前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(982)ー『総理大臣の血圧』★『こんな面白くない<商売>をしていて、酒やタバコをとめられてたまるものか』(吉田茂首相)

      2019/07/07

 

『総理大臣の血圧』                    

今年初め、私の血圧が急に140にハネ上がったので驚いて血圧計を買ってきた。普通は100からせいぜい120、下は60から70なのに。内科病院に行き血液検査を受け ,何か他の病気を併発していないかも調べていただいた。血糖値が少し高いということで、血圧降下剤を一ヵ月分もらって、朝晩2回血圧を計測し、その平均値を記録ノートに書き留めることになった。すでに4ヵ月が経過したが、上は110から150、下は50から80のカーブを繰り返している。

このほど日本高血圧学会の「高血圧治療ガイドライン」が新しくなり、正常血圧は上は120-129/下は80―84になった。私の場合はこの範囲から大幅に揺れているが、

数百回は測定してきたが同じ数値はほとんどないため、先生に聞くと「血圧は食事、運動、睡眠時間、精神状態などの体調の変化によって時々刻々と変化するものなので、あまり心配する必要はありません」とのことなので、それ以来、生活習慣病に気をつけて、食事のカロリー計算や運動メニューを工夫しながら、記録を続けている毎日だ。

 

生活習慣病といえば、朝一番にウオーキングして近くのコンビニに新聞その他を買いに行くのもここ10年の私の日課なのである。世界中がトランプ米大統領のツイッターに振り回されているが、メディアウオッチャーのはしくれ私もトランプツイッターに一喜一憂しているのでストレスがたまり、血圧がの上下変動の原因の1つと思っている。

 

その点で、安倍首相が世界中のどの政治家よりもトランプ米大統領と親友関係を築き上げている秘訣とは一体何かと考えてきたが、甘利 明氏(元経産業生相で安倍氏の盟友)がテレビ番組で「安倍さんはトランプ氏の話を最後までじっくりと聞きます。他の政治家はほとんどが途中でトランプ氏の話に反論したり、異論をとなえて対立するが、安倍さんは本当の聞き上手なのです」と。

この話で少しは納得できた。

 

そんな血圧を心配しながら、日本政治史上、ワンマン宰相といわれた吉田茂首相の担当医で日本医師会会長を長く務めた『武見太郎回想録』(日本経済新聞社 1968年)をよんでいると、「吉田首相の血圧」の項目があった。

 「吉田さんは総理大臣当時、いやな問題が起こると、血圧が20や30すぐにとび上がった。あるとき、非常に重大な問題で頭を悩まして、気分が悪いというので血圧を測ったら、最高230で最低が120もあった。そこで武見が、煙草と酒を減らすように注意すると、『こんな面白くない<商売>をしていて、酒やタバコをとめられてたまるものか』といった。これが武見に対するたった唯一の抵抗だった。」という。

「また、ある日、これからマッカーサーに会いに行くというとき、血圧を測ったら200を越していた。自分でも少しは気分が悪いというので、降圧剤を注射して見送った。三十分ほどして帰ってきてマッヵーサーと話していたら声が出なくなった。マッカーサーが非常に心配して、すぐに帰って医者に見せろというので帰ってきたという。血圧の動揺のひどいときは、50ぐらい動くことがあり、総理大臣の職務がいかに激務であるかがわかる。」

マッカーサーと昭和天皇の会談は計13回だが、 吉田首相は合計75回も面会しており、信頼関係を築いた。トランプ大統領と安倍首相の関係は何とも似ているではないか。

トランプ投手の大暴投でも何でも捕球する安倍首相の名キャッチャーぶりをトランプ氏も評価して「シンゾー・ドナルド」と呼び合うほどの信頼関係を築いているが、安倍首相のストレス(血圧)はさぞかし変動しているのではないかと気になってくる。

 ところで、6月6日、安倍首相の通算在職日数が第1次内閣を含めて2720日となり、初代の伊藤博文に並ぶ歴代3位となった。今年の11月20日には第一位の桂太郎(2886日)を抜いて歴代最長となる見込みだ。第5位は吉田茂の2616日である。桂太郎は日露戦争(1904明治37年―1905年同38年)当時の戦時内閣の首相で、病気静養を何度か繰り返している。国の運命をかけた一戦だけに、その激務と心労はよくわかる。

 

