前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

★『明治裏面史』 -『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊽★『青木宣純大佐は袁世凱の協力によって、諜報の協同化と『特別任務班』(馬賊遊撃隊)を編成した』★『日露戦争にもし日本が負ければ、大清帝国も滅亡する(袁世凱)』

      2017/08/12

★『明治裏面史』 –

『日清、日露戦争に勝利した明治人の

リーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊽

 ダウンロード

 児玉参謀次長の秘密命令を受けた青木大佐は素早く支度を整え、一週間の余裕もなく東京出発、直路、天津にいた袁世凱軍を訪ねた。

日ごろから肝胆相照らしていた袁世凱と会見し、日露戦争では①協同して諜報活動を行いたい②馬賊団を使用して『特別任務班』(馬賊ゲリラ遊撃隊の鉄道破壊工作)を組織することーに全面協力を求めた。

当時、袁世凱将軍の下で青木の後任として軍事顧問をしていた阪西利八郎大尉にも協力支援をお願いした。

 

袁は「馬賊団の情報に関してはすでに数十名の探偵員を旅順よりおこして満洲一帯の各地方に派遣している。その毎度の報告は今後怠たらず日本側に示すこととしよう。

馬賊の使用についてはその結成、蜂起を直隷省管外でするならば何等問題はなく、秘密裏の援助をおこなう」と即座に協力を約束した。

青木大佐は袁世凱から約束を取りつけたため、早くも北京に潜入して、明治3612月頃には北京要路の各方面と内密に折衝を開始した。

 

北京では日本公使館附武官たちと秘策を協議し、駐支公使の内田康哉

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E7%94%B0%E5%BA%B7%E5%93%89

を初めとし、川島浪速

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E5%B3%B6%E6%B5%AA%E9%80%9F

以下の日本人居留民から絶大な支援を取りつけた。

また青木大佐の下にはこの種の特別任務を遂行できるエキスパートを全軍から引き抜き、これらの将校は逐次、北京に送り込まれてきた。

井戸川辰三大尉

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E6%88%B8%E5%B7%9D%E8%BE%B0%E4%B8%89

 

は当時、支那奥地の四川で勤務中であったが直ちに北京にきた。井戸川大尉の意見具申で橋口勇馬少佐(近衛歩兵第二連隊大隊長) が東京から召致された。

津久井大尉、土井大尉、川崎大尉、佐藤大尉、伊藤大尉等の当時のベテランが顔を揃えた。

大急ぎで、青木大佐を筆頭として総勢71人の特別任務班の編成ができ上がったのは翌明治37年1月下旬。日露開戦の1週間ほど前のこと。

人的編成のほか、兵器弾薬と破壊用の器具、爆薬等の装備の全部を整えるまでの苦労も並大抵ではなかったが、ともかく開戦前に、一目でも早く敵の不準備に乗じて攻撃発進の準備を整えた。

 精鋭による編成と物(小銃・弾薬・爆薬・破壊器具等)資金さえ整えれば、疾風怒濤の勢いで北京を出発して各地に離散し、そこで現地購入可能な馬や防寒具、変装用の支那服、商人の使用する駄載用の箱、商品などを準備し、各人の爆破作業の役割分担も定めて、その訓練も旅行中に実施することにしていた。(島貫重節『戦略日露戦争』246P)

 

一方、盟友、青木大佐との密約をまもった袁世凱は協同諜報のため清国の将校や警察官をシベリアとの境界以内に秘密裏に配置した。その一人に 佩孚(ご はいふ)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%89%E4%BD%A9%E5%AD%9A

もいた。

呉は遼陽戦前後からロシア軍からマークされて捕えられて、奉天の牢獄に送りこまれたが、日本軍の奉天占領とともに、これより脱出して自由の身となった。

 

 当時、袁世凱の下には軍事顧問として阪西利八郎大尉(今の中将)がおり、袁の幕僚中には親日派の段芝貴がおり、順調ににことは進み、各地諜報員から毎日、総督府に届けられる情報は直ちにこれを阪西に示し、阪西大尉はこれを和文に直して天津駐屯軍司令官仙波太郎少将に手交しこれを大本営に打電した。

