前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

世界、日本メルトダウン(1033)ー『米中会談の内幕は・』★『中国が北朝鮮問題を解決すれば、米国との通商の取り決めは中国に良いものになる」とブラフ外交、ディール外交(取引外交』を展開』●『トランプ氏は「まず外交,不調なら軍事行動の2段階論」を安倍首相に説明した』

      2017/04/15

世界、日本メルトダウン(1033)ー

 

『まず外交,不調なら軍事行動の2段階論』を説明した。

注目の米中会談から1週間、世界のパワーバランスは時々刻々と変化している。米国のシリア攻撃をめぐって米ロ関係は一転して最悪となり、シリアの化学兵器使用に関しての国連安保理の制裁決議には、ロシアは従来通り反対したものの、中国は棄権して、これまでの立場を変えて米国に同意する側に回った。

 

【独占スクープ】安倍首相は「金正恩包囲網」をトランプに助言した

http://ironna.jp/article/6306

ロシア・中国・シリア――トランプ米政権が驚きの方針転換

http://www.cnn.co.jp/world/35099725.html

トランプ外交が急転換 中国・習近平と蜜月、対ロ関係は悪化

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/04/post-7404.php

 

米中会談の内幕は・・・

(「世界が注目したトランプ大統領対習近平国家主席の「米中会談」は『シリアへの先制攻撃』というトランプマジックで、一挙に吹き飛び「世界の2大国関係」としての待遇を求めてやってきた中国は完全にメンツをつぶされた形だ。

「歓迎晩餐会」の真最中に、トランプは突然、シリア攻撃を開始、「北朝鮮は自ら問題を起こそうとしている。中国が米国に協力しないなら中国抜きで問題を解決する」と習氏に説明、恫喝外交で1発パンチを浴びせた。

金正恩独裁「ならず者国家」への見せしめで、中国に100日間の期限付きで圧力をかけた。

「中国が北朝鮮問題を解決すれば、米国との通商の取り決めは中国にとってより良いものになる」とブラフ外交(おどし、はったり)ディール外交(取引外交)、こん棒外交(20世紀の帝国主義的外交)を展開したのです。

 

この外交をたとえれば、最近、ハリウッドでは製作されていないが、昔の西部劇の決闘シーンを見る思いだね。ジョン・ウエーンやクリント・イーストウッドが無法者と1対1の決闘となり、「このクソ野郎め」『ハック野郎!』「度胸があれば先に撃て!」とさんざん罵って挑発、相手が腰の拳銃を抜こうとする瞬間に、0・1秒の目にもとまらぬ早業で撃ち殺す、あの米国流のケンカシーンだよね(笑)

 

オバマの理念外交はシリア攻撃に参加せず「腰抜け外交」と批判された点をトランプ氏はよく見ており、強硬策に打って出たわけだ。

米、最強爆弾「全爆弾の母」を初使用 アフガンでイスラム国に トランプ氏、軍事力誇示

http://www.sankei.com/world/news/170414/wor1704140010-n1.html

この結果、世界のメディアの米中会談の報道は、2番手、3番手にがた落ちした。

トランプは動画中心の情報操作をしており、空母からシリアへの巡航ミサイルが発射される映像がトップニュースとして流され続けた。トランプ氏のプロレス流ド派手なショウマンシップ」『反則パンチ』にスポットライトがあたり、習近平氏のぎこちなく緊張した表情との圧倒的な落差、その交渉力、インテリジェンスギャップ、演出力の違いを見せつけたといえるでしょう。

この米中会談の前にいろいろな仕掛け、伏線がある。

6,7日に米中会談は設定されたが、北朝鮮はその前に断続的に10発以上のミサイルを国連安保決議に違反して、発射しており、トランプ氏は『1線(レッドラインを超えた』と激怒していた。この北朝鮮の挑発行為に米下院の外交委員会は3月29日、北朝鮮への圧力を強化して、北朝鮮のテロ支援国家再指定と大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発を非難する決議などを採択した。

4月3日、米下院は本会議で、「中国に北朝鮮への圧力強化を求める決議」を可決し、中国、北朝鮮の包囲網は整った。4月6日から始まる米中首脳会談で、トランプ氏はこれを忠実に守ったということです。

シリアのサリン使用が伝えられたのは米中会談の2日前のこと。

トランプ氏は『これまでと違った新しい方法論で対処する』と軍事攻撃も辞さないと言明したが、その前からワシントンのペンタゴン(国防省)、米軍関係者や外交政策関係者たちの間で『軍事攻撃のシナリオ』が真剣に協議されていたので、これは偶然の一致でしょうがタイミングがピタリと合い、これをチャンスとばかり利用した。