安倍首相はトランプ大統領に頼まれてイランに飛び、6月12日から14日までの3日間の日程で41年ぶりに訪問し、ロウハニ大統領、イランの最高指導者ハメネイ師とも会談した。この会談中にホルムズ海峡でタンカーが攻撃され、米軍は1000人の増派を決定、その後、米無人機も撃墜され、イランとの間で『一触即発』の軍事的緊張が高まってきた。緊張緩和に貢献したいという安倍首相の願いは無残にも断たれしまった。さぞかし総理の血圧は上がったことだろう。

この後には6月28,29日の両日にわたりG20大阪サミット(メンバー国や招待国の首脳、国際機関など、37の国や機関が参加し、経済分野を主要議題として毎年開催される国際会議)が開かれるが、米中貿易5G戦争真っ最中の難しいかじ取り役も安倍首相(議長)に一任される。連続する世界的な大役のストレスに負けないことを祈るのみである。

 

 - 人物研究, 健康長寿, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(874)『日中韓、北朝鮮の関係はなぜ、かくも長くギグシャクともめ続けるのか➀』★『130年前の朝鮮をめぐる日中の対立・戦争が今回の件も含めてすべての根源にある』★『憲政の神様・尾崎行雄の名解説「本邦の朝鮮に対して施すべき 政策を諭ず」を読む』★『日本公使館を焼き打ちした壬午軍乱の賠償金40万円(現在の金に換算して約5兆8千億円)を朝鮮発展のために還付した日本政府の大英断』

日本リーダーパワー史(874) 平昌オリンピックを前に日本と韓国、北朝鮮、中国の …

no image
日本メルトダウン脱出法(801)「2050年の日本は超一流の大国か、没落の三流国か(古森義久) 「バラ色のシナリオ」実現にはいくつもの改革が必要」●「韓国の訴訟件数は日本の100倍以上、偽証600倍 なぜこうも日本と違うのか、その歴史的背景を探る」●「アメリカの金融正常化で 先進国は「勝ち組」と「負け組」に分かれる」

日本メルトダウン脱出法(801) 2050年の日本は超一流の大国か、没落の三流国 …

no image
日本メルトダウン脱出法(562)「ロシアと西側:友人を失う方法」(英エコノミスト誌)●『朝日新聞「慰安婦報道」は戦後最大のメディア犯罪

    日本メルトダウン脱出法(562) &nbs …

no image
日本リーダーパワー史(600)<まとめ再録>『アメリカを最もよく知った男・山本五十六連合艦隊司令長官が真珠湾攻撃を指揮した<悲劇の昭和史>

 日本リーダーパワー史(600) <まとめ再録>山本五十六は名将か、凡将か!? …

no image
世界/日本同時メルトダウンへ(908)『コラム:英国離脱で何が起こるか、5つの疑問=吉田健一郎氏』●『「英国EU離脱」はどちらの結果でも株価上昇離脱は最悪シナリオだが不透明感は払拭へ』●『コラム:アベノミクスに国内「収縮論」の壁、打破困難なら長期停滞も』

 世界/日本同時メルトダウンへ(908) コラム:英国離脱で何が起こるか、5つの …

no image
『百歳学入門』(228)-『中曽根康弘元首相が100歳の誕生日を迎えた』★『昭和戦後の宰相では最高の『戦略家』であり、<日米中韓外交>でも最高の外交手腕を発揮した。』

『百歳学入門』(228) 中曽根康弘元首相は5月27日に100歳の誕生日を迎えた …

no image
日本リーダーパワー史(728)ー1945(昭和20)年8月『終戦』での最も感動的なスピーチー『出光佐三の『玉音を拝して』(8/17)『順境にいて悲観し、逆境にいて楽観せよ』●『活眼を開いてしばらく眠っていよ』

日本リーダーパワー史(728) 記事再録ー日本リーダーパワー史(179) 『国難 …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史」⑭「ペリー米黒船はなぜ日本に開国を求めて来たのか」<以下は尾佐竹猛著『明治維新(上巻)』(白揚社、1942年刊、74-77P)>『開国の恩人は、ペリーではなく金華山沖のクジラである』

  <以下は尾佐竹猛著『明治維新(上巻)』(白揚社、1942年刊、74-77P) …

no image
最高に面白い人物史④人気記事再録★「世界で最高にもてた日本人とは誰でしょうか」ー『答えは「ハリウッドを制したイケメンNo.1の早川雪洲じゃよ」

世界で最高にもてた日本人とは誰でしょうかーーー 答えは「ハリウッドを制したイケメ …

no image
日本の最先端技術「見える化」チャンネル(6/25-27)②ものづくり大国日本は3Dプリンタ のシェアは3.3%と完全に出遅れ

     ●<日本の最先端技術の「見える化」チャン …