前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

世界が尊敬した日本人◎「メジャーリーグを制した「野球道」の天才 ・イチローは現代の宮本武蔵なり」

   

  


 
世界が尊敬した日本人

 

◎「メジャーリーグを制した「野球道」の天才

・イチローは現代の宮本武蔵なり」

 

<歴史読本(201101月号)に掲載>

 

前坂 俊之(ジャーナリスト) 

 

 {天才ができるまで 〕

  20109月、イチローは十年連続二〇〇本安打の大リーグ(MBA)新記録を作った。あの小柄な体で、打撃眼、打撃技術、俊足をフルにいかした内安打という「イチローマジック」

を量産し打撃王に輝いた点では、まさに「打撃の発明王」という名がふさわしい。

「天才とは一パーセントのひらめきと九九パーセントの努力である」(エジソン)そのものなのだ。

 

 イチロー(本名は鈴木一朗) は昭和四十八年(一九七三)十月、愛知県西春日井郡豊山町生まれ。小学三年生から、一年間全く休まず三六〇日少年野球に明け暮れ、夜は父と近所のバッティングセンターで時速一四〇キロのボールを打っていた。中学でも二百球以上の打ち込みを毎日欠かさなかった。愛工大名電高校で平成二年に甲子園に左翼手として出場し、同四年ドラフト四位でオリックスに入団した。

 

「音楽の英才教育に一万時間」という法則がある。

 

物心ついた幼児から一日三時間、十年間休むことなく稽古すれば、約一万時間の練習になる。ピアノやバイオリンの世界コンクールに入選する多くが、この手である。イチローはこのスポーツマンのダントツの世界新記録である。日本の武道をさかのぼれば、宮本武蔵が『五輪書』で強調した「鍛錬」が思い浮かぶ。

 

<鍛とは千日の稽古、鎌とは一万日(三十年)の毎日欠かさず>の修行である。

 

〔野球道―アメリカの舞台へ〕

 イチローの野球道は剣をバットにかえた剣豪・宮本武蔵、佐々木小次郎の生まれかわりを見る思いである。オリックスプレイブス入団三年目の平成六年(一九九四)からパリーグ首位打者を七年間続けて、タイトルを総なめにして念願の大リーグに挑戦する。

 

二〇〇一年に入団したマリナーズのキャンプでは「日本の野球は3Aクラス。あの振り子打法でヒットが打てるのか」と監督からも疑問視されたが、いざフタを明けると、いきなりア・リーグ新人王、首位打者(三割五分)、盗塁王(五六回)、新人最多安打記録(二四二本) の鮮烈デビューを飾った。

 

 それから十年。「小さいことを重ねることが、とんでもないところに行くただひとつの道」(イチローの言葉)でMBAで革命を起こし次々に金字塔を打ち立てた。

二〇〇四年には、一九二〇年にジョージ・シスラーが記録した年間最多安打記録二五七本を更新して二六二本安打という大リーグ記録を塗りかえる。二〇一〇年には連続十年の二〇〇本安打達成と記録づくめである。

 もともと、MBAのベースボールはベーブルース、タイ・カップ、ハンクアーロン、ボンズらの西欧、中南米出身者の肉体的に秀でた選手たちのホームランを競うパワースポーツだったが、そこにイチローはスピード、テクニック、頭脳、ストレッチを加味して、日本の 「武道」 の進化系の 「野球道」 を吹き込んだ。

 

〔天才バッターは努力・継続の人〕

 

 世界一の記録を作ることは難しい。その記録を伸ばすことはもっと難しい。最高に至難なのは十~二十年と連続してトップを維持することで、天才・イチローは「努力の継続」で頂点に立った。

 

バッターボックスに入る前に必ずおこなうヒザの屈伸、足腰の筋肉のストレッチ、バットを垂直に立てる一刀流の構え、という不変のイチロー流儀は、人間の生き方、仕事術にも通用する方法論なのである。けがをしない身体の入念な管理と筋肉ストレッチを毎日欠かさない。

 

どの分野のプロフェッショナルのトップリーダーになるためのマインド10条件―

 

