面とコミュニケーション、同時に体調を101%にすることだ」と攻撃的なスピードサッカーを指導してきた。

しかし、『守り主体のスローモーなパスサッカーの日本』を変えることが出来なかった。このため、予選では得点力不足、決定力不足、けが人続出の体力不足に泣かされ最後の最後まで苦戦した。

この選手の個人技不足とハリル流の指導力のミスマッチが今回の解任劇の原因ではないかと思う。

スローモーすぎる「ジャパンプロブレム」(日本問題)

キッシンジャーは『日本は当たり前のことさえ決めるのに15年はかかる』と評した。

大谷選手の活躍と「日本サッカーの問題点」が「ジャパンプロブレム」(日本問題)に直結している。

大谷選手は今や世界的なスターとしてデビューした。ではスターとは何か。結果を出す人である。それによって空に輝く星のような希望と夢を与える人をいう。

二刀流でメジャーリーグに挑戦し、前人未踏の結果をすぐに出したために、大谷は一躍世界に輝くスターとなった。一方、ハリル前監督は大会2ヵ月に迫ってもついに結果しか出せなかったために解任となった、のである。

これを「「ジャパンプロブレム」に拡げて考えてみる。かつてのベストセラーのカール・ウォルフレン著「人間を幸福にしない日本というシステム」(1994年)によるまでもなく、日本の(死)ステムは『ガラパゴスジャパンシンドローム』である。

キッシンジャーは『日本は当たり前のことさえ決めるのに15年はかかる』と評したが、日本全体がスローモー行動力で、決定力に欠ける。伝統的・保守的な体質が根強く、自己改革ができず、総合的で合理的・科学的な思考力が欠如している、と思う。

キッシンジャーは『日本は当たり前のことさえ決めるのに15年はかかる』

国会では憲法改正問題を1945年の敗戦以降70年にわたってえんえんと論議を続けて未だ『会議は踊る、されど決せず』状態である。

現在進行形の森加計問題も3年にわたって「証拠を出せ、出さない」と『小田原評定中』で国会はストップしている。本来の政治家は国会で論議すると同時に政策の決定、結果をすぐ出す人でなくてはならないはずだ。

結局、結果よりもプロセス重視のガンバレ、がんばりますのガンバリズム(我慢主義)、猛練習主義、個人力でなく集団主義で「和」を尊ぶ、実力よりも学歴主義、年功序列、閉鎖的体質などなどの「ガラパゴスジャパン」からいまだに改革できていない。

その結果、過去20年間でGDP(国内総生産)や経済、その他の国際競争力は低下の一途で、先進国では最低ラインに落ち込んでいる。

大谷の陰でパドレスに入った下手投げの牧田和久投手は、日米野球の違いは「皆、楽しんでいる、日本だとピリピリして精神的に疲れちゃう選手も多い」という。

ちなみに、2018年の「世界幸福度ランキング」(世界155カ国)を見ると、シンガポール(26位)、タイ(32位)、台湾(33位)、マレーシア(42位)、日本は51位で、アジアで5位となっていた。

 - 人物研究, 現代史研究, IT・マスコミ論 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

『純愛の日本史』<結婚とは死にまでいたる恋愛の完成である>女性学を切り開いた稀有の高群逸枝夫妻の純愛物語』★『強固な男尊女卑社会の封建国・日本』

    2009/04/09 &nbsp …

『テレワーク、SNS,Youtubeで社会貢献し臨終定年をめざ方法』★「鎌倉鶴岡八幡宮の源氏池に咲きほこる「蓮の花」★『蓮の花は四日の命 -初日は早朝5時頃から外側の花弁がゆるみ、ゆっくり開花、4~5㎝ほど開花するとそれ以上開かず、八時頃より閉じはじめ元の菅の状態に戻る』

<2012/07/12の動画再録>   鎌倉蓮の花百選ー鶴岡八幡宮の源 …

no image
日本メルトダウン(942)京大名誉教授が警鐘、「学力の低下が日本を貧しくする!」●『平和ボケの極み!北朝鮮の事前通告がないと役に立たないミサイル防衛』●『補助金食いの「植物工場」 次世代技術でついに黒字化なるか』●『福島第一の凍土壁、凍りきらず 有識者「計画は破綻」』●『トヨタ人工知能参入の本気、家庭用ロボット発売も!?』

  日本メルトダウン(942)   京大名誉教授が警鐘、「学力の低下が …

no image
日本リーダーパワー史(101)立石斧次郎(16)・全米を熱狂させラブレターが殺到したファースト・イケメン・サムライ

日本リーダーパワー史(101) 立石斧次郎(16)・全米を熱狂させたファースト・ …

no image
明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑦』-服部宇之吉著『北京龍城日記』(大正15年)より③」★『中華思想対西欧キリスト教思想の文明の衝突』★『自由、平等、人権、博愛精神の西欧思想が中国人には全く理解できずパーセプションギャップ(認識ギャップ)、コミュニケーションギャップが疑惑を増幅し戦争になった』

  明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑦』 支那(中国)人の脳中に …

no image
日本メルトダウン脱出法(739)「日中首脳の対立は似た者同士だから? 根っからの反日ではない習近平、日中関係の新常態は築けるか」●「長期展望、日経平均長期上昇シナリオは終わったのか?」

 日本メルトダウン脱出法(739) 日中首脳の対立は似た者同士だから? 根っから …

no image
日本メルトダウン脱出法(701)「TPP交渉頓挫ならアベノミクスの終焉が始まる」「祖父・岸信介退陣時と酷似する状況になってきた安倍首相」など6本

  日本メルトダウン脱出法(701) TPP交渉頓挫ならアベノミクスの終焉が始ま …

no image
日本リーダーパワー史(110) 爆笑! 頭山満・出口王仁三郎・縦横談(『キング』1935年(昭和10)年5月号掲載

  日本リーダーパワー史(111) 頭山満氏・出口王仁三郎氏・縦横談( …

no image
『鎌倉釣りバカ人生30年/回想動画録』㉔★『コロナパニックなど吹き飛ばせ』/『ビッグ・フイッシュ、開高健に捧ぐ』★『10年前は豊饒の海・鎌倉海は、今や<死の海>と化しつつある』

      2011/09/24 ブログ再録『鎌倉 …

no image
<F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(214)>『105歳の日野原重明氏が死去、100歳超えて現役医師』★『日野原氏は医療システムの事業家としても中々の辣腕ぶり、あらゆる業者が日野原先生に降参していたと思います。』

<F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(214)> 日野原氏のこと、 …