最低までに落ち込んだ支持率回復のためにも、最高のタイミングでのサプライズ、アタックカード(攻撃カード)を切ったわけですね。「『強い外交』には『強い軍事』が必要というのが米国覇権外交です。

トランプ氏はこの会談の内容を9日に安倍晋三首相との電話協議で伝え、

『ボールはいまや中国にある』と語り、中国が制裁強化に踏み切るかどうか、当面見極めるとして、『まず外交,不調なら軍事行動の2段階論』を説明したという。

トランプ氏は「制裁以上」との表現を用いて、強力な軍事オプションを用意していることを強調。「あらゆることを日本と相談する」と述べ、対北朝鮮で仮に軍事行動を検討する際も、日本政府と事前協議すると語った、という。

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代興亡史』(228)/グリコの長寿創業者 江崎利一(97歳)『 「私の座右銘は、事業奉仕即幸福!。事業を道楽化し、死ぬまで働き続け、学び続け、息が切れたら事業の墓場に眠る」』

    2012/03/12 &nbsp …

no image
梶原英之の一刀両断歴史ルポー『日本の物語としての辛亥革命(上)』ナゾに包まれた孫文像(上)

<辛亥革命百年と近代日中の絆―辛亥百年後の‘‘静かなる革 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(147)『大東亜戦争の戦死230万人のうち約6割、約140万人が「餓死」の絶滅戦争である(一橋大学名誉教授・藤原彰氏)

終戦70年・日本敗戦史(147) <世田谷市民大学2015> 戦後70年  7月 …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑬『開戦4ヵ月前の英タイムズの報道』ー『「緊迫する極東」ーロシアは戦争もあえて辞さない。日本は中国との 最初の勝利に刺激され,帝国主義の熱狂に鼓舞され,際限もなく得意になって,世界競争に突入した』●『これは手ごわい同盟(日中)であり,黄色人種の団結,ヨーロッパ支配の中止を必至とし,やがてはフンやモンゴルの先例にも似た侵略の野蛮な喜びをも招来しかねない。』

『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑭   1903(明 …

no image
歴史張本人の<日中歴史認識>講義⑨袁世凱の顧問・坂西利八郎が「100年前の支那(中国)財政の混乱」を語る⑨

     日中両国民の必読の歴史の張本人が語る 「 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(956)-「桜田義孝五輪相のお笑い国会答弁とゾッとするサイバーセキュリティーリスク』★『国家も企業も個人も死命を分けるのは経済力、軍事力、ソフトパワーではなく『情報力』である』★『サイバー戦争で勝利した日露戦争、逆にサイバー戦争で完敗した日米戦争』

世界/日本リーダーパワー史(956) ★『サイバー戦争で勝利した日露戦争、逆にサ …

no image
明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑦』-服部宇之吉著『北京龍城日記』(大正15年)より③」★『中華思想対西欧キリスト教思想の文明の衝突』★『自由、平等、人権、博愛精神の西欧思想が中国人には全く理解できずパーセプションギャップ(認識ギャップ)、コミュニケーションギャップが疑惑を増幅し戦争になった』

  明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑦』 支那(中国)人の脳中に …

no image
 日本メルトダウン( 985)『トランプ次期米大統領の波紋 』―『トランポノミクスが招くかもしれない悪性インフレ』●『安倍トランプ会談、トランプは本当に「信頼できる指導者」か』●『トランプ政権に“史上最強”の海軍長官が誕生か? 海軍を中心に「強い米軍」の復活を誓うトランプ新大統領』●『当選後の会見開かぬトランプ氏、76年以降で最長の日数に』●『土壇場のトランプが打ち出した「350隻海軍」計画 「偉大なアメリカ海軍」は復活できるのか?』

 日本メルトダウン( 985) —トランプ次期米大統領の波紋  &n …

no image
世界史の中の『日露戦争』⑭<インテリジェンスの教科書としての日露戦争>『ノース・チャイナ・ヘラルド』

  世界史の中の『日露戦争』⑭ 英国『タイムズ』米国「ニュー …

no image
日本メルトダウン脱出法(727)「Google、今秋にも中国市場に再参入か、しかし困難も」●「なぜ中国からはノーベル賞が出ないのか ビジネス面から見える、技術軽視国家の弱点」

日本メルトダウン脱出法(727)   http://www.itmed