毎シーズン休まず百五十試合に出場するように心がける。

グローブその他の道具の手入れを丁寧に毎日欠かさない。

試合前後の入念な筋肉トレーニング、バッティング練習も三十年欠かさない。

カレーを常食にする

「(打率でなく)ヒットを一本増やしたいとポジティブに考える。そうすれば打席に立つのがたのしみになりますよ」

「何かを達成した後は気持ちが抜けてしまうことが多いので、打った塁上では『次の打席が大事だ』と思っていました」

「自分の持っている能力を活かすことができれば、可能性が広がると思います」

「打てない時期にこそ、勇気をもってなるべくバットから離れるべきです」

「打線が苦しいときには、守備とか走塁で流れをつくるのが野球の基本です」

⑩「小さいことを重ねることが、とんでもないところに行くただひとつの道」

 

「野球殿堂」 入りは間違いない。どこまで記録をのばすか、楽しみだ。

 

          (201010月に執筆)

 

 

●「イチロー、「年齢による衰え」の固定観念に挑戦状 
スポーツライター 丹羽政善

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO60897550Q3A011C1000000/

 

 

●「イチローが大切にする「記録」に残らぬプレー 
スポーツライター 丹羽政善

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO54692150V00C13A5000000/

●「本田圭佑「ここでメディアやファンに叩かれてブレるのが一番ダメ」
/日本代表

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131016-00000016-ism-socc

 - 人物研究 , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(5)記事再録/日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑤ 『1888年(明治21)、優勝劣敗の世界に立って、日本は独立を 遂げることが出来るか』―末広鉄腸の『インテリジェンス』① < 各国の興亡は第1は金力の競争、第2は兵力の競争、 第3は勉強力の競争、第4は智識の競争であります>

  2015/11/23  日本リーダー …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(120)ー戦国時代の医者で日本長寿学の先駆者・曲直瀬道三(86歳)の長寿養生俳句5訓」★『日本人の健康長寿の古典的な実践をおこない、貝原益軒よりも先駆的な業績であろう。』

 2013年6月20日/百歳学入門(76) 日本長寿学の先駆者・曲直瀬 …

no image
★⑩鎌倉第1の名所『檑亭(らいてい)そばと会席料理の店』 国文化財(建造物)と名園を堪能する

鎌倉第1の名所『檑亭(らいてい)―そばと会席料理の店』 国文化財(建造物)と名園 …

no image
『オンライン講座/ガラパゴス・ジャパン・シンドローム(日本敗戦病)の研究』★『国家統治中枢部の総無責任欠陥体制ー太平洋戦争下の『大本営』『大本営・政府連絡会議』『最高戦争指導会議』 『御前会議』の驚くべき内幕』★『今も続く『オウンゴール官僚国家の悲劇』

        2015/03 …

『Z世代のための帝王学の研究①』★『天皇皇后両陛下はチャールズ英国王の招待を受けて、6月22日から8日間,イギリスを公式訪問される。」★『歴代天皇で最初に外国訪問をされたのは昭和天皇が皇太子(19歳)時代の1921年(大正10)3月から、約半年間にわたってヨーロッパを視察された』

天皇皇后両陛下はチャールズ英国王の招待を受けて国際親善のため、6月22日から8日 …

ジョーク日本史(8)世界的数学者・岡潔は『数学は情緒なり』の奇行の人なり〝奇人〝仙人〝現代のアルキメデス″とも呼ばれた。

ジョーク日本史(8)  世界的数学者・岡潔は『数学は情緒なり』の奇行の人なり〝奇 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(233)』-『Shohei Ohtani fever is really heating up in Angel Stadium』★『大谷が自己の可能性を信じて、高卒 即メジャーへの大望を表明し、今それを結果で即、示したことは日本の青年の活躍の舞台は日本の外、世界にこそあることを示唆した歴史的な事件である』

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(233)』 Shohei …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(60)記事再録/『高橋是清の国難突破力②』★『「明治のリーダー・高橋是清(蔵相5回、首相)は「小さな 政治の知恵はないが、国家の大局を考え、絶対にものを恐れない人」 (賀屋興宣の評)

  2013/11/11    …

●『徳川封建時代をチェンジして、近代日本を開国した日本史最大の革命家・政治家は一体だれでしょうか講座④『西郷隆盛の即断即決のリーダーシップ➂』『山県有朋が恐る恐る相談すると、西郷は言下に「至極、結構なこと」と了解し、断固実行した」(徳富蘇峰『近世日本国民史』(明治の三傑))

2012-03-24 /日本リーダーパワー史(246)記事再録   & …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(152)再録/『知的巨人の長寿学』の牧野富太郎(94)に学べ<植物研究と山歩きで、世界的な植物学者になる>★『学歴差別をものともしなかった「日本の植物学の父」』

   2010/10/31   記事再録 …