日露戦争の間、諜報上の袁世凱による協力は大きかった。日露開戦後の明治38年3月中旬、袁世凱は阪西少佐に対して、

『今回の戦争は日本の運命にいに大関係すると同時に、支那の運命をもかかっており、東アジアの大局はこれによって決まる。もし、日本が負けたならば、支那帝国はもはや存在することは出来なくなる。このために、日本の利益となると信ずれば、事の大小、軽重を問わず極力、協力して、財政を負担することも当然の処置である』(谷寿夫「機密日露戦史」280P)と述べていた。

(以上の参考、引用文献谷寿夫「機密日露戦史」原書房、1966年)島貫重節『戦略日露戦争』(上)原書房、1980年)

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

世界/日本リーダーパワー史(959)ー『明治大発展の基礎を作った史上最高の戦略家、影の黒幕は『法螺(ほら)丸』、『モグラ』を自称し、宰相・元老、将軍たちを人形遣いのように自由自在に操り「日露戦争」を勝利に導いた。この稀代の戦略家は一体誰でしょうか?。答えは・・・忘れられた杉山茂丸だよ、彼はスーパーマンだよ!』★『孫の杉山満丸氏の語る「杉山家三代の系譜』(講演動画30分付)

    記事再録・2009/09/27 &nbsp …

no image
『リーダーシップの世界日本近現代史』(278)★「パリ・ぶらぶら散歩/ピカソ美術館編」(5/3日)⑦ピカソが愛した女たち「マリ=テレーズ・ワルテル」

    2015/06/03『F国際ビジネスマンの …

no image
速報(378)『日本のメルトダウン』●『日本の新内閣:未来に背を向けて』●『外国人投資家の「安倍トレード」はまだ続く』(海外紙報道)

速報(378)『日本のメルトダウン』   ●『日本の新内閣:未来に背を …

no image
★『百歳学入門』(165)『中曽根康弘元首相は来年(2018年)5月で100歳を迎え、歴代宰相の中では最長寿となる。★『中曽根流の百歳長寿10ヵ条とは』『未来は考えないね。今を充実させていくことで精いっぱいだ。未来は神様が与えてくれるものだ』』★『 いつまで生きるということが、人生だとは思っていない。「人生、みんな途中下車するけど、 俺は途中下車しない』★『(長寿の秘訣に対して)キミ、それは使命感だよ』

 ★『百歳学入門』(165)   中曽根康弘元首相は来年(2018年5月)で10 …

長寿学入門(221)『96歳、平和でなければ走れない。人々に感謝し、走り歩くことが万病の薬となる』★『走る高齢者たちーオールドランナーズヒストリー』(福田玲三著、梨の木舎2020年6月刊)を読んで』★『『佐藤一斎(86歳)『少(しよう)にして学べば、則(すなわ)ち 壮にして為(な)すこと有り。 壮(そう)にして学べば、則ち老いて衰えず。 老(お)いて学べば、則ち死して朽ちず』★『作家・宇野千代(98歳)『生きて行く私』長寿10訓ー何歳になってもヨーイドン。ヨーイドン教の教祖なのよ』

『人々に感謝し、歩くことは万病の薬となる』 『走る高齢者たちーオールドランナーズ …

[『オンライン講座/平櫛田中(107歳)、鈴木大拙(96歳)の教え」★「六十、七十 はなたれ小僧、はなたれ娘、人間盛りは百から、百から」 平櫛田中』★『人間は過去と他人は変えられないが、自分と未来は変えられる。老人は過去から、未来に生きるスイッチに切り換えなさい」(鈴木大拙)』

      2017/11/28&nbs …

no image
日本メディア(出版、新聞、映画など)への検閲実態史②『満州事変と検閲の実態を調べる。前坂俊之著「太平洋戦争と新聞」(講談社学術文庫、2007年)より。

  満州事変と検閲の実態を調べる。以下は前坂俊之著「太平洋戦争と新聞」 …

no image
<屁(おなら)のような昭和史>浜口雄幸、吉田茂

               2007年6月10日、    雑誌「本」に掲載   …

『オンライン講座/ウクライナ戦争と日露戦争の共通性の研究 ⑧』★『日露戦争勝利と「ポーツマス講和会議」の外交決戦①』★『その国の外交インテリジェンスが試される講和談判』

  前坂 俊之(ジャーナリスト) 日露戦争は日本軍の連戦連勝のほぼ完勝 …

no image
「日中韓150年戦争史」(79)日清戦争の「三国干渉」,【腐敗した清国軍の実態】 を現在の<日中ロシア外交>の教訓とせよ

      ◎『外国の新聞、ロシア紙「ノ …